最新のトピックスへ Facebook Twitter

牧野良幸のトピックス

Tweet(ツイート)    

makino01.jpg

 

第3回:はっぴいえんど「春よ来い」

~ハイレゾの“空気感”で、新たなはっぴいえんど~

 

 はっぴいえんどの2枚のオリジナル・アルバムがハイレゾ化された。当時から、はっぴいえんどを聴いてきた方、あとから、はっぴいえんどを聴いた方、どちらにとってもうれしいニュースである。

 僕などはあとから聴いた方なので、ハイレゾの音が「はっぴいえんどデビュー」としてもいいかもしれない。そんな僕がはっぴいえんどについてエッセイを書くのも気が引けるが、はっぴいえんどのハイレゾを聴いて書かずにはおれなかったのである。

 もちろん、はっぴいえんどは昔から知っていた。しかし当時は、“日本語ロックの黎明期”と言われていた。はっぴいえんどは、一部のマニアしか手を出さなかったと思う。僕が聴いたのも、当時高校生だった兄貴が買ってきた解散コンサートのLPくらい。キャラメル・ママや細野晴臣のソロアルバムもあったが、それ以上は手がでなかった。

はっぴいえんどを、あらためて認識させられたのはメンバーのソロ活動を通じてだ。『A LONG VACATION』の大瀧詠一YMO細野晴臣、『BAND WAGON』の鈴木茂、人気作詞家の松本隆。ホント凄いメンバーだった。こうして、はっぴいえんどの2枚のアルバムが、がぜん輝きだしたのである。

 ということで今回の一本釣りは、はっぴいえんどの「春よ来い」である。

 ファーストアルバム『はっぴいえんど』の第1曲目「春よ来い」を聴けば、96k/24bitのハイレゾのパワーを感じると思う。アナログのような厚みがある音。迫力も増した。70年代の古色を洗い流した現代的なサウンドになっている。

 確かにイギリスのMETROPOLISでデジタルリマスターされた効果もあると思う。でも同じリデジタルリマスターでもCDの音と聴きくらべると音の柔らかさが違う。ハイレゾがいかに素晴らしいか分かる。

 でもハイレゾの聴きどころは音の厚み以上に、“空気感”にあると思う。ひとつひとつの楽器音がベッタリとくっつかず、立体的に広がり、各音のまわりには、目に見えないけれどエアーのようなものを感じるのだ。ヘッドフォンではちょっと難しいかもしれないが、スピーカーで聴いたら分かってもらえると思う。

 この“空気感”が、「おしょおがつ、といええば~、こたつぉ~、かこんでぇ~」という松本隆の何とも言えない歌詞と融合することで、「春よ来い」はいままでにない感動となった。これは“日本語ロックの黎明期”の音楽ではない。当時彼らが影響されていたバッファロー・スプリングフィールドと“タメ”ではないかとさえ思う。セカンドアルバム『風街ろまん』の「風をあつめて」や「夏なんです」のような、アコースティックなミディアムテンポの曲でも同様な感想を持った。

 ハイレゾで、はっぴいえんどの残した2枚のオリジナル・アルバムが、ついに“永遠の命”を得たようである。ずっとはっぴいえんどを聴いてきた方、あとからはっぴいえんどを聴いた方、どちらにとっても、新たなはっぴいえんどに出会えるだろう。

 

happyend.jpg

 

 


 

はっぴいえんど ハイレゾ2タイトル 好評配信中!

「春よ来い」など収録の1stアルバム
『はっぴいえんど』

btn_buy.jpg

「風をあつめて」など収録の2ndアルバム
『風街ろまん』

btn_buy.jpg

 

 


 

【牧野 良幸 プロフィール】
 
1958年 愛知県岡崎市生まれ。
1980関西大学社会学部卒業。
大学卒業後、81年に上京。銅版画、石版画の制作と平行して、イラストレーション、レコード・ジャケット、絵本の仕事をおこなっている。
近年は音楽エッセイを雑誌に連載するようになり、今までの音楽遍歴を綴った『僕の音盤青春記1971-1976』『同1977-1981』『オーディオ小僧の食いのこし』などを出版している。
 
 
 
 
 

Tweet(ツイート)    

makino01.jpg

 

第2回:吉田美奈子「夢で逢えたら」

~永遠の“ハマり曲”が、ハイレゾでもっと“ハマり曲”に~

 

 「夢で逢えたら」と言えば、ほとんどの人が作曲者である大滝詠一の名前を浮かべることだろう。夢でもし、あえ~たら~♪と始まった瞬間、大滝詠一独特のポップなリズム(ナイアガラ・サウンド)にドップリと浸るからである。

 この曲との出会いは兄貴が買ってきたLP、吉田美奈子の『FLAPPERだった。当時兄貴は僕のステレオでレコードを聴いていたので、僕の部屋にLPを置きっぱなしにしていた。僕はそれらを興味半分、ひまつぶし半分でつまみ食いしていたのだ。

 70年代、洋楽かジャズ、少々のクラシックしか聴かなかった僕にとって、日本のポップスは申し訳ないがマイナーな音楽だった。一方兄貴はその“マイナーな”日本のポップスを好んでいた。はっぴいえんどから連なる、一連の人たちである。それらLPをこそっと聴いているうちに、今から思えば貴重な出会いがあったのだった。

そんな兄貴のレコードで、ダントツで気に入ったのが吉田美奈子の『FLAPPER』だった(兄貴のレコードなのに、今でも僕が持っている)。そのなかでも「夢で逢えたら」は格別の1曲だ。

 いわゆる“ハマり曲”とは「夢で逢えたら」のような曲を言うのだと思う。何度も何度も聴きたくなるのである。「夢で逢えたら」を名曲たらしめているのは、もちろん大滝詠一の力なのだが、吉田美奈子のヴォーカルも唯一無比であると思う。幾多のカバーがあっても、やっぱりこの曲は吉田美奈子で聴きたい

 世間では、気の強い女の子が好きな男の子に対して、普段はツンツンしているが、思いがけずデレデレしてしまう、それを「ツンデレ」と言うらしい。のちに“ファンクの女王”と言われるほどのパワフルさがある吉田美奈子だから、よけいに「ツンデレ」な歌い方に男心をくすぐられてしまうのだ。曲が始まると、自分も夢の中にいるかのように陶酔してしまう。

 これはハイレゾで聴いても変わらない。昔と同じように何度でも聴いてしまう。今はボタンひとつで何回も繰り返しができるからなおさらだ。おまけにハイレゾの高音質である。吉田保のリマスタリングが、昔聴いたレコードの持ち味を十二分に伝えている。やっぱりとまらないよ~。高音質の時代になり、いつか「ハイレゾで逢えたら」と思っていた「夢で逢えたら」。ぜひ聴いてみてほしい。

 

 

makino02.jpg

 

 


 

今回ご紹介した楽曲「夢で逢えたら」収録のハイレゾ商品はこちら!

吉田美奈子『FLAPPER』

btn_buy.jpg

 

吉田美奈子のハイレゾ商品一覧は【こちら】から

 


 

【牧野 良幸 プロフィール】
 
1958年 愛知県岡崎市生まれ。
1980関西大学社会学部卒業。
大学卒業後、81年に上京。銅版画、石版画の制作と平行して、イラストレーション、レコード・ジャケット、絵本の仕事をおこなっている。
近年は音楽エッセイを雑誌に連載するようになり、今までの音楽遍歴を綴った『僕の音盤青春記1971-1976』『同1977-1981』『オーディオ小僧の食いのこし』などを出版している。
 
 

 

Tweet(ツイート)    

makino01.jpg

 

第1回:レッド・ツェッペリン「カシミール」

~筋肉質になったツェッペリンの代表曲~

 

 昨年から話題のジミー・ペイジによるレッド・ツェッペリンのリマスターであるが、ハイレゾでも配信されていることがすばらしい。

 これは僕の個人的な好みなのだが、レッド・ツェッペリンは、ずっとCDで聴くことに抵抗を覚えていた。「ボンゾの重いドラムが、ペラっとしたCDで再生できてたまるかい」と思っていたのだ。偏見とは分かっていても仕方がない。アナログ世代の哀しいサガである。だから今日までレッド・ツェッペリンはアナログ・レコードで聴いてきた。

 しかし昨年のリマスターされたアルバムをハイレゾで聴いて、アナログへのコダワリがなくなったのである。「ハイレゾなら、ボンゾのドラムが聴ける」と思ったのだ。なのでこの連載の記念すべき第1回は、レッド・ツェッペリンの「カシミール」にした。

 

 70年代の初め、レッド・ツェッペリンの名刺代わりの曲と言えば、なんといっても「天国への階段」だった。ビートルズの「レット・イット・ビー」やサイモン&ガーファンクルの「明日に架ける橋」と並んで、ポップ・ソングのバイブル的存在になっていたと思う。この頃、僕は中学生から高校生へと移り変る時期だったが、「天国への階段」の劇的な構成が、カーペンターズも大好きという一般のポップス・ファンにも受け入れられていた。そんな時代だった。

 しかし「天国への階段」がツェッペリンの代表曲の座にいたのも、75年の『フィジカル・グラフィティ』が発売されるまでだった気がする。僕としては『フィジカル・グラフィティ』に収録されていた「カシミール」が、以後はツェッペリンの代表曲になった気がするのだ。

 「カシミール」にはジミー・ペイジの派手なギターはない。淡々と刻むボンゾのドラムに乗って、異国情緒たっぷりの旋律が繰り返される。変拍子と、およそツェッペリンらしくない映画音楽のようなベタな管楽器と弦楽器。これだけである。しかしこれが麻薬的なのだなあ。ビートルズの「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」のような、60年代サブカルチャー的な試みを(あのツェッペリンが)しているような気さえしたものである。

 

 さて、おまたせ。ハイレゾで聴く「カシミール」である。

 これまでは、うっすらとした霧がかかったような音で、それがムードを醸し出していた「カシミール」だが、ハイレゾでは霧が晴れて、ハッキリとした像があらわれた気がする。人間に例えれば、余分な脂肪が吹き飛んで、より筋肉質になって登場した感じだ。

 ボンゾのドラムは、あいかわらずズシリと重い。音が筋肉質になった分、例の異国情緒のあるリズムが、より歯切れ良く響く。中間部での全楽器によるユニゾンは、ピタリと頭が揃い迫力がいっそう増した気がする。

 「カシミール」のハイレゾは“絵に描いたような高音質”だった。もちろんジミー・ペイジのリマスターの効果も大きいだろうが、リマスターの効果が大きいならなおのこと、ハイレゾという器で聴くべきであろう。

 

 

makino-01-fix.jpg

 

 


 

【「カシミール」収録のレッド・ツェッペリン最新ハイレゾ商品!】

Physical Graffiti (Remastered)

btn_buy.jpg

未発表バージョンを収録!

Physical Graffiti (Deluxe Edition)

btn_buy.jpg

 

レッド・ツェッペリンのハイレゾ商品一覧は【こちら】から

 


 

【牧野 良幸 プロフィール】
 
1958年 愛知県岡崎市生まれ。
1980関西大学社会学部卒業。
大学卒業後、81年に上京。銅版画、石版画の制作と平行して、イラストレーション、レコード・ジャケット、絵本の仕事をおこなっている。
近年は音楽エッセイを雑誌に連載するようになり、今までの音楽遍歴を綴った『僕の音盤青春記1971-1976』『同1977-1981』『オーディオ小僧の食いのこし』などを出版している。
 
 

 

 

mora TOPIC トップへ
moraに戻る
Facebookページへ
mora公式Twitterページへ
ページトップへ
▲ページの先頭へ戻る