最新のトピックスへ Facebook Twitter

牧野良幸のトピックス

Tweet(ツイート)    

makino01.jpg

 

第8回:ヴァレリー・アファナシエフ『ベートーヴェン:悲愴・月光・熱情』

~ピアノ・ソナタ第14番嬰ハ短調作品27の2「月光」~

 

 あ~あ、とうとうピアノがまともに弾けずに人生を終わるのだなあ。
 還暦が視野に入ってきて、そう思う今日この頃である。

 僕の部屋にはピアノタッチの電子ピアノがずっと置いてあるのだけれど、ここ10年くらい蓋を開けたことはない。その前だってろくに練習していないわけだから、今現在の僕のピアノの腕前はゼロである。

 思えば30歳の時、子どもが生まれる寸前に「今買わなければ、もう買えない」と、貯金を全部はたいて頭金にしてローンを組み、その電子ピアノを買ったのだった。高校生の時、ブルグミュラーまで練習したピアノを再び始めようと思ったわけである。

 計画では30歳から毎日コツコツと練習するつもりだった。そうすれば「60歳になった頃にはベートーヴェンの後期ピアノ・ソナタさえも弾けるのではないか?」と思っていた。他人に聞かせるわけではない。指が回ればいいという程度なら弾けるようになるのではないかと。

 しかし音楽というものは、聴くのは楽しいが、演奏するのはキビシイ。たとえ家庭のピアノでも実にキビシイ。「毎日コツコツ」ができなくて、数年で練習をやめてしまった。

 こうしてベートーヴェンの後期ピアノ・ソナタを弾く夢は消えた。色気を出して楽譜を買ってみた「悲愴」の、ゆっくりした第2楽章さえ弾けない。結局、高校生の時、なぐさみで練習していた「月光」の第1楽章、それもその最初の部分だけが、唯一僕が奏でることのできたベートーヴェンとなった(「エリーゼのために」は抜いておく)。

 そんなわけで、もうベートーヴェンは“聴く側”と割り切って、今回の「ハイレゾ一本釣り」は三大ソナタから「月光」である。演奏はヴァレリー・アファナシエフ。“奇才”といわれるアファナシエフも、ついにハイレゾで聴けるようになったかと感慨深い。それもDSD配信である(他にFLACもあり)。

 「月光」の第1楽章。かつて自分も練習していたせいで、昔から一流ピアニストの演奏を聴いても、楽譜や鍵盤のタッチなどが思い出されて、どこか“資料”として聴いてしまうところがあった。しかしアファナシエフの弾く第1楽章は、そんなことを考えさせないほど引き込む演奏だ。

 左手の伴奏はまるで時計の振り子のように素朴である。しかしこれが深く水の底に潜っていくよう。聴き慣れた有名な旋律も一音一音が心の内に留まっていく。まるで“音楽の庭”のなかをゆっくりと巡っているようだ。DSDだから、なおさら染み入ってくる。クリアでありながらも暖かい響きなのだ。

 実のところ、この「月光」でさえ、アルバムのなかでは(アファナシエフにしてはだが)オーソドックスな演奏である。同時収録の「悲愴」と「熱情」は、よりアファナシエフの“奇才”ぶりが発揮されているので、こちらもぜひ聴いてみてもらいたい。こういう演奏を聴くと、ピアノへの未練もなくなるのである。

 

makino_piano.jpg

 


 

今回ご紹介した作品はこちら!

「鬼才」と言われるピアニストの名演をハイレゾで!

ヴァレリー・アファナシエフ
『ベートーヴェン:悲愴・月光・熱情』

DSDFLAC

 

 


 

【牧野 良幸 プロフィール】
 
1958年 愛知県岡崎市生まれ。
1980関西大学社会学部卒業。
大学卒業後、81年に上京。銅版画、石版画の制作と平行して、イラストレーション、レコード・ジャケット、絵本の仕事をおこなっている。
近年は音楽エッセイを雑誌に連載するようになり、今までの音楽遍歴を綴った『僕の音盤青春記1971-1976』『同1977-1981』『オーディオ小僧の食いのこし』などを出版している。
2015年5月には『僕のビートルズ音盤青春記 Part1 1962-1975』を上梓。
 
 
 
 
 

Tweet(ツイート)    

makino01.jpg

 

第7回:佐野元春「COMPLICATION SHAKEDOWN」
(アルバム『VISITORS』収録)

~ハイレゾで新たな衝撃作になってもおかしくない~

 

 洋楽にくらべると、日本の音楽シーンで革新的なレコードはそんなに多くはないと思う。そんな中で確実に革新的だった1枚が、佐野元春の『VISITORS』である。

 『VISITORS』は1984年の発売。当時はアルバム『VISITORS』より、まず1曲目の収録曲「COMPLICATION SHAKEDOWN」が僕の目に飛び込んできたのだった。「目に飛び込んできた」と書いたのは、文字どおり僕の家の13インチのカラーテレビに「COMPLICATION SHAKEDOWN」のプロモ・ビデオが流れたのである。

 何の番組かは忘れた。しかしその時の衝撃は忘れようがない。歌詞といい、ビートといい、「なんだ、これは!?」というものだった。僕の人生において数回言うことになる「これが日本人の歌か?」という言葉を、その時も思い浮かべたのである。

 そして今、佐野元春のアルバムが多数ハイレゾ化されている。『VISITORS』もFLACの96.0kHz/24bitで配信中だ。さっそく31年前にテレビで受けた衝撃を思い出しながら、「COMPLICATION SHAKEDOWN」のハイレゾを聴いてみた。

 しかしハイレゾの「COMPLICATION SHAKEDOWN」は予想以上に凄い音だった。 厚く、パワフル、そして切れ味がいい。変なたとえだが、水揚げされた筋肉質の魚(音)が、あちこちでバンバン飛び跳ねている感じだ。

 いくら『VISITORS』が革新的だったと言っても、また「COMPLICATION SHAKEDOWN」のプロモ・ビデオにぶっ飛んだと言っても、当時こんな凄いサウンドで聴いたとは、ちょっと思えない。

 僕のオーディオ装置は31年前より、かなりグレードが上がっているが、それを差し引いても、こんなにパワフルな「COMPLICATION SHAKEDOWN」は想定外だ。ひょっとしてハイレゾで、どえらいものに生まれ変わってしまったんじゃないだろうか。ヒップ・ホップ、ニューヨークのアート・シーン、あの血沸き肉躍る時代を、新たに体現しているかのようだ。

 このことは「COMPLICATION SHAKEDOWN」だけではなく『VISITORS』全曲に言える。アルバムの中ではポップな「TONIGHT」も、ハイレゾでは音に圧倒されて、トンガリ曲のように思えてしまうし、「NEW AGE」も昔以上に精神がチクチクと刺激されてしまう。これはもう、31年前の“オールディーズ”じゃない。『VISITORS』はハイレゾで新たに衝撃作になってもおかしくない。

 

makino-sano.jpg

 


 

今回ご紹介した作品はこちら!

ヒップホップの要素を取り入れた革新的アルバム!
『VISITORS』
(「COMPLICATION SHAKEDOWN」はM1に収録)

btn_buy.jpg

 

佐野元春のその他のハイレゾ商品はこちら

 


 

【牧野 良幸 プロフィール】
 
1958年 愛知県岡崎市生まれ。
1980関西大学社会学部卒業。
大学卒業後、81年に上京。銅版画、石版画の制作と平行して、イラストレーション、レコード・ジャケット、絵本の仕事をおこなっている。
近年は音楽エッセイを雑誌に連載するようになり、今までの音楽遍歴を綴った『僕の音盤青春記1971-1976』『同1977-1981』『オーディオ小僧の食いのこし』などを出版している。
2015年5月には『僕のビートルズ音盤青春記 Part1 1962-1975』を上梓。
 
 
 
 

Tweet(ツイート)    

makino01.jpg

 

第6回:キース・ジャレット『ケルン・コンサート』

~ハイレゾでより「とうとうと流れる」キースのピアノ~

 

 キース・ジャレットの名作『ケルン・コンサート』がハイレゾ化された。moraのラインナップを見て「ついに、これもハイレゾかぁ」と感慨もひとしおである。

 僕が『ケルン・コンサート』を初めて聴いたのは、1980年くらいだったと思う。その頃は大学を卒業して岡崎に戻り、バイト生活をしていた。そんな頃、友人が「コレ、凄いよ」と言ってレコードを聴かせてくれたのだ。

 僕にとってキース・ジャレットは、高校生の時に出た『宝島』(※リンク先非ハイレゾ音源)というLPを買って、そのアーシーな音楽に惹かれたピアニストだった。しかし友人の聴かせてくれた『ケルン・コンサート』は『宝島』とはまったく違う世界だった。

 ソロ・ピアノによる完全な即興演奏。あらかじめテーマやコード進行を決めてのアドリブではなく、その時の気分を演奏する完全な即興演奏。こんな演奏は初めてだったので、友人も聴かせてくれたのである。

 しかし『ケルン・コンサート』は、即興演奏自体に感動したのではない。キース・ジャレットは一度限りのやり直しのきかない演奏でありながら、魅惑的な音楽を紡ぎ出していた。あれだけのメロディを瞬時に浮かべるなんて凄い。そこに魅惑されたのだった。

 さっそく友人にカセットに録音してもらった。ECMのお題目であった「クリスタル・サウンド」に期待して、カセットはTDKの〈OD〉という高級テープを使ったことを覚えている。

 その頃、ステレオは壊れていたので、カセットはラジカセで聴いたのだっが、それでも『ケルン・コンサート』にはのめりこんだものだ。毎夜、寝床の中でヘッドフォンで聴いた。「音のランド・スケープ」と言ったらいいのか、ゆるやかに変わっていく風景を見て回る旅のようだった。

 そして2015年、96.0kHz/24bitの『ケルン・コンサート』である。愛機のSONY HDDプレーヤーHAP-S1で聴いてみた。

 『ケルン・コンサート』は調子の良くないピアノを使って演奏したことは有名な話である。金属的なピアノ音が、演奏を独特のものにしているのだが、キースはペダルを踏んで音に厚味を出しているところが多い。ハイレゾではまず、そのペダル音による残響のテクスチャーが繊細に聴こえるように思えた。

 また独特のピアノ音や残響音を、ハイレゾではダイナミックな音像で再現しているようにも思う。そして繊細なタッチはより繊細に。ハイレゾ(プラスB&W804のスピーカー)で聴く『ケルン・コンサート』は、思っていた以上にオーディオ・ライクな聴き方ができるなあ、というのが正直な感想だ。ハイレゾでより「とうとうと流れる」キースのピアノになった気がする。

 

makino_jarrett.jpg

 


 

今回ご紹介した作品はこちら!

伝説の「完全即興」ソロ・コンサートの記録!
『The Köln Concert(Live)』

btn_buy.jpg

 

キース・ジャレットのその他のハイレゾ商品はこちら

 


 

【牧野 良幸 プロフィール】
 
1958年 愛知県岡崎市生まれ。
1980関西大学社会学部卒業。
大学卒業後、81年に上京。銅版画、石版画の制作と平行して、イラストレーション、レコード・ジャケット、絵本の仕事をおこなっている。
近年は音楽エッセイを雑誌に連載するようになり、今までの音楽遍歴を綴った『僕の音盤青春記1971-1976』『同1977-1981』『オーディオ小僧の食いのこし』などを出版している。
2015年5月には『僕のビートルズ音盤青春記 Part1 1962-1975』を上梓。
 
 
 
 
 

Tweet(ツイート)    

makino01.jpg

 

第5回(特別編):ポール・マッカートニー 武道館公演レポート

~49年後に追体験できた幸せ~

 

 2015年4月28日、ついに49年ぶりにポール・マッカートニーが武道館に立った。この意味を今さら説明する必要はないだろう。かつてビートルズが演奏した同じ場所で、ポールが演奏するのだ。

 当日は開場前から長蛇の列ができていた。行列は隣の科学技術館までいってもまだ終わらないほどの長さ。武道館には何度も足を運んだ僕にも珍しいほど時間がかかった。1時間以上並んで、ようやく武道館に入る。二階南東の席である。しかしそれでも、東京ドームに比べればステージは近くだ。

 開演を待つ間に、観客の間には一体感が芽生えていたと思う。席に着いてから、さらに1時間は待っていたと思うが、その間もウェイブがおこり盛り上がる。さすがに1966年にウェイブはなかっただろうが、あの日もこんな風にビートルズの登場を待っていたのかなあ、と想像してしまう。

 そしてようやく20時頃にポールが登場。オープニングが「キャント・バイ・ミー・ラヴ」だから、いきなり大興奮である。開演前、僕の隣の同年輩の男性は、「リンゴ・スターがサプライズ出演しますかね?」と、デマと知りつつも、そんな話を楽しんでいた。リンゴ・スターはないにしても、僕も「ひょっとして今夜は全部ビートルズの曲かも?」という期待はあった。

 だから「キャント・バイ・ミー・ラヴ」でウァーときたのだが、2曲目が最新アルバム『NEW』の「セイヴ・アス」だったから、妄想は早くも消えた。結局、今回の日本ツアーと比べて、武道館のみで演奏されたのは、『ヘルプ!』の「アナザー・ガール」の世界初披露を含む、「ワン・アフター・909」「ダンス・トゥナイト」「ゴット・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ」、「バースデイ」であったと思う。あとは通常のリストの曲であった。

 それでも武道館で初めて演奏された曲には感動したものだ。特に「アナザー・ガール」、ポールが「ウマクデキルト、イイケド…」と世界初披露をやってくれたのには驚き。

 ポールはあきらかに前日の東京ドームの時とは違って、武道館を意識して、よく喋っていた。「49ネンマエニ、ココニキタヒトハ、イルカイ?」と訊いてみたり、「アノトキハ、“キャー! キャー!”ダッタヨ」と言ったり、「ブドウカン! ブドウカン!」と観客と掛け合いをしたり。

 武道館公演の決して安くなかったチケット代への思いは、開演前に自分の席について、すり鉢上の二階からステージを見下ろした瞬間に消えてしまっていたけれど、曲が進み、こうしてポールと親密な時間を過ごしている実感を得るにつれ、「ほんとうに来て良かった」という喜びに変わったのだった。

 コンサートの最後では、主催者の用意したポールへのサプライズがさらに盛り上げた。あらかじめ僕たち観客が腕にバンドを付けておいて、それが「レット・イット・ビー」の時、無線操作で光るのである。それは素晴らしい演出で、ポールも歌い終わったあと、ピアノの前に立ち、感極まったようだった。「クール」とか、いろいろ言っていたっけ。

 このライトは「イエスタデイ」や「ヘイ・ジュード」、最後の「ジ・エンド」などでも、違う光り方をして素晴らしい演出となった。武道館にいるポールと観客、みんながファミリームードで一帯となった気がした。こうしてコンサートは終了。終わってみれば2時間ほどで、通常よりも短めのプログラムだった。しかしそれでも大満足だ。

 武道館に立ったポールは、49年前のビートルズの来日公演の熱狂を蘇らせただろうか。その時小学生2年生だった僕には確かめようはない。でも49年前のビートルズ武道館公演を、どのような形であれ追体験できたのではあるまいか。それだけでも幸せなことだと思う。

 

makino-paul.jpg

 

 


 

ポール・マッカートニーのハイレゾ音源は ⇒ こちら

ポール・マッカートニー&ウィングスのハイレゾ音源は ⇒ こちら

 


 

【牧野 良幸 プロフィール】
 
1958年 愛知県岡崎市生まれ。
1980関西大学社会学部卒業。
大学卒業後、81年に上京。銅版画、石版画の制作と平行して、イラストレーション、レコード・ジャケット、絵本の仕事をおこなっている。
近年は音楽エッセイを雑誌に連載するようになり、今までの音楽遍歴を綴った『僕の音盤青春記1971-1976』『同1977-1981』『オーディオ小僧の食いのこし』などを出版している。
2015年5月には『僕のビートルズ音盤青春記 Part1 1962-1975』を上梓。
 
 
 
 
 

Tweet(ツイート)    

makino01.jpg

 

第4回:Wings「Let 'Em In」(幸せのノック)

~ハイレゾなら僕の「ポール・ベスト・ワン」~

 

 来日で、またまた話題のポール・マッカートニー。いくつになっても精力的に活動しているポールには恐れいってしまう。そんなポール・マッカートニーのアルバムもハイレゾ配信されている。それも70年代全盛期のソロウイングス名義のアルバムがハイレゾになっているのだからたまらない。

 この連載はタイトルにもあるとおり、「この一曲」を取り上げる趣向である。しかし数々の名曲を世に送り出してきたポールから「この一曲」を選ぶのは難しい。でも「ハイレゾでこの一曲」となると話は別だ。ふだんは優柔不断な僕だが、迷わず「Let 'Em In」を選びたい。

 邦題に「幸せのノック」とつけられた「Let 'Em In」は、1976年の『Wings At The Speed Of Sound』の1曲目に収録されている。マーチーン・ルーサー・キングや、ジョン・レノンのことと言われるブラザー・ジョンなど、家にやってくる人物の名前をあげていくポールらしい佳曲だ。ベスト盤にも必ず収録されるほど、ポールの代表曲である。

 それにもかかわらず、である。僕は長い間この「幸せのノック」がそれほど好きではなかった。というか重用視していなかった。「ジェット」とか「あの娘におせっかい」に比べると、全盛期を過ぎた甘い曲に思えたのだ。それは収録アルバムにも言えることで、何を隠そう『Wings At The Speed Of Sound』を聴いたのは、ハイレゾが初めてなのである(大告白)。

 そんな僕なのに、ハイレゾの「Let 'Em In」を聴くや虜になってしまった。どうして57歳にして「Let 'Em In」が突然好きになっちゃったんだろう?

 暖炉を思い浮かべるような温かみのあるサウンドが、ハイレゾの高音質と見事にマッチしているところかな。最初のチャイムの音から、なんとも言えない空気感が漂う。ブラスの音もハイレゾだと厚くて心地よい。

 というわけでハイレゾで聴く「Let 'Em In」は、僕にとって格別のオーディオ・タイムである。ポールなら『McCartney』や『Ram』、それから『Band On The Run』『Venus And Mars』などを聴きたくなるところだが、ハイレゾで聴くのは「Let 'Em In」が収録されている『Wings At The Speed Of Sound』が断然多い……。

 その『Wings At The Speed Of Sound』にしてもハイレゾだと新鮮に聴けるから不思議だ。ポール以外のメンバーがヴォーカルをとっている曲が含まれていて、必ずしも評判のいいアルバムではないが、それさえも楽しめるのは、ハイレゾという魔力のせいか、とも思う。

 いずれにしてもハイレゾで僕の「ポール・ベスト・ワン」があっさりと決ってしまったのである。今さらですが「Let 'Em In」、いい曲です。

 

paul_makino.jpg

 

 


 

今回ご紹介した作品はこちら!

「Let 'Em in」収録、76年のアルバム
『At The Speed Of Sound』

btn_buy.jpg

 

来日を記念してポール・マッカートニーの旧譜プライスオフ実施中! 詳細はこちら
(今回ご紹介したWings『At The Speed Of Sound』は対象外なのでご注意ください)

 


 

【牧野 良幸 プロフィール】
 
1958年 愛知県岡崎市生まれ。
1980関西大学社会学部卒業。
大学卒業後、81年に上京。銅版画、石版画の制作と平行して、イラストレーション、レコード・ジャケット、絵本の仕事をおこなっている。
近年は音楽エッセイを雑誌に連載するようになり、今までの音楽遍歴を綴った『僕の音盤青春記1971-1976』『同1977-1981』『オーディオ小僧の食いのこし』などを出版している。
 
 
 
 
 
mora TOPIC トップへ
moraに戻る
Facebookページへ
mora公式Twitterページへ
ページトップへ
▲ページの先頭へ戻る