最新のトピックスへ Facebook Twitter

定期連載のトピックス

Tweet(ツイート)    

hidaka.png

 

Vol.18 Theme : 「ある意味フリッパーズは日本のザ・クラッシュである

 

 あの猛暑は何処へ……な勢いで夏が過ぎ去ろうとしています。老若男女問わずに物思いに耽り易いこの時期には、青春サウンドが似合います……今日は青春サウンドの代表格、ギターPOPの概念を定着させた伝説のグループ、FLIPPER'S GUITARを聴きながら、過ぎ去りし夏に想いを馳せようじゃありませんか。

 ぼちぼち寒くなるであろう、これからの季節にぴったりなヨーロピアン・スタイル……それも値段的にもハードルが高いフレンチ・カジュアルを、いとも簡単に着こなしてファッション界にも影響を与えつつ、J-POP界にも静かなる革命を起こしたアーティスト……それが今回ご紹介するフリッパーズ・ギター。現在はコーネリアスとして先鋭的な活動を続ける小山田圭吾氏と、「オザケン」の愛称で21世紀のシティPOPを数多く産み出した小沢健二氏の二人組。

 意外なことに最初は、ファントムギフトやザ・コレクターズといったネオGSの括りで捉えられた五人組、ロリポップ・ソニックとしてスタート。当時イギリスで台頭し始めたネオ・アコースティックに対応するシーンが日本に無かったことと、60’sっぽいテイストを持ったバンドの受け皿がネオGSにしか無かったため、そこが一番近しいシーンだったのです。

 そして唐突にポリスターよりメジャーデビューしますが、ここでsalon music吉田仁氏のプロデュースを受けたことが功を奏し、同時代のネオアコのテイストをきっちりと打ち出すことに成功します。当時は珍しかった全曲英語詞、PUNKが流行り過ぎて逆にマンネリになってしまったことへのカウンターとしての「わざとソフトに、しかし毒を持った」アプローチが確立されます。ここは当時のネオアコ~渋谷系への流れを理解する上で、とても大事な部分です。

 続く2ndから二人組になってしまいますが、日本語詞の導入やタイアップを獲得し(ドラマ『予備校ブギ』の主題歌「恋とマシンガン」。今でもメディアから良く聴こえてくる名曲ですね)、知名度がグンとアップ! マニアックな引用を多用しているのに、サウンドは激POPというギャップや、お仕着せではなく実際に本人達が好んで着ていたアニエス・ベーのロンTボーダー等が、その後の渋谷ファッション地図をも塗り替えるのことになるのです。雑誌のインタビューに登場するようになると、同時代の電気グルーヴよろしく、サウンドはハードに言動はオチャメに……というギャップも見せ始め、当時のサブカル好き、及び乙女心を存分に刺激したのです。

 そして結果ラスト・アルバムとなる3rdでは、90年代を象徴するインディー・ダンス・ミュージックや、シューゲイザー的な要素を加味して、更にマニアックさに拍車をかけます。これまた今でもメディアから多々聴こえてくる名曲「グルーヴ・チューブ」を始めとしたサンプリング・ミュージックは、HIP HOPやストリートカルチャーとも連動し、単なるなよなよした文系男子っぽい魅力だけでなく、肉感的なサウンドも体得して、全方位からの支持を得たフリッパーズはまさに無敵状態! だったのですが……アルバム発売後にツアーもせずに解散してしまいます。

 このあっけない終焉や、ただでさえライブの本数も少なかったのもあって、フリッパーズは伝説的な扱いを受けるようになるのです……その後オザケンはソロ名義だったり、スチャダラパーの大ヒット曲「今夜はブギー・バック」への参加でミリオン・アーティストに、小山田くんはコーネリアス名義でPOPなのに実験性の高いサウンドで海外からも高評価を得る活躍ぶりを見せます。最新作でも坂本真綾女史を迎えた「あなたを保つもの」等で、そのアグレッシブな挑戦が楽しめますので是非チェックを。

 おそらくこの先も再結成しないだろうし、個人的にもしない方がカッコイイと思っているので(THE CLASHに対する憧憬と一緒です)、残された彼らの音源を楽しみつつ、両氏の未来に向かう新しい音源にも耳を傾けましょう。暑いと思ったらもう寒い……みたいに、移り変わりやすい季節のように、時代もどんどん動いているのですから!

 


 

music「恋とマシンガン」「グルーヴ・チューブ」など全12曲収録!

SINGLES/
FLIPPER'S GUITAR

btn_buy2.png

 

小沢健二が客演で参加した大ヒット曲!

スチャダラパー featuring 小沢健二
今夜はブギー・バック (smooth rap)
通常音源
 

コーネリアス(小山田圭吾)の作品はハイレゾでも配信中!

 
Sensuous
通常音源 | ハイレゾ
  あなたを保つもの/まだうごく
通常音源 ハイレゾ

 

 


 
 
【日高央 プロフィール】
 
ひだか・とおる:1968年生まれ、千葉県出身。1997年BEAT CRUSADERSとして活動開始。2004年、メジャーレーベルに移籍。シングル「HIT IN THE USA」がアニメ『BECK』のオープニングテーマに起用されたことをきっかけにヒット。2010年に解散。ソロやMONOBRIGHTへの参加を経て、2012年12月にTHE STARBEMSを結成。2014年11月に2ndアルバム『Vanishing City』をリリースした。

Tweet(ツイート)    

makino01.jpg

 

第11回:カーペンターズ『シングルズ 1969-1981』

~ハイレゾで僕のメインストリームの音楽に~

 

 カーペンターズは大好きである。しかしカーペンターズを自分の音楽趣味のメインに位置づけると、どこか気恥ずかしく思ってしまうところがあった。やはり「ビートルズやストーンズ、ツェッペリンを聴いてます」と言った方がカッコよかったから。不当な扱いとは分かっていても、いつもは脇に置いて、聴く時だけ「カーペンターズ、大好き」が常だった。

 そんなカーペンターズの『シングルズ 1969-1981』がハイレゾで出たものだから、オーディオ的興味もあって、正面からじっくり聴いてみた。低音の厚味と弾力性が増して、筋肉質なボトムになった印象を受けた。リチャードの施したリマスターの効果もあると思うが、ハイレゾが忠実に再現している気がする。

 「それでは70年代に愛した、カーペンターズの優しい音場が感じられないのではないか」と危惧する方もいるかと思う。でも僕の聴いた感じでは、低域のパワーパップに比例するように、カレンの歌声もふくよかさが増しているし、リチャードのアレンジがより繊細に耳に入ってくるようになった。カーペンターズの世界はそのままに、音が彫刻的に洗練されたと受け止めたい。

カーペンターズの曲はもともと経年劣化するものではないだけに、ハイレゾで聴くとますます名曲として輝く。ビートルズやツェッペリンの曲と比べても遜色ない風格というかフォルムを持ったような気がした。

 「スーパースター」は僕にとって特別に思い出深い曲である。1971年にヒットしたのでシングル盤を買った。初めて聴いたカーペンターズだった。まだビートルズを聴く前で、洋楽のヒットチャートを追いかける中学二年生だった。

 「スーパースター」はカーペンターズにしては珍しく暗い影がただよう曲だ。イントロのオーボエから、ポップスというより、どこかの国の民謡とでも思える古風さがあった。キャッチーなヒット曲を追いかけている中学生にはなじみにくい。なけなしの小遣いをはたいて「失敗したなあ」と思った。

 しかし何度も針を落とすうちに「スーパースター」は輝きだした。良く聴くとメロディは綺麗だし、最後は盛り上がる。そういう流れをつかんだとたん大好きになったのである。

 それでもお気に入りのヒット曲として聴いていたにすぎない。今回ハイレゾで聴いてみると、先に書いたように押しも押されぬスタンダード、それも堂々と自分のメインストリームで聴く音楽と言えるようになった気がする。ハイレゾが彼らの本当の姿を届けてくれたのだろうか。

 

carpenters-makino.jpg

 


 

「イエスタデイ・ワンス・モア」「スーパースター」など名曲の数々を収録!

Carpenters
『シングルズ 1969-1981』


btn_buy2.png

 

カーペンターズ 配信一覧

 


 

【牧野 良幸 プロフィール】
 
1958年 愛知県岡崎市生まれ。
1980関西大学社会学部卒業。
大学卒業後、81年に上京。銅版画、石版画の制作と平行して、イラストレーション、レコード・ジャケット、絵本の仕事をおこなっている。
近年は音楽エッセイを雑誌に連載するようになり、今までの音楽遍歴を綴った『僕の音盤青春記1971-1976』『同1977-1981』『オーディオ小僧の食いのこし』などを出版している。
2015年5月には『僕のビートルズ音盤青春記 Part1 1962-1975』を上梓。
 
 
 
 

Tweet(ツイート)    

hidaka.png

 

Vol.17 Theme : 「夏の王様、無冠の帝王

 

 暑かったと思えば寒くなったりと不安定な気候の中、今回おススメするのはレゲエ……レゲエと言えば「ボブ・マーリー」が浮かぶ読者も多いかと思いますが、基本的にこの連載は音楽そのものを好きになって貰いたくて、あの手この手でネタを選んでいるので、そんなイージーなチョイスはいたしません……ボブ・マーリーももちろん最高ですが、今回は「レゲエ」という言葉そのものの語源を生み出した偉大なグループ、トゥーツ&ザ・メイタルズを紹介します。

 南米の小国ジャマイカにて発祥し、その後、爆発的に世界に広がっていくレゲエですが、そこにたどり着くまでにまず「SKA」が流行り始めます……スカの発祥には諸説ありますが(第二次大戦後ジャマイカでラジオが普及するも、電波が悪くてジャズの2拍目と4拍目が強調されて聴こえたため等々)、北米で広く聴かれていたジャズをベースに、裏拍を強調してテンポもアップして独自のサウンドとしてジャマイカで発展したのが、まずスカ。ボブ・マーリーもピーター・トッシュらとウェイリング・ウェイラーズとして、新進気鋭のスカBANDとしてデビューしているのです。ジミー・クリフ大先生等もそうです。

 その後1960年代の半ばになると、アメリカではモータウンを筆頭とした空前のR&Bブームが巻き起こり、BPMも雰囲気もアッパーなスカから、テンポを落とし、ラブソングを中心に裏拍をゆったりと取る「ロックステディ」のブームへとジャマイカも移行します。アルトン・エリスやジャッキー・ミットゥ等々のスターを生み出し、今で言う「ラヴァーズ・ロック」の原型にもなっていきます。

 しかし上記の代表的なアーティスト達が北米に移住してしまい、次第にジャマイカ本来のアイデンティティーを希求する動きが強まると、ラスタファリ運動(本当は複雑な思想なのですが大きく説明すると、かつてスペインの植民地として統制されていた1500年代に、アフリカから多くの黒人が奴隷として移民させられたため、自分たちのアイデンティティーを求めアフリカ回帰を唱えた運動)と結びついて、よりメッセージ色の濃いレゲエへと発展していきます。

 そんな背景の中、ボブ・マーリーと同じくスカやロックステディのボーカル・グループとしてスタートしたのが、本稿の主役トゥーツ&ザ・メイタルズ。メインVo.のフレデリック・”トゥーツ”・ヒバートを中心としたトリオとして64年にデビューすると、トゥーツの伸びやかな高音で数々のヒットを連発。68年の『Sweet & Dandy』や、レゲエの語源になったと言われる『Do The Reggay』等々がお馴染みです。

 一聴して良い人オーラ全開の歌声からは想像もつきませんが、トゥーツが大麻所持で逮捕されたり、投獄中の監獄番号を歌にしたり(『54-46, That's My Number』)、なかなかパンチある行動や、当時のグダグダな契約内容などで、順風満帆な活動とはいかなかったようですが、70年代に入って『Monkey Man』(2トーンSKAの立役者THE SPECIALSのカヴァーでおなじみ)や、『Pressure Drop』(沢山カヴァーされてますが、先ごろ発売されたKen(Youkoyama)くんのアルバムでもカヴァーされてます)等の代表的なナンバーがジャマイカ圏以外でもジワジワとヒットしていきます!

 しかしそれを上回る超強力なキャラクターとサウンドを持ったレゲエ・アーティスト……そう、ボブ・マーリーが登場してしまうのです。エリック・クラプトンが『I Shot The Sheriff』をカヴァーしたことで、ボブの方が世界的な認知度を得てしまい、同じく重要な存在であったメイタルズが世界的に注目される機会は、その後あまりなかったのです……なんたる不運の天才、無冠の帝王なことか!?

 その後トゥーツことフレデリック・ヒバート以外のメンバーは入れ替わり立ち替わりしていますが、メイタルズは今でも現役バリバリで活動しています。2000年代にはレディオヘッドをレゲエでカヴァーしたり、エイミー・ワインハウスと共演したり、2012年にはグラミー賞にもノミネートされ、今でも多くのアーティストやリスナーから、多大なるリスペクトを受け続けています。酸いも甘いも噛み分けたトゥーツの優雅な歌声は、不安定な晩夏の空にもよく似合いますよ……お試しあれ!

 


 

music代表曲を網羅した編集盤!

Toots & The Maytals
Time Tough: The Anthology

btn_buy.jpg

 

トゥーツ&ザ・メイタルズ 配信一覧はこちらから

"通"の選ぶ! moraレゲエ特集はこちらから

 


 
 
【日高央 プロフィール】
 
ひだか・とおる:1968年生まれ、千葉県出身。1997年BEAT CRUSADERSとして活動開始。2004年、メジャーレーベルに移籍。シングル「HIT IN THE USA」がアニメ『BECK』のオープニングテーマに起用されたことをきっかけにヒット。2010年に解散。ソロやMONOBRIGHTへの参加を経て、2012年12月にTHE STARBEMSを結成。2014年11月に2ndアルバム『Vanishing City』をリリースした。

Tweet(ツイート)    

sato.png

 

Side A:アニソンとハイレゾの密接な関係

 みなさんこんにちわ。アニメや声優さんの音楽制作に携わってます佐藤純之介と申します。ご縁ありましてmoraで連載を始めることとなりました。よろしくお願い致します!

 第一回目は僕が音楽制作に関わっているアニソンの話を中心に、今話題のハイレゾ音源についてお話出来ればと思います。アニソンというと、皆さんどういうイメージをお持ちでしょうか? 最近ではJ-POPより凝っている、クオリティが高いと言われている一方でオタク向けで近づきがたい、音がごちゃごちゃしている、というネガティブな印象もあるかと思います。音楽制作の現場から見ると、実際のノウハウや手法はJ-POPや他のジャンルとなんら変わらず、リスナーの想い入れによって印象が変わっただけだと考えております。好きな曲だと何度でも聴けるけど、一度聴いて興味のない曲は二度と聴きませんよね? 客観的な評価に関係なく、リスナーそれぞれの趣味嗜好で良くも悪くも聴こえているだけでは無いでしょうか?

 アニソンが他のジャンルとは差別化され評価される理由、それは音だけでは語れません。1番大きな要因は「作品とのシンクロ感」だと考えてます。アニメ視聴者とアニメ制作者が同じ1クール12話のストーリーを共有し、密度の濃い意思疎通をすることで刺さる作品を作っているからです。一番わかり易いのが「歌詞」。綿密に作られたシナリオの上で性格や表情を設定されたキャラクター達、そしてそのキャラクターを演じる声優さんの性格までをキャプチャーして世界観とメッセージを創作し歌詞にする。より多くの共感を得るために大きなメッセージを掲げるJ-POPに対し、「このキャラクターの第**話のあのシーンのこの時の気持ち!」をピンポイントで表現することでその作品をより深く理解してもらう、聴く度にそのシーンを想い出す、キャラクターに感情移入する……。そんなニッチを極めた結果が今のアニソンブームの礎になっていると僕は考えています。

 次にハイレゾとアニソンの相性について語る上でもう一つ欠かせないアイテムがあります。それはイヤホン&ヘッドホンです。家族の前、クラスメイトの前では聴きづらい、という要因もあるかと思いますが(汗)、実はこのイヤホン&ヘッドホンでのリスニングが非常にアニソンとの相性が良いのです。テンポが早く音数が多いアニソンはいわゆる大型高級オーディオだと構造上、高音と低音によって耳に届くまでの音のスピードに差異が生じリズム隊と歌、上モノの音がチグハグに聴こえてしまいもっさりした印象になります。ジャズやクラッシックだと音のアタックやテンポが遅い分気にならず、その差異すら豊かで包み込むような膨らみに聴こえるのですが……。イヤホン&ヘッドホンだと耳までの距離が近いのでBPMが200前後の高速曲でも、大勢で歌っている曲でも制作者の意図したバランスに近い状態で聴けます。さらにハイレゾ音源となると、より高い解像度を感じることが出来るようになり情報量の多い楽曲の中から声優さんの歌の息遣いまで感じることが出来ます。アニソン+ハイレゾ+イヤホン&ヘッドホンというのはまさに三種の神器、今後のアニソンハイレゾ配信の普及が、楽曲に込められた歌詞や表情を感じ取っていただき、より作品を好きになっていただけるキッカケになると嬉しいです。

 と言うわけで第一回目、いかがでしたでしょうか? 少し硬すぎたかも……。僕自身、音楽がとにかく好きで一日中音楽に触れていたい性格でして、アニソンの世界に入った時は「SFもファンタジーも学園物も!毎回新しい世界感の音楽が作れるなんて!」と感動したのを今でも覚えています。聴いて頂ける人が少しでも幸せな気分になる音楽を作ることはもちろん、CD、ハイレゾ等増え続ける配信フォーマットに対応しつつ、それぞれでベストを尽くした音源をこれからもリリースしていければと思います。ではまた!

 

今日のアニソンハイレゾ!

μ's「僕らのLIVE 君とのLIFE」

μ’sの1stシングル!先日まで、CD用に作成した24bit/48kHzのマスターをハイレゾ音源として配信していましたが、2015年8月26日よりミックスダウンから新たに作り直した「HD REBUILD MASTER」として24bit/96kHzで再配信スタートしました!アニソンハイレゾが始まってからの約2年、ハイレゾを取り囲む状況が大きく変わり、ユーザーのリスニング環境も揃ってきた昨今、最新の機材と今のクオリティで改めてユーザーが望む音を作りたい衝動に駆られこの企画を提案し制作いたしました。まだ幼い印象も残るμ’sの歌声はハイレゾ版ラブライブ!シリーズの入門用としてもオススメです!

ハイレゾで購入

 

 

Side B:音楽ガジェット紹介!

gadget01.png

Bispa Phonoka+

フォノカチャン!(・8・)でお馴染みのポータブル真空管アンプです。ポータブルオーディオプレーヤーと組み合わせて使います。完成品では売ってないパーツセットで自分で作らないといけない一品……。真空管と聞いてイメージするような音ではなく、非常にノイズも少なくキレのある音。

 


 

佐藤純之介 プロフィール

株式会社アイウィル音楽制作プロデューサー。 1975年大阪生まれ。YMOに憧れ90年代後期よりテレビや演劇の音楽制作の仕事を始め、2001年に上京。レコーディングエンジニアとしてJ-POPの制作に参加した後に、2006年アニソンレーベル、株式会社ランティスに入社、2011年ランティスの音楽制作部が独立した株式会社アイウィルに転籍。現在はプロデューサー、ディレクター、エンジニアとしてアニソンを中心に音楽制作に携わる。

 


 

佐藤純之介×クラムボン・ミトのスペシャル対談も!「違いのわかるハイレゾ放談

SPLBN01000138980109.jpg

 

佐藤さんがディレクターとして携わるμ’sの楽曲はこちらから!「みんなで叶える物語 ラブライブ!特集

SPLBN01000146920101.png

 

 

Tweet(ツイート)    

makino01.jpg

 

第10回:ロジャー・ウォーターズ『Amused to Death』

~DSDで濃厚にプログレを聴く~

 

 ピンク・フロイドの元メンバー、ロジャー・ウォーターズのソロ作品『Amused to Death』(邦題『死滅遊戯』)がハイレゾで配信された。それもFLAC(192kHz96kHz)だけではなくDSDの配信もある。近年のハイレゾ界では間違いなく注目作品と言えよう。

 『Amused to Death』は1992年の作品。ピンク・フロイドのアルバムに匹敵すると言われるほど評価の高いアルバムだ。「ピンク・フロイドの真髄はロジャー・ウォーターズ」と思ってしまうのは僕だけではあるまい。

 その『Amused to Death』が2015年、ピンク・フロイドのエンジニアだったジェームズ・ガスリーによりオリジナル・テープから再ミックスされたのが今回のハイレゾである。さっそく僕もDSDとFLACで聴いてみた。プレーヤーはDSDも再生できるSONYのHAP-S1(※リンク先外部サイト)である。

 虫の音から始まる導入。庭先では犬が吠えている。つけっぱなしのテレビの音。どこか不気味な世界だ。このアルバムの聴き所であるジェフ・ベックのギターが現れるまでもなく“プログレ度”が全開である。

 アルバムの紹介は他に譲るとして、DSDのことを書こう。FLAC(192kHz/24bit)に比べてDSDは音に厚みをもたらす気がした。リン、リン、リンという虫の音でさえ、実体のある音のような気がするのである。

 虫の音で興奮するのは、いかにもオーディオ・マニアの妄想に思われるかもしれないが、バンドの音になると、妄想ではなく確実に、DSDの特徴である厚みのある音を感じるてもらえるだろう。現代でも高音質として人気の高いLPレコードのようにアナログの風味なのだ。時折あらわれるソフルフルな女性ヴォーカルも厚味があり、まろやか。ドラムも弾力感がある。

 『Amused to Death』はスティーヴン・キング的なダークな雰囲気なので、DSDの“とろり”としたアナログ感は重要だ。そのぶ厚いフロントの音場がリスナーの左右にまで広がるのだから、“プログレ度”は満点である。聴ける環境の方はぜひDSDで聴いていただきたいと思う。

 いやあ、プログレをまた濃厚に聴く時代になるとは思わなかった。こうなると『Amused to Death』と並ぶ傑作『The Pros and Cons of Hitch Hiking』や『RADIO K.A.O.S.』もハイレゾ、それもDSDで聴きたくなってくるのである。

 

makino_roger.jpg

 


 

■今回ご紹介した作品はこちら!

『Amused to Death』
(2015年リマスター盤)
 

 

ロジャー・ウォーターズ 配信一覧はこちら

ピンク・フロイド 配信一覧はこちら

 


 

【牧野 良幸 プロフィール】
 
1958年 愛知県岡崎市生まれ。
1980関西大学社会学部卒業。
大学卒業後、81年に上京。銅版画、石版画の制作と平行して、イラストレーション、レコード・ジャケット、絵本の仕事をおこなっている。
近年は音楽エッセイを雑誌に連載するようになり、今までの音楽遍歴を綴った『僕の音盤青春記1971-1976』『同1977-1981』『オーディオ小僧の食いのこし』などを出版している。
2015年5月には『僕のビートルズ音盤青春記 Part1 1962-1975』を上梓。
 
 
 
 
mora TOPIC トップへ
moraに戻る
Facebookページへ
mora公式Twitterページへ
ページトップへ
▲ページの先頭へ戻る