最新のトピックスへ Facebook Twitter

日高央のトピックス

Tweet(ツイート)    

hidaka.png

 

Vol.3 Theme: 「ポールが帰ってきた場所
 
 

 おかげさまでブルーハーツのトリビュート(THE STARBEMSも参加したアルバム『THE BLUE HEARTS 30th ANNIVERSARY ALL TIME MEMORIALS ~SUPER SELECTED SONGS~』。ご購入はこちらから)も好評ですが、もはや日本におけるロックのスタンダードとなった彼らに想いを馳せることは、海外で例えるなら<ビートルズのような存在になってしまった>と言っても過言ではないでしょう。

 

 ヒロトとマーシーよろしく人気を二分したジョンポール……再来日も楽しみなポール・マッカートニーの魅力とは、双璧をなしていたジョン・レノンの特徴であるブルージーな7thスケールを多用するスタイルに対して、ジャズやクラシックっぽい半音ずつズレていくクリシェや、デミニッシュをじんわりと効かせた、メロウな曲作りにあるような気がします。

 

 楽譜や楽器に親しみが無い人のためにもざっくり説明すると、ジョンはブルースやR&Rを、ポールはゴスペルや映画音楽を、それぞれ下敷きにしながら曲作りを独学したのではないかと思うのです……聴けば一"聴"瞭然ですが、そのメロディ感やコード感が、彼らそれぞれの楽曲の特徴を形成しつつ、各々の声の持ち味によって徐々に担当する曲の感じも分かれていったというか。

 

 どちらかと言えばムーディで甘い声が特徴的だったポールは、前述の通り泥臭さやシャープさよりも、お茶の間に受け入れられ易いメロウな曲作りを担うようになりました……ビートルズ解散後の代表曲の一つ「Maybe I'm amazed」(1stアルバム『McCartney』M12収録)にはクリシェの効果が効いていたり、「My Love」(ポール・マッカートニー&ウイングスのアルバム『Red Rose Speedway』M2収録)ではデミニッシュでEMOい泣きメロを仕上げたり等々。実はそれらの特徴はビートルズの初期においては、カヴァー曲で代用されていました……映画音楽の「ティル・ゼア・ワズ・ユー」とかね。

 

 当初はおそらく、R&Rブームの中でメロウネスを強く出す事に抵抗があったり、ソングライターの実力としてメロウさとPOPさのバランスを取るのが難しかったのでしょう……ビートルズ初期はまだ弾ける若さを強調したかっただろうし、同時進行でムーブメントとなるフォークROCKやサイケにおいては、メロウさよりも7thのブルージーなニュアンスの方がHIPとされていましたから(この辺のニュアンスを当時リアルタイムで聴いていた人と話してみたいものです)。結果『ホワイト・アルバム』辺りからバラけていくビートルズ、及び解散後の自由な楽曲制作において、ポールは本来の持ち味である映画音楽的なメロウさに帰っていった……それが前述のソロの代表曲に繋がるのでは? そんな想像をしながら聴くと、ポール来日公演の楽しみ方がまた一つ増えそうで、待ち遠しさも倍増します。

 
 
===
 
 
今回紹介されたポール・マッカトニーのアルバムは以下!
 
 
ソロ初作品
『McCartney』
 
paul01.jpg
 
btn_buy.jpg
 
 
「ポール・マッカートニー&ウイングス」としての2ndアルバム
『Red Rose Speedway』
 
paul02.jpg
 
btn_buy.jpg
 
 
===
 
 
【日高央 プロフィール】
 
ひだか・とおる:1968年生まれ、千葉県出身。1997年BEAT CRUSADERSとして活動開始。2004年、メジャーレーベルに移籍。シングル「HIT IN THE USA」がアニメ『BECK』のオープニングテーマに起用されたことをきっかけにヒット。2010年に解散。ソロやMONOBRIGHTへの参加を経て、2012年12月にTHE STARBEMSを結成。2014年11月に2ndアルバム『Vanishing City』をリリースした。

Tweet(ツイート)    

hidaka.png

 

Vol.2 Theme: 「カントリーとフォークの違い」
 
 

先日我がBANDザ・スターベムズのメンバーにフォークROCKをお勧めしていたところ、三十路に突入して間もないドラマー高地とギタリスト後藤曰く「フォークとカントリーって何が違うんですか?」とのこと。

 

 アコギを中心に素朴なスタイルを持つ両者は、平成キッズには違いが判りにくいのかっ! というゼネギャに苛まれつつ、たしかに違いを明確に説明したり、されたりする機会もなかなか無いことも事実。実際テイラー・スウィフトもカントリー・シンガーとしてデビューしたのですが、世界的なブレイクを果たした現在、彼女からカントリー・テイストを探すのは難しいですしね。

 

 ウィキっぽい説明をすると、アメリカ大陸に移り住んできたヨーロッパ移民の民族音楽が、奴隷として連れて来られてしまった黒人たちのゴスペルや賛美歌と融合して、日々の喜怒哀楽を基本ハッピーに演奏することで発展したのがカントリーフォークは民謡の影響を受けつつも、第二次世界大戦後の社会や世相に対するメッセージ性を含むオリジナル曲を、基本BAND形態ではなく個人でアコギ一本で歌うことで発展してきたもの。

 

 プラス、カントリーはロックンロールの原型にもなっているだけあって(R&Bと合体してR&Rへと)、シンプルな3コードを基調としたブルース的な音楽性。フォークはアメリカ各地、個々で発展しただけあって音楽的には自由で、もっとポップス寄りで特定のスタイルをあまり持たないのですが、ルーツや演奏形態が似ていることから混同されがちなこの2つ。

 

近年はカントリーもポップス寄りになって大ヒットを記録していますが、そもそも1960年代からポップスに肉迫していたのがフォーク。それを決定付けたボブ・ディランの存在はやはり大きいのです。特にエレキに持ち替えてからの彼は、同時代性と普遍性を同時に持つという離れ業をやってのけ、まさに代表曲「Like a Rolling Stone」のタイトルの通り「転がり続ける石のように」現在もロックし続けているのであります。

 
 
===
 
 
今回登場した2アーティストのまとめページは以下から!
 
 
page00000959.jpg
 
page0003674888888.jpg
 
 
===
 
 
【日高央 プロフィール】
 
ひだか・とおる:1968年生まれ、千葉県出身。1997年BEAT CRUSADERSとして活動開始。2004年、メジャーレーベルに移籍。シングル「HIT IN THE USA」がアニメ『BECK』のオープニングテーマに起用されたことをきっかけにヒット。2010年に解散。ソロやMONOBRIGHTへの参加を経て、2012年12月にTHE STARBEMSを結成。2014年11月に2ndアルバム『Vanishing City』をリリースした。
 
 

Tweet(ツイート)    

hidaka.png

 

Vol.1 Theme: 「四つ打ち」
 
 
あけましておめでとうございます、ザ・スターベムズのVo.日高央(ひだかとおる)です。タイトルの通り、音楽界や一般的には広く知られている音楽の、素朴な疑問を自分なりに取り上げて解説してみる連載を始めさせていただきます。よろしくお願いいたします!
 
 第一回目は、21世紀の今では耳にしない日はないんじゃないかという勢いの「4つ打ち(よつうち)」のルーツを考察してみたいと思います。「ドッチー・ドッチー…」でおなじみのリズムですが、素直に「4つ打ち」でウィキってみると、モータウン直系のエディ・ケンドリックスが始まりでは? とか、世間的にはアジカンぐらいからじゃない? と言われているようですが……俺に言わせて貰えば違います。ももクロとのコラボで広く宣伝されている、あの派手な男たち……そう、KISSが起源じゃないでしょうか!? 特に今日的な4つ打ちはっ!
 
 TVのジングル等でもおなじみの、1979年に発表されたKISSの名曲「ラヴィン・ユー・ベイビー(I Was made For Lovin’ You)」は、当時絶頂を迎えていたディスコ・ミュージックに対するロック側からの最良の返答であり、POPにアレンジし易いノリの良さ、キャッチーなメロディの乗せ易さもあいまって全世界的にヒットし波及。これ以降、バンドがダンス・ミュージックを意識する際に、4つ打ちが多用されるようになったような気がします。同じような現象はクラブ・シーンでも起こり、ある程度複雑なリズム・パターンを持っていたはずのハウスや2ステップも、結局4つ打ちに集約されるようになってしまいました……それほどまでに中毒性の高いKISS、いや「ラヴィン・ユー・ベイビー」及び4つ打ちのリズムは、やはり侮れません!
 
 しかしPUNKの歴史が証明したように「誰でも出来る」はキッズにとって心強いスローガンであると同時に、消費のスピードも物凄く速くなってしまいます。今後この4つ打ちがどのように変化・進化していくのか楽しみでもありますし、ミュージシャンとして自分的にどう料理・アレンジしていけるのか……皆で一緒に踊りながら試していきましょう。
 
 
===
 
 
今回ご紹介したKISS「ラヴィン・ユー・ベイビー(I Was made For Lovin’ You)」を収録したアルバムはこちら!
 
■『地獄からの脱出(Dynasty)』
 
kiss.jpg
 
 
 
===
 
 
【日高央 プロフィール】
 
ひだか・とおる:1968年生まれ、千葉県出身。1997年BEAT CRUSADERSとして活動開始。2004年、メジャーレーベルに移籍。シングル「HIT IN THE USA」がアニメ『BECK』のオープニングテーマに起用されたことをきっかけにヒット。2010年に解散。ソロやMONOBRIGHTへの参加を経て、2012年12月にTHE STARBEMSを結成。2014年11月に2ndアルバム『Vanishing City』をリリースした。
 
 
 

 
mora TOPIC トップへ
moraに戻る
Facebookページへ
mora公式Twitterページへ
ページトップへ
▲ページの先頭へ戻る