最新のトピックスへ Facebook Twitter

日高央のトピックス

Tweet(ツイート)    

hidaka.png

 

Vol.6 Theme : 「若者には激しく、老人には優しさを

 

 ここ数年、アメリカ発祥のレコ屋盛り上げイベントRecord Store Day(レコード・ストア・デイ。以下RSD)が盛り上がりを見せ、ここ日本でもインディーを中心にアナログ7インチをリリースするアーティストが増えてきましたが(FRONTIER BACKYARDやCOMEBACK MY DAUGHTERS等々)、おかげで本国アメリカではCDの売り上げを抜く勢いでアナログの売り上げが右肩上がりになっているようで、本当に羨ましい限りです。

 そしてそんな現象の中でとても嬉しいのは、アナログで育ったアーティストの新作が7インチでリリースされる事によって、同世代も楽しめるし、若年層が新鮮なリアクションでもってそれを迎え入れてくれる事です。その最たる例がFaith No More(フェイス・ノー・モア。以下FNM)ではないでしょうか。

 82年の結成当時は、なんとコートニー・ラブ(HoleのVo.にしてご存知カート・コバーンの妻)がVo.を担当していたこともあるそうですが、男性Vo.になってから2枚のアルバムを発表。しかし知名度がグッと上がったのは、88年に現在のVo.であるマイク・パットンが加入してからの事で、彼が加入してからのシングル「Epic」が大ヒットしたからでした。

 

「Epic」を収録した
マイク・パットン加入後初のアルバム!

『The Real Thing』

btn_buy.jpg

 

 元々はミスター・バングルという変態的なミクスチャーBANDのVo.だった彼が、割と真っ当なミクスチャーBANDであるFNMに加入した事で、それぞれのパーソナリティが奇跡的に合致。メタルやPUNKとしては奇抜だし、ミクスチャーとしても毒々しいサウンドだったものの、派手な衣装やパフォーマンス、そして何よりFNMが本来持っていたPOPセンスが、パットンの高い歌唱力や表現力(全裸や放尿も厭わない過激さ)と合わさって一気に爆発したのでした。

 その後も傑作アルバム『Angel Dust』で世界的にブレイクし、特にシングル「Midlife Crisis」における静と動の表現力は、当時のスーパー・グループであったニルヴァーナにも肉迫する支持を得て、その後のラウドROCKやヘヴィROCK勢への影響も計り知れないほどでした。タイトルを直訳すると「更年期障害」という独特な歌詞の世界観も秀逸で、人間の生理的な現象を世間や社会の問題点として比喩してみせるパットン独自のセンスがキッズから音楽通までを唸らせつつ、ここ日本ではなかなかその魅力が伝わりきらなかった一因でもあったのかと思います。基本ダークな世界観なのですが、PVやLIVEでのユーモアも交えた表現力や構築力は、もしかしたらヴィジュアル系のBANDこそ参考にすべきなのかもしれません。

 

「Midlife Crisis」収録の出世作!

『Angel Dust』

btn_buy.jpg

 

98年には解散してしまったFNMですが、2009年の再結成以降は不定期ながらも精力的に活動を再開し、特にここ数年はシングルを発表し続け、遂に今年の5月には18年振りのニュー・アルバム発売がアナウンスされました。メンバーの平均年齢も50歳を超えた事で、アナログから現在のMP3データでやり取りする時代を見続けてきただけに、サウンドの深みや表現力の豊かさが、流石に若手BANDにはない魅力を放っています。シングルも配信だけでなく、限定アナログ7インチでもリリースしてくれるので、ニュースクールなキッズ達には新鮮に、そして我々オールドスクーラーな世代にとっては、とても優しく嬉しく響いてきます。機会があれば是非ご一聴をお薦めします。

 

 
 
 

 
 
【日高央 プロフィール】
 
ひだか・とおる:1968年生まれ、千葉県出身。1997年BEAT CRUSADERSとして活動開始。2004年、メジャーレーベルに移籍。シングル「HIT IN THE USA」がアニメ『BECK』のオープニングテーマに起用されたことをきっかけにヒット。2010年に解散。ソロやMONOBRIGHTへの参加を経て、2012年12月にTHE STARBEMSを結成。2014年11月に2ndアルバム『Vanishing City』をリリースした。

Tweet(ツイート)    

hidaka.png

 

Vol.5 Theme : 「変化を恐れぬ子供達

 

 先日NHK『SONGS』にて、俳優の坂上忍氏のナビゲートによるデヴィッド・ボウイ特集が放映され、同世代で同じくボウイ・ファンの自分も楽しく拝見させていただいたのですが、そこで番組の核心とも言える発言がとても興味深かったので、ここにその要約を引用させていただきます。

 「時代ごとにスタイルは変われど、実験精神、批評精神は一切ブレていない」

 ボウイの本質を的確に表現した素敵な言葉が印象的でしたが、ボウイの音楽を知らずに聞くと「コロコロ変わるのにブレないとは?」と、その矛盾が気になる言葉でもあります。

 60年代中頃、当時の一大ムーブメントであるモッズBANDとしてデビューしながらも、陽の目を見ずにBAND解散の憂き目にあったボウイは、70年代が近づくとシーンに背を向けるような活動を始めます……まずはボブ・ディラン的なフォークROCKへのアプローチ。最初のヒット曲となる「Space Oddity」は、既に60年代に使い古されたかのような音楽スタイルでしたが、当時打ち上げが成功したばかりのアポロ11号の月面着陸のニュース映像に使われたことで注目を浴び大ヒット。テクノロジーの進化というモダンな現象に対して、まるで古き良き時代との別れを惜しむかのような、センチメンタルな手法を、フォークによって表現したのです。それはまるでテレビのニュース番組の演出のようでしたし、実際にテレビのニュースは彼の音楽をそのように使用し、まんまとボウイの術中にハマったというわけです。

 時代時代のニーズは意識しながらも、それをそのままではなく、逆の切り口や、斜め45度ぐらいから鋭角に表現してみせるそのユニークな手法で、その後も数多くのヒット曲を量産し、PUNKの父とも言われるグラムROCKの旗手に躍り出たボウイ。その後もジェームス・ブラウン的FUNKを、大ヒット曲「Fame」等であえてヘナヘナな演奏で表現し「これはプラスチック・ソウル(安物のソウルMUSIC)なんだ」とうそぶいてみせる秀逸なセンスは、まさに早過ぎたPUNKでした(実際SEX PISTOLSのアイコン、シド・ヴィシャスは熱烈なボウイ・ファン)。

 そしてボウイの凄さを物語っているのが1971年の名曲「Changes」で、まるでその後の自分のスタイルの変遷を宣言するかのような歌詞なのです……詳細は実際の歌詞を読んで貰えば判りますが、曰く『唾を吐くほど嫌悪されるキッズ達は 世界を変えようとしている』……21世紀の現在でも頭の固い大人達がしている事を、40年も前に既に言い当ててしまっているのです。

おそらく世界で初めて化粧をしてステージに立った男性アーティストであるデヴィッド・ボウイ。彼の先見性と革新性は、聴けば聴くほどに深まっていきます。まだ未聴の方はこの機会に是非、彼の魅力に触れてみて下さい。

 

「Space Oddity」「Fame」「Changes」など
代表曲を収録したリマスター版ベストアルバム!

Nothing Has Changed
(The Best Of David Bowie)

btn_buy.jpg

 
 
 

 
 
【日高央 プロフィール】
 
ひだか・とおる:1968年生まれ、千葉県出身。1997年BEAT CRUSADERSとして活動開始。2004年、メジャーレーベルに移籍。シングル「HIT IN THE USA」がアニメ『BECK』のオープニングテーマに起用されたことをきっかけにヒット。2010年に解散。ソロやMONOBRIGHTへの参加を経て、2012年12月にTHE STARBEMSを結成。2014年11月に2ndアルバム『Vanishing City』をリリースした。

Tweet(ツイート)    

hidaka.png

 

Vol.4 Theme: 「アメリカの祭典はイギリスに支えられている?

 

 アメリカ全土の音楽産業を盛り上げるために1959年から始まったグラミー賞も、56回目を迎えた現在、世界で最も有名な音楽の祭典となっているのは、皆さんも良くご存知かと思います。

 今年度、最多の4部門を受賞したのはイギリス出身、若干22歳のシンガーソングライター、サム・スミスでしたが、彼の最大のヒット曲「ステイ・ウィズ・ミー」(アルバム『In The Lonely Hour』収録)に盗作疑惑が持ち上がっていたのはご存知だったでしょうか? トム・ペティが1989年に発表した「アイ・ウォント・バック・ダウン」に類似していると、ペティ側の弁護士が指摘した事に端を発します。

 

「アイ・ウォント・バック・ダウン」収録

Tom Petty
「Full Moon Fever」

btn_buy.jpg

 

 聴き比べると確かに似ているのですが、指摘を受けたスミス側は速やかに類似を認め、作曲クレジットにペティらの名前を盛り込み印税を分配。しかし「トム・ペティ氏の曲は知らなかった、聴いた事がなかった」と主張……迅速な対応の割にシラを切るとは……これは怪しいっ! と誰もが疑い始めたところ、トム・ペティ側も速やかにコメントを発表しました。

 曰く「曲作りではよくある事だし、俺は悪感情は抱いてないよ。訴訟なんて言葉は出なかったし、俺の意図するところでもない」……大人っ! トム・ペティ、大人だわっ! 1976年にトム・ペティ&ザ・ハート・ブレイカーズとしてデビューした当時、セールスに恵まれず破産宣告までしてしまったものの、3rdアルバム『破壊』(原題:Damn The Torpedoes)が全米2位の大ヒットを記録して以来、POPなメロディーの中に泥臭さを感じさせるブルージーな魅力で、アメリカンROCKの代表として永きに渡って愛されているだけあります。

 ビートルズ好きでもお馴染みな彼が、同じくビートルマニアなELOのジェフ・リンと組んで1989年にリリースした初のソロ・アルバム『フル・ムーン・フィーバー』に収録されていたのが「アイ・ウォント・バック・ダウン」。ペティ得意のミドル・テンポなROCKナンバーで、Aメロでのブルージーな渋さが、サビに突入すると一気に明るく突き抜けて、爽やかな開放感が気持ち良い名曲です。ここで面白いのが、類似してしまったサム・スミス「ステイ・ウィズ・ミー」のサビは、この曲のサビに似ているのではなく、Aメロに似ているのです……特大ヒット曲のサビが、既にAメロで出て来て、その後に更に爽快なサビを持ってくるとは……天才っ! トム・ペティ、天才だわっ!

 共同作曲者のジェフ・リンのPOPセンスも手伝っての事かと思いますが、同曲ではビートルズのジョージとリンゴも参加しており、本家まで担ぎ出してしまう才能と人柄は、やはりトム・ペティに負うところが大きいのでしょう。そんな名演・名曲を支えていたのがイギリス出身のビートルズで、その四半世紀後にグラミー賞を騒がせる事になったのも、同じくイギリスのサム・スミス……地理と時代が、音楽を通じて一周してしまったかのような2015年のちょっとした珍事。遥かなる英国に想いを馳せながら聴くと、名曲達の輝きも一層と増すような気がしませんか?

 
 

 
 
【日高央 プロフィール】
 
ひだか・とおる:1968年生まれ、千葉県出身。1997年BEAT CRUSADERSとして活動開始。2004年、メジャーレーベルに移籍。シングル「HIT IN THE USA」がアニメ『BECK』のオープニングテーマに起用されたことをきっかけにヒット。2010年に解散。ソロやMONOBRIGHTへの参加を経て、2012年12月にTHE STARBEMSを結成。2014年11月に2ndアルバム『Vanishing City』をリリースした。

Tweet(ツイート)    

hidaka.png

 

Vol.3 Theme: 「ポールが帰ってきた場所
 
 

 おかげさまでブルーハーツのトリビュート(THE STARBEMSも参加したアルバム『THE BLUE HEARTS 30th ANNIVERSARY ALL TIME MEMORIALS ~SUPER SELECTED SONGS~』。ご購入はこちらから)も好評ですが、もはや日本におけるロックのスタンダードとなった彼らに想いを馳せることは、海外で例えるなら<ビートルズのような存在になってしまった>と言っても過言ではないでしょう。

 

 ヒロトとマーシーよろしく人気を二分したジョンポール……再来日も楽しみなポール・マッカートニーの魅力とは、双璧をなしていたジョン・レノンの特徴であるブルージーな7thスケールを多用するスタイルに対して、ジャズやクラシックっぽい半音ずつズレていくクリシェや、デミニッシュをじんわりと効かせた、メロウな曲作りにあるような気がします。

 

 楽譜や楽器に親しみが無い人のためにもざっくり説明すると、ジョンはブルースやR&Rを、ポールはゴスペルや映画音楽を、それぞれ下敷きにしながら曲作りを独学したのではないかと思うのです……聴けば一"聴"瞭然ですが、そのメロディ感やコード感が、彼らそれぞれの楽曲の特徴を形成しつつ、各々の声の持ち味によって徐々に担当する曲の感じも分かれていったというか。

 

 どちらかと言えばムーディで甘い声が特徴的だったポールは、前述の通り泥臭さやシャープさよりも、お茶の間に受け入れられ易いメロウな曲作りを担うようになりました……ビートルズ解散後の代表曲の一つ「Maybe I'm amazed」(1stアルバム『McCartney』M12収録)にはクリシェの効果が効いていたり、「My Love」(ポール・マッカートニー&ウイングスのアルバム『Red Rose Speedway』M2収録)ではデミニッシュでEMOい泣きメロを仕上げたり等々。実はそれらの特徴はビートルズの初期においては、カヴァー曲で代用されていました……映画音楽の「ティル・ゼア・ワズ・ユー」とかね。

 

 当初はおそらく、R&Rブームの中でメロウネスを強く出す事に抵抗があったり、ソングライターの実力としてメロウさとPOPさのバランスを取るのが難しかったのでしょう……ビートルズ初期はまだ弾ける若さを強調したかっただろうし、同時進行でムーブメントとなるフォークROCKやサイケにおいては、メロウさよりも7thのブルージーなニュアンスの方がHIPとされていましたから(この辺のニュアンスを当時リアルタイムで聴いていた人と話してみたいものです)。結果『ホワイト・アルバム』辺りからバラけていくビートルズ、及び解散後の自由な楽曲制作において、ポールは本来の持ち味である映画音楽的なメロウさに帰っていった……それが前述のソロの代表曲に繋がるのでは? そんな想像をしながら聴くと、ポール来日公演の楽しみ方がまた一つ増えそうで、待ち遠しさも倍増します。

 
 
===
 
 
今回紹介されたポール・マッカトニーのアルバムは以下!
 
 
ソロ初作品
『McCartney』
 
paul01.jpg
 
btn_buy.jpg
 
 
「ポール・マッカートニー&ウイングス」としての2ndアルバム
『Red Rose Speedway』
 
paul02.jpg
 
btn_buy.jpg
 
 
===
 
 
【日高央 プロフィール】
 
ひだか・とおる:1968年生まれ、千葉県出身。1997年BEAT CRUSADERSとして活動開始。2004年、メジャーレーベルに移籍。シングル「HIT IN THE USA」がアニメ『BECK』のオープニングテーマに起用されたことをきっかけにヒット。2010年に解散。ソロやMONOBRIGHTへの参加を経て、2012年12月にTHE STARBEMSを結成。2014年11月に2ndアルバム『Vanishing City』をリリースした。

Tweet(ツイート)    

hidaka.png

 

Vol.2 Theme: 「カントリーとフォークの違い」
 
 

先日我がBANDザ・スターベムズのメンバーにフォークROCKをお勧めしていたところ、三十路に突入して間もないドラマー高地とギタリスト後藤曰く「フォークとカントリーって何が違うんですか?」とのこと。

 

 アコギを中心に素朴なスタイルを持つ両者は、平成キッズには違いが判りにくいのかっ! というゼネギャに苛まれつつ、たしかに違いを明確に説明したり、されたりする機会もなかなか無いことも事実。実際テイラー・スウィフトもカントリー・シンガーとしてデビューしたのですが、世界的なブレイクを果たした現在、彼女からカントリー・テイストを探すのは難しいですしね。

 

 ウィキっぽい説明をすると、アメリカ大陸に移り住んできたヨーロッパ移民の民族音楽が、奴隷として連れて来られてしまった黒人たちのゴスペルや賛美歌と融合して、日々の喜怒哀楽を基本ハッピーに演奏することで発展したのがカントリーフォークは民謡の影響を受けつつも、第二次世界大戦後の社会や世相に対するメッセージ性を含むオリジナル曲を、基本BAND形態ではなく個人でアコギ一本で歌うことで発展してきたもの。

 

 プラス、カントリーはロックンロールの原型にもなっているだけあって(R&Bと合体してR&Rへと)、シンプルな3コードを基調としたブルース的な音楽性。フォークはアメリカ各地、個々で発展しただけあって音楽的には自由で、もっとポップス寄りで特定のスタイルをあまり持たないのですが、ルーツや演奏形態が似ていることから混同されがちなこの2つ。

 

近年はカントリーもポップス寄りになって大ヒットを記録していますが、そもそも1960年代からポップスに肉迫していたのがフォーク。それを決定付けたボブ・ディランの存在はやはり大きいのです。特にエレキに持ち替えてからの彼は、同時代性と普遍性を同時に持つという離れ業をやってのけ、まさに代表曲「Like a Rolling Stone」のタイトルの通り「転がり続ける石のように」現在もロックし続けているのであります。

 
 
===
 
 
今回登場した2アーティストのまとめページは以下から!
 
 
page00000959.jpg
 
page0003674888888.jpg
 
 
===
 
 
【日高央 プロフィール】
 
ひだか・とおる:1968年生まれ、千葉県出身。1997年BEAT CRUSADERSとして活動開始。2004年、メジャーレーベルに移籍。シングル「HIT IN THE USA」がアニメ『BECK』のオープニングテーマに起用されたことをきっかけにヒット。2010年に解散。ソロやMONOBRIGHTへの参加を経て、2012年12月にTHE STARBEMSを結成。2014年11月に2ndアルバム『Vanishing City』をリリースした。
 
 
mora TOPIC トップへ
moraに戻る
Facebookページへ
mora公式Twitterページへ
ページトップへ
▲ページの先頭へ戻る