最新のトピックスへ Facebook Twitter

日高央のトピックス

Tweet(ツイート)    

hidaka__.png

 

「今さら聴けないルーツを掘る旅」バックナンバーはこちら

 

vol.33 Theme : ロックンロールの母とロックンロール・ギターの父

 

 またもや巨星 堕つ! とは言え「スコッティ・ムーア」という名前を聞いたことがあるリスナーは、相当なロックンロール・マニア……でも「ストーンズのキース」が憧れ、「エルヴィス」を支えたギタリストと、誰しもがピンとくるビッグネームがこぞって彼の影響を公言してはばからない……そんな偉大なるギタリスト、スコッティ・ムーアが、先頃84歳で永眠。彼がどれだけ優れたギタリストだったかを振り返りまくるの巻。

 

 1931年にテネシーで生まれたスコッティ少年、当時はまだロックンロール出現前なのでジャズやカントリーをこよなく愛する音楽少年として成長。カントリー界の大スター、チェット・アトキンスに大きな影響を受けた彼は、低音弦と高音弦を別々に弾くギャロップ奏法を習得し、スターライト・ラングラーズというカントリーBANDを結成しローカルで活動。その巧みなギターの腕前に惚れ込んだサン・レコードの社長サム・フィリップスが、新人ボーカリストのバックBANDとして彼らを売り出そうと計画……ここまではよくある話。

 

 しかし当初加入させようとしていたボーカリストが行方不明となり、仕方なく代理で呼んだボーカリストがその後の彼らの運命を……いや、世界中の歴史を変える事になろうとは誰が予想したろうか……そう、代理ボーカリストはロックンロール・キング、エルヴィス・プレスリー! 当時はしがないトラック運転手だったエルヴィスが、母の日のプレゼントとして吹き込んだレコードがサム・フィリップスの耳に留まりVo.として大抜擢。当時は黒人のR&Bを白人がキレイにカヴァーするのが主流で(荒々しいR&Bやゴスペルを大衆的なポップスに変換しちゃってた)、エルヴィスはそれに反して荒々しいままに歌えるボーカリストだった。かねがね人種差別政策に反対だったサム・フィリップスは、黒人のように歌える彼をメインに据える事を決意し、結果エルヴィス・プレスリー初のシングル「That’s Altight」はローカルヒットし、リスナーの多くは黒人の新人歌手だと勘違いしていたという伝説が残っている。アルバム『The First Original Recordings That Made History 1954-1956』に収録されているのでチェックされたし!

 

 それからのエルヴィスの快進撃はもはや説明の必要もなく、瞬く間に世界的なスターとなるが……そんな彼の数々の代表曲でギターを弾いたのがスコッティ・ムーア。チェット・アトキンス仕込みのギャロップ奏法で「Hound Dog」や「Heartbreak Hotel」といった大ヒットを彩り(アルバム『ELVIS - BEST HITS IN JAPAN』他に収録)、中でもスコッティ最大の功績は、いわゆる現代で言う<パワーコード>奏法の発明! 今でこそシンプルなコードの押さえ方でジャーン、ジャジャジャーンとギターをかき鳴らすのは当たり前だが、カントリーやジャズが最先端だった当時は指やピックで単音ずつ弾くのが普通で、コードをかき鳴らすというのは画期的な奏法だった……これが無かったら現在のロックは全然別物だったのではないか……とさえ言われる重要案件。名曲「Jailhouse Rock」のイントロ等で確認出来るので、多くのアルバムに入っている大名曲を聴き倒して、スコッティの偉業に感謝しながらロックを楽しもうぞ!

 

The First Original Recordings That Made History 1954-1956 ELVIS - BEST HITS IN JAPAN

 


 

日高央 プロフィール

ひだか・とおる:1968年生まれ、千葉県出身。1997年BEAT CRUSADERSとして活動開始。2004年、メジャーレーベルに移籍。シングル「HIT IN THE USA」がアニメ『BECK』のオープニングテーマに起用されたことをきっかけにヒット。2010年に解散。ソロやMONOBRIGHTへの参加を経て、2012年12月にTHE STARBEMSを結成。2014年11月に2ndアルバム『Vanishing City』をリリースした。

日高央(ヒダカトオル)(@hidakatoru) | Twitter
THE STARBEMS 公式サイト
THE STARBEMS 配信一覧

Tweet(ツイート)    

hidaka__.png

 

Vol.32 Theme : Keyboards Can Rock!

日高央の「今さら聴けないルーツを掘る旅」バックナンバーはこちら

 

 もはや逝去してしまったミュージシャン用コラムになりつつあるけど、自分にとっても過去の遺産を振り返る良い機会になってるのかも……前回のプリンスにも通じる、FUNK界の名キーボーディストにして、ロックやニューウェーブ、HIP HOPやR&Bにも多大な影響を与えつつ、先月惜しくも肺癌によってこの世を去ってしまったバーニー・ウォーレルを振り返ってみる。

 まずバーニーの歴史を振り返る前に、彼をフックした偉大なるFUNKロッカー、ジョージ・クリントンに触れないわけにはいかない。ニュージャージーの床屋の息子だったクリントンが、店にたむろする若い連中を集めて音楽集団パーラメントを形成したのが1950年代(当時はバンドを組むというより、時代的にボーカルグループを組むのが主流。楽器を持ってる奴の方が珍しかったので)。主にドゥーワップをメインに活動しながら、60年代に入るとロックやソウルの隆盛に伴って、モータウンからシングルを出したりするようになる。

 そこに当時、床屋の常連にしてアカデミックな音楽を学んでいたバーニーが、譜面書きやアレンジャーとして重宝される。その時はまだクリントンのバンド・メンバーになったわけではなく、音大に通ってクラシックを学び、夜な夜なニューヨークのクラブでジャズを演奏する若き学生だった……ここまでのバーニーはかなりのエリート・コース……いや勿論、FUNK界でのバーニーはエリート中のエリートなんだけど、その後クリントンによってフックアップされたバーニーの活動は、パッと見にはエリートとは程遠いエクストリームな物になっていくのだ!

 60年代にはボーカル・グループとして地味なローカルヒットを飛ばしていたパーラメントが、ツアーを重ねるうちにバンド形態となっていき、当時猛威を振るっていたジェームズ・ブラウンの影響でサウンドが激しくFUNK化。契約上の問題でパーラメント名義が使えなかったために、ファンカデリックと名乗ってアルバム制作に乗り出した時に、アカデミックな素養のあるバーニーが招集された。こうして総勢10数名にも膨れ上がり、70年代に一大FUNK王国となったファンカデリックは、そのド派手なパフォーマンス、衣装、そして何よりパンチのある楽曲で人気を博す。HIP HOP界のピストルズ、N.W.A.の伝記映画サントラ『Straight Outta Compton』収録の「(Not Just) Knee Deep」は、後にデ・ラ・ソウルにサンプリングされた名曲なので、みんな聴いたことあるかも。

その後パーラメント名義の権利を再び手にしたクリントンは、ファンカデリックと同時進行でアルバム制作に入り(この時期のジョージ・クリントンの創作意欲は異常……もしかしてプリンスの多作っぷりの影響元はここかも)、次々とヒットを連発。代表的なのは『Funkentelechy Vs. The Placebo Syndrome』収録の「Flash Light」や、『Mothership Connection』の「Give Up The Funk」等々……勿論こちらでもド派手な衣装とパフォーマンスは健在で、ホントにそんな必要かっ!? ってぐらい総勢7~8人のボーカリストやコーラスがステージに立ち、しかも何人かはオムツを装着してたり女装してたり、御大クリントンも今でいうエクステ的なド派手な色を髪にほどこし、ライブはさながらアフリカの少数部族の呪術式の様相……そう、ファンカデリックもパーラメントも、当時のFUNKパワーを使ってブラック・ミュージックの原風景に果敢に挑戦していたのだ。

そこで様々なキーボードを弾きこなしたバーニー・ウォーレル。ベーシックなピアノやオルガンは勿論、スペイシーなシンセ・ソロも素晴らしく、何よりもバーニー最大の功績は、シンセをベース的に使った初めてのブラック・ミュージシャンであること! クラフトワーク等、ヨーロッパでテクノ的にシンセ・ベースを使用した例はあったものの、ファンキーでうねるようなシンセベース使いはバーニーが開発したと言っても過言ではなく、現在のHIP HOPやR&Bに与えた影響は計り知れない……ライブで鍵盤ソロになると、ジョージ・クリントンが「バーニーッ!」って掛け声かけるのもカッコイイし、幸いにも彼の衣装はド派手というよりも、ちゃんとカッコイイの着させて貰えてるので(本人チョイスが許されたのかな?)、チャンスがあれば動くバーニーも確認してみて。

ファンカデリック及びパーラメントは膨れ上がり過ぎて(この辺ややこしいので総称してP-FUNKと呼んでる)、80年代に入って活動が落ち着くと、早速バーニーは様々なセッションに呼ばれることに……ロック好きの間で一番有名なのは、やっぱトーキング・ヘッズへの客演。ニューウェーブBANDからワールド・ミュージックへ接近するスリリングな時期を、バーニーは巧みなキーボード・プレイで彩り、その模様は彼らのライブ・アルバム『Stop Making Sense』で確認出来るのでマジおすすめ。っつか音楽界を縦横無尽に渡り歩きつつ、軽妙でオシャレでエッジィな鍵盤演奏を数々残してるバーニー・ウォーレルは、マジでもっと知られるべき存在よ!

 

Parliament
『Funkentelechy Vs. The Placebo Syndrome』

Parliament
『Mothership Connection』

 

 


 

【日高央 プロフィール】

ひだか・とおる:1968年生まれ、千葉県出身。1997年BEAT CRUSADERSとして活動開始。2004年、メジャーレーベルに移籍。シングル「HIT IN THE USA」がアニメ『BECK』のオープニングテーマに起用されたことをきっかけにヒット。2010年に解散。ソロやMONOBRIGHTへの参加を経て、2012年12月にTHE STARBEMSを結成。2014年11月に2ndアルバム『Vanishing City』をリリースした。

Tweet(ツイート)    

hidaka.png

 

Vol.31 Theme : 奇跡の軌跡

日高央の「今さら聴けないルーツを掘る旅」バックナンバーはこちら

 

 その早過ぎる死に世界中から哀悼の声が止まないプリンス……彼のペンによる「Nothing Compares 2 U」で知られるシニード・オコナーが、俳優のアーセニオ・ホールに訴えられたり(プリンスにヤクを渡し続けたとFacebookで言い続けたため)、遺産を巡る争いが絶えなかったりと周辺は慌ただしいままだが……今回もプリンスの音楽を振り返り。涙。

 前回紹介した大ヒット作にして生涯の代表作『Purple Rain』の発表後、普通なら世界的な大ツアーに出て、更にアルバムを売ったりグッズを売ったり、もちろんチケットも売り切れ続出になるに決まってるんだから、まさにアーティストにとっては一攫千金、確変突入のダメ押しチャンスを迎えるはずだったプリンスだが……さすが殿下は違う。ツアーには一切出ずに、何と売り上げ全てを注ぎ込んで自主スタジオ<ペイズリー・パーク>を建設。とっとと次作のRec.に入る……さすが天才! そもそも金儲けが目的じゃないのだ。己の身の丈を判ってるよね……なんでもかんでも売り上げ第一みたいなアーティストやクソ業界人はプリンスの爪の垢を煎じて飲め、アホ。

 そんでそのアルバム『Around The World In A Day』は、もちろん前作の延長線上にありつつも……なんとテーマは<サイケ>。というか<ビートルズ>!? プリンス流60’s POPが大炸裂した、これまた傑作……ファンキーさを残しつつもキャッチーなメロやシンガロング必至のサビ等、プリンス流の3ミニッツPOPがこれでもかと満載。ブラック・ミュージック特有の粘っこさや泥臭さが苦手な人は、こっから聴くと入り易いかも……いや、そんな奴はブラック・ミュージック聴かんでもよろし、か。とにかく先行シングル「ラズベリー・ベレー」のさり気ないフックや、「アメリカ」での辛辣な歌詞等、全然ブレてない殿下が楽しめる一枚。

 

Around The World In A Day
※画像クリックで購入ページへ

 

 POP路線は次作『Parade』でも続くものの、またまた自身主演・監督・音楽による映画『アンダー・ザ・チェリー・ムーン』を撮り、そのサントラとして発売されたため一般の評価は低い(もちろん映画は酷評の嵐だったので)。映画の出来はたしかに最高とは言い難い……っつか「パープル・レイン」も含め、基本PVの延長線上の物として楽しむ分にはモウマンタイ(無問題)なんだけど、いかんせん映画大国アメリカでは映画に対する姿勢が俄然シリアスなのでね……でもシングル「Kiss」はいまだにカヴァーされ続ける名曲だし、全体的にメロウな殿下も最高な一枚。

 

Parade
※画像クリックで購入ページへ

 

 反省した(?)プリンスは次作『Sign 'O' The Times』を2枚組の、シリアスめな大作として発表。殿下特有のミニマルな打ち込みや、重めのファンクが炸裂しており、これをプリンスの最高傑作とする声は多い。とはいえシーナ・イーストン(80’sイギリスの歌姫。プリンスの秘蔵っ子で超絶パーカッショニスト、シーラ・Eと混同しないように)をフィーチャーしたシングル「U Got The Look」を始め、「Play In The Sunshine」や「Starfish & Coffee」等POPな曲も目白押し。やっぱ大天才。

 

Sign 'O' The Times
※画像クリックで購入ページへ

 

 その後も年一、あるいは2年に一枚は必ずアルバムを発表する多作っぷりは凄まじく、その溢れ出る創作意欲は尽きることを知らない……しかも『Diamonds and Pearls』とか『Love Symbol(※)』等、90年代に入っても超絶かっこいいシングルからのアルバム、みたいな流れは途絶えないし、2000年代も『Musicology(※)』等ヒット作にして傑作をちゃんと残し続けているし……晩年の作品ももちろん悪いどころか、超絶に良い。言わずもがな、なプリンス節が貫かれてるし。途中で改名騒ぎがあったり、ワーナーと揉めてからは作品の販売方法が独自過ぎて面倒臭がられたり、すぐ脱いだり(笑)……トラブルも多々ありながらも、これだけブレずに表現を続け、そしてブレずに愛されたアーティストも珍しい。富や名声以上に、ただひたすらに良い音楽をクリエイトする事だけに専念したプリンスという奇跡。作品そのものと同じように、常に尖り続けていた殿下の軌跡を聴かないのは大いなる損失でしかない……もう二度と出会えないかもしれない大天才の傑作の数々を、この機会にチェックすべし。

 

Diamonds And Pearls
※画像クリックで購入ページへ

 

作品名に(※)と表記のあるものは配信なし

 

 


 

【日高央 プロフィール】

ひだか・とおる:1968年生まれ、千葉県出身。1997年BEAT CRUSADERSとして活動開始。2004年、メジャーレーベルに移籍。シングル「HIT IN THE USA」がアニメ『BECK』のオープニングテーマに起用されたことをきっかけにヒット。2010年に解散。ソロやMONOBRIGHTへの参加を経て、2012年12月にTHE STARBEMSを結成。2014年11月に2ndアルバム『Vanishing City』をリリースした。

Tweet(ツイート)    

hidaka.png

 

Vol.30 Theme : 殿下昇天・天下聖典

日高央の「今さら聴けないルーツを掘る旅」バックナンバーはこちら

 

 2016年は呪われているのだろうか……なかなか収まりを見せない地震が続いたり、まさかプリンスがこんなにも早く逝ってしまうなんて誰が想像しただろう……今回は彼の偉業を振り返ってみようかと。

 筆者が最初に触れた殿下(プリンスの日本での愛称)は、アルバム『Controversy』辺りで、ベストヒットUSAを始め洋楽番組で取り上げられ始めた頃だったんだけど……まずはヴィジュアルのインパクトに驚愕! 宝塚ばりの豪華絢爛な衣装に身を包む殿下を囲むのはエロい女性ギタリストと女性キーボーディスト、そして額に「KAMIKAZE」のはちまきを(しかも逆さに)付けた黒人ギタリスト、そして医者のコスプレをしたキーボーディストと、誰の頭にも「?」が浮かぶのも当然なド派手かつコンセプト不明な面々。誰がゲイで誰がヘテロか判らない倒錯した演出(女性メンバー同士のキスシーン等)もあいまって、当時の邦題『戦慄の貴公子』の名に恥じない奇天烈さ。

 しかし楽曲のPOPさ、ファンキーなのにいなたさよりもROCKの勢い溢れる楽曲群が、観る度、聴く度にだんだんクセになる不思議さ。それまでのブラックミュージック……R&BともHIP HOPとも違う、全く異質の存在。でも異質だからこそ際立つPOPさ。その証拠に次作『1999』で遂に全米TOP10入り。2枚組アルバムというボリュームにもかかわらず、一面に3曲ずつ収録というコンパクトさと、シングルカットされた「Little Red Corvette」がMTV隆盛とあいまって超ヘビロテされたのもあって大ヒットを記録。でもこの頃の殿下はまだ、ド派手な一発屋でキワモノ扱いされてる風潮の方が強かったかも……。

 それを覆した出世作が『Purple Rain』。無謀にも自ら主演して映画を制作し、そのサントラとして発表されたという、今から考えるととても変則的なアルバムなのに……結果、半年ほど全米一位をキープする特大ヒット! ここ日本を始め、アメリカ以外でも全世界的に大ヒット! 遂にプリンスは世界の殿下として降臨! この頃にはクネクネする殿下特有のダンスもクールでヒップな物となり、チェッカーズとかがステージアクションを似せてたのも良い思い出(マイクスタンド倒して足で戻す、みたいなJB譲りのアクション)。

 マイケル・ジャクソンにおける『スリラー』的な代表作が、プリンスにとってはこの『Purple Rain』で、興行的には成功したものの批評家からはボロクソ言われた映画『パープル・レイン』と違って(苦笑)、まさにROCKとFUNKを自由自在に行き来するプリンスの魅力が爆発した傑作となっており(基本、殿下の作品にハズレはないが)、こんなに派手なアルバムからの1stシングルが「When Doves Cry」というミドルテンポのナンバーってのがまず挑戦的でカッコイイ! シーケンスの使い方は現在のテクノに繋がるミニマルさで超クールだし、でもそんなクールな演奏の上に乗るボーカリゼーションの熱さとの対比もスゴい。間違いなく殿下の代表曲の一つである名曲。邦題「ビートに抱かれて」もあながち間違ってない!(笑)

 猥褻な演出とは裏腹に、シェークスピアばりのシリアスな人間模様を想起させる歌詞も良いし、殿下が弾きまくってるギターのまぁ上手いこと! 続くシングル「Let’s Go Crazy」は一転してアップテンポのロックンロールなのに、やはりミニマムなシーケンスが効いてて、このアレンジは当時吉川晃司辺りが参考にしてたりして、日本の音楽界にも大いに波及。そして表題曲「Purple Rain」は、シングルこそ4分前後にエディットされてるものの、ミュージックビデオはアルバム収録通り8分超えの大作に。それでも美メロとプリンスの熱いシャウト、悶絶のギターテクで全然聴ける名曲に。ロックでファンクでテクノでプログレってもうどんだけ天才なの!? 前作のジャケも含め、ここら辺から殿下=紫、のイメージが確立したのも良い想い出。

 っつーか一回で書き切れないわ、殿下との想い出……いや、殿下への恋文。というわけで次回も俺のプリンス論をば。それまで殿下の作品をみっちり聴いて予習せよ!

 


 

~プリンス初期の代表作~

 

Controversy

shichou_kounyu.jpg

1999

shichou_kounyu.jpg

Purple Rain

shichou_kounyu.jpg

 

▽ハイレゾ配信の紹介など▽

MAINV01000173990101.jpg

 


 

【日高央 プロフィール】

ひだか・とおる:1968年生まれ、千葉県出身。1997年BEAT CRUSADERSとして活動開始。2004年、メジャーレーベルに移籍。シングル「HIT IN THE USA」がアニメ『BECK』のオープニングテーマに起用されたことをきっかけにヒット。2010年に解散。ソロやMONOBRIGHTへの参加を経て、2012年12月にTHE STARBEMSを結成。2014年11月に2ndアルバム『Vanishing City』をリリースした。

Tweet(ツイート)    

hidaka.png

 

Vol.29 Theme : ギターが弾けなくてもロック出来るのさ

日高央の「今さら聴けないルーツを掘る旅」バックナンバーはこちら

 

 先週「ROCKレジェンド訃報シリーズが落ち着いた~」的なこと書いた途端に、また一人逝ってしまった……キース・エマーソン。シアターブルック等でおなじみの鍵盤奏者エマーソン北村氏が名前を引用しているように、英国を代表するROCK界屈指のキーボード・プレイヤー。70年代プログレ期のミュージシャンなので、俺もリアルタイムは80年代の映画『幻魔大戦』のサントラぐらいから意識した後追い組なんだけど……やはりROCKを後追い・深掘りしていると避けては通れない人物。レッツ深掘り。

 もともとはエマーソン……キースって呼ぶとキース・リチャードっぽいので、あえてエマーソンで行くよ……エマーソンは、60年代にザ・ナイスというプログレの先駆け的なバンドでデビュー。とはいえまだシンセサイザーが普及していないので、ハモンド・オルガンを軸としたジャズROCK的なアプローチでスマッシュヒットを量産。

 しかしメンバー達の度重なるドラッグ問題で活動が滞り(いつの時代も大差ないね)、業を煮やしたエマーソンはキング・クリムゾンからベースVo.のグレッグ・レイクを引き抜き、エマーソン・レイク&パーマー、通称ELPを結成。各自が前身バンドでスマッシュヒットを出していたし、アメリカでもクロスビー・スティルス&ナッシュ通称CS&Nといった各バンドから一人ずつ参加するスーパーグループ・ムーブメントがあったのも手伝って、イギリス版スーパーグループとして話題に。

 それまでバンドの花形はギタリストであったのに、ハモンドをギターアンプに繋いで歪ませたり、グワングワンに揺らして中のスプリングを鳴らしてハウらせたり、アンプに近付けてフィードバックノイズを出す等々、エマーソンは本来ギタリストがやるべきパートをキーボードでこなし、その前人未到のパフォーマンスで(あと鍵盤にナイフを突き立てて鳴りっぱなしにするとかパンチ&とんちが最高!)、1970年の第3回ワイト島ポップ・フェスティバルでステージデビューしたELPはたちまち英国音楽シーンを席巻。本格的なプログレ時代の到来もあって、クラシック音楽を大胆に引用した1st『エマーソン・レイク・アンド・パーマー』は欧米を中心にスマッシュヒット。

 そしてビートルズが実質上のラストアルバム『アビー・ロード』で導入したことでモーグ・シンセサイザーが脚光を浴びており、エマーソンはELPにシンセも導入。それまでのシンセは扱いも難しく高額であったため、楽曲にほんのフックをつける程度か、ノイズやノベルティ・ソングの効果音として使われていたので、エマーソンによるきちんとした鍵盤楽器としての演奏は世間に相当のインパクトをもたらし、傑作2nd『タルカス』で遂に全英1位に。エマーソン先生が今でも鍵盤界でリスペクトを集めるのには沢山の理由があったわけね。

 続くライブアルバムにしてELPの最高作との呼び声高い『展覧会の絵』は、1stのクラシック引用と2ndのシンセ感が融合した傑作として遂に世界中で1位を獲得。キーボード・プレイヤーとしてのエマーソン先生はもちろん、ELPとしての評価をも決定的に。プログレの複雑さを綿密に再現するスキルフルな演奏と、ライブ独自の何が起こるか判らない緊張感が相まって、不思議なムードを体感出来る一枚でもあるので、入門編としても良ござんす。

 その後もコンスタントなリリースや、豪雨に見舞われた伝説の後楽園ライブを含む来日公演などを実現しつつも、スターバンドにありがちな大きくなり過ぎてメンバー間の軋轢が増し、1980年に活動休止。ドラムのカール・パーマーは80年代にエイジアとして成功したり、そのパーマーが忙しかったのでレインボー等でおなじみのコージー・パウエルを加えたエマーソン・レイク&パウエルとして再始動したり(ちゃんと頭文字ELPだし)、エマーソン先生はホラー映画のサントラを数多く手がけ、前述のアニメ映画『幻魔大戦』のサントラでお茶の間にも浸透。

 しかし右手の怪我によりかつてのような完璧な演奏が出来ないことを悲観してか、今年3月にピストル自殺……一部ではネット上で「最近のエマーソンは下手クソ」的な中傷を気に病んだりもしていたというから……Internet Kills The Keybord Star……その鍵盤タッチと同様に繊細なハートを持ったキース・エマーソンのプレイを、是非ご堪能あれ。ギターレスROCKの先駆けとしてももっと評価されて良いはず。

 

『エマーソン、レイク&パーマー』
FLAC|48.0kHz/24bit

btn_buy_hires.png

『タルカス』
FLAC|48.0kHz/24bit

btn_buy_hires.png

『展覧会の絵』
FLAC|48.0kHz/24bit

btn_buy_hires.png

 

エマーソン・レイク・アンド・パーマー 配信一覧はこちら

 


 

【日高央 プロフィール】

ひだか・とおる:1968年生まれ、千葉県出身。1997年BEAT CRUSADERSとして活動開始。2004年、メジャーレーベルに移籍。シングル「HIT IN THE USA」がアニメ『BECK』のオープニングテーマに起用されたことをきっかけにヒット。2010年に解散。ソロやMONOBRIGHTへの参加を経て、2012年12月にTHE STARBEMSを結成。2014年11月に2ndアルバム『Vanishing City』をリリースした。

mora TOPIC トップへ
moraに戻る
Facebookページへ
mora公式Twitterページへ
ページトップへ
▲ページの先頭へ戻る