最新のトピックスへ Facebook Twitter

定期連載のトピックス

Tweet(ツイート)    

第2回のチャート分析はこちら↓から

Tweet(ツイート)    

Tweet(ツイート)    

makino01.jpg

 

第26回:クイーン「ボヘミアン・ラプソディ」

~次世代のバンドだったクイーン~

 

makino_queen.jpg 

ハイレゾの「空気感」が壮大なクイーン・サウンドを鮮やかに彩る!

 

 クイーンのデビューが73年ではなく72年だったら……。僕が今も思うことである。音楽に多感な10代、それも10代前半というのは、たった1年の差でも、同じ音楽が非常に違ったものになってしまうものである。その時間差のせいで、僕の場合、あまりうまく出会えなかったのがクイーンだ。

 クイーンが『戦慄の王女(Queen)』でデビューした73年は、ちょうどプログレやハードロック、シンガーソングライターが円熟期の真っ最中だったと思う。当時僕は高校1年生、彼らを追いかけることで精一杯だったから、クイーンに反応する余裕がなかった。マズいことに出だしにつまずくと、なかなかそのバンドに食指が伸びないお年頃でもあった(僕だけの話ですよ)。

 その後もクイーンは74年に『クイーンII(Queen II)』、そして『シアー・ハート・アタック(Sheer Heart Attack)』を発表。ここらでようやくクイーンが力ずくで僕の中に入ってくることになる。「キラー・クイーン」の大ヒットである。まるでバンドのテーマソングでもあるかのように、FMで耳にタコができるくらい聴いた。

 この頃を境にプログレ、ハードロック、シンガーソングライターは衰退を始め、変わりにクイーンが第一線に踊り出たのは、僕も認めるところだった。購読していた『ミュージック・マガジン』の表紙もクイーンが多くなった記憶があり、日本では女の子にアイドル的に人気が出てきたのを横目で見ていた。そして傑作『オペラ座の夜(A Night at the Opera)』(75年)を発表。シングル「ボヘミアン・ラプソディ」の大ヒットはクイーンの人気を決定的にした。というか唯一無二のものにした、と言うべきか。

 唯一無二。これはクイーンの音楽を初めて耳にしたときから感じていたことだった。ハードロックのような迫力、プログレのような展開、そして何より複雑なコーラスワーク。こんなに70年代ロックの特色を、ひとつのバンドが完璧に兼ね備えたことはないはずである。

 最初にクイーンのデビューがもう少し早ければと書いたが、今思えばクイーンは僕には新しい音楽、次世代のバンドだった気がする。当時クイーンを他のバンドより一周遅れているようにとらえていたのは、ひとえに僕の“老耳”のせいだったと思う。「ボヘミアン・ラプソディ」にしても、オペラ的な構成を「すげぇな!」と思ったのにかかわらず、その真価を認める勇気をもたなかった。

 とはいえ僕もクイーンには影響されまくっているのである。「ボヘミアン・ラプソディ」のあとも、「バイシクル・レース」「フラッシュ・ゴードンのテーマ」「レディオ・ガ・ガ」などのその後のヒット曲はいやでも覚えた。これらを無視できる音楽ファンはいなかっただろう。クイーンの音楽は独特なのにメロディは聴き心地がいいのである。さらにはフレディ・マーキュリーのイメージ・チェンジも重なって、クイーンは80年代も“唯一無二”化していくのであった。

 そんな僕にとって今回クイーンのハイレゾ化が始まったことは嬉しいかぎりである。今なら客観的にクイーンを聴くことができる。

 僕が多感な時にスルーしてしまった初期のアルバムを、今回ハイレゾで聴いてみると、クイーンはデビュー作から一貫したスタイルを取ってきたなあと思う。『戦慄の王女』『クイーンII』『シアー・ハート・アタック』と作品を重ねるにつれて、彼らが登り調子になるのが分かる。その頂点はもちろん傑作『オペラ座の夜』で迎えるわけであるが。

ハイレゾの音の特色は一言でいって空気感につきると思う。つまりスピーカーから飛び出す際に、音のまわりに余白が感じられて心地良い。クイーンはステレオを極限まで利用した音作りなので、空気感があるとより立体的な音響となり劇的に効果が高まる。もちろんハイレゾの音自体が太いことは言うまでもない。これまでの音質を体験するのは当時、高校生の僕のオーディオ装置ではまったく無理だったと思うから、オヤジになってクイーンを聴くのも悪くない。ハイレゾであの頃の“100倍返し”の音で聴こうと思う(笑)。

もちろんクイーンの絶頂期は『オペラ座の夜』以降も続く。今後も中期、後期のアルバム、そしてベスト・アルバムもハイレゾ化されていくというから楽しみである。

 

 ハイレゾ配信中!

 

戦慄の王女
Queen

btn_buy_hires.png

クイーン II
Queen II

btn_buy_hires.png

シアー・ハート・アタック
Sheer Heart Attack

btn_buy_hires.png

オペラ座の夜
A Night at the Opera

btn_buy_hires.png

華麗なるレース
A Day at the Races

btn_buy_hires.png

 

 

 

 


 

牧野 良幸 プロフィール

1958年 愛知県岡崎市生まれ。

1980関西大学社会学部卒業。

大学卒業後、81年に上京。銅版画、石版画の制作と平行して、イラストレーション、レコード・ジャケット、絵本の仕事をおこなっている。

近年は音楽エッセイを雑誌に連載するようになり、今までの音楽遍歴を綴った『僕の音盤青春記1971-1976』『同1977-1981』『オーディオ小僧の食いのこし』などを出版している。
2015年5月には『僕のビートルズ音盤青春記 Part1 1962-1975』を上梓。

 

マッキーjp:牧野良幸公式サイト

 
 
 

Tweet(ツイート)    

hidaka__.png

 

Vol.32 Theme : Keyboards Can Rock!

日高央の「今さら聴けないルーツを掘る旅」バックナンバーはこちら

 

 もはや逝去してしまったミュージシャン用コラムになりつつあるけど、自分にとっても過去の遺産を振り返る良い機会になってるのかも……前回のプリンスにも通じる、FUNK界の名キーボーディストにして、ロックやニューウェーブ、HIP HOPやR&Bにも多大な影響を与えつつ、先月惜しくも肺癌によってこの世を去ってしまったバーニー・ウォーレルを振り返ってみる。

 まずバーニーの歴史を振り返る前に、彼をフックした偉大なるFUNKロッカー、ジョージ・クリントンに触れないわけにはいかない。ニュージャージーの床屋の息子だったクリントンが、店にたむろする若い連中を集めて音楽集団パーラメントを形成したのが1950年代(当時はバンドを組むというより、時代的にボーカルグループを組むのが主流。楽器を持ってる奴の方が珍しかったので)。主にドゥーワップをメインに活動しながら、60年代に入るとロックやソウルの隆盛に伴って、モータウンからシングルを出したりするようになる。

 そこに当時、床屋の常連にしてアカデミックな音楽を学んでいたバーニーが、譜面書きやアレンジャーとして重宝される。その時はまだクリントンのバンド・メンバーになったわけではなく、音大に通ってクラシックを学び、夜な夜なニューヨークのクラブでジャズを演奏する若き学生だった……ここまでのバーニーはかなりのエリート・コース……いや勿論、FUNK界でのバーニーはエリート中のエリートなんだけど、その後クリントンによってフックアップされたバーニーの活動は、パッと見にはエリートとは程遠いエクストリームな物になっていくのだ!

 60年代にはボーカル・グループとして地味なローカルヒットを飛ばしていたパーラメントが、ツアーを重ねるうちにバンド形態となっていき、当時猛威を振るっていたジェームズ・ブラウンの影響でサウンドが激しくFUNK化。契約上の問題でパーラメント名義が使えなかったために、ファンカデリックと名乗ってアルバム制作に乗り出した時に、アカデミックな素養のあるバーニーが招集された。こうして総勢10数名にも膨れ上がり、70年代に一大FUNK王国となったファンカデリックは、そのド派手なパフォーマンス、衣装、そして何よりパンチのある楽曲で人気を博す。HIP HOP界のピストルズ、N.W.A.の伝記映画サントラ『Straight Outta Compton』収録の「(Not Just) Knee Deep」は、後にデ・ラ・ソウルにサンプリングされた名曲なので、みんな聴いたことあるかも。

その後パーラメント名義の権利を再び手にしたクリントンは、ファンカデリックと同時進行でアルバム制作に入り(この時期のジョージ・クリントンの創作意欲は異常……もしかしてプリンスの多作っぷりの影響元はここかも)、次々とヒットを連発。代表的なのは『Funkentelechy Vs. The Placebo Syndrome』収録の「Flash Light」や、『Mothership Connection』の「Give Up The Funk」等々……勿論こちらでもド派手な衣装とパフォーマンスは健在で、ホントにそんな必要かっ!? ってぐらい総勢7~8人のボーカリストやコーラスがステージに立ち、しかも何人かはオムツを装着してたり女装してたり、御大クリントンも今でいうエクステ的なド派手な色を髪にほどこし、ライブはさながらアフリカの少数部族の呪術式の様相……そう、ファンカデリックもパーラメントも、当時のFUNKパワーを使ってブラック・ミュージックの原風景に果敢に挑戦していたのだ。

そこで様々なキーボードを弾きこなしたバーニー・ウォーレル。ベーシックなピアノやオルガンは勿論、スペイシーなシンセ・ソロも素晴らしく、何よりもバーニー最大の功績は、シンセをベース的に使った初めてのブラック・ミュージシャンであること! クラフトワーク等、ヨーロッパでテクノ的にシンセ・ベースを使用した例はあったものの、ファンキーでうねるようなシンセベース使いはバーニーが開発したと言っても過言ではなく、現在のHIP HOPやR&Bに与えた影響は計り知れない……ライブで鍵盤ソロになると、ジョージ・クリントンが「バーニーッ!」って掛け声かけるのもカッコイイし、幸いにも彼の衣装はド派手というよりも、ちゃんとカッコイイの着させて貰えてるので(本人チョイスが許されたのかな?)、チャンスがあれば動くバーニーも確認してみて。

ファンカデリック及びパーラメントは膨れ上がり過ぎて(この辺ややこしいので総称してP-FUNKと呼んでる)、80年代に入って活動が落ち着くと、早速バーニーは様々なセッションに呼ばれることに……ロック好きの間で一番有名なのは、やっぱトーキング・ヘッズへの客演。ニューウェーブBANDからワールド・ミュージックへ接近するスリリングな時期を、バーニーは巧みなキーボード・プレイで彩り、その模様は彼らのライブ・アルバム『Stop Making Sense』で確認出来るのでマジおすすめ。っつか音楽界を縦横無尽に渡り歩きつつ、軽妙でオシャレでエッジィな鍵盤演奏を数々残してるバーニー・ウォーレルは、マジでもっと知られるべき存在よ!

 

Parliament
『Funkentelechy Vs. The Placebo Syndrome』

Parliament
『Mothership Connection』

 

 


 

【日高央 プロフィール】

ひだか・とおる:1968年生まれ、千葉県出身。1997年BEAT CRUSADERSとして活動開始。2004年、メジャーレーベルに移籍。シングル「HIT IN THE USA」がアニメ『BECK』のオープニングテーマに起用されたことをきっかけにヒット。2010年に解散。ソロやMONOBRIGHTへの参加を経て、2012年12月にTHE STARBEMSを結成。2014年11月に2ndアルバム『Vanishing City』をリリースした。

Tweet(ツイート)    

takigawaarisa_.jpg

 

 わたしはこれまでインタビューなどで、自分のアイデンティティとして「風景の見える音楽」という言い方を何度もしてきました。そしてこれからもそれは絶対に失うことのないことだと思います。

 人それぞれ、音楽を聴いている時に、同じ曲を聴いていたとしても、感じ方は十人十色です。とても簡単に言ってしまえば、「歌詞派?メロディー派?」なんて問いかけがこの世にあるくらいです。例えばわたしの曲を好きになってくれた方の理由を聞くと、本当にそれぞれ多様な答えが返ってきて、時には自分が全く意図していない部分だったりして、それが面白かったりします。そうしてライブに来てもらうと、そんなそれぞれ違う理由で好きになった曲を、一緒に、同じ空間で楽しんでくれることに、わたしも演者として何より感動するんです。

 「風景の見える音楽」、これは自分の中の感覚、超私的基準であって、聴く人には何も関係のないことです。なので、単純に歌詞で風景を描くということでもないのです。風景描写が一つもない曲であっても、イントロ5秒でどんな映像が浮かぶか。わたしは音楽を作る上でここの感覚を一番大事にして信じています。それが特にあるのが、レコーディング終盤のミックス、マスタリングの過程です。それぞれの楽器のバランス、リバーブの具合、パンの振り方、言い出したキリが無いですがこれが一つでも噛み合わないと、何も景色が見えずに、暗幕状態になります。そしてそれはある時バン!と風景が見えるまでああでもないこうでもないとスタジオにこもります。それでいうと、デモアレンジの段階で見えていた少し霧がかった景色を、映画のように色鮮やかに鮮明にする感覚です。「夏の花」は特にそこに時間をかけました。逆にこの曲は風景がはっきりしているので、そこにピントを合わせる作業でしたね。

 

2ndシングル「夏の花」

btn_buy_hires.png

 

 ハイレゾを聴いた時、よく「今まで気付かなかった音が聴こえる!」って言いますよね。その音一つが、ミュージシャンにとってはとても大切なのです。でも聴き手にここを聴け!と強要することでは全くなく、誤解を恐れずに言うと「細かいことなんてどうでもいい」のです。私たちがこだわり抜いたその音で、あなたの日々が明るくなればそれで。ハイレゾは、そのこだわりがありのままに聴けるからこそ、より純粋に本来の音楽の楽しみ方が出来るのだと思うし、誰かが好きになってくれる理由が、より増えていくはずなので、わたし自身も楽しく、嬉しいです。

 あなたは今日、どんな景色を見ましたか?

 


 

【プロフィール】

takigawa2.jpg

 

瀧川ありさ(たきがわ・ありさ)

1991年、東京生まれのシンガーソングライター。 2015年3月、アニメ『七つの大罪』のエンディングテーマ『Season』でメジャーデビュー。同年7月に2ndシングル『夏の花』をリリース。さらに、「SUMMER SONIC 2015」へ出演を果たす。11月にアニメ『終物語』のエンディングテーマとしてロングヒット中の3rdシングル『さよならのゆくえ』をリリース。 女子高生100人が選ぶ「クルコレランキング」で、デビュー曲から3作連続で1位を獲得。 同年11月に、初のワンマンライブをTSUTAYA O-nestにて開催。チケットは即日完売となる。 2016年2月には、原宿アストロホールにて2ndワンマンライブを開催。1stワンマンと同じく、即日即完となる。2015年の活動が評価され、「第30回日本ゴールドディスク大賞」新人賞獲得。2016年4月6日には、自身初となるバラード曲である4thシングル「Again」をリリース。 さらに、2016年6月には恵比寿LIQUIDROOMを含む東名阪ワンマンライブツアーも決定するなど、ライブアーティストとしてもシーンの内外から熱い注目を集めている。

 

【告知】

★リリース情報★

2016年4月6日リリース 4th Single「Again」好評発売中!

・初回生産限定盤 ¥1,389+税 SECL-1870 ~ SECL-1871
・通常盤 ¥1,204+税 SECL-1872
・配信(mora):通常ハイレゾ

 

★イベント出演情報★

「YUMECO RECORDS presents 夢子会vol.6」

日程:2016.7.9(土)
会場:新代田Live Bar crossing
ACT:ハナエ , 瀧川ありさ / トークゲスト:大石蘭
開場/開演:12:00 / 12:30
料金:adv.¥3,000(+1drink) / door.¥3,500(+1drink)

☆チケットのご予約は6.12(日)正午から!
http://www.yumeco-records.com/

 

「OS 07 in Nagoya!」

日程:2016.7.29.(金)
会場:名古屋 大須 ell. FITS
ALL ACT:la la larks / 緑黄色社会 / 瀧川ありさ and more!
開場/開演:18:30 / 19:00
チケット:adv.\2,800- / door.\3,300-

☆5/21(土)よりチケット一般発売中!
チケットぴあ(P code : 300-004)
ローソンチケット(L code : 43465)

 

 

mora TOPIC トップへ
moraに戻る
Facebookページへ
mora公式Twitterページへ
ページトップへ
▲ページの先頭へ戻る