最新のトピックスへ Facebook Twitter

ハイレゾインタビューのトピックス

Tweet(ツイート)    

happyend_header.jpg

 
4月1日(水)より、はっぴいえんどの二枚のオリジナル・アルバムがハイレゾ配信されます。
 
細野晴臣、大瀧詠一、松本隆、鈴木茂という、解散後も個々の活動によって日本のポップ・ミュージックの歴史に大きな足跡を残した四人によって組まれた「伝説のバンド」。
 
「日本語ロック」の先駆けともいわれ、Base Ball Bear森は生きているなど現在進行形で活躍中のバンドにも真っ先にフェイバリットとして挙げられるなど、今なおシーンに影響力を与え続けています。
 
今回はそんなはっぴいえんどの初となるハイレゾ音源を、mora readingsの連載でもおなじみのイラストレーター・牧野良幸さんにいち早く聴いていただき、その素晴らしさをレポートしていただきました。
 
ぜひ本記事を読んで、来るべき配信日まで期待を膨らませてください!
 
 

 
 
はっぴいえんどの2枚のオリジナル・アルバム『はっぴいえんど』と『風街ろまん』がいよいよハイレゾで配信される。
 
でも、ハイレゾの前にひとこと懺悔をしておきたい。「どうして僕は中学、高校生の頃、はっぴいえんどを聴かなかったのか」と。
というのも昨年末にポニー・キャニオンで、今回配信されるハイレゾ音源を聴いて、はっぴいえんどの音楽に非常に感銘を受けたからだ。
 
もちろんハイレゾは96kHz/24bitだから、当然CDよりも高音質だった、でもそれは別にしても、はっぴいえんどの音楽は、1970年や71年当時、僕がよく聴いていた洋楽やフォークと、なんら変わりがないほどに親しみやすく、クオリティの高いものだった。
当時、はっぴいえんどにつきまとっていた「日本語のロック」という大看板に怯えて聴かなかったのかなあ、と言い訳もしたくなるのだが、今回のハイレゾを機会に、はっぴいえんどを堪能しようと思う。
 
ということで、ハイレゾ試聴会の報告をしよう。
試聴会にはファンが多数やってきていた。中高年の男性が多いかと思いきや、若い人も多くいる。女性の数も多いと思った。試聴会は当時のディレクターだった小倉エージ氏の製作秘話をまじえながらおこなわれた。
 
試聴会は最初に旧CDの音を聴き、そのあと今回のリマスター音源から製作された新しいCDを聴き、最後にハイレゾで聴くという趣向だ。曲によってはリマスター音源から製作したアナログ盤を加えることもあった。
 
まずハイレゾ以前に、旧CDとリマスター音源のCDで差は歴然だった。旧CDはまるで資料でも聴いているような古びた音。それにたいしてリマスターCDは低音がしっかりと出て、細部の解像度も高い。かと言って若い人向けのドンシャリでもない。
 
つまるところ音楽として生き生きとした音になっていると思うのだ。今回のデジタルリマスターは、世界最高峰の技術をほこるロンドンのMETROPOLISでおこなわれたという。リマスターがいかに素晴らしかったか感じさせる。
 
しかし、このリマスターCDもハイレゾを聴くと霞んでしまうのだった。CDの音はたとえリマスターであろうとも、いかんせん音が固いし密度も荒い。「春よ来い」や「12月の雨の日」「夏なんです」を聴くと、おなじリマスター音源なのに、ハイレゾは音のエッジがはるかに柔らかくなっているのがわかる。さらに解像度が高く繊細だ。
 
 
happyend.jpg
 
 
試聴会では、アナログ盤の音の柔らかさにも感心させられたが、ハイレゾはアナログの柔らかさと、高解像度を併せ持った“いいとこ取り”な音だと思った。「風をあつめて」のアコースティック・ギターは極上だし、「いらいら」は、はっぴいえんどがハード・ロック・バンドだったことを認識させる。
 
参加者からのリクエストで「はいからはくち」、それから「朝」を聴き試聴会は終わった。会場の誰もが、ハイレゾで聴くはっぴいえんどに新鮮な驚きを持ったことだろう。はっぴいえんどは、今日まで何度も再評価を繰り返してきたが、今回のハイレゾこそ決定版ではあるまいか。
 
(文・イラスト:牧野良幸)
 
 
 

 
 
【牧野 良幸 プロフィール】
 
1958年 愛知県岡崎市生まれ。
1980関西大学社会学部卒業。
大学卒業後、81年に上京。銅版画、石版画の制作と平行して、イラストレーション、レコード・ジャケット、絵本の仕事をおこなっている。
近年は音楽エッセイを雑誌に連載するようになり、今までの音楽遍歴を綴った『僕の音盤青春記1971-1976』『同1977-1981』『オーディオ小僧の食いのこし』などを出版している。
 
 
 
 

 

mora readings 連載「牧野良幸のハイレゾ一本釣り!」はこちらから

 

 

Tweet(ツイート)    

3/4~両A面シングル「ときめき/隣の女」をハイレゾリリースするチャットモンチーの二人にハイレゾウォークマンで新曲の試聴&コメント頂いてきました!

B_DSC00587_1.jpg

音の楽しみ方がどんどん多様化して、面白い!

映画音楽もハイレゾのほうが似合うものがありそうだし、

オーケストラのような壮大な音楽の距離感などもヘッドホンでも楽しめそう!

個人的には、アナログレコーディングの良さを再認識できるとも思いました。

デジタルレコーディング世代の自分にはハイレゾにむけての音作りに今後の課題も残るけれど、単純に音を伝える媒体が増えるということは嬉しいです。

チャットモンチー福岡晃子

B_DSC00593_1.jpg

チャットモンチーのお二人、お忙しい中時間を割いて頂いてありがとうございました!

ヘッドフォンが似合いますねlovely

 

3/4~配信開始「ときめき/隣の女」

ハイレゾ/通常

今回は福岡晃子とユニット(忘れちゃいなよバド部)を組んでいる世武裕子(Piano, Synthesizer)、そして北野愛子(Dr. / DQS, nelca / ex. your gold, my pink)の2名をサポートに迎えた全員女性という通称「乙女団」という新編成でレコーディングされたものとなっています是非ハイレゾでもダウンロードしてみてくださいね!

Tweet(ツイート)    

2/21(土)都内某所にて、3/4(水)リリースとなるLiSAニューアルバム「Launcher」のハイレゾ先行試聴会が実施され、moraスタッフが当選された超ラッキーな皆様とLiSAのニューアルバムをハイレゾ体験してきましたhappy01

当日はこの日の為に用意されたSONY「HAP-Z1ES」、スピーカーシステム「SS-AR1」によるニューアルバム「Launcher」のハイレゾ全曲試聴、「LiSA×.野村ケンジ氏(ハイレゾライター)×岡村 弦(LiSAサウンドディレクター)」による“LiSA×ハイレゾ”鼎談、さらに「ハイレゾ格付けチェック」大会としてハイレゾ、通常音源の聞き比べクイズが行われ、優勝者にはLiSA直筆サイン入りハイレゾウォークマンがプレゼントされましたpresent

当日は配られた歌詞を見ながらの、大学の講義のような真剣な雰囲気↓でスタート!

ハイレゾライター野村ケンジ氏によるハイレゾ説明に続き、、

B_IMG_3663.jpg

おまちかねLiSAの登場によって会場は大盛り上がり!

「みんな~なんか、かたいよ-(笑)」と会場を和ませ、

今回の試聴会については「新しいアルバムは凄いカッコイイんです!このカッコイイという気持ちをお伝えしたいし、自分がリアルに思っていることを伝える場が与えられたことが嬉しい。誰よりも早く聴けるなんてラッキーじゃない?!笑 こんな広い場所で、こんないい機材で、こんな大勢で聴く機会は滅多にないので楽しんでください!」と語った。

B_IMG_2870.jpg

「Mr.Launcher」のハイレゾ音源が会場に流れ始めるとLiSAの手拍子を促すジェスチャーに会場から手拍子に加えサイリウムを片手にする人も出現し、試聴会場は一気にライブのような雰囲気に!

さすがLiSA!heart01

またLiSA本人が客席に座って聞くという嬉しいサプライズも!(回りに座っていた方はラッキーでしたねhappy02

B_IMG_2835.jpg

1曲ごとに野村ケンジ氏(ハイレゾライター)によるハイレゾ聴きどころポイント、サウンドディレクター岡村 弦とLiSAによるレコーディング秘話もとびだしここでしか聞けない作詞や作曲秘話に笑いあり、驚きありの貴重なトークとなりました。

B_IMG_2816.jpg

終盤「君にピエロ」の試聴ではLiSAが曲を聴いてもらうためのデモとして録音した音源が会場で流された。

自身でギターを弾いて、iPadの録音機能を使って録られたという音源に、会場は大いに盛り上がるもLiSA本人は「恥かしー!!!」と悲鳴があがりましたhappy02

司会のハゼさんの盛り上げもありワイワイとアットホームなあっという間の2時間。

B_IMG_3256.jpg

最後はこれまで聴きこんできたハイレゾ試聴会の成果を見せて!

というLiSAの掛け声と共に「ハイレゾ格付けチェック」を開催、通常音源とハイレゾ音源聞き比べクイズが出されました。

ここで流されたのはヒットシングル「シルシ」なんと会場にいたほとんどの人がハイレゾ音源を正解!

やはり大きな会場にいてもその違いは明らかなようです。

LiSAニューアルバム「Launcher」のハイレゾ配信は3/4(水)~

野村ケンジ氏もハイレゾはロックに向いていると宣言していましたが、LiSAのラブレターたくさんの人にハイレゾで楽しんでもらいたいです

B_IMG_2975.jpg

 

cdLiSAニューアルバム「Launcher]
3/4(水)~ハイレゾ・通常同時配信開始!

 

LiSA配信中タイトルはこちらハイレゾも配信中です!

[2/25]家入レオmora限定インタビュー

Tweet(ツイート)    

pc_ieirireo_20150225.jpg

2015年に自身も新成人を迎え、新成人をタイトルに冠した3枚目となるニュー・アルバム『20(読み:トゥエンティ)をリリースした家入レオkaraoke ニューアルバムに関してはもちろん、リスナーの心に深く伝わる歌詞へのこだわり、影響を受けたアーティストからプライベートなことまで…moraスタッフがインタビューに伺ってきましたshine

家入レオオリジナルグッズのプレゼントもあるので最後までお見逃しなくpresent

 

——まずこのアルバム『20を作る上でのコンセプトというのは、どういったものだったのでしょうか。

家入レオ(以下、家入):実はコンセプトというものはない状態で作っていくタイプなんです。アルバムを作ってください、と言われてから作ると日常が本当の意味で切り取れなくなるんじゃないかなというのがあるので。強いて言うならやっぱり『20』っていうところで、二十歳として生きていくために、十代としっかり向き合わなくちゃいけないなと思ったので、そういう意味では二十歳っていうことはすごく意識して作った一枚になりました。

 

——作詞をする上でのルールみたいなものがあれば教えてください。

家入:嘘じゃないこと、ですね。私は13歳のときに弱さをどこにさらけ出したらいいんだろうっていうところで音楽を始めたので、音楽でも自分を偽って、よく見せようとすると、真実でいられる場所がなくなっちゃうなっていうのがあって。といっても、全部実体験で歌詞を書いてるわけではなく、本とか映画とかに触れてそこで生まれた感情は本物だと思うんですよね。例えば映画を観て、感想を持ったものに対して「この感動をこのまま曲にすると、みんなに批判されたりするから変えちゃえ」っていうのが“真実じゃない”っていうことだと思うので。実体験じゃないにしても自分のフィルターを一回通すっていうのは、すごく大切にしていますね。

 

——家入さんの曲は十代の男の子、女の子に深く伝わっていると思うのですが、ご自身が思春期だったり幼いときに影響を受けたアーティストはいますか?

家入尾崎 豊さんですね。「15の夜」って曲に本当に救われて、それで私も音楽をやろうって思ったので。あの覚悟というか…人に嫌われてもいい、と割り切っているところ。でも嫌われてもいい、って言いながらも、どこか本当は誰かに愛されてみたいっていう切なさも見え隠れしていたりして。尾崎 豊さんは本当に影響を受けたアーティストのひとりだと思います。

 

——パフォーマンスの面で、どなたか参考にしたりということはありましたか?

家入シンディ・ローパーさんは観たりしていましたね。後はREBECCANOKKOさんとか。参考にというよりは、すごいステージの使い方だなと思ったというか。そうは言っても自分がステージに上がってからはもう自分の空間なので、そこはその日感じたままに歌う感じです。

 

——今回のアルバム収録曲に対して、印象深いエピソードや苦労されたことはありましたか?

家入:本当に一曲一曲すごくこだわって作っています。「lost in the dream」は感情だけでストレートに歌うと、繰り返し聴こうってどうしても思えなくて、声を大きくしたり小さくしたりっていう駆け引きをやった作品。色々とやって原点に一回戻ろうと思ったときに、シェリル・クロウの言葉のアクセントや英語のニュアンスを崩して歌うのがすごくかっこいいなと思って。<追いかければ追いかけるほど>という歌詞を<ヴォイカケレバヴォイカケルホド>、<心>を<カカロ>と歌うことやアクセントを置くことによって、力強いんだけど重すぎない発音を自分の中で固めてからレコーディングしました。

この「lost in the dream」は異色な曲だと思っていて、<よりどりどり>というフレーズは自分の中でも全然意味のない言葉なんです。<よりどり>は本当に語呂がよくて、これが一番どこかから聴こえてきたときに、ふっと耳残りがするはずだと思いました。言葉にしないからこそ、本当に伝わる部分っていうのもあるんじゃないかと思って、そんな言葉遊びのまま収録しましたね。

minilr_-01453.jpg

——ではパーソナル部分についても伺っていきたいと思います。ファンの方から家入レオさんのプライベートな部分も知りたいというようなリクエストはありますか?

家入:そういう方もいらっしゃいますけど、だからこそライブに来てほしい、っていう部分もあります。MCで「レオちゃんってこういう感じのことも言うんだ」とか、直接会いに来てほしいというのが一番強くて。だって、私が自撮りの写メとか載せたら引きませんか!?ちょっと違うなぁ、って自分でも思うから(笑)。

 

——わかりました(笑)。先ほどの尾崎 豊さんの話とも近いかもしれないんですけど、苦しんでるときに「救われた言葉」みたいなのは何かあったりしますか?

家入:日々全速力で生きていく中で、躓きそうになったり、休憩したいなと思うこともあるんですが人生って常に課題が目の前に来るものだと思っていて、それがすごく嫌だなと思っていたし、認めたくない部分もあったんです。でもデビュー当時から一緒にやってもらっているスタッフさんに「人生っていつでも頑張るものだからね」と言われたときに、やっぱりそうなんだってストンと思えて深いなと思えましたね。

 

——アルバムタイトルが『20ということで、二十代になって「大人になったな」と思った瞬間や挑戦してみたいと思うことはありますか?

家入:お酒の場にいときに思いますよね(笑)。特別な日にしか飲まないですけど。お正月休みをもらって地元に帰ったときにプチ同窓会として、屋台に行ったんです。自分達だけで屋台に来れるのも、大人になったなと思いました。

二十代はいろんなことを経験したいですね。二十代はプライベートも充実していないと音楽につながっていかないと思うので。もっと遊びたいとかではなく、人間的に感情をもっともっと深く自分の中に取り入れていきたいなと思うんです。

 

——ライブツアーがアルバムの発売後にあると思うのですが、準備はどれくらい前から始めますか?

家入:体力づくり的なことでいうと2ヶ月前からですかね。

 

——ライブ当日や直前で気をつけていることやライブ後のリラックス法、疲れの取り方はありますか?

家入:絶対ストレッチをやることですね。体が硬いとどうしても声も出ないので。あとはランニングをしてから臨むのも一つのルールです。朝7時の新幹線で現地に向かうときは5時に起きて、走って、ストレッチをして行くという感じですね。ライブ後もちゃんとストレッチをしてから寝るとだいぶ体も楽になるので、オススメです。

 

——ではここでハイレゾ音源をいただきたいと思います。

minilr_-01456.jpg

     ~music家入さん試聴中music

 

——厳密に言うと、人間の聴ける範囲の音域は、CDで十分実現されているんですよ。それ以上の、ハイレゾの音域となると「体で感じる」という事になります。加えてある研究の結果なんですが、普通の音源を聴くよりハイレゾ音源を聴く方が、安心感や安定感が生まれるという研究結果があるんです。脳が快感を得て、それによって目の輝きが増したり、肌もきれいになるという結果も出ています。(リンク:http://news.livedoor.com/article/detail/9296662/

家入:ええっ! 本当ですか?(笑) いや、でもいいかもしれないですね。

 

——ではそんなことも踏まえつつ(笑)、moraユーザーにひと言お願いします!

家入:音楽が好きな人ってたくさんいらっしゃると思いますし、音楽がなかったら生活が変わると思うんですよね。同じ音楽を聴くんだったら、ちょっとでもいいものを聴いた方が自分の感性も豊かになると思いますし、五感が研ぎ澄まされたり…おまけに肌もきれいになるというなら(笑)、是非にという感じですね。

 

 

ニューアルバム『20』リリースを記念して「miss you&20」発売記念特製ポーチを3名様にプレゼントsign03

ieiripresent.jpg

present応募詳細はコチラpresent
応募は3/10(火)まで ⇒たくさんのご応募ありがとうございました!
 
 
ieiri20.jpg

   「20」

   note 通常音源                     btn_artist_page.png  
 

 

Tweet(ツイート)    

fhana_title.png

 

2月4日にファーストアルバム『Outside of Melancholy』をリリースしたfhána。全14曲、70分超の大作となった同作に込めた想いと音楽シーンに向けた狙いを掘り下げるべく、moraではリーダーである佐藤純一氏にメールインタビューを実施した。「オタク/サブカル」「ロック/ポップス」といった枠を軽々と飛び越え、様々なバックグラウンドからの影響を感じさせるバラエティ豊かな一枚になった『Outside of Melancholy』の世界を、より深く楽しんでいただく一助となれば幸いである。

 

『Outside of Melancholy』ご購入はこちらから

ハイレゾ通常音源

 

fhana_main.png

(fhánaメンバー。左から、佐藤純一、towana、kevin mitsunaga、yuxuki waga)

 

――『Out of Melancholy』のリリース、おめでとうございます。今作はシングル曲やウェブ上で発表された曲(「lylical sentence」)を含む、fhánaの集大成的な作品になっていると思います。アルバムにおいて各曲がどのような位置付けになっているか、教えていただけますか。

佐藤 fhánaは、ノベルゲーム(※)やアニメが好きで意気投合したことが、結成のきっかけの1つなのですが、こうしたゲームはプレイヤーの選択次第で物語が変化し、様々なエンディングを迎えます。1度クリアしたらもう一度最初からプレイし、別な選択をして別なエンディングを迎える。言わば、選択次第で様々な物語の可能性があって、沢山の並行世界を生きるようなものです。
このアルバムの世界観では、これまで担当してきたタイアップ曲やアニメの物語も、アルバム用のオリジナル曲も、全てがfhánaという大きな物語の中の可能性の1つという位置づけになっています。
今まで、デビュー前のfhánaの世界観と、デビュー後のfhánaの世界観が統合されておらず、またデビュー後のそれぞれのタイアップ曲も、個別で作られていて統一された世界観はありませんでしたが、今回のアルバムでfhánaという大きな物語の中で統合されたと思います。言わば、僕たちfhána自身が、自分たちのアイデンティティを発見したアルバムだと思います。

※主人公の視点を借りて、物語の世界をテキストで「読み進めていく」タイプのアドベンチャーゲームのこと。途中現れる選択肢のいずれを選ぶかによって、複数の結末に物語が分岐していく。fhánaのメンバーも影響を公言している作品として『CLANNAD』『STEINS;GATE』などがある。

 

――ファーストアルバムはバンドにとっての「名刺」代わりにもなる作品だと思います。どのような想いをもって制作に臨まれましたか。

佐藤 アルバムのタイトルに「メランコリー=憂鬱」という言葉が入っているように、誰しもが心の中に何かしらメランコリーを抱えていると思います。そこから抜けだして憂鬱の向こう側に行こう、という希望を込めたアルバムにしたいと思って作りました。
先に述べたように、ゲームなどでは様々な選択で物語が変わって行きます。でもそれは、ゲームやアニメや小説だけのことではなくて、僕たちの生きる現実の世界も同じです。人生は、日々の選択の積み重ねです。もし別な選択をしていたら別な人生があったはずで、僕たちの人生には様々な物語の可能性があり、どうとでもあり得たはずです。だけど、今ここにいる僕は「この僕」でしかあり得ない。そこで憂鬱を感じるかもしれない。だけど、偶然を含めて様々な選択を繰り返して辿り着いた「この僕」とそれを取り巻く世界は、取替え不可能なかけがえの無いものでもあります。だから、今の自分と世界を肯定しよう、日常の中に希望を見出そう。そういう想いを込めてアルバムを作りました。

 

――70分超の大作となっていますが、このような形になった理由はありますか。また、アルバムを通して聴いてもらうために、工夫している点などおありでしょうか。

佐藤 fhánaはもともと長い曲も多く、今回のアルバム用の新曲も、ラストの「white light」などは7分以上あり、必然的にアルバム全体が長くなっていったということもありますが、最初から、ファーストアルバムはボリュームたっぷりの超大作にしたいという想いがありました。
1曲目の「Outside of Melancholy 〜憂鬱の向こう側〜」と最後14曲目の「white light」は歌詞もアレンジも対になっており、その間にこれまで担当してきたアニメ主題歌や、新曲が入り、全体で1つの物語を構成しています。ぜひ、アルバムを通して聴いていただけたら嬉しいです。

 

――今作はハイレゾでの配信も同時にスタートします。サウンド面での聴きどころはどういったところになるでしょうか。

佐藤 ハイレゾは音の入れ物のサイズが大きく、音に奥行きがあり、解像度も高く、とてもゆとりのある音になっていると思います。fhánaは、生音によるバンド・サウンドと、打ち込みによる電子音が独特なバランスで構築されていて、ハイレゾではその質感を楽しんでいただけたらと思います。

 

――このアルバムをどんな人に聴いてほしいですか。

佐藤 アニソンファン・アニメファンの方にも聴いて欲しいし、普段アニソンを聴かない方や、アニメを見ない音楽好きの方にも聴いて欲しいです。幅広いジャンルの方々に聴いてもらえるような要素や普遍性がfhánaにはあると思っています。
アニソンやロックやサブカルなど様々なジャンルやジェネレーションをクロスオーバーさせていけたら嬉しいです。

 

――moraはオンラインショップです。先ほどの質問にも関連して、『Outside of Melancholy』の隣に並べてほしい、あるいは、このアルバムを構成する「原点」となっているアルバムがあれば、教えていただけますか。(以下、佐藤さんのご回答)

f_select01.jpg YELLOW MAGIC ORCHESTRA
『BGM』
f_select02.jpg YELLOW MAGIC ORCHESTRA
『アフター・サーヴィス』
f_select03.jpg FLIPPER'S GUITAR
『SINGLES』
f_select04.jpg Cornelius
『Sensuous』
f_select05.jpg The Smashing Pumpkins
『Mellon Collie And The Infinite Sadness』
f_select06.jpg スーパーカー
『HIGHVISION』
f_select07.jpg 長門有希(CV. 茅原実里)
『涼宮ハルヒの憂鬱キャラクターソング Vol.2 長門有希』

 

――最後に、アルバムを作り終えて、次なる展望をお聞かせください。

佐藤 今自分たちを支えてくれているファンの方々を大切にしつつ、さらに多くの人に聴いていただけるよう、幅広いフィールドに打って出て行ければと思っています。また、多くの人にとって、fhánaが取替え不可能な特別な存在になれれば嬉しいです。

 

【New Release】

fhana_AL.jpg

fhána 1st Album
『Outside of Melancholy』

ハイレゾ通常音源

 


 

【Information】

 

アルバムの発売を記念して、初となるワンマンライブの開催が決定!

 

1stアルバム発売記念ライブ 「Outside of Melancholy ~憂鬱の向こう側~」

2015年3月1日(日)shibuya duo MUSIC EXCHANGE
16:30 開場/17:00 開演
チケット料金:スタンディング 5,500円(税込)

 

佐藤純一さん コメント
「今までのfhánaの歩みを総括するようなライブになると思います。昔からのファンの方も、最近ファンになってくれた方も、僕たちと一緒に楽しんでいただけたら嬉しいです」

 

詳細は⇒こちら

 


 

【リンク】

 

fhána 配信タイトル一覧(moraサイト内)

 

オフィシャルサイト

 

 

mora TOPIC トップへ
moraに戻る
Facebookページへ
mora公式Twitterページへ
ページトップへ
▲ページの先頭へ戻る