最新のトピックスへ Facebook Twitter

オススメのトピックス

Tweet(ツイート)    

jojo_banner.jpg

 

ジョジョの奇妙な冒険

PART4

ダイヤモンドは砕けない

DIAMOND IS UNBREAKABLE

 

TOKYO MXほかにて、本日第3話放送!

 

原作者・荒木飛呂彦先生は大の洋楽フリークとして知られ、「ダイヤモンドは砕けない」に登場する“スタンド(超能力のこと)”の名称は数々の人気ロックバンドおよび名曲・名盤から取られていていることでも有名! moraで配信中の「元ネタ」を紹介していくッ!!

 


 

~今週のスタンド~

coverphoto_00724352538959_001.jpg

ザ・ハンド(元ネタ:ザ・バンド)
(スタンド使い:虹村億泰)

元ネタの試聴・購入はこちら

 

3話のサブタイトルは「虹村兄弟 その①」。文字通りの兄弟のスタンド使いが主人公・仗助を襲います。

仗助と承太郎の「奇妙な」血縁関係もそうですが、血のつながりや「家族」というテーマが、日本の地方都市を舞台にしたことでより強く浮かび上がってくるのも『ダイヤモンドは砕けない』の特徴。

先にスタンドを繰り出すのは「弟」である億泰。その能力「ザ・ハンド」とは、いったいどんなものなのでしょうか……。

元ネタは1967年から1976年にアメリカで活動したロック・バンド、「ザ・バンド」。「“バンド”とは俺たちのことだ!」と言わんばかりの大胆不敵な命名ですが、まさしく今も多くのバンドマンのリスペクトを集める、“ミュージシャンズ・ミュージシャン”として語り継がれています。

現在来日中のエリック・クラプトンも、彼らの1stアルバム『ミュージック・フロム・ビッグ・ピンク』を「人生を変えたアルバム」と評しているとか。また「ビッグ・ピンク」とは、これまた来日中のボブ・ディランとザ・バンドのメンバーが借りていた住居の名称ということで、なんとぴったりなタイミングでのオンエアか! と感じずにはいられませんね。

(大の洋楽ファンの荒木先生のこと、もしかしたらクラプトンやディランのコンサートに足を運ばれているかもしれません……)

「兄」であるスタンド使い、形兆のスタンドの元ネタについては……また次回以降!

 

TO BE CONTINUED...

 


 

TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』公式サイト

 

Tweet(ツイート)    

お待たせしました!!
2012年11月17日配信「桜流し」以来、約3年半ぶりの宇多田ヒカルの新曲2作品が本日から配信開始です。

今作品のミックスエンジニアには昨年度グラミー賞4部門、今年度アカデミー賞最優秀歌曲賞を受賞したSam Smith(サム・スミス)を手掛けたことで知られるStephen Fitzmaurice(スティーブン・フィッツモーリス)と初のタッグを組んだ作品。

4月4日(月)にTVから新曲が流れると、SNSでは「涙が流れた」「遂に聞いた」など、沸き立ちました。

 

花束を君に
(NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」主題歌)
ハイレゾ / 通常
真夏の通り雨
(日本テレビ「NEWS ZERO」テーマ曲)
ハイレゾ / 通常

 

宇多田ヒカル シングル・アルバム・PVまとめページはコチラ

Tweet(ツイート)    

【日本人は働きすぎ】

よく耳にするこの台詞が顕著に表れているように、”癒し” ”リラックス”関連のハイレゾアルバムはmoraのランキングの上位を賑やかします。

長岡技術科学大学 中川匡弘教授と電通サイエンスジャムによる「ハイレゾ音源と従来の圧縮音源それぞれを聴いたときの“脳活動の変化”を明らかにし、誘発される感性を計測する」共同研究(2014年9月 発表)によるとCDレベルの圧縮音源を聴いたときと比較して、ハイレゾ音源を聴いたときの方が、脳は「快感」を約1.2倍、「安心感」を約3倍強く感じ、さらに「不快感」を約4割、「不安感」を約3割減少させる結果が出ました。

k脳波結果.jpg 
k脳波結果2.jpg


リラックス効果も大いに期待できる ”癒し”×”ハイレゾ” 最強のアルバム 10選をまとめました。
1


癒しのモーツァルト~自律神経を整える4000Hz【ハイレゾ版】

\2,200

著書多数、大ヒット・シリーズ『最新・健康モーツァルト音楽療法』を監修した和合先生が業界最先端の知識とニーズを盛り込んだ現代人のための新しい音楽療法アルバム。
 
人間の耳がもっとも敏感に感じ取れる4000Hz(ヘルツ)。この高周波音周辺を多く含むモーツァルトの楽曲を聴き入ることで、心と体を癒し、健康への手助けとなります。会社や家庭等あらゆるシーンで主要な役割を担う30~40代を中心とした「働き盛り」世代から「働き世代」を部下に持つ世代までのメンタルヘルス対策にもお勧めです。個人のストレスを和らげ、ひいては職場・家庭環境の改善となることでしょう。
書籍だけでなく、TV出演するなどメディアからも“モーツァルト音楽療法の第一人者”として有名な先生です
2


Anming Piano Songs ~聴いてるうちに夢の中~

\2,000
【DSDはこちら】

単なる名曲のピアノ演奏作品ではなく、ひたすら"心の安らぎ"にフォーカスし、未だかつて世の中に存在しなかったほど優しいタッチで演奏された全12曲。さらに、あえて曲間の無音部分が無い "ギャップレス再生"を活かした作品作りを行い、結果として『安眠』に適した、いわば~最後まで聴けずに眠ってしまう可能性の高いアルバム~が出来上がりました。
 
優しく柔らかな旋律は、深い深い眠りの底へ誘うプロローグ。一日の終わりに穏やかに幕を降ろす、大人の子守唄です。
3


自律神経にやさしいα波 ~ストレスやイライラを解消する音楽~

\1,000

 
「自律神経に優しいα波」は、ピアノ・ソロを中心に温かみのあるシンセ音や環境音&自然音を絡ませ、α波というリラックス効果や集中力を高める効果のある脳波を出しやすい環境を作り、疲れた神経を癒すための音楽集。α波の生成に最も効果的と言われる自然音と、適度なBPMとリラックス効果を意識したメロディー&和音で構成されたピアノとで、美しい世界観を演出したシリーズである。
 
まさに心身をリラックスさせてくれるような柔らかなタッチと、美しいながらも角が立ちすぎず程よく流れていくメロディアスな旋律のピアノが非常に印象的。それに絡まる自然音が非常に立体的でリアルな音像に溢れていて、まるで穏やかな森の中でピアノの生演奏を聴いているような感覚を覚える。
4


ぐっすり眠れるα波 ~ ジブリ ピアノ・ベスト

\1,500

mora月間ハイレゾランキング1位獲得(2015年5月)

ノンプロモーションながら長期間ランキング上位に君臨し、いまなお反響を呼んでいる「ぐっすり眠れるα波 ピアノ・ベスト」シリーズ。その中のジブリ・ソング・セレクションがハイレゾになってついに登場!
この「ぐっすり眠れるα波 ピアノ・ベスト」は、ベスト・セラーを続ける「Late Night Moods Piano Ballads ~ Sweet'n Slow Jazz Collection ~」のピアノを手掛けた川本比佐志氏の全編アレンジによるシリーズで、「ぐっすり眠れる」ためのゆったりとしたBPMとボイシングを意識し丁寧に作り上げた、ピアノ一本によるシンプルなインスト・カヴァー集である。
久石譲、ユーミンらが手掛け、ジブリ映画を彩った名曲達のメロディーとサウンドが、シンプルで削ぎ落とされた新たなアレンジによって生まれ変わったかのような新鮮な響きに満ち溢れたアルバム。川本氏の緩急豊かに表現された人間味溢れる絶妙なタッチが、透明感とロマンティックなサウンドを生み出し心地よい眠りへと誘ってくれる。就寝前のリラックス・タイムのBGM、落ち着いた音楽が聴きたいリスニング・タイム等どんな用途でも快適な時間を過ごせる事間違いない、絶品ピアノ・アルバム。
5


自律神経を整える音の処方箋 ~愛の周波数528Hz~

\2,808

第57回 輝く!日本レコード大賞 企画賞作品

近年話題になっている奇跡の周波数「528Hz」。
 
2015年1月21日にリリースされ好評の「心と体を整える~愛の周波数528Hz~」に引き続き、第2弾として「自律神経を整える音の処方~愛の周波数528Hz~」をリリース。528Hzを含んだ音楽を聞くと自律神経の中でも心身を安らぎモードに導く副交感神経にスイッチが入るためリラックス効果が得られるとされています。
 
監修は前作同様、528Hz第一人者埼玉医科大学保健医療学部教授の和合治久氏。
6


心と体を整える~愛の周波数528Hz

\3,024

第57回 輝く!日本レコード大賞 企画賞作品

近年話題になっている奇跡の周波数「528Hz」。
 
528Hzを含んだ音楽を聞くと自律神経の中でも心身を安らぎモードに導く副交感神経にスイッチが入るためリラックス効果が得られるとされています。
 
監修は前作同様、528Hz第一人者埼玉医科大学保健医療学部教授の和合治久氏。
7


Island Illusions vol.1 おきなわ音紀行 慶良間諸島編

\2,000
【DSDはこちら】

「ケラマ・ブルー」として世界中のダイバーに愛される美しい海を持つ慶良間諸島は、2014年に慶良間諸島国立公園にも指定された沖縄屈指の景観を誇る島々。沖縄本島生まれのかたでさえ、信じられないと息を呑むほどのサンゴ豊かなマリンブルーの海の魅力に加え、ウミガメや天然記念物ケラマジカ、冬季にこの海域を訪れるザトウクジラなどに代表される豊かな自然も、慶良間諸島の大きな魅力となっています。
この『Island Illusions vol.1 おきなわ音紀行 慶良間諸島編』は、慶良間の主な有人島、座間味島、阿嘉島、慶留間島、渡嘉敷島の美しいホワイトサンドビーチでDSD収録した多彩な波の音を中心に、小鳥のさえずりや珍しいケラマジカの声、子どもたちのエイサー練習、さらに慶良間を代表するビーチのひとつ古座間味ビーチにてライヴ収録した沖縄各地の民謡も交え、慶良間諸島の魅力を音でぎゅっと凝縮。ハイレゾで再現される慶良間の素晴らしい音のシャワーを、たっぷりとお楽しみください。
8


ゆったり聴きたいカフェBGM プレミアムジャズベスト

\1,000

mora月間ハイレゾランキング5位獲得(2016年3月)
「ゆったり聴きたいカフェBGM」は、上質のカフェにいるようなリラックスし落ち着いた空間を演出するためのBGM、というコンセプトで制作されたジャジーな香りとポップな選曲がふんだんに盛り込まれたシリーズ。
 
第1弾の今作は「Late Night Moods Piano Ballads ~ Sweet'n Slow Jazz Collection ~」「ぐっすり眠れるα波」のピアノを担当した川本比佐志氏の手による作品になっている。多くの人が一度は耳にした事があるであろうジャズのスタンダード・ナンバーを、ベースやドラムも交えてあえてオーソドックスなアレンジで並べたアルバムであるが、かなり多くのバージョンが溢れるスタンダード・ナンバー・カヴァーの中にあって、そのアレンジの直球具合がとても気持ちよく、ありそうでなかったサウンドのアルバムにまとまっている。
 
時代を越えて愛され続けるジャズの名曲を、心地良さを追求しあえてオーソドックスなアレンジで並べたこの作品、自宅でのカフェ・タイムに、外出先で一息つきたい時に、就寝前のひとときに必ず流したくなるような1枚であり、愛すべきリラクシン・ジャズ・サウンドが存分に詰まった作品である。
9


ハイレゾクラシック Relax

\1,080

~リラックス・モードで愉しめる上質なクラシック・セレクション。大ヒット「ハイレゾクラシック」シリーズ第3弾。~

ハイレゾ界の大ヒットシリーズ「ハイレゾクラシック」の第3弾が登場。今作のテーマは「リラックス(Relax)」。肩肘を張ることなく、お茶を飲みながら、あるいはソファに寝そべりながら、あるいは来客のおもてなし用に、上質で心落ち着くクラシック10タイトルをセレクト。

温かな暖炉の前でほっと一息つける「四季より冬(ヴィヴァルディ)」、美しいメロディがふんわりと身体を包みこむ「亡き王女のためのパヴァーヌ(ラヴェル)」、爽やかな若葉の香りでリフレッシュできる「自然の音楽的描写(クネヒト)」、アーティストの息づかいが聴く人を異国に誘う「ヴェネツィアの風景(マンチネッリ)」、小洒落たカフェのムードに浸れる「12の印象 - ワルツ(ゴドフスキー)」。

これまでは「鑑賞」オンリーだったハイレゾ・クラシック・リスニングに、「ライフスタイル」という新たな愉しみを加えてみませんか。癒しの10曲を96kHz/24bitでお届けします。
10


快眠生活 - 自然音とニ胡とピアノヘストソング18

\1,697

ピアノとニ胡による快眠音楽コンピレーションアルバムです。「 Amazing Grace」「G線上のアリア」「ジュピター」など眠りと愛称の良いクラシック曲 を厳選。さらに自然音やソルフェジオ周波数を加えた楽曲など、「皆様により深い眠りを...」をコンセプトに制作しております。演奏者には アンビエント音楽を制作している「Environmental Cinema」や 「field of river」 そして国内外で活躍をするピアニスト「青木晋太郎」とニ胡奏者「木村ハルヨ」が参加。ピアノとニ胡の奏でる美しく、心清らかな気持ちにさせてくれます。

 

Tweet(ツイート)    

avexの原点とも言えるSUPER EUROBEATシリーズ!  大好評のVOL1~VOL100に続き、VOL100&VOL.101-200配信開始&一挙プライスOFF!

今だけ通常価格の50%OFF価格で買えます!プライスオフ期間:2016/04/13(水) - 2016/05/10(火)

VOL.101~おススメタイトルご紹介!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

VOL130~

 

 

 

 

続きはこちら、、SUPER EUROBEAT VOL.200まで配信!!

Tweet(ツイート)    

盟友として知られるシンガーソングライターの小山田壮平(当初はandymoriのメンバー)と長澤知之が、プライベートのアコースティックユニットとして、断続的に楽曲制作やライブを数回行っていた「AL(アル)」。2015年7月末に正式メンバーでのバンド結成を発表後、正式に活動をスタートし、ファーストアルバムとなる『心の中の色紙』を完成させました。

 

COCP-39436_C.jpg

『心の中の色紙』ジャケット

 

全13曲、すべての作詞作曲クレジットが「AL」名義。“完全共作”により生み出された珠玉のメロディと歌声をリズム面から支えるのは、andymoriのオリジナルメンバーである藤原寛(ベース)と後藤大樹(ドラムス)。単なるシンガーソングライターユニットには終わらない、ロックンロール・バンドとしての血液を通わせます。

拮抗した才能を持つシンガーソングライター二人を擁するという点で、早くも「和製ビートルズ」にも喩えられているこのバンド。真骨頂であるライブツアーも4/18からスタートするとのことで、まずは音源でその世界観に触れてみてください。

 

AL 1stアルバム『心の中の色紙』

<Track List>
1.北極大陸
2. HAPPY BIRTHDAY
3. シャッター
4. メアリージェーン
5. 風のない明日
6. 15の夏
7. あのウミネコ
8. ハートの破り方
9. 心の中の色紙
10. ランタナ
11. Mt. ABURA BLUES
12. さよならシーショ
13. 花束

shichou_kounyu.jpg

 

 

AL プロフィール

AL_ar_ph.jpg

小山田と長澤のプライベート・ユニットとして活動を開始。少ない本数ながらも、ワンマンライブやFMステーションでのスタジオライブなどで楽曲を披露。コアなリスナー達の間では、その存在とクオリティーの高い楽曲は話題となっていた。2015年初頭よりバンド スタイルでの表現を指向し、ベースに小山田の盟友である藤原寛が加入。サポートのドラマーを迎え楽曲制作を開始し、3月に初ライブ を行う。その後、後藤大樹(Dr.)が正式加入し、現在のラインアップとなる。 7月末に現ラインアップでの初ライブを新代田FEVERにて敢行。 チケットは即完し高い注目度の中、新曲も含め13曲のオリジナル楽曲をパフォーマンスする。9月より本格的にレコーディングを開始。 11月にはオリジナルレーベル「Revival Records( リバイバルレコーズ)」を発足させ、リリースの基盤を整える。2016年4月13日にファーストアルバム「心の中の色紙」をリリース、18日からは全国4カ所でAL 1st Tour 2016がスタート。

 

Live Info

「AL 1st Tour」

4 月18 日(月) 名古屋 CLUB QUATTRO 開場18:00/ 開演19:00 【Sold Out!】
お問い合わせ:ジェイルハウス:052-936-6041 http://www.jailhouse.jp/

4 月20 日(水) 福岡 DRUM LOGOS 開場18:30/ 開演19:00
お問い合わせ:キョードー西日本:092-714-0159

4 月25 日(月) 大阪 BIGCAT 開場18:00/ 開演19:00 【Sold Out!】
お問い合わせ:GREENS:06-6882-1224 http://www.greens-corp.co.jp/

5 月6 日(金) 東京 赤坂BLITZ 開場18:00/ 開演19:00 【Sold Out!】
お問い合わせ:ソーゴー東京:03-3405-9999

※Ticket Fee All ¥4320+Drink Fee

 

AL 公式サイト

andymori 配信一覧(moraサイト内)

長澤知之 配信一覧(moraサイト内)

 

 

 

mora TOPIC トップへ
moraに戻る
Facebookページへ
mora公式Twitterページへ
ページトップへ
▲ページの先頭へ戻る