最新のトピックスへ Facebook Twitter

オススメのトピックス

Tweet(ツイート)    

”りえしょん”こと、声優の村川梨衣が本日待望のソロ歌手デビュー!!

村川梨衣A.jpg


声優として数々の作品に出演し大活躍してきた村川梨衣。各作品で、数多くのキャラクターソングを歌っているがソロ歌手としては、今作品がデビュー作品となる。

<出演作品一覧>
「のんのんびより」 一条蛍役
「ご注文はうさぎですか?」 メグ役
「エスカ&ロジーのアトリエ~黄昏の空の錬金術師~」 エスカ・メーリエ役
「アイドルマスター ミリオンライブ!」 松田亜利沙役
「えとたま」 にゃ~たん役
「ビビッドレッドオペレーション」 二葉あおい役
 

デビュー曲の「Sweet Sensation」はTOKYO MXでOA中のテレビアニメ「12歳。~ちっちゃなムネのトキメキ~」オープニングテーマ。
彼女の伸びやかで気持ち良い所を存分のが存分に詰まったアップテンポな1曲。

また、本日6月1日(水)19:30から開催されるイベント「Rietion Birthday & Debut Celebration PARTY!!」の模様がニコニコ生放送で無料生中継されることが決定した。
デビュー当日ということで、この日限りのスペシャルな内容となる。村川梨衣さんの特別な記念日を一緒にお祝いすることができる。

さらに、購入者の中から3名様にB2サイズ告知ポスターが3名様に当たるチャンス!! 是非応募してください!!


Sweet Sensation/Baby, My First Kiss / 村川梨衣
btn_buy.png

bnr0007187020.01.jpg

 

 

 

 

Tweet(ツイート)    

女優・上野樹里さんとの結婚報告で話題の和田唱さん……って誰? とお思いの方に、彼がボーカル&ギターを務めるバンド、TRICERATOPS(トライセラトップス)の紹介をしたいと思います。

 

ベストアルバム
『TRICERATOPS GREATEST 1997-2001』

shichou_kounyu.jpg

 

トライセラトップスは1997年にメジャーデビューしたスリーピース・ロックバンド。これまでに14枚のオリジナルアルバムをリリースしています。

彼らの特徴は、まず何と言ってもソングライティングを手掛ける和田唱の非凡な作曲センス小田和正が主催する年末恒例のTV番組「クリスマスの約束」にソロ名義で出演した際の往年のナンバーの弾き語りで、思わず釘づけになった方も多いのではないでしょうか。ロックからブラックミュージックまで幅広いルーツを持ち、それを聴き心地のよい日本語のメロディに変換するセンスは卓越しています。

そしてもうひとつの特徴が、昨今のフェスブームでキーワードとなっている「踊れるロック」をいち早く導入した先駆者であるということ。デビュー曲「Raspberry」の時点から四つ打ちで、和田がルーツのひとつに挙げるスティービー・ワンダーのナンバーを彷彿とさせる「速過ぎず、遅過ぎない」絶妙のタイム感が身体を芯から揺らしてくれます。

 

「Raspberry」収録の1stアルバム
『TRICERATOPS』

shichou_kounyu.jpg

 

代表曲「FEVER」収録の2ndアルバム
『THE GREAT SKELETON'S MUSIC GUIDE BOOK』

shichou_kounyu.jpg

最大のヒットを記録した3rdアルバム
『A FILM ABOUT THE BLUES』

shichou_kounyu.jpg

 

また後続に与えた影響も大きく、Base Ball Bearはもともとトライセラのコピーバンドであったというのはファンの間では有名な話(彼らも四つ打ちのナンバーを得意としています)。

いままた時代とリンクする音楽を奏でるバンド、トライセラトップス。ぜひこの機会に音源を聴いてみてはいかがでしょう?

 

 

Tweet(ツイート)    

本日2016年5月26日はMiles Davis(マイルス・デイヴィス)生誕90周年の記念日です!

PC_milesdavis.jpg

 

Miles Davis プロフィール

1926年5月26日 アメリカ合衆国イリノイ州オールトン生まれ。母親は音楽の教師という、音楽に近い環境で育つ。13歳の誕生日にトランペットをプレゼントされたのをきっかけに演奏を始める。
モダン・ジャズの歴史を築いた史上最大のイノヴェーター、トランペット奏者。そのカリスマ性から“ジャズの帝王”と呼ばれた。チャーリー・パーカーのバンドで活躍後、クール・ジャズ、ハード・バップ、モード・ジャズ、フュージョンなど、モダン・ジャズの大半の音楽スタイルの中心的な創造者となる。自己のバンドから数々の有名ジャズ・ミュージシャンを輩出したことでも有名。91年9月28日没。

彼が残した名盤達のハイレゾ音源一覧はコチラ

 

NEW!!

『Everything's Beautiful』
新世代ジャズ・シーンで鮮やかな活躍を続けるロバート・グラスパーが、マイルス・デイビスの音世界を再創造! グラスパーが米コロンビア・レーベルのテープ保管庫でセレクトしたマイルスのオリジナル録音をベースにリミックスした意欲作。
豪華ゲストも多数参加。ビラル、エリカ・バドゥ、ハイエイタス・カイヨーテ、ローラ・マヴーラ、スティーヴィー・ワンダー……そして、実際にマイルスのバンドでも演奏していたギタリスト、ジョン・スコフィールドが名を連ねる。

btn_buy_hires.png

 

 

おすすめ

『Birth Of The Cool』
帝王マイルス・デイヴィスがクール・ジャズの礎を築いた歴史的名盤。1949年録音。
ギル・エヴァンスら3人の編曲者によって緻密で理知的な音楽を作り上げ、9人編成の大型コンボで演奏した作品。

btn_buy_hires.png

 

『Cookin'』
レコード会社移籍時、その契約上の問題から大がかりなレコーディング・セッションを行うことになったマイルス。
通称「マラソン・セッション」と呼ばれるこのセッションは4枚のアルバムに結実。その中でも最も人気が高いのがこの一枚。

btn_buy_hires.png

 

『Kind Of Blue』
ジャズ史上最高の名盤。ジャズというジャンルにおける「美学」が、最も純粋に昇華した作品。
1959年の録音で、いわゆる「モード奏法」に磨きがかかった、捨て曲なしの最高のアルバム。

btn_buy_hires.png

 

『Bitches Brew』
1970年作品。ロック全盛の60年代を経て、エレクトリック・ジャズという方向性を推し進めたマイルスのこの時期の最高傑作。
ジャズとロックを融合した先駆的なアルバムとされている。

btn_buy_hires.png

 

『TuTu』
1986年作品で、最晩年の傑作とされるアルバム。
シンセサイザーやシーケンサー、ドラムマシンをも導入し、1980年代半ばのR&Bやファンクの影響を受けている。

btn_buy_hires.png

 

 

 

Tweet(ツイート)    

お待たせしました!!

aiko アルバム作品13タイトルのハイレゾ音源配信が本日からmora独占でスタートです!!

PC_aiko_160525.jpg
ベストアルバム・オリジナルアルバム 合計13タイトルをCDリリース日と同時に一挙紹介します!!

 

cd ベストアルバム


2011年2月23日リリース  「まとめⅠ」

★スタッフオススメ★

Tr.15「桜の時」

明るすぎないテンポに少し寂しさも感じますが
サビでの軽やかさに心が踊ります!

2011年2月23日リリース  「まとめⅡ」

★スタッフオススメ★

Tr.2「アンドロメダ」

全体的に落ち着いている曲で
『この歌よ誰が聞いてくれる?』という歌詞が
個人的にすごく印象的です。

 

cd オリジナルアルバム


1999年4月21日リリース  「小さな丸い好日」

★スタッフオススメ★

Tr.6「イジワルな天使よ 世界を笑え!」

LIVEではかかせないインディーズ時代からの楽曲!
曲中の掛け合いなどぜひ覚えてみてください♪

2000年3月1日リリース  「桜の木の下」

★スタッフオススメ★

Tr.10「カブトムシ」

ロングヒットとなった代表曲の1つ。
aikoバラードとしてはまさに王道。

2001年6月20日リリース 「夏服」

★スタッフオススメ★

Tr.10「ボーイフレンド」

ダントツで最高ヒット曲!
カントリー風味なポップさがaikoらしい!

2002年9月4日リリース  「秋 そばにいるよ」

★スタッフオススメ★

Tr.6「おやすみなさい」

ドラマ「さよなら、小津先生」主題歌。
aikoの楽曲史上初めてのドラマタイアップ。

2003年11月27日リリース 「暁のラブレター」

★スタッフオススメ★

Tr.6「蝶々結び」

恋する女の子のピュアソングです。
幸せ気分がぎゅっと溢れています♪

2005年3月2日リリース 「夢の中のまっすぐな道」

★スタッフオススメ★

Tr.11「花風」

緩やかな風に包み込まれた
爽快なアップテンポとなっている。

2006年8月23日リリース  「彼女」

★スタッフオススメ★

Tr.3「キラキラ」

ドラマ「がんばっていきまっしょい」主題歌。
青春さ溢れる爽やかな一曲。

2008年4月2日リリース   「秘密」

★スタッフオススメ★

Tr.5「横顔」

ドラマ「ホタルノヒカリ」主題歌。
ミディアムテンポの明るい曲で
胸キュン必至の良曲ではないでしょうか!

2010年3月31日リリース  「BABY」

★スタッフオススメ★

Tr.4「KissHug」

aikoの魅力が最大限に活かされた王道バラード。
サビに向けての盛り上がり方や
素直な歌詞が心にすっと入り込んできます。

2012年6月20日リリース  「時のシルエット」

★スタッフオススメ★

Tr.5「向かいあわせ」

映画「ダーリンは外国人」主題歌。
相手を想う気持ちなどが込められた歌詞、
独特なメロディラインが心地良い。

2014年5月28日リリース  「泡のような愛だった」

★スタッフオススメ★

Tr.3「Loveletter」

ギターを全面に押しだした疾走感溢れる一曲。
手紙を書いている時の相手への熱量が込められている。

 

Tweet(ツイート)    

TOKYO MX「アニレゾ!! ~勝ち抜きアニソンダンスバトル~」の次回番組収録が決定!!
観覧希望者は下記応募フォームから情報を入力してください。
※当選者1名様につき、同伴者1名様まで可能です。

PC_Anirezo.jpg

収録日時:6月12日(日)時間未定 
場所:都内某所(観覧案内のメールと共に詳細お送りいたします。) 
募集締切:6月5日(日)23:59 
当選連絡:6月6日(月)以降 
出演:RAB(リアルアキバボーイズ)、アニソンダンサー 

番組観覧応募はコチラ
anirezo_500176_n.jpg

mora TOPIC トップへ
moraに戻る
Facebookページへ
mora公式Twitterページへ
ページトップへ
▲ページの先頭へ戻る