最新のトピックスへ Facebook Twitter

アニレゾハイライトのトピックス

Tweet(ツイート)    

5月27日(金)25:35~TOKYO MX1で放送された「アニレゾ!! ~勝ち抜きアニソンダンスバトル~」#9のハイライト!

PC_Anirezo.jpg

 

【5月27日(金)放送 「アニレゾ #9」ハイライト】

<テーマ曲>
0527battle2.jpg


divine intervention / fhana
通常 / ハイレゾ
TVアニメ「ウィッチクラフトワークス」オープニング主題歌
(2014年1月22日配信開始)


<バトルダンサー>
0527battle1.jpg

にく VS おっぱいマウスパッド(1週勝ち抜き中)

<バトルダンサー解説>
先攻:にく
久々に登場した女性ダンサー。ダンスのジャンルはワック。全身でリズムを刻みながら手足を鞭のごとくしなやかに扱い高速の音ハメ歌詞ハメを繰り出す。
アニソンの聴きこみ量、ダンスのスキル、そのどちらも高い位置に属する生粋のアニソンダンサーが暫定王者を打ち崩すか!?

後攻:おっぱいマウスパッド
まさかの暫定王者となったおっぱいマウスパッド。
ダイナミックな動きとエンタテイメント性、そしてアニソンへの愛は見るものを魅了する。
今週もおっぱいマウスパッド節を出して連続王者となれるのか!?


[「divine intervention」 ハイライトポイント]

今回のバトルで盛り上がりを見せた場面を紹介。

0527niku2.jpg

画像では伝わらないが、1サビに入る直前ブリッジのリズムの音で手を波のように動かし見事な音ハメをみせるにく。是非曲を聴いてほしい、この部分に音ハメをするのか!?と感動する。

 

0527niku3.jpg

1サビ終盤「まだ届かないなら もっと強くその名を叫ぶよ」の歌い回しに合わせて相手を叩くように手をしならせるにく。音ハメ、そしてダンスバトルという戦いの中で自分の力をいかんなく発揮する戦う女の光る場面だ。
 

0527niku1.jpg
サビ最後の「宙(そら)に」に合わせて限界まで反る。女性特有のやわらかさを生かしたダンスパフォーマンスに会場が沸く。
 

0527oppai2.jpg
2番Bメロ「試されてるのさ 運命という」に合わせて十字架を表現。このポーズのまま後ろに背中を擦って動いていくおっぱいマウスパッド。曲の聴きこみ量と即時に対応する瞬発力はすごい。

0527oppai3.jpg
にくのダンスムーブに対してどんな返しをするのかと期待されたおっぱいマウスパッドの2番サビのムーブ、ただ歌唱するだけ。だけども会場は沸きに沸いた。なんかもう、、、ズルい…。


[バトル終了~JUDGE]

激しい音ハメ歌詞ハメを見せた戦う女 にく VS キャラクターで対抗するおっぱいマウスパッド。
普通のダンスバトルではありえない勝敗となった……

 

0527winner.jpg
おっぱいマウスパッドの勝利。正直ダンスはグダグダだった一面もあるが、それはこの強烈なキャラクターでカバー。それで勝つのだからアニソンダンスバトルは面白い。

 

来週OAの#10は暫定王者  謎のおっぱいヲタク おっぱいマウスパッド VS RABを愛するジャグラー りょーくんの対決。

おっぱいマウスパッドの怪進撃を止めるのはこの男になるのか!?次週乞うご期待。

0527next.jpg

 

 

4月1日放送#1ソレイユ翼 from BLACK SPEC VS さや from猫娘颱風(にゃんにゃんたいふーん)ハイライト記事はコチラ

4月8日放送#2スカジュン VS ソレイユ翼 from BLACK SPEC ハイライト記事はコチラ

4月15日放送#3UK VS ソレイユ翼 from BLACK SPEC ハイライト記事はコチラ

4月22日放送#4官房長官 VS ソレイユ翼 from BLACK SPEC ハイライト記事はコチラ

4月29日放送#5気まぐれ VS ソレイユ翼 from BLACK SPEC ハイライト記事はコチラ

5月6日放送#6 超妖怪弾頭ネオたん from Acespec VSソレイユ翼 from BLACK SPEC ハイライト記事はコチラ

5月13日放送#7 Ota-big VS 超妖怪弾頭ネオたん Acespec ハイライト記事はコチラ

5月20日放送#8 超妖怪弾頭ネオたん Acespec VS おっぱいマウスパッド ハイライト記事はコチラ

Tweet(ツイート)    

5月20日(金)25:35~TOKYO MX1で放送された「アニレゾ!! ~勝ち抜きアニソンダンスバトル~」#8のハイライト!

PC_Anirezo.jpg

 

【5月20日(金)放送 「アニレゾ #8」ハイライト】

<テーマ曲>
0520battle2.jpg


Naked Dive / SCREEN mode
通常 / ハイレゾ
TVアニメ『無彩限のファントム・ワールド』OP主題歌
(2016年1月27日配信開始)


<バトルダンサー>
0520battle.jpg

おっぱいマウスパッド VS 超妖怪弾頭ネオたん from Acespec(2週勝ち抜き中)

<バトルダンサー解説>
先攻:おっぱいマウスパッド
名前からしてやべえやつ登場。ヲタクダンサーという意味ではこれが本物か?
ダンスジャンルは不明。出身地は不明。国籍も不明。わかるのはおっぱいが好きな事だけ。
しかし流れている本場の血は、リズムを取っているだけでダイナミックな動きを産み出す。勢いでネオたんの牙城を打ち崩すか?

後攻:超妖怪弾頭ネオたん from AceSPEC
2週勝ち抜き暫定王者。アニソンに合わせて毎戦繰り出されるパワームーヴとスーパーフリーズは見るモノのド肝を抜く。
今週も筋疲労との戦いに勝てるか?

 

[「Naked Dive」 ハイライトポイント]
今回のバトルで盛り上がりを見せた場面を紹介。

0520oppai.jpg

おっぱいマウスパッドの軽やかなトップロックから大技を繰り出すかと思いきやコミカルな”お願いダンス”。歌詞の「妄想はいつだって密の味」をしっかり口ずさんでいる。

 

0520oppai2.jpg

1サビ直前の「『本能(はだ)』を曝せ!」に合わせて自分の肌を曝そうとするおっぱいマウスパッド。歌詞ハメが得意ということは分かった。このコミカルな顔の表情は世界を平和にしそうである。
 

0520oppai3.jpg
サビ最後の「拓けNew World!」にしっかりとフリーズをハメてきたおっぱいマウスパッド。しかも結構エグめのフリーズ。単なるおっぱい好きでは無さそうだ…。
 

0520neotan1.jpg
対する暫定王者ネオたん。2番Aメロ「深層心理Seek Out…シーソーゲーム!」のリズムに合わせてフリーズを決める。いつみてもネオたんのフリーズは音ハメが気持ちいい。

0520neotan2.jpg
2番サビの勢いにあわせてチェアーから倒立まで持っていく怪力スタイルを披露。3連戦にしてこのスキルの高さ…妖怪の名前も納得である。


[バトル終了~JUDGE]

コミカルなやべえやつ VS 王道ブレイクダンスという甲乙つけがたい戦いだった。
観客の心をガッチリと掴んだのは………

 

0520winner.jpg
おっぱいマウスパッド。新暫定王者となった。このドヤ顔も心地いい。
次の戦いは何を魅せてくれるのであろうという期待感と、ネオたんの疲労のピークからこのようなジャッジとなった。

 

来週OAの#9は新暫定王者  謎のおっぱいヲタク おっぱいマウスパッド VS 魅惑のカップリングマスター にくの対決。

おっぱいマウスパッドを女性と対戦させていいのか!?次週乞うご期待。

0520next.jpg

 

 

4月1日放送#1ソレイユ翼 from BLACK SPEC VS さや from猫娘颱風(にゃんにゃんたいふーん)ハイライト記事はコチラ

4月8日放送#2スカジュン VS ソレイユ翼 from BLACK SPEC ハイライト記事はコチラ

4月15日放送#3UK VS ソレイユ翼 from BLACK SPEC ハイライト記事はコチラ

4月22日放送#4官房長官 VS ソレイユ翼 from BLACK SPEC ハイライト記事はコチラ

4月29日放送#5気まぐれ VS ソレイユ翼 from BLACK SPEC ハイライト記事はコチラ

5月6日放送#6 超妖怪弾頭ネオたん from Acespec VSソレイユ翼 from BLACK SPEC ハイライト記事はコチラ

5月13日放送#7 Ota-big VS 超妖怪弾頭ネオたん Acespec ハイライト記事はコチラ

Tweet(ツイート)    

5月13日(金)25:35~TOKYO MX1で放送された「アニレゾ!! ~勝ち抜きアニソンダンスバトル~」#7のハイライト!

PC_Anirezo.jpg

 

【5月6日(金)放送 「アニレゾ #7」ハイライト】

<テーマ曲>
0513battle2.jpg


蒼い春 / angela
通常 / ハイレゾ
TVアニメ『生徒会役員共』エンディング主題歌
(2010年7月28日配信開始)


<バトルダンサー>
0513battle.jpg

Ota-big VS 超妖怪弾頭ネオたん from AceSPEC(1週勝ち抜き中)

<バトルダンサー解説>
先攻:Ota-big
フリースタイルバスケをアニソンに合わせて披露するOta-big。
手に吸い付いて離れないように見えるバスケットボールは得意曲が来た時の音ハメに最高の相棒となる。
待ち時間の長さから若干の緊張気味に見えるのは気のせいだろうか? ダンスとは異なるジャンルからアニレゾ!!王者を狙う!
 

後攻:超妖怪弾頭ネオたん from AceSPEC
5週勝ち抜き暫定王者ソレイユ翼破って新暫定王者となったネオたん。
エグいフリーズを得意とするが怪力ブレイカーの一戦の体力消耗は創造を絶する。疲労物質乳酸との戦いに勝てるか?

 

[「蒼い春」 ハイライトポイント]
今回のバトルで盛り上がりを見せた場面を紹介。

0513ota1.jpg

曲が始まるとすぐにボールに回転を加え自分の指の上で回し始めたOta-big。そのボールをMCの涼宮あつきに渡すがボールはそのまま回転を続け「オレにも出来たー!」と、この表情。

 

0513ota2.jpg

ボールを弾ませながら背中に回して勢いよく側転。一瞬目を疑うがボールはそのままドリブルされ続けている。
良くわからなかったけ、すごいことは分かった。

 

0513neo4.jpg
ボールを渡されたネオたんも指の上でボールを回転させる技ができた。相手の技に対して100%で返す、まさにバトルの鉄則。

 

0513neo2.jpg
0513neo3.jpg
neo1.jpg
2番サビ「モテたい あんまり努力はしないで だけども必死な蒼い春」という早口フレーズ全部に音ハメをした怪物。最後の「蒼い春ーーーー!!!」に併せたハローバックのフリーズは世界共通の盛り上がりポイントでこの日一番の感動は生まれたと言っても過言ではない。
ネオたんのスキルの高さと同時にアニソン聴き込み量の豊富さが同時炸裂した瞬間だった。


[バトル終了~JUDGE]

フリースタイルバスケ対ブレイクダンスという異種格闘技戦となった今回。
観客の心をガッチリと掴んだのは………

 

0513winner.jpg
超妖怪弾頭ネオたんの勝利。2週勝ち抜きの暫定王者となった。
上記写真のスーパーフリーズを決めた直後ということで身体には若干披露の色が出ている。
一方敗れたもののフリースタイルバスケとアニソンというコラボを見せてくれたOta-bigは悔しい結果となったが、収録現場で見せていた本気の落胆っぷりに胸が熱くなった。

 

来週OAの#8は2週連続勝ち抜き暫定王者  超妖怪弾頭ネオたんfrom Acespec VS 謎のおっぱいヲタク おっぱいマウスパッドの対決。
名前だけみるとやべえヤツ登場。
そのヤバさは名前だけなのか、中身もやべえのか、次週乞うご期待。

0513next.jpg

 

 

4月1日放送#1ソレイユ翼 from BLACK SPEC VS さや from猫娘颱風(にゃんにゃんたいふーん)ハイライト記事はコチラ

4月8日放送#2スカジュン VS ソレイユ翼 from BLACK SPEC ハイライト記事はコチラ

4月15日放送#3UK VS ソレイユ翼 from BLACK SPEC ハイライト記事はコチラ

4月22日放送#4官房長官 VS ソレイユ翼 from BLACK SPEC ハイライト記事はコチラ

4月29日放送#5気まぐれ VS ソレイユ翼 from BLACK SPEC ハイライト記事はコチラ

5月6日放送#6 ソレイユ翼 from BLACK SPEC VE 超妖怪弾頭ネオたん Acespec ハイライト記事はコチラ

Tweet(ツイート)    

5月6日(金)25:35~TOKYO MX1で放送された「アニレゾ!! ~勝ち抜きアニソンダンスバトル~」#6のハイライト!

PC_Anirezo.jpg

 

【5月6日(金)放送 「アニレゾ #6」ハイライト】

<テーマ曲>
0506battle2.jpg


Can Do / GRANRODEO
通常 / ハイレゾ
TVアニメ『黒子のバスケ』OP主題歌
(2013年6月1日配信開始)


<バトルダンサー>
0506battle.jpg

気まぐれ VS ソレイユ翼 from BLACK SPEC(5週勝ち抜き中)

<バトルダンサー解説>
先攻:超妖怪弾頭ネオたん from Acespec
怪力豪腕ブレイカーの名の通り、パワー溢れるブレイクダンスが持ち味でアキバストリートでは1~3期連続優勝を飾るアニソンダンス界のトップランカー。手首を駆使したフリーズ技は見ているこっちが痛くなる。
その手首には時計を付けているが、踊りづらくはないのだろうか?もしかして筋力増強装置か??

後攻:ソレイユ翼 from BLACK SPEC
5週勝ち抜き王者。しかし、6戦連続となる彼の体力はドラクエでいうところの赤状態。
格闘技ゲームなら体力が減っている時に超必殺技が出せる、そんな一発逆転を狙ってほしい。

 

この両者はアキバストリート2期FINALの決勝戦で顔を合わせているライバル同士。
ジャンルは同じブレイクダンスだが、そこにどれだけアニソンとのシンクロ率を足せるかが争点となった。


 

[「Can Do」 ハイライトポイント]
今回のバトルで盛り上がりを見せた場面を紹介。

0506neo1.jpg

1番Bメロ。「弱い自分を認められる強さを」の”強さを”箇所に合わせて手を激しく何度も突き出しソレイユ翼を挑発。激しいブレイクダンスの中に歌詞ハメの立ち踊りを入れてアニソンとのシンクロ率を高めるアニソンダンス界のトップランカー。

 

0506neo2.jpg

素早いフットワークの中でもしっかり1つ1つのポージングを魅せる。
勢いの中にもしっかりとした技術が光るネオたんのスキルの高さを証明している。
このポーズ、右ひざ痛いです。

 

 

0506tsubasa1.jpg
ネオたんによる強烈なムーブに対するソレイユ翼の反撃…?
ピロピロを吹こうとするも吹けない、顔が辛そう。
何を表現したいのだろうか? これぞソレイユワールド。

 

0506tsubasa2.jpg
2番Bメロ。「昨日も無駄にしない勇気を」”勇気を”の箇所に合わせて強力なフリーズ。
1番でネオたんも音ハメを披露した同箇所を音にハメで返すソレイユ翼はエンターテナーであり1流のダンサーであることを証明した。


[バトル終了~JUDGE]

男性ボーカルによる力強い曲「Can Do」に負けないほど力強いガチンコバトルとなった。
体力限界のソレイユ翼に対して、フレッシュなネオたん。結果は……

 

0506winner.jpg
超妖怪弾頭ネオたんの勝利。
やはり6戦連続のソレイユ翼は分が悪かったか…。万全の状態で再度このカードを見たい。

 

来週OAの#7は新暫定王者  超妖怪弾頭ネオたんfrom Acespec VS アニソン×バスケのパフォーマーOta-bigとの異種対決。
バスケットボールをアニソンに合わせてどのように操るのかに注目が集まる。

是非ご覧ください。

0506nextweek.jpg

 

 

4月1日放送#1ソレイユ翼 from BLACK SPEC VS さや from猫娘颱風(にゃんにゃんたいふーん)ハイライト記事はコチラ

4月8日放送#2スカジュン VS ソレイユ翼 from BLACK SPEC ハイライト記事はコチラ

4月15日放送#3UK VS ソレイユ翼 from BLACK SPEC ハイライト記事はコチラ

4月22日放送#4官房長官 VS ソレイユ翼 from BLACE SPEC ハイライト記事はコチラ

4月29日放送#5気まぐれ VS ソレイユ翼 from BLACE SPEC ハイライト記事はコチラ

Tweet(ツイート)    

2016年4月30日にニコニコ超会議2016の真空管ドールズブース内で『mora Presentsアキバ×ストリート第3期FINAL in 真空管ドールズ』が開催された。
news-1605042330-c001.jpg
 
アキバ×ストリートとは、TOKYO MX「アニレゾ!!~勝ち抜きアニソンダンスバトル~」でもお馴染みのオタクダンスユニット『RAB (リアルアキバボーイズ)』が主催し、アニソンダンスシーンにとっての甲子園のようなアニソンダンスバトルの世界大会であり、今大きな盛り上がりをみせている。
開幕一番に真空管ドールズのテーマソングによる、RABのパフォーマンスがおこなわれ、観客から大きな歓声が上がる。
news-1605042330-c003.jpg
そこから関係者が舞台に上げられ、もはや毎期恒例となった国歌斉唱の儀が執りおこなわれた。もちろん国歌とはアニメAIRのOP「鳥の詩」のことで、右手を胸に当て国歌を歌うことで場内はひとつになった。

鳥の詩 / Lia
btn_buy.png
 
会場の期待と興奮の入り混じった熱い雰囲気のまま早速ベスト8が始まる。
 
ベスト8第1試合は、“Marjorie Bui” vs “たられ”。
たられはファイナリスト最年少の19歳。対するMarjorieは海外動画予選代表でダンスバトルの実力は未知数。まさにダンスバトル界の黒船来航である。この気になるバトルにDJのけいたんが選曲したのはTVアニメ『VALKYRIE DRIVE -MERMAID-』エンディングテーマ「スーパーウルトラハイパーミラクルロマンチック」。
曲がかかると同時に沸き立つ会場。それと同時に歌詞を口ずさむ両者。これがアニソンダンスバトルの醍醐味。
先行のたられがロックダンスを中心に多彩な音表現でアニソンを表現し会場を盛り上げる。注目のMarjorieは海外からの参加にも関わらず日本語の歌詞を理解し、パッション溢れる素晴らしいワックダンスをみせてくれた。際どい勝負であったが、様々なバリエーションでアニソンを表現し抜群の歌詞ハメを連発したたられが勝利した。
 
そして第2試合目、“KGO” vs “コンタ☆クトa.k.a Mega☆音”。
双方共にファイナリスト経験者であるこの組み合わせ。ここでの選曲はテレビアニメ「おそ松さん」オープニングテーマのA応P「はなまるぴっぴはよいこだけ」。先行を踊り出たのはKGO。まさにアニソンを身体で歌うかのようなパワフルなロックダンスをみせる。対してコンタ☆クトa.k.a Mega☆音はスキルフルなステップとソウルダンスのノリでリズミカルに音に合わせる。しかし踊る途中の衣装チェンジにするネタが上手くいかず、ノリきれなかった”Mega☆音”は流れを変えることができず、ここで敗退となった。
 
第3試合目は、“ネス” vs “ゾマやかじゃない!”の戦い。
DJが選曲したのはとなりの怪物くんOPの 戸松遥「Q&Aリサイタル」。先行のゾマやかじゃない!がフレイバー溢れるブレイクダンスから前宙で背中から落ちて音にハメるという大技ボムを繰り出せば、ネスがタットーという手をパズルのように組み替えるダンスをアニソンにハイレベルに合わせていく。見応え抜群のバトルに観客も大興奮。結果はゾマやかじゃない!の気迫がネスを押し切りベスト準決勝進出を決めた。
 
第4試合目、“izumix” vs “超妖怪弾頭ネオたん”。
izumixは国内初の女性ファイナリスト。対する超妖怪弾頭ネオたんはアキバ×ストリートを2連覇しており、まさに最強の女と男の戦いとなった。
ここでの選曲は艦これEDの西沢 幸奏「吹雪」。先行の超妖怪弾頭ネオたんが王者の貫禄の豪快なブレイクダンスをみせつけるが、izumixも芸術的なジャズダンスで観客を自分の世界観に引き込む。異種格闘技戦となったがizumixの世界観すら打ち砕く力強い超妖怪弾頭ネオたんのダンスに軍配が上がった。
 
 
そして運命の準決勝。第1試合、“たられ”(左)VS“KGO”(右) 。
news-1605042330-c008.jpg
どちらもアニソンの音表現に長けた二人。実はたられが優勝した大阪予選にKGOも参加しており、2回戦で敗退している。しかしその時のたられのダンスに刺激をもらったおかげで、翌日の福岡予選で優勝できたというKGO。そんな二人が準決勝で当たるという運命的な展開。準決勝からは2ムーヴとなり、体力的にもダンスのバリエーションにしても過酷になっていく。
準決勝から交代したDJ涼宮あつきによる選曲はモンスター娘の日常OP「最高速Fall in love」とデス・パレードOP「Flyers」。KGOは力強く、たられはしなやかに、二人のアニソン表現は違ったが噛み合いひとつの作品のようだった。勝敗はオーディエンスの心を掴み、自分の世界観に引きづり込んだたられが僅差で勝利した。

「最高速Fall in love」(TVアニメ「モンスター娘のいる日常」オープニングテーマ)
btn_buy.png ハイレゾ試聴購入.png
 
 
「Flyers」(アニメ「デス・パレード」オープニング・テーマ)
btn_buy.png
 
 
 
続く第2試合は、“ゾマやかじゃない!”(左) vs “超妖怪弾頭ネオたん”(右)。
news-1605042330-c010.jpg
この二人実は同じチームメイトで、FINALで戦うことを誓い合った関係。その二人のバトルが実現したというドラマのような展開に会場のボルテージはMAX。準決勝からDJに替わった涼宮あつきが選曲した曲はキルラキルOP 藍井エイルの「シリウス」、そして2ムーヴ目は四月は君の嘘OP Goose houseの「光るなら」。どちらも二人の関係に歌詞がリンクし、二人のお互いをリスペクトしたバトルは会場を興奮と感動に包み込んだ。
結果は決定打が多かった超妖怪弾頭ネオたんの勝利となったが、お客さんからは二人に温かい拍手が送られ、涙する人もいた。間違いなく今大会ベストバトルだっただろう。

シリウス / 藍井エイル (TVアニメ『キルラキル』OPテーマ)
btn_buy.png ハイレゾ試聴購入.png
 

光るなら / Goose house(アニメ『四月は君の嘘』オープニングテーマ)
btn_buy.png
 
 
そしてついに決勝。ここでついに世界最強のオタクダンサーが決まるのだ。
決勝の組み合わせは、“たられ”(左) vs “超妖怪弾頭ネオたん”(右)
news-1605042330-c011.jpg
たられが優勝すれば最年少優勝。超妖怪弾頭ネオたんが優勝すれば前人未到のアキバ×ストリート3連覇である。
まさにアニソンダンスシーン未来を占うかのような一戦である。
準決勝に続きDJを務める涼宮あつき選曲の決勝1曲目は無彩限のファントムワールドOPのSCREEN mode「Naked dive」。さすがに疲れを見せる超妖怪弾頭ネオたんであったが、通常とは異なる手首を利用したフリーズという高難易度の技を抜群な音ハメで決め王者の意地をみせる。対してたられは実に楽しげな音遊びをみせて会場を沸かせる。「拓けNew World!」歌詞に載せた音ハメはまさに自分が新時代のチャンピオンだといわんばかりであった。
勝負の行方は全くわからないまま2曲目へ突入。2曲目はデジモンアドベンチャーOPの和田光司「Butter-fly」。この曲での二人はお互いの技術と愛を全てぶつけ合うようなダンスだった。まさに無限大の夢を観客とアニソンダンサー達にみせた事だろう。

Naked Dive / SCREEN mode (TVアニメ『無彩限のファントム・ワールド』OP主題歌)
btn_buy.png ハイレゾ試聴購入.png
 

Butter-Fly / 和田光司(テレビアニメ『デジモンアドベンチャー』オープニング主題歌&挿入歌)
btn_buy.png
 
この激動のバトルに勝利し、世界最強のオタクダンサーに輝いたのは。
“超妖怪弾頭ネオたん”。
news-1605042330-c012.jpg
なんと脅威のアキバ×ストリート3連覇である。
優勝した彼には元気玉システム(総エントリー者数×1,000円)による賞金23万9000円と“RABと踊ってみた動画コラボ権(※お断り可)”が贈呈された。
news-1605042330-c013.jpg
 
ある意味注目されたのはRABとのコラボを受けるのか、断るのかという部分であった。
そこで“超妖怪弾頭ネオたん”が出した答えは、「やりましょう!」の一言。
ついにアキバ×ストリート三連覇のチャンピオンとアニソンダンスのパイオニア的存在のRABの夢のコラボが決定し、会場は歓声が起こった。
今回もアニメのような空間を見せてくれたこの大会。最後には『アキバ×ストリート4期』の発表もあり、これからもますます盛り上がることが予想されるアニソンダンスシーン。次はどんな世界を我々にみせてくれるのか今から楽しみである。
 
《mora Presentsアキバ×ストリート第3期FINAL in 真空管ドールズ RESULT》
【BEST8】
○ たられ vs Marjorei Bui ×
○ KGO vs コンタ☆クトa.k.a Mega☆音 ×
× ネス vs ゾマやかじゃない! ○
× izumix vs 超妖怪弾頭ネオたん ○
【準決勝】
○ たられ vs KGO ×
× ゾマやかじゃない!vs 超妖怪弾頭ネオたん ○
【決勝】
×たられ vs 超妖怪弾頭ネオたん ○
【チャンピオン】
超妖怪弾頭ネオたん
 
 
mora TOPIC トップへ
moraに戻る
Facebookページへ
mora公式Twitterページへ
ページトップへ
▲ページの先頭へ戻る