最新のトピックスへ Facebook Twitter

アニメ/ゲームのトピックス

Tweet(ツイート)    

jojo_banner.jpg

 

ジョジョの奇妙な冒険

PART4

ダイヤモンドは砕けない

DIAMOND IS UNBREAKABLE

 

原作者・荒木飛呂彦先生は大の洋楽フリークとして知られ、「ダイヤモンドは砕けない」に登場する“スタンド(超能力のこと)”の名称は数々の人気ロックバンドおよび名曲・名盤から取られていていることでも有名! moraで配信中の「元ネタ」を紹介していくッ!!

 


 

~今週のスタンド~

coverphoto_00602527882048_001.jpg

アクトン・ベイビー
(元ネタ:U2のアルバム『Achtung Baby』

スタンド使い:???

元ネタの試聴・購入はこちら

 

宿敵、レッド・ホット・チリ・ペッパーを撃破した仗助たち。杜王町にも平和が戻った……と思ったのも束の間、またも不穏な事件の匂いが。スタンド使いの脅威はまだこの町から去っていない……彼らの「奇妙な冒険」はこれからも続くのです。

とはいえ連戦につぐ連戦ということにはならず。バトルだけでない日常の「奇妙さ」にもスポットが当たるのが、第四部「ダイヤモンドは砕けない」の良いところ。今週は前回登場した承太郎の祖父にして仗助の実の父親、ジョセフ・ジョースターを中心としたエピソードが展開されます。

いやあ、レッチリ戦後の仗助とジョセフのやり取り、よかったですよねえ! ぎこちないながらも父子の初対面を果たした二人。康一くんのセリフ「なおさないから いいんじゃあないか……」も合わせて第四部を象徴する名シーンのひとつだと個人的に思います。

第二部・第三部とアニメを続けて観てこられた方の中には、ぼけぼけのジョセフおじいちゃんの姿にショックを受けた方もいるかもしれません。これには、「ジョセフは波紋(ヨガや気功みたいなもので、若々しく外見を保つことも可能)使いなので、本来ならあんなに老け込むことはない。しかし、奥さんであるスージーQは普通の人間。ジョセフは彼女とともに普通の人間として老いゆくことを選択した」というファンの解釈があり、これを踏まえるといい話だな~と思ってしまいます。何か人生の重みみたいなものを、ジョセフにかぎらずキャラクターの背後に感じるんですよね。そういうところも好きです。

そんなジョセフおじいちゃんがいいところを見せてくれるのが今回の話数です。新たに登場するスタンドは「アクトン・ベイビー」、しかしこれは後年つけられた名称で、作中では単に「透明の赤ちゃん」と呼ばれるのみです。「透明の赤ちゃん」……? 詳しいことは今夜放送の最新話を観ることで明らかになるでしょう。老いてなお健在、なジョセフの魅力を再発見するエピソードになるはずですよ!

 

TO BE CONTINUED...

 


 

「ジョジョの奇妙な元ネタ紹介」バックナンバー

その①「クレイジー・ダイヤモンド」

その②「アクア・ネックレス」

その③「ザ・ハンド」

その④「バッド・カンパニー」

その⑤「レッド・ホット・チリ・ペッパー」

その⑥ 「エコーズ」

その⑦ 「ザ・ロック」&「サーフィス」

その⑧ 「ラブ・デラックス」

その⑨ 「パール・ジャム」

特別編:「最終決戦! レッド・ホット・チリ・ペッパー」

番外編:EDテーマ「I Want You / サヴェージ・ガーデン」

 


 

TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』公式サイト

 

Tweet(ツイート)    

CDリリースから約半年遅れ、シンガーソングライター大石昌良のギター1本弾き語りアルバムが遂に配信開始となった。
ギター弾き語りアルバムの最高傑作と言っても過言ではないこの作品を紹介します。


btn_buy.png

大石昌良の弾き語りラボ
 

【大石昌良】
バンド「Sound Schedule」のボーカル&ギターとして、2001年9月にメジャーデビュー。2006年10月、Sound Schedule解散後、「大石昌良」名義でソロ活動を開始。※Sound Scheduleは現在再結成し活動中。
2014年、アニメ・ゲームコンテンツ向けの名義「オーイシマサヨシ」を立ち上げ、2015年、Tom-H@ckとのユニットOxT(オクト)の結成を発表。「ダイヤのA」や「月刊少女野崎くん」や「オーバーロード」など、オープニング主題歌を担当した人気アニメも多数。現在、アニメの主題歌の他にもアーティストへの楽曲提供などの制作依頼も多数。
唯一無二の卓越したアコースティックギターの弾き語りスタイルは圧巻。まるで手品のような手さばきに「右手の魔術師」や「ひとり遊園地」など、人によって形容は様々。
2015年10月・2016年3月にテレビ東京「THE カラオケ★バトル」に出演し、圧巻の歌唱力を披露し話題となった。
 
大石昌良の弾き語りラボ
【収録曲】
01.ファイヤー!
02.君じゃなきゃダメみたい(アニメ「月刊少女野崎くん」主題歌 セルフカバー) 
03.ピエロ
04.眼鏡ダーリン
05.Clattanoia(アニメ「オーバーロード」主題歌 セルフカバー)
06.幻想アンダーグラウンド
07.ストーリー
08.不可侵領域デストロイヤー(りぶ提供曲 セルフカバー)
09.枕男子(アニメ「枕男子」主題歌 セルフカバー)
10.トライアングル
11.海を見ていた ぼくは
btn_buy.png
 
 
収録の中にはアニメ・ゲームコンテンツ向けの名義「オーイシマサヨシ」や「OxT(読み:オクト オーイシマサヨシ × Tom-H@ck)」で歌唱している曲のセルフカバーや、大石昌良が作詞・作曲をした提供曲のセルフカバーなどが含まれ、オリジナルアレンジとは変わった曲が聴ける。
 
このアルバムの特筆すべき点は、大石昌良のギターテクニックだ。
ストロークでかき鳴らし、アルペジオでつま弾く以外に、スラップ奏法ではじけるようなリズムを刻んだかと思いきや、打楽器のようにギターを叩いたりと、
本当にギター1本の弾き語りアルバムなのかと耳を疑うほどの音色に、ただただ驚愕するだけだ。
 
尚且つ大石昌良のまっすぐな歌声が底抜けに聴き心地良い。明るく前向きな歌詞、恋心を歌う歌詞、力強いシャウト、全てに合う。
ギター1本の弾き語りという音色の少ないシンプルな構成だからこそ、大石昌良の歌声の良さが際立つ。スタッフ・エンジニアにも拍手を贈りたいアルバムだ。
 
このアルバムは今までの大石昌良を知る人はもちろん、シンガーソングライターを目指したい人、ギターを始めようと思っている人、
さらに、恋愛につまずいている人、仕事が憂鬱な人、受験勉強に集中できない人、多くの人の”ライフアルバム”になる作品だ。
 
まずは一度聴いていただきたい、シンガーソングライターにとって決して追い風ではない今の時代に一石を投じられる作品だと断言できる。
 
文:moraスタッフ
 

Tweet(ツイート)    

大島組(大島はるなの熱狂的なファンの方々の愛称)の皆様、大変お待たせしました!!

ゲーム主題歌を中心にドラマ、アニメ作品などの幅広くテーマソングを歌い精力的にライブ活動をするアイドルシンガー 大島はるなのメジャーデビュー曲「ハイスペックDays」が、デビュー日より一日早くmora独占で先行配信開始!!

アニメ「ワガママハイスペック」の主題歌として4月より好評OA中のアップテンポソングです!!

 

ハイスペックDays(パターンA)


btn_buy_hires.png


btn_buy.png

 

ハイスペックDays(パターンB)


btn_buy_hires.png


btn_buy.png
 
 

 

今作で待望のメジャーデビューとなる大島はるな
6月22日(水) 池袋サンシャインシティ 噴水広場にて、大島はるな 「ハイスペックDays」リリース記念イベントを開催します!
イベント詳細、追加イベント情報などは大島はるなオフィシャルホームページにてご確認下さい。

 

Tweet(ツイート)    

earphones_topix_160618.jpg
今日もどこかで、あなたのお耳をイヤホンジャッークear!!

コマクちゃん(お客さま)お待たせしましたー!
デビュー日でもある本日6/18にラフォーレミュージアム原宿にて開催された
イヤホンズ結成1周年記念ワンマン公演「東京声優朝焼物語」のセットリストをmora限定で公開します happy01!!


★   ★   ★   ★  

イヤホンズ一周年記念LIVE 「東京声優朝焼物語」セットリスト

01.  overture
02.  耳の中へ
03.  それが声優!
04.  残酷な天使のテーゼ
05.  ヒーローじゃなくていい
06.  Love Power
07.  280秒間世界一周~幸せのイヤホンを探して~
08.  ススメ!音羽少女隊
09.  私でキマリ☆
10.  背中のWING
11.  プロ根!~地獄の一丁目特訓の巻~
12.  Magic of love
13.  あなたのお耳にプラグイン!
14.  成長!全力シンデレラ
15.  お買物めっちゃええねんチャンネルのうた
16.  光の先へ
 
★   ★   ★   ★  
さらに!!セットリストを再現した配信限定商品はこちら!!
「残酷な天使のテーゼ」も初配信となりますっ shineジャケ写は今回のワンマンライブのビジュアルとなっています lovely

ライブ直後の興奮冷めやらぬうちに \(^o^)/
ぜひDLしてライブを再現してお楽しみください♪



btn_buy.png

 
※ライブ音源ではございません。
※MCは含まれません。
※「あなたのお耳にプラグイン!」のリクエストソングは「乙女のポリシー」verではございません。

Tweet(ツイート)    

jojo_banner.jpg

 

現在放送中『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』も1クール目のクライマックス。第一の宿敵、レッド・ホット・チリ・ペッパーとの戦いも佳境を迎える中……なんと本家「レッチリ」もニューアルバムをリリース! これが「スタンド使いは引かれあう」というやつかッ!? 今回は原作リアルタイム世代かつレッチリファンのスタッフKさんにご登場いただき、現在プライスOFF中の旧譜タイトルやバンドの魅力について語っていただきました!

 

新譜・プライスOFF情報は▼

MAINV01000181340201.jpg

 

 


 

こんにちは。洋楽ロック好き & かくれジョジョファンのmoraスタッフKです。 『ジョジョの奇妙な冒険』で好きなキャラクターは「イギー」と「重ちー」です。よろしくお願いいたします!

さて、アニメ『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』もいよいよ“レッド・ホット・チリ・ペッパー”との闘いに突入しましたね。 

原作連載当時――1990年代、多感な青年期を過ごしていました時代、こっそり読んでいた『ジョジョ』に「レッチリ」の名前が登場した時のことは忘れられません。洋楽ファンにはたまらない、『ジョジョ』に登場する数々のアーティスト名や作品名。 意外性がありつつも、スタンドの特性やスタンドを操る本人の人間性に妙にマッチしていたりして、クスリと笑ってしまうようなものばかり。当時としては、どちらかというと60年代、70年代のものを中心とした元ネタが多く(第3部で登場した、アヴドゥル、マライア、テレンス・T・ダービーなど、ポップ/ファンク/R&B系アーティストは別として)、初めて「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」という自分がリアルタイムで聴いている、いわゆる「オルタナ系」ロックバンド名が登場したからでした。

「荒木先生、レッチリとか聴くんだ!」という思いとともに、「ジョジョに登場してしまうレッチリって、やっぱりすごい!(レッチリの名前がジャンプに載っちゃった!)」という思いを新たにしたものでした(その後、「パール・ジャム」や、「グリーン・デイ」、「フー・ファイターズ」等々、オルタナティヴロックのアーティスト名が登場することが増えた気もします)。

それから現在に至るまで、レッド・ホット・チリ・ペッパーズが第一線で活躍しているのはご存じの通りかと思います。
今年2016年はフジロックフェスティバルへの出演も決定しましたね。 1997年、第一回目のフジロックフェスティバル(今では夏の風物詩となりつつある、「野外音楽フェス」の先駆け!)、1日目、嵐の中でヘッドライナーをつとめた伝説のライヴを思い出しながら、予習にはげみたいと思います!!

 

<おすすめアルバム紹介>

 

『Blood Sugar Sex Magik』

レッド・ホット・チリ・ペッパーズの人気を決定づけたアルバム。 ライヴのアンコールでも最高に盛り上がる「Give It Away」や、「Suck My Kiss」等のハイテンションかつグルーヴ感のある楽曲と、美しいメロディが印象的な「Under The Bridge」、「Breaking the Girl」などなど、現在のレッチリに繋がる要素が凝縮されています。

 

『One Hot Minute』

ジョン・フルシアンテが脱退し、ギターにジェーンズ・アディクションのデイヴ・ナヴァロを迎えたアルバム。
評価の分かれる作品ですが、「Warped」、「Aeroplane」、「My Friends」など、良い曲もあります。

 

『Californication』

ジョン・フルシアンテが復帰し、全盛期を迎えたレッチリの最高傑作と言われるアルバム。「Scar Tissue」や、映画『BECK』オープニングテーマとして使用された「Around The World」、故・カート・コバーンについて歌ったという「Californication」などなど、名曲揃い!

 

『By The Way』

大ヒットした『Californication』の次作として発表されたアルバム (筆者個人的に一番好きなアルバムかも。ジャケットも良い!)
表題曲「By the Way」をはじめ、ポップかつメロウなメロディの「Universally Speaking」、「The Zephyr Song」、「Cabron」等、レッチリ初心者の方にも聴きやすいアルバムかもしれません。

 

『Stadium Arcadium』

レッチリの集大成的アルバムで2枚組の大作。本作を最後に、ギタリストのジョン・フルシアンテが脱退した。映画「デス・ノート」の主題歌「Dani California」はビデオ・クリップも秀逸。(ジョジョ&洋楽ファンなら、ウケるはず!)

 

『I'm With You』

新たなギタリストにジョシュ・クリングホッファーを迎えた作品。
「Monarchy Of Roses」、「Look Around」など、メロディの良さは健在!

 

TO BE CONTINUED...

 

 


 

「ジョジョの奇妙な元ネタ紹介」バックナンバー

その①「クレイジー・ダイヤモンド」

その②「アクア・ネックレス」

その③「ザ・ハンド」

その④「バッド・カンパニー」

その⑤「レッド・ホット・チリ・ペッパー」

その⑥ 「エコーズ」

その⑦ 「ザ・ロック」&「サーフィス」

その⑧ 「ラブ・デラックス」

その⑨ 「パール・ジャム」

番外編:EDテーマ「I Want You / サヴェージ・ガーデン」

 


 

TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』公式サイト

 

mora TOPIC トップへ
moraに戻る
Facebookページへ
mora公式Twitterページへ
ページトップへ
▲ページの先頭へ戻る