最新のトピックスへ Facebook Twitter

2016年4月アーカイブ

Tweet(ツイート)    

harada_header.jpg

 

~今月の一枚~

coverphoto_00602547222695_001.jpg

Snarky Puppy, Metropole Orkest
[Sylva]

shichou_kounyu.jpg

btn_buy_hires.png

 

 今年は4月になっても肌寒い日が続いていて、なんだか鼻もぐずぐずしてしまって、「春はまだ来ぬのかのう。早く出でよ、春」などと江戸口調でスズメやカラスに語りかける朝が続いていたものですが、ようやく少しずつコンスタントな暖かさが訪れはじめました。みなさんの新生活が軌道に乗っていることをお祈りします。ビバ、フレッシュライフ!

 

 というわけで今回はバリバリの気鋭グループ、スナーキー・パピーの登場です。といっても結成は2004年、テキサスにて。つまり新進というわけではないのですが、ここ数年、前年比250%ぐらいの知名度と人気を獲得しています。初来日は2013年です。ぼくは「ブルーノート東京」公演初日のファースト・セットに行き、ステージ狭しと広がる人数の多さと楽器類の多さに「おおっ!」を驚きながら演奏を楽しみましたが、正直言って動員数は満席というわけではありませんでした。しかし翌年の再登場では怒涛のような盛り上がりをみせ、2015年の野外フェス「ブルーノート・ジャズ・フェスティヴァル」では圧巻のパフォーマンスで、詰めかけた観客を踊らせ沸かせました。はっきり言ってしまうと同フェスのほかの出演者であるジェフ・ベックパット・メセニーより興奮させてくれました(もちろん彼らの半世紀に及ぶ音楽界への貢献には敬意を表します)。でも、それが自分にとっては音楽のあるべき姿なのです。地位を確立した大ベテランばかりが支持されていては、なんか面白くないじゃないですか。昨日と同じじゃ、生きてる価値が足りないじゃないですか。常に次世代、次々世代がワンサカ出てきてしのぎを削っている状態こそがシーンに活気を与え、リスナーに喜びをもたらすことにつながるんじゃないかと思うのです。講談だってそうです。宝井馬琴の歴史的録音に聴き入るのもよいですが、神田松之丞の溢れ出る切れ味をライヴで味わう、それができるのは今このときを生きている我々だけです。

 

 もう40代半ばになってしまった中年・原田が、自分より二世代下ぐらいであろうファンともみくちゃになりながら楽しんだスナーキー・パピー。昨年5月に発表されたアルバム『Sylva』はアメリカ「ビルボード」のヒートシーカーズ・アルバム・チャート、トップ・カレント・ジャズ・アルバム、コンテンポラリー・ジャズ・アルバムの各部門で1位に輝きました。大まかに言えば“ヒートシーカーズ”はこれまで総合チャートの100位に入ったことがないアーティストを対象にしたもの、“トップ・カレント”は“いま、巷で話題の”というような意味でしょうか。とにもかくにも、当アルバムでスナーキー・パピーの名声は確かなものとなったような気がします。そして彼らは、この『Sylva』で2年ぶり2度目のグラミー賞を獲得しています。前回は「ベストR&Bパフォーマンス」部門でしたが、今回は「ベスト・コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム」部門でのグランプリです。つまり両方ともジャズ部門ではないのですが、そんなスナーキー・パピーが半世紀以上の歴史を持つジャズの名門レーベル“インパルス”と契約したり、ジャズフェスに登場して、ジャズファンをも振り向かせているのですから、痛快です。

 

 ぼくより二世代ぐらい下にあたる編集部のAさんは『Sylva』を聴いて、こんな感想を寄せてくれました。

 

 「自分は、どちらかというとポストロック/マスロックの流れを好んでいて(バトルスとか、マーズ・ヴォルタとか)、完全に「その耳」で楽しく聴けてしまうのですが、それでいいのでしょうか…? 鍵盤楽器の飛び道具的な(歪ませた、リードギターにも匹敵する?)使い方と、変則的なリズム。ギターの音作りにしても、シンセの音色の選び方にしても、曲によっては思いっきり濁らせているところがありますし。インストなのですが、サウンドトラックというよりはこれ自体で一篇の映画を観ているような、ストーリー性のあるアルバムだと思います。ラスト曲前半のストリングスを入れた展開などは、日本のポストロックバンド「MONO」を思い出しました」

 

 うれしいじゃありませんか。オスカー・ピーターソン『We Get Requests』を聴いてもらった後に感想を求めたときとは、言葉の弾み方が違う。「同世代の音楽」として共感しているのでしょう。それに、こういう意見、なかなかオッサンからは沸いてこない。マーズ・ヴォルタといえば、ドラマーのディーントニ・パークスが8月にジョン・ケイルのバンドで来日しますが、「拍子抜けするほどさりげない形で、とんでもないミクスチャーをスッとなしとげてしまう。だけどサウンドの中身は熱い」あたり、大いに共通性ありなのではないかと思います。あと『Sylva』で個人的に気になったのは、弦楽オーケストラとの共演ということもあるのか、踊れる箇所やファンキーな箇所が皆無に近い、と感じられたことです。むしろじっくりと聴き入らせる、立ち止まって考えさせるようなサウンドが続くのです。つまりぼくはこのアルバムにスナーキー・パピーの新たな一面を見ました。こんな冒険的な音を、老舗ジャズ・レーベルとの契約第1弾にもってくるとは、リーダーのマイケル・リーグは相当な策士です。

 

 このところロバート”スパット”シーライト & ネイト・ワース『フォーティファイド』、ビル・ローレンス『アフターサン』、コリー・ヘンリー『リヴァイヴァル』(ゴリゴリのゴスペル・アルバム)など関連メンバーのソロ作品のリリースも色とりどりのスナーキー・パピー。このあたりの増殖具合、自分的にはEXILEやEXILE TRIBEや三代目 J Soul BrothersやGENERATIONS界隈を思い起こしますが、とにかく「次に何が出てくるかわからないワクワク感」を感じさせてくれる男たちです。6月には赤坂BLITZでワンマン・ライヴを開くとのこと。5月に行なわれるエスペランサ・スポルディングのZepp DiverCity公演に続く快挙となることでしょう。4ケタの観客を収容できる会場、基本オールスタンディングのはずです。「ジャズ系のアーティストとしても認知されている気鋭が、マスに支持される時代」が、苔のむすまで続くことを願います。

 

 


 

■執筆者プロフィール

 

DSC_0827.jpg

 

原田和典(はらだ・かずのり)

ジャズ誌編集長を経て、現在は音楽、映画、演芸など様々なエンタテインメントに関する話題やインタビューを新聞、雑誌、CDライナーノーツ、ウェブ他に執筆。ライナーノーツへの寄稿は1000点を超える。著書は『世界最高のジャズ』『清志郎を聴こうぜ!』『猫ジャケ』他多数、共著に『アイドル楽曲ディスクガイド』『昭和歌謡ポップスアルバムガイド 1959-1979』等。ミュージック・ペンクラブ(旧・音楽執筆者協議会)実行委員。ブログ(http://kazzharada.exblog.jp/)に近況を掲載。Twitterアカウントは @KazzHarada

 

Tweet(ツイート)    

テレビ朝日の人気バラエティ番組「ロンドンハーツ」のドッキリ企画から生まれた50TA(芸人:狩野英孝)。
とうとうmoraでも一斉配信がスタートしました!
 
ファイティングポーズ/50TA
ファイティングポーズ
 
先日放送された『金曜★ロンドンハーツ&アメトーーーーク!姉妹番組4時間スペシャル!!』 では50TAが久々の復活。
場所はなんと台湾!現地では大歓迎&熱狂ライブで終えたそうです。
 
なぜここまで話題になっているのか?というと、50TAが生み出す数々のフレーズ。
 
新曲「ファイティングポーズ」から抜粋すると……
 
“奥歯削れるほど食いしばる そんな時も超えてゆく
体温調節がうまくいかない 来たり脱いだりしたけど
削れてく…奥歯”
 
歌詞だけ見ると本当に訳が分からないと思いますが、
この絶妙なフレーズとメロディがマッチングしていてクセになってしまうこと間違いなし。
moraでは試聴も出来るのでぜひ聴いて頂きたい。(切実)
 
50TA自身「『ファイティングポーズ』は世の中へ、そして自分への応援歌。音楽に救われた自分の経験もふまえて……。みんなの心に届け! オレの想い!!」とコメントしている。熱い。
 
音楽界の革命児、ここまで実力を発揮しているとは、驚きです。
 
新曲の「ファイティングポーズ」「Over the rainbow」以外にも全曲取り揃えているので要チェックですよーーーー!!!!!
 
50TA/50TA
50TA
Over the rainbow/50TA
Over the rainbow
Dynamite Vitamin Dvd ~魂SOUL~ オリジナルVer./50TA
Dynamite Vitamin Dvd
~魂SOUL~ オリジナルVer.
あまがみ hold me/50TA
あまがみ hold me

 

Tweet(ツイート)    

4月15日(金)25:35~TOKYO MX1で放送された「アニレゾ!! ~勝ち抜きアニソンダンスバトル~」#3のハイライト!

 

PC_Anirezo.jpg

 

【4月15日(金)放送 「アニレゾ #3」ハイライト】

<テーマ曲>
対戦2.jpg


Rising Hope / LiSA
通常 / ハイレゾ
アニメ「魔法科高校の劣等生」OPテーマ
(2014年5月7日配信開始)


<バトルダンサー>
対戦.jpg

UK VS ソレイユ翼 from BLACK SPEC(2週勝ち抜き中)

<バトルダンサー解説>
先攻:UK
端正な顔立ちとスタイルから繰り出されるキレ味抜群のワック・パンキングダンス。
BPM早いアニソンとの相性は最高。即時に歌詞を捉える表現力は感動を覚える。

後攻:ソレイユ翼 from BLACK SPEC
2週を勝ち抜き暫定王者としての風格が漂い始めたソレイユ翼。
相手の攻めを受けている時のポーカーフェイスは、自分のターンの時の曲の歌詞を思い出しているのだろう。
アニソン愛に溢れた彼のムーブは見るものを常に魅了するが、そろそろ教えてほしい、Tシャツに刻まれた文字の意味を…。
 

[「Rising Hope」 歌詞ハメポイント]
ここでは、今回のバトルで見事な”歌詞ハメ”を見せた場面を紹介。

0415UK5.jpg

1番Bメロ「常識なんか要らない」→手の平を高速で左右に。LiSAの歌声に負けない程の力強い”要らない”のメッセージを表現。もちろん口でも”要らない”と言っている。
 

 

 

 

0415UK1.jpg

 

1番Bメロ「君が信じてる僕を裏切る」→相手の応援をしているフィギュアを奪い自分側へ。天才的な”裏切り”歌詞ハメ。彼に問いたい、そのアイデアいつから浮かんでいたのか?
 

0415UK4.jpg

1サビ手前「強くクラクションが鳴る」→歌詞に合わせて力強く何度もエアークラクション。「パーッ!!」とクラクションの音が聴こえてきそうな力強さだ。
 

0415UK3.jpg

1番サビ「新しい今日が来ちゃうけど(I belleve in anymore)」→”新しい今日”を芸術的な反りで表現。人間って瞬間的にここまで反れるのか?大袈裟ではなく、時が止まった瞬間だった。

 

0415ソレイユ3.jpg落ちサビ「僕は要らない まだ見たい未来があるから」→UKに次いで”要らない”を表現。落ちサビの歌い方に合わせて少し抑え気味の動きにする所はさすがソレイユ翼。
 

0415ソレイユ1.jpg大サビ「例え魔法がなくたって」→胡坐をかいて腰を浮かせ宙を浮いている、つまり魔法を使っている。しかし首を横に振ることで”魔法がない”ことを表現。もはや天才。
 

0415ソレイユ2.jpg大サビ「離さないから that’s rising hope」→自分の相棒のフィギュアを握りしめ天を仰ぐことで力強い”hope”を表現。彼は何を望んでいるんだろうか…。
 


 

LiSA「Rising Hope」というスピード感のある曲に乗ったハイレベルなバトルはあっという間に終了。
UKの”裏切り”という歌詞ハメで勝負あったと思ったが、ソレイユ翼は簡単にそれを許さない。3戦目という体力的ハンデがありながらも全力で立ち向かった彼は、素直に格好いい。

 

拮抗したバトルの結果、勝者は…

0415winner.jpg
ソレイユ翼 from BLACK SPEC
翌週も登場することになり、MCのRAB(リアルアキバボーイズ)より目立っていることは否めない。

 

来週OAの#4は3週勝ち抜き暫定王者 ソレイユ翼 from BLACK SPEC VS 自衛隊式ブレイクダンス!? 官房長官の対決。
テーマ曲は自衛隊といえばあのアニメのOPソングです。
是非ご覧ください。

0415next.jpg

 

 

4月1日放送#1
ソレイユ翼 from BLACK SPEC VS さや from猫娘颱風(にゃんにゃんたいふーん)
ハイライト記事はコチラ

 

4月8日放送#2
スカジュン VS ソレイユ翼 from BLACK SPEC
ハイライト記事はコチラ

Tweet(ツイート)    

カナダ・トロントの新進気鋭レーベルCreators’Loungeより、二人のアーティストのハイレゾジャズ作品がいよいよリリース!
 
音源の素晴らしさはさることながら、2人のイケメンぶりにも注目!
 
まずは、端正な顔立ちに爽やかな笑顔、まさに好青年!
立ち姿もスリムでかっこいい注目の若手トロンボーン奏者、クリスチャン・オーバートン!
 
彼のアルバム「The Test」は、従来脇役のイメージが強かった「トロンボーン」を中心にした異色のクインテット作品!
音も非常にグルーヴィーでクール!
 
また、現在、彼はミュージシャンとして活躍する一方で、カスタマイズ譜面を作成する会社を立ち上げ、音楽教育現場にサービスを提供したり次世代のミュージシャンの育成にも力を入れているそう。ルックスだけでなく、仕事面でも好青年ですね!
 

Christian Overton5_300_03.jpg  Christian Overton8_300.jpg
 

logo-hires_orig.jpg The Test
試聴・購入ボタン.png
 
―――――――――――――――――
2人目は、抜群のメロディセンスを誇るピアノトリオを率いる、濃い顔が特徴のワイルド系イケメン、マイク・ジャンゼン!
 
カナダ国内のアワードで「年間最優秀ジャズ楽曲賞」を受賞したこともある実力派で、今回2つのアルバムがリリースされていますが、それぞれが特徴的!
 
爽やかで軽快なメロディが印象的な「Metronome」は、おしゃれカフェやバーラウンジにいる気分にさせてくれるようなアルバムですし、一方、甘美で壮大、ダイナミックなサウンドが特徴の「Nudging Forever」は、自宅でリラックスする時に、ゆっくりとリスニングしたくなるようなアルバムです。
 
彼の表現の幅広さが伺えますね!


MikeJanzen2_300.jpg  MikeJanzen8_300.jpg
 

logo-hires_orig.jpg Metronome

試聴・購入ボタン.png


logo-hires_orig.jpg Nudging Forever

試聴・購入ボタン.png
 

カナダから登場した二人のジャズアーティストのハイレゾ作品をぜひお楽しみ下さい!

Tweet(ツイート)    

こんばんは happy01 night
 
最近懐かしい名曲を紹介する特番が多いですね♪
その影響かmoraランキングにも懐かしい名曲がランクインする日も!
 
そんな(?)本日はCD売上ベースで2015年の年間ランキングを振り返ってみました clock
moraの年間ランキングとはまた違ったランキングなのでみていて楽しいですよ♪



2015年 年間音楽ランキング
※オリコンより抜粋
   シングル     アルバム 
crown
1位
  配信ありません weep
  僕たちは戦わない
AKB48
推定累積売上数:1,782,707
  Japonism

推定累積売上数:981,639
       
crown
2位
 
  ハロウィン・ナイト
AKB48
推定累積売上数:1,328,411
  PLANET SEVEN
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
推定累積売上数:868,247
 ハイレゾ配信中!
       
crown
3位
 
  Green Flash
AKB48
推定累積売上数:1,045,492
  DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム
DREAMS COME TRUE
推定累積売上数:828,505
       
crown
4位
 
  唇にBe My Baby
AKB48
推定累積売上数:905,490
  ここがロドスだ、ここで跳べ!
AKB48
推定累積売上数:780,591
       
crown
5位
 
  コケティッシュ渋滞中
SKE48
推定累積売上数:702,299
  0と1の間
AKB48
推定累積売上数:687,688
       
6位   配信ありません weep
  今、話したい誰かがいる
乃木坂46
推定累積売上数:686,539
  REFLECTION
Mr.Children
推定累積売上数:576,867
       
7位  
  太陽ノック
乃木坂46
推定累積売上数:678,481
  葡萄
サザンオールスターズ
推定累積売上数:534,482
       
8位  
  命は美しい
乃木坂46
推定累積売上数:620,555
  Tree
SEKAI NO OWARI
推定累積売上数:484,588
       
9位 配信ありません weep  

 

 

配信ありません weep

 

 

  青空の下、キミのとなり

推定累積売上数:571,597
  関ジャニ∞の元気が出るCD!!
関ジャニ∞
推定累積売上数:348,197
       
10位   配信ありません weep
  Don’t look back!
NMB48
推定累積売上数:530,830
  KIS-MY-WORLD
Kis-My-Ft2
推定累積売上数:336,069
       
11位 配信ありません weep  
  Sakura

推定累積売上数:521,067
  透明な色
乃木坂46
推定累積売上数:307,694
 ハイレゾ配信中!
       
12位 配信ありません weep  
  愛を叫べ

推定累積売上数:519,330
  EPIC DAY
B’z
推定累積売上数:294,329
       
13位 配信ありません weep  
  Thank youじゃん!
Kis-My-Ft2
推定累積売上数:475,048
  19 -Road to AMAZING WORLD-
EXILE
推定累積売上数:283,862
 ハイレゾ配信中!
       
14位  
  前のめり
SKE48
推定累積売上数:459,769
  E.G.TIME
E-girls
推定累積売上数:271,685
       
15位  
  starting over
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
推定累積売上数:456,179
 ハイレゾ配信中!
  WITH
東方神起
推定累積売上数:266,824
       
16位  
  12月のカンガルー
SKE48
推定累積売上数:452,543
  _genic
安室奈美恵
推定累積売上数:246,269
       
17位  
  ドリアン少年
NMB48
推定累積売上数:449,148
  35xxxv
ONE OK ROCK
推定累積売上数:241,307
 ハイレゾ配信中!
       
18位   配信ありません weep
  Must be now
NMB48
推定累積売上数:386,320
  SUPER Very best
V6
推定累積売上数:214,428
       
19位 配信ありません weep

 

 

 

 

配信ありません weep

 

 

  Kiss魂
Kis-My-Ft2
推定累積売上数:384,383
  JUMPing CAR
Hey! Say! JUMP
推定累積売上数:205,588
       
20位  
  12秒
HKT48
推定累積売上数:337,237
  魂リク
福山雅治
推定累積売上数:200,823

 


mora TOPIC トップへ
moraに戻る
Facebookページへ
mora公式Twitterページへ
ページトップへ
▲ページの先頭へ戻る