最新のトピックスへ Facebook Twitter

[3/15]【連載】日高央の「今さら聴けないルーツを掘る旅」 vol.28

Tweet(ツイート)    

hidaka.png

 

Vol.28 Theme : 曖昧な時代だからこそ、やるならとことんやろうぜな男

日高央の「今さら聴けないルーツを掘る旅」バックナンバーはこちら

 

 年末年始のROCKレジェンド訃報ラッシュが落ち着いて、やっと平常運転に戻れそうな春……しかしプロレス界ではハヤブサの急逝があり、やはり物悲しい3月……そうこうしている間にグラミーも終わり、今年もテイラー・スウィフト一択みたいな報道になってたけど、俺たち輩(やから)バンドマンからすると、POPで健全なテイラーだけじゃあ物足りない……誰か骨のある受賞者はおらんかったんかい!? と思ってたらいたいた……ケンドリック・ラマーが(テイラーのシングル「Bad Blood」で共演してるんだけどね)。

 かのデヴィッド・ボウイも、そのプロデューサーのトニー・ビスコンティもずっと愛聴し、ボウイの新作(結果、遺作になってしまった:涙)『★(Blackstar)』に大いなるインスパイアを与えたという傑作『To Pimp A Butterfly』でグラミー5冠をゲットしたケンドリック・ラマー。LA随一……いや、アメリカ全土でも犯罪率No.1と言われるコンプトン出身の彼は、同じくコンプトンから生まれた一大極悪HIP HOPグループN.W.A.の影響を受けつつも、同じくLAのヒーローにして非業の死を遂げた2PACからの影響も公言するラッパー。

 ここまではよくあるHIP HOPのサクセスストーリーだし、それだけなら彼の事をスルーしてもおかしくなかったんだけど……最初にケンドリック・ラマーを認識したのはシングル「The Recipe」のリリック・ビデオがSNS上でプッシュされていた時。Dr. Dreのサグなラップに、ケンドリックのメロウなラップが被さる対比が面白いし、何より良い曲だなと感じ早速チェック。そのスムースさからてっきりN.Y.とか東海岸のラッパーかと思ったら、まさかのLAコンプトン出身! 上記の通り思いっきりギャングスタな街から出てきたとは想定外……なんでも出身地の治安の悪さに辟易として、逆に音楽に打ち込んだという好青年っぷり。

 しかしリリックはコンプトンの現実を反映させたハードな内容。殺人事件や売春婦をテーマに、限りなくノンフィクショナルなストーリーを紡ぎ出し、それらを生々しく描くというよりは、とても詩的に、ポエティックに表現して、誰が聴いても読んでも色んな角度から考えさせられるという優れもの。しかも歌声やトラックはメロウ目なので、その対比も超クール。ヤバみしかない。

 出世作でもある2ndにしてメジャー第一弾アルバム『good kid, m.A.A.d city』も<狂った街の善良な少年>という、まさにケンドリックが見てきた現実を詩的に表現したもので、その卓越したセンスにDr.ドレーやスヌープ・ドッグらHIP HOP界の大物達が魅了されたのもうなずける話。

 そしてグラミーを総なめにした続く3rdにして大傑作『To Pimp A Butterfly』では、ジャジーさや生演奏の比重を上げメロウさも増しているのに、同時にリリックのエッジもどんどん尖ってる振り幅の広さを見せつける……成功の落とし穴を名優ウェズリー・スナイプスの脱税エピソードになぞらえたオープニング「Wesley's Theory」から、ラッパーとして認められる事の葛藤と売春婦の生き様を同時進行でなぞらえた「For Free?」へ、そしてアフリカから奴隷として連れてこられた黒人の歴史を、アメリカで大ヒットした伝説のドラマ<ルーツ>になぞらえた「King Kunta」と、頭3曲の流れで既にブラック・カルチャーの100年史を俯瞰する深さ。かつ曲はキャッチーという離れ業! これは21世紀の『ジギー・スターダスト』HIP HOP版! そりゃグラミー獲るよ、傑作だもん!

 サグいだけのラップとか、クールめのHIP HOPも良いんだけど、ケンドリック・ラマーの凄さはその両方を同時に体現するところ……サグいのにスマート、知的なのに泥臭い世界観も併せ持つ……そんなラッパーはなかなかいない。しかもコンプトン出身というリアルさも相まって、年齢や人種を問わずリスペクトを集める、まさに西海岸のニュースター! さらについこないだ、アルバム用にレコーディングしておいた未発表曲を集めたアルバム『untitled unmastered.』をサプライズ・リリース! 当然チャートでも軒並み一位! どこまで天才なんだか……テメェの耳でYO! チェック!

 

~今回紹介した作品~

To Pimp A Butterfly/Kendrick Lamar

shichou_kounyu.jpg

btn_buy_hires.png

 

未発表曲集『untitled unmastered.』

shichou_kounyu.jpg

 

 


 

【日高央 プロフィール】

ひだか・とおる:1968年生まれ、千葉県出身。1997年BEAT CRUSADERSとして活動開始。2004年、メジャーレーベルに移籍。シングル「HIT IN THE USA」がアニメ『BECK』のオープニングテーマに起用されたことをきっかけにヒット。2010年に解散。ソロやMONOBRIGHTへの参加を経て、2012年12月にTHE STARBEMSを結成。2014年11月に2ndアルバム『Vanishing City』をリリースした。

[同じカテゴリの最新トピックス]



※現在、新規コメントの投稿は休止しております。

mora TOPIC トップへ
moraに戻る
Facebookページへ
mora公式Twitterページへ
ページトップへ
▲ページの先頭へ戻る