最新のトピックスへ Facebook Twitter

2016年1月アーカイブ

Tweet(ツイート)    

今週末、1/23(土)・1/24(日)に日本武道館で開催される「リスアニ!LIVE」

当日はあいにくの悪天候(雪!)とのことですが…………

それでも足を運んだ皆さんには幸せな時間が待っているはず!

泣く泣く参戦を見送るという方もは、セットリスト予想をしつつ「エア」LIVEを楽しむのも良いかもしれません……。

予習にも使えるアーティストの配信リストをまとめました!

 


 

1日目(出演者名は五十音順)

※曲名をクリックで試聴・購入ページに移動します

 

THE IDOLM@STER THREE STARS!!!
(765PRO ALLSTARS・シンデレラガールズ・ミリオンスターズの合同チーム)

<歌唱曲予想>
お願い!シンデレラ
Shine!!
M@STERPIECE

 

藍井エイル

<歌唱曲予想>
ラピスラズリ
IGNITE
アクセンティア(新曲)

 

スフィア

<歌唱曲予想>
vivid brilliant door!
情熱CONTINUE
Future Stream

 

茅原実里

<歌唱曲予想>
境界の彼方
Paradise Lost
ZONE//ALONE

 

早見沙織

<歌唱曲予想>
やさしい希望
その声が地図になる(新曲)
君にクレッシェンド(キャラクターソング)

 

fhána

<歌唱曲予想>
ワンダーステラ
コメットルシファー ~The Seed and the Sower~
虹を編めたら(新曲)

 

分島花音

<歌唱曲予想>
君はソレイユ
RIGHT LIGHT RISE
Love Your Enemies(新曲)

 

 

2日目(出演者名は五十音順)

※曲名をクリックで試聴・購入ページに移動します

 

綾野ましろ

<歌唱曲予想>
ideal white
vanilla sky
Wingless Diver

 

内田真礼

<歌唱曲予想>
ギミー! レボリューション
創傷イノセンス
楽園まで(How-Low-Hello)

 

Aimer

<歌唱曲予想>
LAST STARDUST
Brave Shine
StarRingChild

 

川田まみ

<歌唱曲予想>
Borderland
No buts!
Contrail ~軌跡~(新曲)

 

TrySail

<歌唱曲予想>
コバルト
Youthful Dreamer

 

fripSide

<歌唱曲予想>
Two souls -toward the truth-
only my railgun
black bullet

 

LiSA

<歌唱曲予想>
Rising Hope
Rally Go Round
crossing field

 

[1/22]テレビ情報更新

Tweet(ツイート)    

テレビ番組情報

 01月22日(金)   01月23日(土) 
 01月24日(日)   01月25日(月) 
 01月26日(火)   01月27日(水) 
 01月28日(木)   

 

 01月22日(金) 

tvMUSIC STATION(テレ朝 20:00~) 
 
cd indigo la End  / 心雨
cd NEWS / ヒカリノシズク

 

 

tv 金曜ロードSHOW!『魔女の宅急便』(日テレ 21:00~)

 

 

 
tv 『Love music』(フジ 23:30~)
 
【アーティスト】
cd NEWS

【スペシャルソング】
【musicなゲスト】
関根勤
 
 

 

tvバズリズム(日テレ 深夜0:45~) 

【つながリズム&LIVE】

【緊急指令!今すぐ探リズム!!】
cd BiSH
 
【マギーの先取リズム】
植田真梨恵/MERRYSHINeeLADYBABYCANDY GO!GO!/The Winking (O)wl夢みるアドレセンスFUNKY MONKEY BABYS※MV「ヒーロー」が流れます。
ご本人の出演ではありません。

【1月オープニングテーマ】
cd TRUSTRICK「beloved」
 
【1月エンディングテーマ】
 
 
 
 

 

 01月23日(土) 

tv 『MUSIC FAIR21』 (フジ 18:00~)
 
デビュー40周年 ゴダイゴ
 
 
 
 
tv 『CDTV』 (TBS 深夜0:58~)
 
 
 
 

 

 01月24日(日) 

tv『おしゃれイズム』 (日テレ 22:00~)

【ゲスト】 DAIGOさん 
 
 
 
 
 
tv『関ジャム完全燃SHOW』 (テレ朝 23:15~)
 
★ゲストにスガ シカオを迎え、トーク&セッション!
★ジャムセッションでは不完全な大人・スガ シカオが書いた、人間の内面が溢れた歌詞の「progress」を披露。
★音楽完全燃SHOWでは講師に若旦那が登場!
 
 
 
 
 
tv『魁!音楽の時間』 (フジ 深夜0:50~)
 
★魁!大賞2015後編!
★マンスリーアーティストはNEWS!
 
 
 
 


 01月25日(月) 

tv『Momm!!』(TBS 23:53~)
 
中居くん家をGENERATIONSが初訪問!!「AGEHA」を披露♪
部屋に遊びに来ているのは…
いとうあさこ・指原莉乃(HKT48)・千賀健永(Kis-My-Ft2/舞祭組)

 
 
 
 
tv『プレミアMelodix!』(テレ東 深夜2:50~)
cd Blu-BiLLioN / S.O.S.
 
 
 
 

 

 01月26日(火) 

tv『ライブB♪』(TBS 深夜3:55~)
 
 
 
 

 

 01月27日(水) 

情報なし
 
 

 

 01月28日(木) 

tv『亀田音楽専門学校 シーズン3』(NHK総合 23:00~)
 
第四回「J-POPの現在、そして未来」

【ゲスト】星野源,作詞家…秋元康

四回は2006年~2015年のヒット曲を題材に講義する▽最新Jポップの特徴は「踊れる」音楽であることと校長は分析!▽今のJポップにどんな進化と開発があるのか、亀田校長が優しく講義▽ゲスト講師は、星野源!▽伝説のヒットメーカーに亀田校長が迫るコーナーは作詞家、秋元康との対談。共に対談してみたかったという二人が熱く語る▽シーズン3の最終回。▽Jポップの現在、そして未来とは?
 
 

Tweet(ツイート)    

     
  mail magazine  
  2016.01.22 Fri.  
こんにちは(^_^)/ アニメ担当 めくみん(旧スタッフM)です☆

先日お知らせもさせて頂きましたが『うた☆プリ』から
劇団シャイニング』テーマ曲3タイトルの配信が決定しました!!

ゲーム新作『うたの☆プリンスさまっ♪ MUSIC3』発売日でもある1/28より配信開始!
来週木曜日です!もう少々おまちくださいね(^^)♪
  clown 最新デイリー(1/21)ランキング 最新ランキングページへmore  
 
  単曲TOP5   みんながみんな英雄 / AI   365日の紙飛行機 / AKB48  
      1st AI
みんながみんな英雄
  2nd AKB48
365日の紙飛行機
 
 
  Steppin' out / FLOW   SUN / 星野 源   海の声 / 浦島太郎 (桐谷健太)  
  3rd FLOW
Steppin' out
  4th 星野 源
SUN
  5th 浦島太郎 (桐谷健太)
海の声
 
 
  アルバムTOP5   錯覚CROSSROADS / BiBi   Kalafina 8th Anniversary Special products The Live Album「Kalafina LIVE TOUR 2014」at 東京国際フォーラム ホールA / Kalafina  
      1st BiBi
錯覚CROSSROADS
  2nd Kalafina
Kalafina 8th Anniversary Special products The Live Album「Kalafina LIVE TOUR 2014」at 東京国際フォーラム ホールA
※ハイレゾ音源です。
 
 
  miwa ballad collection ~graduation~ / miwa   両成敗 / ゲスの極み乙女。   ハイレゾクラシック the First Selection / Various Artists  
  3rd miwa
miwa ballad collection ~graduation~
※ハイレゾ音源です。
  4th ゲスの極み乙女。
両成敗
  5th Various Artists
ハイレゾクラシック the First Selection
※ハイレゾ音源です。
 
 
  今週の注目!  
  Kalafina初のライブ音源配信はハイレゾ限定!【抽選でプレゼントも☆】   BEGINと桐谷健太(浦ちゃん)「Mステ」でアノ曲披露!   「2週連続 冬もジブリ」第2弾!  
  Kalafina初のライブ音源配信はハイレゾ限定!【抽選でプレゼントも☆】   BEGINと桐谷健太(浦ちゃん)「Mステ」でアノ曲披露!   「2週連続 冬もジブリ」第2弾!  
 
  明日1/23でデビュー8周年!!ハイクオリティー音質でKalafinaのライブを体験してみては?MCも収録!   昨年夏、話題を呼んだau三太郎シリーズTVCMオリジナルソング「海の声」をTV初共演で披露!   先週の『天空の城ラピュタ』に続き、今夜は『魔女の宅急便』!ジブリ特集展開中♪  

Tweet(ツイート)    

PC_GRAMMY.jpg

世界最高峰の音楽の祭典として、大注目の「第58回グラミー賞授賞式」。
WOWOWでは、2016年2月15日(日本時間16日)にアメリカ・ロサンゼルスのステープルズ・センターで開催される「第58回グラミー賞授賞式」の模様を生中継sign03
MAN WITH A MISSIONのジャン・ケン・ジョニー(Gt, Vo, Raps) がリポーターとして現地からお届けしますflair

最多ノミネートには、今年「To Pimp a Butterfly」をリリースしたケンドリック・ラマーが11部門、続いて「1989」をリリースしたテイラー・スウィフトと「Beauty Behind the Madness」をリリースしたザ・ウィークエンドが7部門、「If You're Reading This It's Too Late」をリリースしたドレイクが6部門にノミネートされた。
 
また出演者のラインナップは、ニューアルバム「25」をリリースしたアデルケンドリック・ラマー、主要2部門を含む7部門にノミネートされているザ・ウィークエンドに、リトル・ビッグ・タウンらがライブパフォーマンスを披露するとのことflair今後の出演者発表にも期待ですねsign01
今年は誰がどんなコラボや演出で魅了してくれるのかsign01お楽しみに~notes
 
◆ノミネート作品プライスオフキャンペーン開始!(期間:2/3~2/25)
 
 
 主要4部門ノミネート作品 
 
crown年間最優秀レコードcrown
 
crown年間最優秀アルバムcrown
 
crown年間最優秀楽曲crown
「Girl Crush」(リトル・ビッグ・タウン
 
crown最優秀新人賞crown
 
 
 その他注目部門ノミネート 

crown最優秀ポップ・パフォーマンス(ソロ)crown
crown最優秀ポップ・パフォーマンス(グループ)crown
crown最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバムcrown
Classic ManJidenna ft. Roman GianArthur
These Wallsケンドリック・ラマー ft. ビラル,アンナ・ワイズ&サンダーキャット logo-hires_orig.jpg

crown最優秀ロック・アルバムcrown

crown最優秀オペラ・レコーディングcrown
「ヤナーチェク:イェヌー」ファドナルド・ラニクルズ
「モンテヴェルディ:ウリッセの帰還」マーティン・パールマン
「モーツァルト:後宮からの誘拐」ヤニック・ネゼ=セガン
「ステッファーニ:テーベの女王ニオベ」ポール・オデット&ステファン・スタブス

crown最優秀ミュージック・ビデオcrown
「I Feel Love (Every Million Miles)」ザ・デッド・ウェザー logo-hires_orig.jpg

 
logo-hires_orig.jpg:ハイレゾ配信のある楽曲またはアーティストです
 
 
「生中継!第58回グラミー賞授賞式」※生中継※二ヵ国語(同時通訳)
WOWOWプライム 2016年2月16日(火)午前9:00
 
「第58回グラミー賞授賞式」※字幕
WOWOWライブ 2016年2月16日(火)よる10:00
 


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

そして「第58回グラミー賞授賞式」にノミネートされている作品を集めたコンピレーションアルバムが今年も配信note
グラミー賞に向けて気持ちを高めていきましょうflair
 
No. タイトル アーティスト
1 Uptown Funk
(feat. Bruno Mars)
Mark Ronson
2 Blank Space Taylor Swift
3 Can't Feel My Face The Weeknd
4 Thinking Out Loud Ed Sheeran
5 Sugar Maroon 5
6 Ship To Wreck Florence + The Machine
7 Don't Wanna Fight Alabama Shakes
8 Really Love D'Angelo, The Vanguard
9 Alright  Kendrick Lamar
10 Traveller Chris Stapleton
11 Girl Crush Little Big Town
12 See You Again
(From "Furious 7" Soundtrack)
(feat. Charlie Puth)
Wiz Khalifa
13 Lips Are Movin  Meghan Trainor
14 Should've Been Us Tori Kelly
15 Take Your Time Sam Hunt
16 Hold Back The River James Bay
17 Pedestrian At Best Courtney Barnett
18 Little Toy Guns Carrie Underwood
19 Burning House Cam
20 Chances Are Lee Ann Womack
21 John Cougar, John Deere, John 3:16 Keith Urban

 

 歴代グラミー賞コンピアルバム 

2010 Grammy Nominees 2011 GRAMMY NOMINEES 2012 GRAMMY Nominees
2010 Grammy Nominees.200.jpg 2011 GRAMMY NOMINEES.200.jpg 2012 GRAMMY Nominees.200.jpg
     
2013 GRAMMY Nominees 2014 GRAMMY® Nominees 2015 GRAMMY(R) NOMINEES
2013 GRAMMY Nominees.200.jpg 2014 GRAMMY® Nominees.200.jpg 2015 GRAMMY(R) NOMINEES.200.jpg

 

Tweet(ツイート)    

tsuda.png

 

■津田直士プロデュース作品『Anming Piano Songs ~聴いてるうちに夢の中~』に収録の名曲たちをご紹介していきます。

 

File10. 2つの子守唄「ブラームスの子守唄」(作曲:ブラームス) /「La La Lu」(作曲:ペギー・リー&ソニー・バーク)

 

※津田氏が実際にピアノを弾きながら解説しています

 

今回は 子守唄の名曲、ブラームスが生んだ「子守唄」とペギー・リー、ソニー・バークが生んだ「La La Lu」をご紹介します。

『ブラームスの子守唄』について: この曲は1868年、ブラームスが35才でウィーンで作曲家として高い評価を得始めた頃、友人に子どもが生まれたことから、それを記念して作曲されました。 ブラームスはバッハやベートーベンの音楽を深く敬愛していましたし、彼自身の音楽への高い評価から、ドイツ音楽の「三大B」と呼ばれるなどバッハやベートーベンと並び称されますが、バッハはブラームスより約150年も前、ベートーベンも約60年前に生まれているわけですから、音楽的な背景は2人とは違います。
活動した頃は1800年代の後半ですから、いわゆるロマン派の真っただ中ですね。にもかかわらず、ブラームスの代表作である「交響曲第1番」が「ベートーベンの交響曲第10番」だと言われるように、そして「交響曲第4番」の最後の方で突然バッハのカンタータ第150番の主題をモチーフにした部分が現れるように、古典主義的な要素が強いところが、ブラームスの音楽の特徴といえます。ブラームスはそのため「新古典派」と称されることもあります。
ブラームスの音楽的な特徴としては、彼が崇拝するベートーベンや同じ世代のチャイコフスキーなどと比べると、天才的なメロディーを生むことより複数のメロディーをオーケストレーションする才能が際立っています。交響曲以外にも、ハンガリー舞曲など民族音楽の編曲や変奏曲などで多くの作品を残しているのがその証だとも言えます。
そんな中、私は「弦楽六重奏曲第1番」の第2楽章が大好きです。確かにこの曲もメロディーは比較的オーソドックスなラインで、むしろメロディーを支える和声の美しさが際立っているという傾向はありますが、いずれにしても間違いなく素晴らしい名曲であることは間違いありません。

『La La Lu』について:  この曲はディズニー映画「わんわん物語」の主人公、犬の「レディ」を飼っている女性「ダーリング」が自分の赤ちゃんに歌ってあげる子守唄です。実際に歌を歌っている歌手で作曲も手がけるペギー・リーが、ソニー・バークと共作して生みました。「わんわん物語」の中で、愛情豊かに飼われる「レディ」と飼い主の「ダーリング」、そして生まれたばかりの赤ちゃんへの愛情が美しく描かれるシーンを象徴する子守唄です。

それでは早速、2つの名曲子守唄の魅力を確認していきましょう。
(※以降、メロディーは移動ドで音階を表します)

2つの子守唄に共通しているのは、『シンプルで優しいメロディーのくり返し』 です。

『ブラームスの子守唄』では(0:07)、「ミミソー」というシンプルで優しいメロディーでスタートしますが、この「ミミソー」が2回くり返されるところがポイントです。
一方『La La Lu』を見てみますと、これも同じように(00:57)「ミファソー」というシンプルで優しいメロディーが2回くり返されます。
また、どちらもそのくり返しの後に、そのメロディーが少し変化して次のメロディーへ移ります。

『ブラームスの子守唄』では、「ミソ」が再びくり返されたあと、高い「ド」へ一気に上がり、「シーーーララソーー」と降りていきます。
『La La Lu』では「ミファソー」が再びくり返されたあと「ソーラ ソーミー」が受けて、そのまま「ソーソーソーレードーシー」という母性の感じられるメロディーが夢を見るような和音に支えられて展開します。

さて、次の展開も、2つの名曲子守唄が共通する部分です。これもやはり大きな『くり返し』です。

『ブラームスの子守唄』では「ミミソー」が2回くり返されましたが、ちょうどそれと対になるように、「レミファー」が2回くり返されます。(00:17
『La La Lu』では「ミファソー」が2回くり返されましたが、ちょうどそれと対になるように、「ファソラー」が2回くり返されます。(01:18

こういった共通点は『子守唄』という性質から生まれたものでしょう。 子守唄はお母さんが赤ちゃんに語りかけるように歌うものです。

ゆったりとした優しいメロディーで赤ちゃんに語りかける。 くり返すことで、眠りにいざなう。 それをさらに少し変化させながら、再びくり返すことで、さらに安心して眠れる空気を作っていく……。

おそらくそういった『子守唄』という性質が、2つの名曲を支えているのでしょう。

さて、他にも2つの名曲子守唄に共通する特徴があります。

まずどちらも3/4拍子、いわゆる3拍子です。

これは私の解釈ですが、この子守唄での3拍子というのは、2拍子に1拍子が余白として足された結果なのではないかと思います。抱っこをして赤ちゃんをあやす動作を考えてみると、優しく「よし、よし……」と揺さぶったあと、一拍余白が入るのです。どうも、この動作から自然と3拍子の子守唄が生まれているのではないか、と私は考えています。 

いずれにしましても、ゆったりとした3拍子のもつ柔らかいリズムが、2つの子守唄に共通しています。

次に和声に注目してみましょう。

実はどちらも「和声が緩やかに移り変わっても、低音がしばらく同じままで続く……」というところが共通しているのです。

先に『La La Lu』を見てみましょう。
テーマである「ミファソー」がくり返される間、(移動ドでの)「ド」「シ」「ラ」「シ」の音が移り変わる和音(このような和声進行をクリシェと呼びます)が展開されますが、低音はずっと同じです。
次のくり返し「ファソラー」でも同じように、(移動ドでの)「レ」「ド♯」「ド」「シ」の音が移り変わる和音が展開されますが、低音はずっと同じです。

次に『ブラームスの子守唄』を見てみましょう。
実はこの曲に至っては、3つの和音が移り変わっていくのに対して、何と、曲中ずっと同じ低音が続いていくのです。

このように、同じ低音が続く理由は、赤ちゃんを安心させて包み込む、母性の持つ力強い安心感というイメージから生まれているのでは、と私は感じます。

また、メロディーの音域はどちらも約1オクターブです。お母さんが優しく語りかける歌ですから、音域がさほど広くないのは当然かも知れません。

そしてどちらの曲も、曲の長さが比較的短く、かつシンプルで優しいメロディーのくり返しが特徴であるため、短くてもちゃんと心を揺さぶる美しいメロディーが、展開部分にちゃんと存在しているのです。

『ブラームスの子守唄』では、低い「ドド」から、高い「ド」へと一気に昇って「ラファソーー」というメロディーが受けとめるところが、心を動かしてくれます。(00:27

『La La Lu』では、後半「ソーファーミーレーミード」と落ち着かせるメロディーが登場した直後、上の「ラ」へ一気に上がって心を動かし、さらにテーマの「ミファソー」と対になるような、けれどずっと高い音域の「ラシドーー」が3回繰り返されて心の高まりを表し、さらに「ソーミーシーラー」と夢のようなメロディーが心を包みこむところです。(01:49

いかがでしょうか。赤ちゃんへの愛情が見事に曲として表現された、子守唄の名曲。
一見、ただシンプルで優しいうた、と思われがちな子守唄にも、名曲ならではの高い音楽性がちゃんと隠されているのですね。

 


 

■津田直士プロデュース作品のご紹介■

DSD配信専門レーベル "Onebitious Records" 第3弾アルバム
Anming Piano Songs ~聴いてるうちに夢の中~

1. G線上のアリア / 2. 白鳥~組曲『動物の謝肉祭』より / 3. ムーン・リバー / 4. アヴェ・マリア / 5. 見上げてごらん夜の星を / 6. 心の灯 / 7. ブラームスの子守歌 / 8. Over The Rainbow / 9. 夜想曲(第2番変ホ長調) / 10. 優しい恋~Anming バージョン / 11. ベンのテーマ /12. LaLaLu

試聴・購入はこちら

<<スペシャルインタビューも掲載中>>

 


 

【プロフィール】

津田直士 (作曲家 / 音楽プロデューサー)
小4の時、バッハの「小フーガ・ト短調」を聴き音楽に目覚め、中2でピアノを触っているうちに “音の謎” が解け て突然ピアノが弾けるようになり、作曲を始める。 大学在学中よりプロ・ミュージシャン活動を始め、'85年よ りSonyMusicのディレクターとしてX(現 X JAPAN)、大貫亜美(Puffy)を始め、数々のアーティストをプロデュ ース。 ‘03年よりフリーの作曲家・プロデューサーとして活動。牧野由依(Epic/Sony)や臼澤みさき(TEICHIKU RECORDS)、アニメ『BLEACH』のキャラソン、 ION化粧品のCM音楽など、多くの作品を手がける。 Xのメンバーと共にインディーズから東京ドームまでを駆け抜けた軌跡を描いた著書『すべての始まり』や、ドワンゴ公式ニコニコチャンネルのブロマガ連載などの執筆、Sony Musicによる音楽人育成講座フェス「ソニアカ」の講義など、文化的な活動も行う。

FB(Fan Page) : https://www.facebook.com/tsudanaoshi
Twitter : @tsudanaoshi
ニコニコチャンネル:http://ch.nicovideo.jp/tsudanaoshi

 

バックナンバーはこちら

tsuda_330.jpg

 
mora TOPIC トップへ
moraに戻る
Facebookページへ
mora公式Twitterページへ
ページトップへ
▲ページの先頭へ戻る