最新のトピックスへ Facebook Twitter

2015年11月アーカイブ

Tweet(ツイート)    

ishinomakoint_20151104.jpg
 
 伝説のオーディション番組『スター誕生!』(日本テレビ系)に合格し、1978年3月に「狼なんか怖くない」でデビューした石野真子。天真爛漫なキャラクターとキュートな歌声で、一躍トップアイドルの座を獲得し、「ジュリーがライバル」「春ラ!ラ!ラ!」など数々のヒットを放ってきた。近年は女優として、テレビ、映画、舞台で幅広く活躍する一方、03年には音楽活動を再開。現在までに7枚のアルバムをリリースし、定期的にライブを開催するなど、今なお変わらぬ“100万ドルの微笑”(デビュー時のキャッチフレーズ)と、ますます磨きのかかった歌声でファンを魅了し続けている。
 その石野真子がビクター在籍時代にリリースしたシングル作品、全42曲が11月4日(水)に高音質のハイレゾ音源として一斉配信された。初代担当ディレクターだった谷田郷士さんをゲストに迎え、アイドル時代のプロジェクトの概要と、音づくりの背景を聞いた。
 

取材・構成/濱口英樹(音楽ライター)

 


 

【プロフィール】

谷田郷士(やつだ・さとし)

音楽プロデューサー。

1939年生まれ。62年、日本ビクターに入社し、チェリッシュ、アルフィー、桜田淳子、石野真子、橋幸夫、スペクトラムなど多くのアーティストを担当。96年、吉田事務所設立。吉田正門下生である吉永小百合の原爆詩朗読アルバム「第二楽章」「第二楽章長崎から」をプロデュース。現在も吉田正作品のプロモーションに当たっている。

 


 

IMG_4544_500.jpg

 

――まずはデビュー曲の「狼なんか怖くない」から4曲目の「日曜日はストレンジャー」までをハイレゾ音源で聴いていただきました。率直な感想はいかがですか?

谷田 非常に奥行きがありますね。真子ちゃんのボーカルも「こんなに上手かったっけ?」と思うくらいクリアに響いてきて(笑)。音にものすごく臨場感があるので、当時のレコーディング風景が甦ってきます。「狼なんか怖くない」の時は(吉田)拓郎さんが一緒にディレクションをやってくれてね。それから(筒美)京平先生の曲(「日曜日はストレンジャー」で作曲・編曲を担当)ではサウンドの巧みさがよりくっきりと伝わってきて、改めて「さすがだなぁ」と思いました。16ビートの刻みが抜群ですよね。

 

――デビュー曲がいきなり阿久悠さんの詞と吉田拓郎さんの曲で、その後も穂口雄右さん、筒美京平さん、馬飼野康二さん・・・と名だたるヒットメーカーの起用が相次いだ点を見ても、石野真子という歌手がいかに期待されていたかということが分かります。谷田さんはどういう経緯で担当されることになったのでしょう。

谷田 僕はそれまで桜田淳子さんの担当をしていましてね。でも77年の夏だったかなぁ? 『スター誕生!』で合格した真子ちゃんも担当してくれと言われて。ところがその直後に新設されたニューミュージック担当の制作課長に任命されたものですから、僕の下に若いディレクターをつけて、プロジェクトが軌道に乗るまで1年ほど、プロデューサー兼ディレクターという立場で関わることになったわけです。

 

――初対面のときの印象をお聞かせください。

谷田 彼女は芦屋育ちのお嬢さんでね。初めて会ったときは高校2年生でしたけど「将来、何になりたいの?」と訊いたら「お嫁さんになりたい」と言われてびっくりした記憶があります。とにかく育ちがよくて、控えめで、明るくて。そばにいるだけで周りを幸せな気持ちにしてくれる子でしたから、そのキャラクターをそのまま出してあげれば、絶対に売れるだろうなと思いましたね。

 

――真子さんは『スタ誕』では一般審査員の得票だけで合格したほどの逸材でした。その大型新人を売り出すにあたってはかなり大規模なプロジェクトが組まれたのではないですか?

谷田 ビクターは僕と、上司だった小澤(栄三)部長、それに宣伝担当者。所属事務所のバーニングからはマネージャーの小口(健二)さん。日本テレビは『スタ誕』のプロデューサーだったイケブン(池田文雄)さん、金谷(勲夫)さん、宮嶋(章)さん。日本テレビ音楽からは砂土居(政和)さん。そういったメンバーが集まって、どうやって他のアイドルと差別化するか、イメージを統一するためにミーティングを行ないました。何と言っても育ちのいい子ですから、気取っていてもしょうがない。そこで「山の手にいる上流家庭の少女が、下町で微笑みながら遊んでいるようなイメージで行こう」と。そのためには衣装も大切だということで、人気漫画家の里中満智子さんにデザインをお願いしたわけです。ビジュアル的なイメージは1stアルバム『微笑』(78年7月)のジャケット写真に集約されますね。ちなみに振り付けは土居甫さんです。

 

――錚々たるメンバーですね。ではイメージ戦略が決まったのち、作品づくりはどのように進められたのでしょう。

谷田 『スタ誕』出身のアイドルで、事務所が大手のバーニングさんですから、大々的にプロモーションが行なわれることは分かっていました。でもバーニングの周防(郁雄)社長が「石野真子の声は寒声(かんせい)だから、あまり売れないんじゃないか」と。その前にビクターからデビューさせた歌手が今ひとつ伸びなかったこともあって、すごく心配していたんですよ。だから僕としてはその不安を打破するには、作品として尖ったものを作るしかない、それにはあの独特の拓郎節が必要だと考えたんですね。

 

――無難にまとめるのではなく、あえて冒険を選んだということですね。

谷田 そうです。僕はもともと拓郎さんの曲が大好きだったし、あの起伏のあるメロディだったら、ちゃんと歌えばそれなりに個性が出る。そう思って、阿久悠さんに相談したら「面白いね」と。僕は桜田淳子のプロジェクトで阿久さんとはずっと一緒に仕事をしていましたし、阿久さんも『スタ誕』の審査員として彼女を選んだわけですから、大切にしようという気持ちがあってね。まだ拓郎さんが受けるかどうかも分からない段階で「とにかく僕が先に詞を書くよ」と言って、3篇の詞を書いてくれたんです。

 

――それがデビュー曲の「狼なんか怖くない」と2ndシングルの「わたしの首領」、そして2ndアルバムに収録された「ぽろぽろと」だったと聞いています。

谷田 歌謡界の大御所と、フォーク界の大御所をドッキングさせるわけですから「これは大変な仕事になるな」と思いましたけど、僕はかつてフォークも担当していましたから、まず拓郎さんが当時所属していたユイ音楽工房という事務所に行きました。ユイには陣山(俊一)さんという親しいプロデューサーがいたので、彼に打診をしたら「拓郎はアイドルが好きだから、きっと引き受けますよ」と言うわけ(笑)。それで彼に連れられて拓郎さんの行きつけのバーに行ったんですが、なかなか首を縦に振ってくれなくて。

 

――当時の拓郎さんは、キャンディーズ浅田美代子さん、木之内みどりさんといったアイドルに楽曲を提供されていました。

谷田 残念ながら1回目の話し合いは決裂したんですけど、ユイの方に相談したら「本人を見せれば、絶対に『やる』と言いますよ」と。それで2回目にお会いするときに真子ちゃんを連れていったら、すごく気に入ってくれてね。「僕がファンクラブの第1号になります」と言って引き受けてくれたんです(笑)。

 

――だから歌入れのレコーディングにも立ち会ってくれたんですね。

谷田 阿久さんが書いた詞をお渡ししたら、すぐに曲をつけてくれてね。「僕がディレクターをやるから」と言って、ビクタースタジオの一番大きなスタジオで3曲同時にレコーディングをして。そこには「狼なんか怖くない」をアレンジしてくれた鈴木茂さんはもちろん、周防社長も立ち会って、夜10時から朝の3時くらいまで、付きっ切りでレコーディングしました。

 

――めちゃめちゃ豪華な顔ぶれですね! それにしても鈴木茂さんがアイドルポップスの編曲を手がけるのも当時としては珍しいことでした。

谷田 彼は僕が担当した大竹しのぶさんの「みかん」(76年)という作品で、細野晴臣さんと一緒にリズム隊のアレンジをしてくれて、その後も何度か仕事をしていましたからね。

 

――「狼なんか怖くない」の間奏のギターソロは鈴木さん自身だと思いますが、他にどんなスタジオミュージシャンを起用されていたのでしょう?

谷田 当時、僕が担当していた作品は、ドラムは田中清司さん、ギターは水谷公生さん、ピアノはハネケン(羽田健太郎)さんにお願いすることが多かった。インペク屋さんが僕の好みを知っているので、ほとんどがその編成だったと思います。みんな一流のミュージシャンですから、オケ録りは2時間もあれば終わりましたね。

 

――「狼なんか怖くない」のクレジットを見ると、エンジニアには今やハイレゾの伝道師として知られる高田英男さんのお名前が入っています。本当に一流のスタッフが集結したプロジェクトだったんですね。

谷田 僕はアイドルの曲をディレクションするときはだいたい高田さんにお願いしていました。彼はしっかりした構成ができるし、音も華やかですから。あとは梅津(達男)さん。彼はフォークギターの音をすごく綺麗に出す方なので、フォーク系の作品をお願いすることが多かったですね。

 

――ところで拓郎さんのディレクションはどんな感じだったのでしょう。

谷田 褒め上手でしたね。とにかくいいところをどんどん褒めるから、歌い手もノッてくる。このときの3曲はその勢いで録った感じがします。

 

――ちなみに「狼なんか怖くない」はデビュー曲として決め打ちだったのでしょうか?それとも完パケの出来栄えを見てから決められた?

谷田 決め打ちではなかったですね。でもタイトルのインパクトや詞の内容も抜群だったし、一番ヒット性が高いということでデビュー曲に選びました。同時に「わたしの首領」を2ndシングルにすることも決めたんです。というのも、タイトルは強烈だけど、お嬢さん育ちの真子ちゃんだから、下品にならない。いい意味で違和感があるし、彼女の個性を伸ばすにはこういう曲がいいだろうと考えたからです。

 

――最初、心配していた周防社長は完パケを聴かれてどういう反応でしたか?

谷田 阿久さんと拓郎さんに組んでいただいて、それが発売できないというわけにはいきませんから、いろいろと根回しをして(笑)。でも最終的には「谷田くん、いいね」と言ってくれましたよ。当時はニューミュージックが強くて、アイドルはなかなか上位に行けない時代でしたけど、そこそこ数字も出ましたからホッとしましたね。

 

――「狼なんか怖くない」はオリコンで最高17位。10万枚を超えて、新人アイドルとしては図抜けたヒットになりました。

谷田 新人賞もたくさんもらいましたよね。日本歌謡大賞で放送音楽新人賞を受賞したときは、僕も日本武道館にいたんですけど、いろんなことが思い出されて、見ているうちに涙が出てきました。実績から大体いけるだろうとは思っていましたけど、大勢のスタッフが頑張った結果ですから、じーんと感動してしまって。

 

――当時のアイドルにとって、音楽祭の新人賞を獲得することは知名度を上げるまたとない機会でしたし、翌年以降、生き残るための重要な条件でもありました。その新人賞レースで歌われていた3rdシングルの「失恋記念日」はキャンディーズのメインコンポーザーとして知られる穂口雄右氏を起用されています。

谷田 穂口さんには桜田淳子の曲も書いてもらっていますし、僕は親しい仲だったので、3作目は彼にお願いしたんですが、非常にしっとりとしたいい曲になりましたよね。当時は将来的な方向性を探りながら、インテリジェンスのあるアイドルにしていきたいと思っていたので、作家についてもそういう方針でキャスティングをして。1stアルバムでは谷山浩子さんにも3曲書いていただきましたが、真子ちゃんの歌声がすごく自然で、ニューミュージック系の作品が合うのではないかと思ったからです。

 

――谷田さんはその後、真子さんの担当を離れたということですが、アイドルポップスのサウンドプロダクションで留意した点があればお聞かせください。

谷田 特に意識したのはオブリガードですね。たとえばボーカルのロングトーンのバックで、ギターの「チャカチャーン」というようなオブリガードを入れる。そうするとファンが「真子ちゃーん!」というコールがかけられる。アイドルの場合、ノリが重要ですから、コンサートとかでファンと掛け合いを楽しめるような仕掛けが必要なわけです。それは洋楽とかも研究して、かなり採り入れましたね。

 

――なるほど。確かにコール&レスポンスができる曲が多いですね。真子さんのコンサートは今でも親衛隊の方たちがコールをかけて盛り上がっています。ところで、レコーディングで苦労された点はありますか?

谷田 当時のアイドルは3ヶ月ごとにシングルを出さなくてはなからなかったし、オリジナルアルバムも年に2作はリリースしていましたから、制作スケジュールを確保するのがとにかく大変でした。昼間は歌番組への出演や取材が入っていますから、レコーディングは大抵、深夜。夜10時くらいから始まって、夜中の2時までやって、そこから編集することもザラでしたね。特に困ったのはコンサートのあと。ノドがガラガラになって、とてもレコーディングできる状態じゃなかったりして。そんなときは別の日に改めてレコーディングするんですが、真子ちゃんの場合は、ノドが強かったのか、そういう心配をしたことはなかったですね。

 

――貴重なお話をありがとうございました!

IMG_4550_500.jpg

 

※吉田正の「吉」の上部は、正しくは「士」ではなく「土」です。一部のパソコンでは表示できない為、当サイトでは「吉」を使用しております。

 

石野真子ハイレゾ一覧はこちらから

 

Tweet(ツイート)    

 

mora_factory_logo.jpg

 

 mora factoryのアーティストをご紹介する当コラム、今回は10月2日に新曲を発表したジャミーメロー「me.」のご紹介です。「me.」は現在も無料ダウンロードですので、是非ともダウンロードして下さい。新曲「ふつうのcopy cat」の記事はこちらをご覧ください。

 mora factoryアーティストランキング1位をキープしているジャミーメローの魅力は一言では語れません。なので本当に聴いて頂きたいのです。とろけるようなウィスパーボイス、おもちゃ箱をひっくり返したようなアレンジと楽曲、さらっと鋭いところをついてくる歌詞、もう魅力満載なのです。こういうサウンドのアーティストはそのアレンジや声ばかりに耳が行きがちですが、歌詞も聴き逃せません。例えば「me.」の歌詞の中にこんな部分があります。

 

地球規模なら ちっちゃい悩み事って言うなら
プランクトンからは大きい?
 
宇宙規模なら ちっちゃい考えだって言われても
わたし以外になれない

 

 1コーラス目と2コーラス目、サビ前の同じメロディー部分の歌詞です。どうでしょう?ちょっと心にグサって来ませんか?全体の歌詞が気になりませんか? フルコーラス聴いてみたいと思いませんか?!

 今はパソコン環境が進化し、自宅で音楽制作が可能になっている事は、ボーカロイド等で活躍する所謂ボカロPや、EDM系のアーティストの登場で周知の事かと思います。大枠ではジャミーメローもそういったアーティストの中に入ると思うのですが、そこはちょっと違います。凝ったアレンジやミックスはシンセにとどまらず、特に「me.」では非常に個性的なギターが聴かれます。シングルコイルのクリーントーンから歪んだサウンドまで要所要所使い分けています。その他、色々な音が入っていますがギターとエレピが「me.」のアレンジの中心と言っていいでしょう。ミックスはパンニング(ステレオの右と左)を非常に効果的に利用してますので、是非ヘッドフォンで細かい部分までチェックして頂きたいです。

 アレンジやミックスだけでなく曲自体も、特にコードが凝っています。エレピの使い方は特に注目すべき点です。今のJ-POPではあまり使用されないようなコードをさらっと使用してます。前述の歌詞の部分ではベースが半音で進行して行くコードや、サビの「持ってないけど」の後の部分、ちょっと聴き取りづらいですがエレピのコードのテンションがⅤ#9→Ⅴ♭9という、ジャズではおなじみのコード進行がさらっと出てきます。「さらっと」は3度目でしょうか(笑)。最近のDAW系のアーティストの中にはこういう音楽的基礎部分がなくやられる方も多いです。それはそれでHipHopなんかもそうでしたが、面白いものが出来るのも事実です。ただ、ジャミーメローの音楽は、非常に高度で計算された事を「さらっと」やっている、非常に才能ある人達が作った音楽という印象です。ですので是非、まずは「me.」の無料ダウンロードでその才能に触れて欲しいのです。よろしくお願いします!!

 

シングル「me.」
ハイレゾ
[無料!]

 

新曲「ふつうのcopy cat」
ハイレゾ

 

ジャミーメロー 配信一覧

 

 

 

Tweet(ツイート)    

     
  mail magazine  
  2015.11.09 Mon.  
ボブ・ディランの未発表デモを集めたブートレグ・ボックス。
その収録音源がハイレゾで配信開始です!
ディランの貴重な息遣いを、スタジオの空気感も閉じ込めたハイレゾでいかがでしょうか?

  clown 先週(11/02~11/08)のランキング 最新ランキングページへmore  
 
  単曲TOP5   あなたがここにいて抱きしめることができるなら/miwa   不安定な神様/Suara  
      1st miwa
あなたがここにいて抱きしめることができるなら
  2nd Suara
不安定な神様
 
 
  Born to be free/X JAPAN   ラブとピース!/夢題~遠くへ~/いきものがかり   Raise your flag/MAN WITH A MISSION  
  3rd X JAPAN
Born to be free
  4th いきものがかり
ラブとピース!
  5th MAN WITH A MISSION
Raise your flag
 
 
  アルバムTOP5   不安定な神様 (PCM 96kHz/24bit)/Suara   GOLDEN☆BEST キャンディーズ コンプリート・シングルコレクション/キャンディーズ  
      1st Suara
不安定な神様 (PCM 96kHz/24bit)
※ハイレゾ音源です。
  2nd キャンディーズ
GOLDEN☆BEST キャンディーズ コンプリート・シングルコレクション
※ハイレゾ音源です。
 
 
  不安定な神様/Suara   STAR TRAIN/Perfume   Save me/西内まりや  
  3rd Suara
不安定な神様
  4th Perfume
STAR TRAIN
  5th 西内まりや
Save me
 
 
  今週の注目!  
  Suara   fhanaインタビュー   ハイレゾ2周年  
  ヒット中「Suara」はハイレゾとの相性も抜群!   キャンディーズ ライブ盤含む旧譜が配信! ハイレゾベストも!   avex classics ハイレゾプライスOFF実施中!  
 
  アニメ『うたわれるもの 偽りの仮面』主題歌がヒット中のSuara。所属レーベルフィックスレコードは「音」にもこだわり旧譜の多くがDSD/FLACで配信中! この機会により深く彼女の歌声を堪能してみては?   伝説のアイドルキャンディーズ、当時の熱狂を伝えるライブ盤を含む旧譜が一斉配信解禁! 「年下の男の子」「春一番」「ハートのエースが出てこない」……ヒット曲満載のハイレゾ・ベストも必聴ですよ♪   avex classicsのハイレゾプライスOFFキャンペーンを実施中! 天才ピアニスト・辻井伸行のアルバムや日本を代表する指揮者・佐渡裕のタクトによるベートーヴェン・ドヴォルザークなど。芸術の秋にぜひ!  

 

[11/6]テレビ情報更新☆

Tweet(ツイート)    

テレビ番組情報

 11月06日(金)   11月07日(土) 
 11月08日(日)   11月09日(月) 
 11月10日(火)   11月11日(水) 
 11月12日(木)   

 

 11月06日(金) 

tv 金曜ロードSHOW!『るろうに剣心 伝説の最期編』(日テレ 21:00~)
 
【主題歌】ONE OK ROCK / Heartache
 

 

 
 
tv 『Love music』(フジ 23:30~)
 
【アーティスト】
 
【musicなゲスト】
鈴木砂羽
 
 

 

tvバズリズム(日テレ 深夜0:30~) 

【おしゃべリズム】
cd いきものがかり
cd スキマスイッチ

【つながリズム&LIVE】
cd chay

【緊急指令!今すぐ探リズム!!】
cd WANIMA
 
【マギーの先取リズム】

【10月オープニングテーマ】
【10月エンディングテーマ】
cd MACOKiss
 
 

 
 

 

 11月07日(土) 

tv 『MUSIC FAIR21』 (フジ 18:00~)
 
 
 
 
 
tv 土曜プレミアム『エクスペンダブルズ3』(日テレ 21:00~)
 
【挿入歌】Eminem / Berzerk
 
 
 
 
 
tv『SONGS』(NHK総合 23:30~)
 
中島みゆき ~「夜会」への招待~】
彼女のライフワークともいうべき「夜会」のヒストリーとともに、最新作を中心に名曲の数々をたっぷりと聴かせ、その魅力に迫る。
 
 
 
 
tv 『CDTV』 (TBS 深夜0:58~)

【ゲストライブ】
 
 
 
 

 

 11月08日(日) 

tv『関ジャム完全燃SHOW』 (テレ朝 23:15~)
 
河村隆一の楽曲「I love you」に、渋谷・安田・丸山・村上・大倉が参加。
★音学講座には新妻聖子が登場!ミュージカル界の至宝が演じるときの秘訣を公開!
 
 
 

 
tv『魁!音楽の時間』 (フジ 深夜0:50~)
 
SPYAIRがスタジオに登場!新曲「アイム・ア・ビリーバー」を披露!
水曜日のカンパネラ・コムアイの休日に密着!!
★マンスリーアーティストはKANA-BOON , シナリオアート
 
 
 
 

tv『MUSIC JAPAN』 (NHK総合 深夜0:55~)

cd 水樹奈々 / Never Let Go
cd アンジュルム / 出すぎた杭は打たれない
cd Bentham / クレイジーガール
cd 田原俊彦 / TRUE LOVE ~約束の歌~
cd いきものがかり / ラブとピース!
 
 
 
 
 


 11月09日(月) 

tv『Momm!!』(TBS 深夜0:23~)
 
【歌ゲスト】
Every Little Thing / KIRA KIRA

【トークゲスト】
オクヒラテツコ(ぺこ) / 澤部 佑(ハライチ) / 二階堂高嗣(Kis-My-Ft2/舞祭組) / 峯岸みなみ(AKB48) / りゅうちぇる
 
 
 
 
 
tv『プレミアMelodix!』(テレ東 深夜2:50~)
 
 
 
 

 

 11月10日(火) 

情報なし
 
 

 

 

 11月11日(水) 

情報なし
 
 
 
 

 

 11月12日(木) 

tv『ミュージックポートレイト』(NHK Eテレ 23:00~)
 
2人のクリエイターがそれぞれの10曲を持ち寄り、人生を語り合う・・・
まったく違う道のりを歩いてきた2つの人生が、音楽で重なりあい、響きあいます。
 
 
 
 

[11/6]moraメルマガ配信情報☆

Tweet(ツイート)    

     
  mail magazine  
  2015.11.06 Fri.  
こんにちは(^_^)/ アニメ担当 めくみん(旧スタッフM)です☆

先週「中野文化祭」で"アニソンダンスバトル"みてきました~!
その場で選曲されたアニソンに合わせて即興ダンス・・・
さすが予選を勝ち抜いたみなさん、すごかったです!

ゲストアーティストにはmoraでも大人気のOxTSCREEN modefhanaの3組が登場!
個人的にもよく聴いている楽曲ばかりでテンションあがりっぱなしでした☆
(OxTの新曲「BLOOM OF YOUTH」は来週11/11にハイレゾと同時配信開始予定です♪)
  clown 最新デイリー(11/5)ランキング 最新ランキングページへmore  
 
  単曲TOP5   不安定な神様 / Suara   あなたがここにいて抱きしめることができるなら / miwa  
      1st Suara   2nd miwa  
      不安定な神様   あなたがここにいて抱きしめることができるなら  
  ラブとピース! / いきものがかり   キミを忘れないよ / 大原櫻子   何度でも / Crystal Kay  
  3rd いきものがかり   4th 大原櫻子   5th Crystal Kay  
  ラブとピース!   キミを忘れないよ   何度でも  
 
  アルバムTOP5   不安定な神様 (PCM 96kHz/24bit) / Suara   不安定な神様 / Suara  
      1st Suara   2nd Suara  
      不安定な神様 (PCM 96kHz/24bit)
※ハイレゾ音源です。
  不安定な神様  
  GOLDEN☆BEST キャンディーズ コンプリート・シングルコレクション / キャンディーズ   alarm / Silent Siren   FIRST KISS / MACO  
  3rd キャンディーズ   4th Silent Siren   5th MACO  
  GOLDEN☆BEST キャンディーズ コンプリート・シングルコレクション
※ハイレゾ音源です。
  alarm   FIRST KISS  
 
  今週の注目!  
  avex classics プライスオフキャンペーン   「Tokyoハイレゾガール」O.A開始!   X JAPAN アルバムからの1stシングル!  
  avex classics プライスオフキャンペーン   「Tokyoハイレゾガール」O.A開始!   X JAPAN アルバムからの1stシングル!  
 
  DSDもFLACも!ALL1,944円!!ハイレゾプライスオフキャンペーン!   史上初の"ハイレゾチャート番組がテレビ東京にてO.A開始!
次回は11/10放送♪
  ファンから愛されるライブではお馴染みの「Born to be free」が本日より配信開始!  

 

mora TOPIC トップへ
moraに戻る
Facebookページへ
mora公式Twitterページへ
ページトップへ
▲ページの先頭へ戻る