最新のトピックスへ Facebook Twitter

2015年8月アーカイブ

Tweet(ツイート)    

REBECCA_ap_20150729.jpg
1980年代に一世を風靡した4人組ロックバンド・REBECCA(レベッカ)が12、13日に横浜アリーナで20年ぶりの再結成ライブ『Yesterday,Today,Maybe Tomorrow』2daysを行いました!
REBECCAは2時間にわたって全18曲を熱演し、会場は変わらないNOKKOの歌声とcuteなダンス、演奏陣の熟練されたパフォーマンスに大盛り上がりsign03会場に詰めかけたファンの大歓声に包まれた熱狂的な夜になりました。
 
再結成ライブを受けてREBECCAがmoraランキング上昇中up
 
 
<今回歌唱したオススメ曲>
0001789467.200.jpg
「フレンズ」「RASPBERRY DREAM」「LONELY BUTTERFLY」等収録
 
0004362242.200.jpg
今回のライブのタイトルにもなった4thアルバム『REBECCA IV ~Maybe Tomorrow~』
ハイレゾも有
 
<Remixバージョンもオススメ>
0001783707.200.jpg
名曲が網羅されたリミックス盤!!
 
 
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
 
REBECCAのカタログはコチラ
 
moraでは高音質ハイレゾ音源も配信中!
 
○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
 
 
 

[8/14]moraメルマガ配信情報☆

Tweet(ツイート)    

     
  mail magazine  
  2015.08.14 Fri.  
こんにちは(^_^)/ アニメ担当 スタッフMです☆

高い歌唱力を誇る人気声優"早見沙織"が遂にアーティストデビュー!
数々のキャラソンを歌ってきた彼女ですが、
他の誰でもない早見沙織自身の歌声をチェックしてみてください♪

eiru_lisa
  clown 最新デイリー(8/13)ランキング  
  単曲TOP5   One Light / Kalafina   Hard Knock Days / GENERATIONS from EXILE TRIBE  
      1st Kalafina   2nd GENERATIONS from EXILE TRIBE  
      One Light   Hard Knock Days  
  夜空。feat.ハジ→ / miwa   ANTI-HERO / SEKAI NO OWARI    / back number  
  3rd miwa   4th SEKAI NO OWARI   5th back number  
  夜空。feat.ハジ→   ANTI-HERO   手紙  
 
  アルバムTOP5   One Light / Kalafina   DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム / DREAMS COME TRUE  
      1st Kalafina   2nd DREAMS COME TRUE  
      One Light
※ハイレゾ音源です。
  DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム  
  長く短い祭/神様、仏様 / 椎名林檎   夜空。feat.ハジ→/ストレスフリー / miwa   夜空。feat.ハジ→/ストレスフリー / miwa  
  3rd 椎名林檎   4th miwa   5th miwa  
  長く短い祭/神様、仏様   夜空。feat.ハジ→/ストレスフリー
※ハイレゾ音源です。
  夜空。feat.ハジ→/ストレスフリー  
 
  今週の注目!  
  Kalafina「One Light」ハイレゾ好評配信中!   2015夏フェス特集   甲子園応援ソング特集  
  Kalafina「One Light」
ハイレゾ好評配信中!
  2015夏フェス特集   甲子園応援ソング特集  
  抽選で10名様に
「One Light」告知ポスタープレゼント!
  明日からはいよいよサマソニ!出演者をまとめてご紹介中♪   連日熱戦が繰り広げられている夏の高校野球!歴代「熱闘甲子園」テーマソングなどまとめました!  

 

[8/14]テレビ情報更新☆

Tweet(ツイート)    

head-playlog_tv-info.gif

 08月14日(金)   08月15日(土) 
 08月16日(日)   08月17日(月) 
 08月18日(火)   08月19日(水) 
 08月20日(木)   

 08月20日(木) 

情報なし
 
 
 

 

 08月19日(水) 

tv『バナナ♪ゼロミュージック』(NHK総合 22:00~)
 
【ゲスト】
cd A.B.C-Z(塚田僚一、橋本良亮)
cd 西内まりや
cd 乃木坂46(生駒里奈、白石麻衣、松村沙友理)
cd ヒャダイン
cd 森山直太朗
cd 山崎まさよし
 
 
 
 
 

 

 08月18日(火) 

情報なし
 

 

 

 08月17日(月) 

tv『UTAGE!』 (TBS 23:58~)
 
【UTAGEアーティスト】
cd Aya(E-girls)
cd 川畑 要(CHEMISTRY)
cd 指原莉乃(HKT48)
cd 貴水博之
cd つるの剛士
cd 舞祭組(Kis-My-Ft2)
cd 三浦祐太朗
cd 峯岸みなみ(AKB48)
cd MIYUU(E-girls)
cd 保田 圭
cd 山本 彩(NMB48)
cd Little Glee Monster

 
 
 
 
 
 
tv 映画天国『エヴァまつり 新世紀エヴァンゲリオン・セレクション』
(日テレ 深夜2:09~)
 
2015年は「新世紀エヴァンゲリオン」の物語の舞台として描かれた年sign01
そこで特別にセレクトした3エピソードを放送sign01
・第壱話 使徒、襲来
・第九話 瞬間、心、重ねて
・第弐拾四話 最後のシ者
 
【主題歌】
オープニングテーマ「高橋洋子 / 残酷な天使のテーゼ
エンディングテーマ「高橋洋子 / 魂のルフラン
 
 
 
 
 
 
tv『プレミアMelodix!』(テレ東 深夜2:50~)

cd SCANDAL / Sisters
cd 植田真梨恵 / わかんないのはいやだ
cd I Don't Like Mondays. / Fire

【自撮りコーナー】

 
 
 
 
 

 

 08月16日(日) 

tv『関ジャム完全燃SHOW』 (テレ朝 深夜0:00~)

★2回目の登場!高橋優を迎え、ロケへ!
★未公開SPでは、ゆずmiwa石井竜也工藤静香Superfly和田アキ子Perfume氣志團小室哲哉JUJUEvery Little Thingなどのこぼれ話がもりだくさん!
 
 
 
 
 
 
tv『魁!音楽の時間』 (フジ 深夜0:50~)
 
★ロケ企画2本立て!
椎名林檎×吉田羊
★8月のマンスリーゲストはGENERATIONS from EXILE TRIBEsign03
 
 
 
 
 

 

 08月15日(土) 

tv 『MUSIC FAIR21』 (フジ 18:00~)
 
アーティストが選ぶ「私の一曲」
 
 
 

 
 
tv『SONGS』(NHK総合 23:30~)
 
【~夏うたdiary~】
戦後70年の8月15日。SONGSでは、心に染みる夏の歌を特集する。
 
 
 
 
 
 
tv 『CDTV』 (TBS 深夜0:58~)

【ゲストライブ】
cd back number / 手紙
cd ゆず / 終わらない歌
 
 
 
 
 

 

 08月14日(金) 

tvバズリズム(日テレ 深夜0:30~) 

【おしゃべリズム】
cd T.M.Revolution×flumpool×KANA-BOON
関西アーティスト3組による合同トークsign01
 
【自撮リズム&LIVE】
cd Doll☆Elements
 
【緊急指令!探リズム!!】
 
【マギーの先取リズム】


【8月オープニングテーマ】
cd EDGE of LIFE / Summer Shade
 
【8月エンディングテーマ】
cd 0.8秒と衝撃。 / 虹色の言葉
 
 
 
 

Tweet(ツイート)    

haishinyokoku_660_20150508.jpg

 
【通常音源情報はコチラ
 
【ハイレゾ音源情報はコチラ
 
【ビデオ情報はコチラ
 
*配信日は急遽変更になる場合があります。ご了承ください。
 
AL:アルバム
SG:シングル
 
 

■通常音源

【9/30(水
SG 吉井和哉 超絶☆ダイナミック!

 

 

【9/23(水
SG palet All for One

 

 

【9/16(水
AL 丸本 莉子 ココロ予報~雨のち晴れ~

 

 

【9/9(水
AL Czecho No Republic Santa Fe

 

 

【9/3(木
AL ピアノゾンビ ホワイトクラブ

 

 

【8/26(水
SG OxT(オーイシマサヨシ × Tom-H@ck) Clattanoia
SG MYTH & ROID(ミスアンドロイド) L.L.L.
AL 榊原ゆい Lofty rose
AL ヴァリアス・アーティスツ モーツァルトを聴きたくて ふりそそぐ太陽と爽やかな風を感じて~リフレッシュ・タイム
AL ヴァリアス・アーティスツ ショパンを聴きたくて 魅惑のスイーツと極上のカフェオレを傍らに~リラックス・タイム
AL ヴァリアス・アーティスツ ラフマニノフを聴きたくて 夜空に煌めく星を見上げて~ヒーリング・タイム
  メロキュア メロディック・スーパー・ハードキュア
AL 河合奈保子 私が好きな河合奈保子
SG 片平里菜 誰にだってシンデレラストーリー
SG 夏の魔物 恋愛至上主義サマーエブリデイ/どきめきライブ・ラリ
  Jam9 breath

 

 

【8/25(火
AL Aqua Timez 「10th Anniversary Best Red」 
「10th Anniversary Best Blue」 

 

 

【8/19(水
SG 黒崎真音 ハーモナイズ・クローバー
SG ぽこた 「ワンチャン僕の女神様っ!!!」通常盤
SG 丸本 莉子 やさしいうた
SG amazarashi スピードと摩擦
SG 綾野 ましろ infinity beyond
SG 水戸郁魅(CV.石上静香) 『食戟のソーマ』キャラクターソングシリーズSide Girls 3 水戸郁魅
SG EXILE 24karats GOLD SOUL
SG 小林竜之/鈴木このみ NEVER-END TALE
  Nicky Romero vs Volt & State Warriors Remixes
SG Raychell feat. RICKEY & RABBIE Krazy
SG Tony Romera Pandor
  Vince Moogin Love Me Right
  Nicky Romero Symphonica
SG John Dahlback Nuke
SG Bassjackers Zing
  Vicetone Tremble
  Michael Calfan Falcon
SG Merk & Kremont Zunami
SG Pelari Rave
SG 綾小路 翔と森山直太朗 ライバルズ
SG SUPER☆GiRLS イッチャって♪ ヤッチャって♪
SG ERIC FUKUSAKI Ai Yai Yai!/行かないでセニョリータ
SG 地球防衛部(山本和臣、梅原裕一郎、西山宏太朗、白井悠介、増田俊樹) Let's Go!! LOVE Summer♪
SG VARIOUS ARTISTS LIFE IS A SONG(清水信之アレンジャー歴35周年記念アルバム)
SG 七森中☆ごらく部 ゆりしゅらしゅしゅしゅ[なちゅざんしょ!ver.]
SG 七森中☆ごらく部 主題歌OP「ゆりしゅらしゅしゅしゅ」/ED「おひるねゆにばーす」
SG ベイビーレイズJAPAN Pretty Little Baby
AL Woong San 誘惑
SG sweet ARMS Invisible Date
「劇場版デート・アライブ 万由里ジャッジメント」主題歌
SG モーニング娘。'15 Sg. Oh my wish!/スカッとMy Heart/今すぐ飛び込む勇気
SG 妖~AYAKASHI~ 憑き夜に踊れ

 

【8/17(月
AL V.A. 【「アイマス ミリオンライブ!」配信解禁!】
THE IDOLM@STER 765PRO LIVE THE@TER COLLECTION Vol.1
SG 765 MILLIONSTARS 【「アイマス ミリオンライブ!」配信解禁!】
THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 01
SG 春日未来(CV.山崎はるか)、最上静香(CV.田所あずさ)、箱崎星梨花(CV.麻倉もも)  【「アイマス ミリオンライブ!」配信解禁!】
U・N・M・E・I ライブ
SG V.A. 【「アイマス ミリオンライブ!」配信解禁!】
THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 02
SG V.A. 【「アイマス ミリオンライブ!」配信解禁!】
THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 03
SG V.A. 【「アイマス ミリオンライブ!」配信解禁!】
THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 04
SG V.A. 【「アイマス ミリオンライブ!」配信解禁!】
THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 05
SG V.A. 【「アイマス ミリオンライブ!」配信解禁!】
THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 06
SG V.A. 【「アイマス ミリオンライブ!」配信解禁!】
THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 07
SG V.A. 【「アイマス ミリオンライブ!」配信解禁!】
THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 08
SG V.A. 【「アイマス ミリオンライブ!」配信解禁!】
THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 09
SG V.A. 【「アイマス ミリオンライブ!」配信解禁!】
THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 10
SG V.A. 【「アイマス ミリオンライブ!」配信解禁!】
THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 11
SG V.A. 【「アイマス ミリオンライブ!」配信解禁!】
THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 12
SG V.A. 【「アイマス ミリオンライブ!」配信解禁!】
THE IDOLM@STER LIVE THE@TER PERFORMANCE 13
SG レジェンドデイズ  【「アイマス ミリオンライブ!」配信解禁!】
THE IDOLM@STER LIVE THE@TER HARMONY 01
SG 乙女ストーム! 【「アイマス ミリオンライブ!」配信解禁!】
THE IDOLM@STER LIVE THE@TER HARMONY 02
SG クレシェンドブルー  【「アイマス ミリオンライブ!」配信解禁!】
THE IDOLM@STER LIVE THE@TER HARMONY 03
SG エターナルハーモニー 【「アイマス ミリオンライブ!」配信解禁!】
THE IDOLM@STER LIVE THE@TER HARMONY 04
SG リコッタ 【「アイマス ミリオンライブ!」配信解禁!】
THE IDOLM@STER LIVE THE@TER HARMONY 05
SG 灼熱少女(バーニングガール) 【「アイマス ミリオンライブ!」配信解禁!】
THE IDOLM@STER LIVE THE@TER HARMONY 06
SG BIRTH 【「アイマス ミリオンライブ!」配信解禁!】
THE IDOLM@STER LIVE THE@TER HARMONY 07
SG ミックスナッツ 【「アイマス ミリオンライブ!」配信解禁!】
THE IDOLM@STER LIVE THE@TER HARMONY 08
SG ミルキーウェイ 【「アイマス ミリオンライブ!」配信解禁!】
THE IDOLM@STER LIVE THE@TER HARMONY 09
SG ARRIVE 【「アイマス ミリオンライブ!」配信解禁!】
THE IDOLM@STER LIVE THE@TER HARMONY 10
SG 家入レオ 君がくれた夏

 

 

【8/14(金
SG MACO ふたりずっと
SG 5 Seconds Of Summer Fly Away
SG Duran Duran You Kill Me With Silence
SG A Great Big World Hold Each Other feat. Futuristic
SG HURTS Lights
AL Phillip Phillips The World From The Side Of The Moon
SG Zedd featuring Jon Bellion Beautiful Now(Big Gigantic Remix)
AL 宝塚歌劇団 星組 星組 大劇場「Dear DIAMOND!!」-101カラットの永遠の輝き-
AL 宝塚歌劇団 雪組 雪組 大劇場「ファンシー・ガイ!」
AL 宝塚歌劇団 雪組 雪組 博多座「星影の人」-沖田総司・まぼろしの青春-
AL 宝塚歌劇団 「夏」 ~The Summer~
AL 宝塚歌劇団 花組 花組 大劇場「微風のマドリガル/メモアール・ド・パリ」
AL 宝塚歌劇団 花組 花組 大劇場「真紅なる海に祈りを/ヒーローズ」

 

 

【8/12(水
SG miwa 夜空。feat.ハジ→/ストレスフリー
SG Kalafina One Light
SG back number 手紙
SG FLOW 虹の空
AL クレイジーケンバンド もうすっかりあれなんだよね
SG 相対性理論 ウルトラソーダ
SG 東方神起 東方神起 LIVE TOUR 2015 WITH
SG SKE48 前のめり
SG flumpool 夏よ止めないで ~You're Romantic~
SG グッドモーニングアメリカ ハローハローハロー
SG JAY'ED Shine
SG Duran Duran Paper Gods (feat. Mr Hudson)
SG Da-iCE エビバディ
SG 早見沙織 やさしい希望
SG 風鳴翼(CV:水樹奈々) 戦姫絶唱シンフォギアGXキャラクターソング3
AL 南條愛乃 東京 1/3650
SG GENERATIONS from EXILE TRIBE Hard Knock Days
SG 小倉唯 Honey Come!!
SG ソナーポケット HERO/Good bye 大切な人。
SG 豊永 利行 Day you laugh
SG 花岡なつみ 夏の罪
SG lol fire!
AL Do As Infinity Anime and Game COLLECTION
SG 東京パフォーマンスドール  (2014~) WE ARE TPD!!
SG 小林豊 恋するスイーツレシピ4 ~君が恋に落ちる一つの方法~
SG マーク・パンサー 残酷な天使のテーゼ
SG Alicia Keys 28 Thousand Days
SG フォロー・ユア・インスティンクト ビガー・ベター・ファスター feat. バスタ・ライムス&クリス・リチャードソン
AL Vintage Trouble 1 Hopeful Rd.
SG Lana Del Rey High By The Beach
SG Zak Waters Gotta Move Around
AL Walk The Moon TALKING IS HARD(Japan Version)
SG アリーシャ・ディクソン ザ・ウェイ・ウィ・アー
SG スヒョン 君だけを
SG lecca 前向き
AL moumoon It's Our Time
SG こんどうようぢ ぐるぐるんセカイ
AL VARIOUS ARTISTS TVアニメ「ダイヤのA」キャラクターソングスコレクション"RIVAL"
SG 青道高校野球部【沢村栄純(CV:逢坂良太)、降谷暁(CV:島﨑信長)、小湊春市(CV:花江夏樹)、金丸信二(CV:松岡 禎丞)、東条秀明(CV:蒼井翔太)】 BLUE WINDING ROAD
SG R.Yamaki Produce Project You Feel Me? feat. 友莉夏
SG ミライスカート

「ナモナイオト」TypeA「COSMOsSPLASH」TypeA

SG Doll☆Elements 君のオモイ届けたい
  ソンモ 「Tiramisu love」初回盤TypeA
SG カサリンチュ さあいこう
AL 森 恵 small world
AL 怒髪天 音楽的厨房(ミュージックキッチン)

 

 
 
 
■ハイレゾ音源情報hiresマーク.png
*配信情報が解禁され次第、随時掲載しております。(配信当日に掲載される楽曲もございます)
*配信日は急遽変更になる場合があります。ご了承ください。
【9/16(水
AL
SG
hiresマーク.png 岡田有希子 全56曲ハイレゾ解禁!
AL hiresマーク.png 丸本 莉子 ココロ予報~雨のち晴れ~

 

 

【8/26(水
SG hiresマーク.png 安全地帯 ハイレゾx名曲 恋の予感/碧い瞳のエリス
SG hiresマーク.png 大橋純子&美乃家セントラル・ステイション ハイレゾx名曲 シンプル・ラブ
SG hiresマーク.png 大橋純子, もんたよしのり ハイレゾx名曲 夏女ソニア/恋はマジック
SG hiresマーク.png 越路吹雪 ハイレゾx名曲 愛の讃歌/サン・トワ・マミー
SG hiresマーク.png 越路吹雪 ハイレゾx名曲 ろくでなし/ラスト・ダンスは私に
AL hiresマーク.png 森高千里 1990年の森高千里【1990/11/29 宇都宮市文化会館(ライヴ音源)】
AL hiresマーク.png 河合奈保子 LOVE
AL hiresマーク.png 河合奈保子 TWILIGHT DREAM
AL hiresマーク.png 河合奈保子 DIARY
AL hiresマーク.png 河合奈保子 サマー・ヒロイン
AL hiresマーク.png 河合奈保子 あるばむ
AL hiresマーク.png V.A. 海のトリトン
AL hiresマーク.png 榊原ゆい 「Lofty rose」より2曲配信予定

 

 

【8/25(火
SG hiresマーク.png Aqua Timez 「10th Anniversary Best Red」 
「10th Anniversary Best Blue」 

 

 

【8/19(水
AL hiresマーク.png THE BLUE HEARTS

THE BLUE HEARTS(デジタル・リマスター・バージョン

*配信日が変更になる場合があります。

AL hiresマーク.png THE BLUE HEARTS

YOUNG AND PRETTY(デジタル・リマスター・バージョン)

*配信日が変更になる場合があります。

AL hiresマーク.png THE BLUE HEARTS

TRAIN-TRAIN(デジタル・リマスター・バージョン)

*配信日が変更になる場合があります。

SG hiresマーク.png amazarashi スピードと摩擦
SG hiresマーク.png 綾野 ましろ infinity beyond
AL hiresマーク.png nano.RIPE 七色眼鏡のヒミツ
AL hiresマーク.png 小澤征爾, 水戸室内管弦楽団 ベートーヴェン:交響曲第2番&第8番(Live In Mito / 2015)
AL hiresマーク.png Boston Symphony Orchestra, Seiji Ozawa ハイレゾで聴く小澤征爾(Ozawa Edition)
SG hiresマーク.png 筋肉少女帯 混ぜるな危険
AL hiresマーク.png

坂本 真綾

シングルコレクション+ ニコパチ
AL hiresマーク.png 菅野 よう子 攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society O.S.T
AL hiresマーク.png シートベルツ COWBOY BEBOP Knockin'on heaven's door Ask DNA
AL hiresマーク.png 新居 昭乃 そらの庭
AL hiresマーク.png FIRE BOMBER マクロス7 ACOUSTIC FIRE !!
AL hiresマーク.png Choro Club feat. Senoo、SONOROUS、牧野 由依、広橋 涼、新居 昭乃 「ARIA The ORIGINATION」ORIGINAL SOUNDTRACK tre
AL hiresマーク.png 妹尾 武、窪田 ミナ、SONOROUS 「ARIA The ORIGINATION」ピアノ・コレクションII ディパルテンツァ-旅立ち-
AL hiresマーク.png 梶浦 由記/貝田 由里子 「NOIR」blanc dans NOIR~黒の中の白~
SG hiresマーク.png 丸本 莉子 やさしいうた
  hiresマーク.png V.A. 歌姫JAZZ&STANDARD

 

 

【8/12(水
SG hiresマーク.png miwa 夜空。feat.ハジ→/ストレスフリー
SG hiresマーク.png Kalafina One Light
AL hiresマーク.png 南條愛乃 東京 1/3650
SG hiresマーク.png fripSide Luminize
SG hiresマーク.png GENERATIONS from EXILE TRIBE Hard Knock Days
AL hiresマーク.png moumoon It's Our Time
AL hiresマーク.png 五木ひろし 五木ひろし全曲集
AL hiresマーク.png 五木ひろし 五木ひろし倖せさがして
AL hiresマーク.png 五木ひろし 五木ひろしベストコレクション
AL hiresマーク.png Vintage Trouble 1 Hopeful Rd.
SG hiresマーク.png 花岡なつみ 夏の罪
SG hiresマーク.png 青道高校野球部【沢村栄純(CV:逢坂良太)、降谷暁(CV:島﨑信長)、小湊春市(CV:花江夏樹)、金丸信二(CV:松岡 禎丞)、東条秀明(CV:蒼井翔太)】 BLUE WINDING ROAD
SG hiresマーク.png マーク・パンサー 残酷な天使のテーゼ
SG hiresマーク.png FLOW 虹の空
AL hiresマーク.png オノ セイゲン&パール・アレキサンダー メモリーズ・オブ・プリミティヴ・マン
AL hiresマーク.png Suara キズナ (DSD 2.8MHz/1bit)
AL hiresマーク.png ジャミーメロー me.
SG hiresマーク.png 中ノ森文子 flower

 

flair ハイレゾ関連ページまとめました sign03
mora内のハイレゾ関連ページを簡単にまとめてみました!
150529_hires.jpg

 
 
 
 
 
 

■ビデオ情報

*配信情報が解禁され次第、随時掲載しております。(配信当日に掲載される楽曲もございます)
*配信日は急遽変更になる場合があります。ご了承ください。

【8/26(水
ベイビーレイズJAPAN Pretty Little Baby
夏の魔物 恋愛至上主義サマーエブリデイ

 

 

【8/19(水
EXILE 24karats GOLD SOUL
小林竜之/鈴木このみ NEVER-END TALE

 

 

【8/12(水

 

Tweet(ツイート)    

memories.png

 

 レッド・ツェッペリンのジミー・ペイジによるリマスタリング・シリーズ、最後のタームとなる『プレゼンス』『イン・スルー・ジ・アウト・ドア』『コーダ(最終楽章)』が7月31日に配信されました。
 これを記念してmora readingsでは、レッド・ツェッペリンの日本での担当としてその「伝説」を最も近い場所で目に焼き付け、「胸いっぱいの愛を」など印象的な邦題を生み出したその人、折田育造さんにインタビューを実施。生粋の音楽人としての確かな熱量に裏打ちされた、ここでしか読むことのできない貴重な証言の数々をお楽しみください。

(mora readings編集部)

 


 

【プロフィール】

折田育造(おりた いくぞう)

1941年11月29日 生まれ。
1965年3月 慶應義塾大学経済學部卒。
1965年4月日本グラモフォン(株)[現ポリドール(株)]入社。
1970年10月ワーナー・パイオニア(株)[現(株)ワーナー・ミュージック・ジャパン]入社。
1986年1月 同社邦楽部部長。1988年9月同社洋楽部部長。
1989年11月 ウィア・ミュージック(株)代表取締役専務を経て1990年9月 同社代表取締役社長に就任。
1991年8月 (株)ワーナー・ミュージック・ジャパン代表取締役社長就任。1995年2月 同社退職。
1995年3月ポリドール株式会社代表取締役社長就任

洋楽・邦楽問わず、あらゆるジャンルの音楽に精通する、根っからの音楽人間。
現在も、折田氏の信奉者は業界でも数多い。


インタビュー&テキスト:細川真平
1964年、香川県生まれ。早稲田大学卒業。出版社、レコード会社勤務を経て音楽ライターに。ジェフ・ベックほか多数のCDライナーノーツ、国内外有名アーティストへのインタビュー、音楽誌/ギター誌の記事等を手がける。

 


 

zeppelin_orita.jpg

インタビューの様子。(イラスト:牧野良幸)

 

――折田さんは1965年に日本グラモフォンに入社され、69年にレッド・ツェッペリンがデビューしたときに初代担当になられたわけですが、まずは当時の状況を教えてください。

折田 67年の1月に、アトランティック・レーベルがビクターからグラモフォンに移ってきたんだよね。ビクターはジャズのタイトルにばかり力を入れていて、リズム&ブルースのヒット・レコードをいっぱい持っていたアトランティック側はそれが気に入らなかった。だから俺たちは、まずは向こうでヒットしたものは全部出そうと。営業は堅く売れるジャズを出したがっていたから、編成会議ではいつも大喧嘩してたけどね(笑)。そんな中から68年には、前年に飛行機事故で亡くなったオーティス・レディングの「ドック・オブ・ベイ」の大ヒットが生まれた。でもその後、黒人のリズム&ブルースは急速に売れなくなっていってね。でも、グラモフォンは当然のことながらイギリスのポリドールからリリースされていたジミ・ヘンドリックスとかクリームとかも持っていて、そういうのは売れていたんだ。そういうこともあって、68年半ばには会社としてもロックに力を入るようになっていたんだよ。そしたら、10月の終わりにニューヨークのアトランティックから連絡があったんだ。今度、レッド・ツェッペリンというロック・バンドと、20万ドルという破格の契約金で契約したと。

――リズム&ブルースの凋落と、ハード・ロックの原型としてのブルース・ロックの躍進があって、そこに新たな可能性を秘めたバンドとしてツェッペリンが登場したということなんですね。

折田 そう。で、11月の終わりに音が来たのよ。1枚目はイギリスでは12月に出たけど、アメリカでは69年の1月。日本では1月の編成会議にかけて、当時としては一番早い6月25日の発売になった。そのときに日本では宣伝用にツェッペリン飛行船の風船を作ったの。これを俺がアメリカに行くときに持っていったら、アトランティックのやつらからえらく受けてさ(笑)。欲しいって言われて、あとからずいぶん追加オーダーしたよ。

――当然、「幻惑されて」などの邦題も折田さんが付けられたんですよね?

折田 もちろんそうだよ。苦労して付けた覚えがあるね(笑)。

――では、その「幻惑されて」をハイレゾ音源で聴いてみましょうか。

 

note「幻惑されて」
(原題:Dazed And Confused|試聴

 

折田 やっぱりかっこいいね。ツェッペリンのいいところはドラマティックにグーッと盛り上がってくるところだよね。その匙加減がいいんだ。これは音楽的にどうこうというよりも、感覚、センスだと思うんだよね。

――1曲目の「グッド・タイムズ・バッド・タイムズ」のイントロも、ハイレゾで聴くとそのすごさがより感じられると言われている部分ですので、それも聴いてみましょう。

 

note「グッド・タイムズ・バッド・タイムズ」
(原題:Good Times Bad Times|試聴

 

折田 うん、これだよ! ジミー・ペイジというのは本当に音にこだわっているからね。それが分かるよね、これを聴くと。71年にツェッペリンが来日したときに、来日公演をレコーディングしたんだ。広島以外の全公演をね。それがリリースされなかった理由は簡単でさ、ペイジが音を聴いて“ワースト・レコーディング(最低の録音)”って言って、発売を許してくれなかったからだよ。自分の理想とする音じゃなかったんだろうね。そのあとのディープ・パープルの『ライヴ・イン・ジャパン』がなんで出たかっていうと、エンジニアとして、かの有名なマーティン・バーチを呼んだら来たからだよ。音の良さにメンバーが納得してくれたんだ。

――ツェッペリンの1枚目が出たときの日本での評判はどうだったんですか?

折田 あのころ音楽雑誌は『ミュージック・ライフ』ぐらいしかなかったけど、待ってました! という感じだったよ。困ったのは写真がなくてさ、同じ写真ばかり使うしかなかった(笑)。あと、深夜ラジオが乗ってくれたね。まだ若かった福田一郎さんとか中村とうようさんとかがDJをされていてね。

――2枚目も同じ69年に出ますよね。

折田 これはペイジに知られたら怒られちゃうんだけどさ、向こうから来たハブ巻き(上下2枚のフランジがなく、ハブのみにテープが巻かれ状態)のマスターテープを、会社のあるやつがドジってバラバラにしちゃってさ、元のきれいな状態に戻すのが大変だったんだよ(笑)。2枚目を最初聴いたときには、やっぱり1曲目の「胸いっぱいの愛を」がかっこよかったよなあ。

――もちろん「胸いっぱいの愛を」という邦題も折田さんが付けられたんですよね? もうそれだけで尊敬しますけど(笑)。

折田 これも考えるのにかなり苦労したんだよ!(笑)

――ではこれも、ハイレゾで聴いてみましょうか。

 

note「胸いっぱいの愛を」
(原題:Whole Lotta Love|試聴

 

折田 よくこんなリフが考えられるよね。それをベースがフォローしていく感じが、すごく聴き取れる。で、やっぱり、そのあと入ってくるボンゾのドラムがすごいんだよね。

――当時聴いたときの衝撃が甦りますか?

折田 いや、それは違うな。だって当時は初めて聴くわけだから、感激の度合いが全然違うよ。思い出すのは、あのころってレコードにするときにデシベル(音量)を抑えちゃってたのよ。会社の規定があってさ。これ以上デシベルを上げると針飛びしちゃうっていうことでね。でも俺は、工場へ行ってカッティングのチェックをして、デシベルを上げさせてたんだよ(笑)。じゃないとしょぼい音になっちゃうからさ。

――マニアの間では、当時の日本グラモフォンの国内盤はオリジナル輸入盤よりも音がいいと言われているのですが、そういう理由があったんですね。

折田 へえ、そんなこと言われてるんだ。じゃあそのせいだろうね。

――その後、70年に折田さんは新たに設立されたワーナーパイオニアに移り、ツェッペリンを含むアトランティックもそちらに移籍しますよよね。

折田 71年の正月がワーナーパイオニア創設初の新譜発売日で、ツェッペリンの「移民の歌」のシングルもそのひとつだったね。これは10万枚売れたよ。で、そのあと1月25日に3枚目のアルバムが出た。前年12月にグラモフォンから出て、すでに売れに売れていたんだけどね。

――ということは、3枚目はグラモフォンとワーナーの両方から出たんですか?

折田 そうだよ。「移民の歌」のシングルはアトランティックに連絡して、ワーナーからしか出せないようにしてくれって頼んだんだけどね。それでさ、ワーナーパイオニアは設立に当たって、70年11月に記者発表をしたんだけど、そのときにアメリカからアトランティック社長のアーメット・アーテガンが来てくれたの。その場で彼は、“当社のレッド・ツェッペリンを日本に行かせるから”ってぶち上げたんだよ。それで71年9月の来日が決まったわけ。武道館を2回、広島県立体育館、大阪フェスティバルホールを2回。俺はライブを観て、ツェッペリンというのは本物だと感じたね。他のバンドとは違う、別格だって。

――広島はチャリティ・コンサートでしたね。

折田 あれはペイジというか、バンド側からの発案だったね。原爆記念館ではペイジもプラントもすごくショックを受けていた。そのあと、広島市長に会ってコンサートの売り上げの700万円を寄付したんだ。で、その夜がライブ。広島県立体育館は古いから、音がでかすぎて壁が崩れたんだよ(笑)。

――チャリティを行う反面、彼らの行状はかなり悪かったようですね(笑)。

折田 世界中でこれよりひどいのはザ・フーぐらいしかいないと事前に聞かされていたけどね(笑)。広島から大阪へは夜のうちに寝台列車で移動したんだけど、付いてきてたグルーピーを探してペイジが他人の部屋を勝手に開けまくるしさ。大阪のロイヤル・ホテルでは、ボンゾがお土産に買ったおもちゃの日本刀を振り回したっていう話があったけど、あれをやったのはアトランティックから来ていたフィル・カーソンなんだよ。でも確かに部屋は壊したね。東京でもそうだった。めちゃくちゃにしたよ。まったく破天荒だったよな。

――ちなみになんですが、そうした費用というのは誰が持ったんですか?

折田 事前にアトランティックから連絡が来てたんだよ。やつらはいろんなことをやるから、その費用はあとでまとめてアトランティックに請求してくれって。で、アトランティックはそれをツェッペリンの印税から差し引くんだ。だから、やつらは自分でちゃんと払っていたってことなんだよ。そこが偉いよね(笑)。

――そのあとの3枚目、4枚目あたりで、ハイレゾで聴いてみたい曲はありますか?

折田 ギターの切れがいいってことで、「ブラック・ドッグ」がいいかな。

 

note「ブラック・ドッグ」
(原題:Black Dog|試聴

 

折田 うーん、ペイジのリフがとにかくすごいよね。でもそれだけじゃなくて、ギタリストとして多彩だということもよく分かるね。

――『聖なる館』、『フィジカル・グラフィティ』の中だといかがでしょうか?

折田 「カシミール」(『フィジカル・グラフィティ』に収録)だね。あの途中の盛り上がりのところとか聴きたいね。

 

note「カシミール」
(原題:Kashmir|試聴

 

折田 お、いいね、やっぱり立体感が違うね。ツェッペリンというのは、ブルース、ジャズ、フォークから、こういう民族音楽風なものまで、本当に幅広く取り入れていたよね。それが当時の評論家には分かってなかったんじゃないかな。なんて言うか、フェイクとして捉えられてしまったというかさ。だからこうしてリマスターされた音源を聴いて、やっと最近じゃないか、ツェッペリンのすごさが本当に理解されるようになったのは。ツェッペリンって、そのエネルギーを聴いちゃうみたいなところがあるから、今になってやっと音楽的に聴いて、音楽的に評価できるようになってきたというかさ。

――今年の7月31日に新たにハイレゾでリリースされたのが、最後の3作、『プレゼンス』、『イン・スルー・ジ・アウト・ドア』、『最終楽章 (コーダ)』です。ここからは、ボンゾのものすごいドラミングが聴ける「モントルーのボンゾ」(『最終楽章 (コーダ)』に収録)を聴いてみましょうか。

折田 こんな風に聴こえるんだね。昔はまとまりで聴いていたけど、ひとつひとつの太鼓の音がしっかりと聴こえるよね。ボンゾって力任せに叩いていただけじゃなかったっていうことも分かる(笑)。あと、小さい音で聴いても音圧が感じられるよ。

――振り返ってみて、ツェッペリンがロック史に残したものは何だったと思われますか?

折田 誰もツェッペリンの真似はできないね。影響はいっぱい残ってるよ、バンドやってりゃ、彼らみたいになりたいってみんな思うしね。でもロバート・プラントみたいに声が出るやつも、ジョン・ボーナムみたいに叩けるやつもいない。そういう真似できないすごさっていうのを残したっていうかな。あと、すごくイギリスのバンドだなという気がするよね。アメリカからはこういうバンドは出ないね。アメリカにはブルースがその場にあったけど、イギリスはそうじゃないから。よそ者なんだよ。でも、本場にいないからこそ、客観的に見ることができるわけで、それがよかったんだよ。あとさっきも言ったけど、ツェッペリンにはいろんな要素が入ってるよね。ブルースやジャズだけじゃなくて、ブリティッシュ・トラッドとかさ。そういうところもすごいし、何と言っても「天国への階段」はその集大成だよね。この曲なんかを聴くと、ちくしょう!って気になるね。

――なるほど、折田さんにとってツェッペリンというのは、“ちくしょう!”と言いたくなる対象でもあるんですね?(笑)

折田 そりゃそうだよ。ああいうバンドを作れたらどんなにいいだろうと思うよね。世界中のやつらが思ってるよ。ちくしょう!って(笑)。

(インタビュー&テキスト:細川真平)

 


 

レッド・ツェッペリンのハイレゾ配信一覧はこちらから

page00077609.jpg

 

moraへの新規ご登録はこちらから!

 


 

「匠の記憶~Memories of Legend~」バックナンバーはこちらから

 

ジミー・ペイジ登場! 興奮のハイレゾ試聴会レポートはこちらから

hires_report.jpg

 

 

 

mora TOPIC トップへ
moraに戻る
Facebookページへ
mora公式Twitterページへ
ページトップへ
▲ページの先頭へ戻る