最新のトピックスへ Facebook Twitter

2015年7月アーカイブ

[7/31]moraメルマガ配信情報☆

Tweet(ツイート)    

     
  mail magazine  
  2015.07.31 Fri.  
こんにちは(^_^)/ アニメ担当 スタッフMです☆

アニメ主題歌特集を夏バージョンに更新しました\(^o^)/
夏アニメ主題歌をチェックしてみてください☆

eiru_lisa
  clown 最新デイリー(7/30)ランキング  
  単曲TOP5   GATE~それは暁のように~/岸田教団&THE明星ロケッツ   DAWN/Aimer(エメ)  
      1st 岸田教団&THE明星ロケッツ   2nd Aimer(エメ)  
      GATE~それは暁のように~   LAST STARDUST  
  Rebirth-day/高垣 彩陽   ふ・れ・ん・ど・し・た・い/学園生活部   アネモネ/ClariS  
  3rd 高垣 彩陽   4th 学園生活部   5th ClariS  
  Rebirth-day   ふ・れ・ん・ど・し・た・い   アネモネ  
 
  アルバムTOP5   DAWN/Aimer(エメ)   REBECCA IV~Maybe Tomorrow~/REBECCA  
      1st Aimer(エメ)   2nd REBECCA  
      DAWN
※ハイレゾ音源です。
  REBECCA IV~Maybe Tomorrow~
※ハイレゾ音源です。
 
  DAWN/Aimer(エメ)   アネモネ/ClariS   DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム/DREAMS COME TRUE  
  3rd Aimer(エメ)   4th ClariS   5th DREAMS COME TRUE  
  DAWN   アネモネ
※ハイレゾ音源です。
  DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム  
 
  今週の注目!  
  Led Zeppelin 最新デジタル・リマスターシリーズ最終章   2015夏フェス特集   BUCK-TICK「ハイレゾがバクチクする。」  
  Led Zeppelin
最新デジタル・リマスターシリーズ最終章
  2015夏フェス特集   BUCK-TICK
「ハイレゾがバクチクする。」
 
  ジミー・ペイジ監修シリーズ最終章!
本日より3タイトル一挙配信開始!
  明日からロッキン!出演者をまとめてご紹介中♪   ハイレゾ解禁第2弾!
舞台裏インタビューも♪
 

 

[7/31]テレビ情報更新☆

Tweet(ツイート)    

head-playlog_tv-info.gif

 07月31日(金)   08月01日(土) 
 08月02日(日)   08月03日(月) 
 08月04日(火)   08月05日(水) 
 08月06日(木)   

 08月06日(木) 

情報なし
 
 
 

 

 08月05日(水) 

情報なし
 
 
 

 

 08月04日(火) 

tv『いのちのうた』 (NHK総合 19:30~)
 
【出演アーティスト】
cd スーパーキッズ・オーケストラ
cd 大原櫻子
cd 秦 基博
cd 槇原敬之
cd MISIA
 
 

 

 

 08月03日(月) 

tv『UTAGE!』 (TBS 23:53~)
 
【UTAGEアーティスト】
cd Aya(E-girls)
cd 今井絵理子
cd 川畑 要(CHEMISTRY)
cd KABA.ちゃん
cd 指原莉乃(HKT48)
cd SAYAKA(E-girls)
cd 高橋 愛
cd 貴水博之
cd つるの剛士
cd TEE
cd 一青 窈
cd 舞祭組(Kis-My-Ft2)
cd 三浦祐太朗
cd 峯岸みなみ(AKB48)
cd MIYUU(E-girls)
cd 保田 圭
cd YURINO(E-girls)

 
 
 
 
 
tv『プレミアMelodix!』(テレ東 深夜2:50~)

cd 高橋優 / 福笑
cd 板野友美 / Gimme Gimme Luv
cd 井上苑子 / ふたり

【自撮りコーナー】

 
 
 
 
 

 

 08月02日(日) 

tv 日曜洋画劇場『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』(テレ朝 21:00~)

 

 

 

 

tv『魁!音楽の時間』 (フジ 深夜1:20~)
 
KANA-BOONと今、話題の音楽ニュースをピックアップ!
flumpoolが新曲披露!
DANCE EARTH PARTYMV密着&独占コメント!
8月のマンスリーゲストはGENERATIONS from EXILE TRIBE !!
 
 
 
 
 

tv『MUSIC JAPAN』 (NHK総合 深夜0:10~)

cd DANCE EARTH PARTY feat. The Skatalites + 今市隆二 from 三代目 J Soul Brothers / BEAUTIFUL NAME
cd ゆいかおり / Ring Ring Rainbow
cd カントリー・ガールズ / わかっているのにごめんね
cd アイドリング!!! / Cheering You!!!
cd 安田レイ / Tweedia
cd 大森靖子 / マジックミラー
cd Thinking Dogs / あと100マイル

 
 
 
 
 

 

 08月01日(土) 

tv 『MUSIC FAIR21』 (フジ 18:00~)
 
 
 
 
 
 
 
tv『SONGS』(NHK総合 23:30~)
 
【V6 ~僕らが歩んだ20年~】
今年デビュー20周年のV6が各時代を象徴するヒット曲を、観客600人とともに大盛り上がりのスタジオライブでお送りする。
 
 
 
 
 
 
tv 『CDTV』 (TBS 深夜0:58~)

【ゲストライブ】
cd KANA-BOON / ダイバー
cd flumpool / 夏よ止めないで ~You're Romantic~
 
 
 
 
 

 

 07月31日(金) 

tvMUSIC STATION(テレ朝 20:00~) 

cd グループ魂 / 彦摩呂
cd 椎名林檎 / 長く短い祭
cd ジャニーズWEST / バリ ハピ
cd Superfly / On Your Side
cd SEKAI NO OWARI / ANTI-HERO
cd TUBE / あー夏休み , SUMMER TIME
cd 平井 堅 / 君の鼓動は君にしか鳴らせない
 

 

 

tv 金曜ロードSHOW!『永遠の0』(日テレ 21:00~)
 
 
 

 
 

tvバズリズム(日テレ 深夜0:30~) 

【おしゃべリズム】
cd Takamiy(高見沢俊彦)
cd 乃木坂46
 
【自撮リズム&LIVE】
cd Dream Ami
cd ONE☆DRAFT
 
【緊急指令!探リズム!!】
 
【マギーの先取リズム】
ONE☆DRAFT安田レイSUPER JUNIOR−K.R.Y東雲 DONG WOON from BEAST飯田里穂/瀧川ありさc/Cue:Spec/MERRY


【7月オープニングテーマ】
cd lol / fire!
 
【7月エンディングテーマ】
cd Doll☆Elements / 君のオモイ届けたい
 
 
 

Tweet(ツイート)    

 

試聴会header.jpg

 

テキスト:ふくりゅう(音楽コンシェルジュ)

 


 

1st ALBUM『SUNRISE JOURNEY』

M1. 焦燥
M2. サンライズジャーニー
M3. 褒めろよ
M4. MIDNIGHT CIRCUS
M5. 踊りに行こうぜ
M6. 夜が明けたら
M7. さよなら僕の町
M8. WONDER ALONE
M9. ロルカ
M10. 大人になったら
M11. リアル鬼ごっこ
 
 

 

GLIM SPANKY メンバー本人によるアルバム全曲解説インタビューはこちら

 


 

 7月29日(水)に、2人組ロックバンド、GLIM SPANKY(松尾レミ/Vo,G、亀本寛貴/G)の、名盤1stフル・アルバム『SUNRISE JOURNEY』がハイレゾ配信されます。

 そこで、1週間前の7月22(水)の夜20時〜。moraにて募集、厳選されたプレミアムなリスナーを前に、ハイレゾ音源を気軽に楽しめる話題のスポット、代々木Spincoaster Music Barにて、いちはやくGLIM SPANKYハイレゾ試聴会がおこなわれました。

 ユニバーサルミュージック梶望さんからの挨拶の後、筆者による“ハイレゾとは何ぞや?”という解説をさせていただき、ハイレゾ試聴会がスタート。

 そもそも今年のフジロック2日目早朝、レッドマーキーのステージでの名演が話題となったGLIM SPANKY。そんな、生々しい迫力にあふれるロックなサウンドを、音の響きを存分に味わえる高音質なフォーマットで浴びる喜び。60年代,70年代のロックを彷彿とさせる生音サウンドは、スタジオでの録音を忠実に再現するハイレゾ・フォーマットと相性が良いですね。

 スクリーンに歌詞が映し出され、1曲目「リアル鬼ごっこ」が鳴り響くヴォーカルの迫力、快楽ポイント高いギタープレイのダイナミズム。何かを必死に追い求めて駆けぬける様を歌った歌詞もグッときます。感情が大爆発した時に生まれたという「大人になったら」での、GLIM SPANKYの本質が垣間みれる言葉が刺さってくる感動。ジャニス・ジョプリンのカバー「MOVE OVER」で聴ける20代前半と若いながらも、レジェンダリーなロックを体現する安定感。しかし、その視線の先には圧倒的な新しさがほとばしっていたのです。そんな“今を感じさせる”存在感のオリジナリティに注目ですね。

 なお、Spincoaster Music Barの音響機器にも注目です。音響系ベンチャー企業が開発した高性能スピーカーKOON。プロミュージシャンのスタジオモニター用に作られたスピーカー。原音忠実再生にこだわりぬいたサウンドを楽しめます。実はまだ大量生産されておらず、世界に4、5台しかないそうです。

 

 そして、20時半からは、筆者がMCとなり、GLIM SPANKYの二人をむかえてのスペシャルなトーク&ライブのスタート。ツイキャスでも生中継されました。トークで印象的だったのは「カバー曲として『MOVE OVER』を歌っているけど、歌い上げるタイプのジャニス・ジョプリンより、メッセージや物語を投げかけるパティ・スミスの方が自分としては共感できるんです」とレミさんが話されていたことでした。GLIM SPANKYのアイデンティティを伺える発言だと思いました。

g_talk2.jpg

 フジロックでのレッドマーキーへの出演については、亀本さんが「フジロックに来る洋楽好きなお客さんは、GLIM SPANKYみたいなロックを待ってたでしょ?って思うんですよ。絶対にファミリーになれると思います」と熱く語っていたことも印象的でした。

 そして、レミさんはアコースティックギター、亀本さんはエレキギターを抱えて二人だけでのスペシャルライブがスタート。目の前で、リアルに吐き出される、生々しく伝わってくる刺激的な音世界。これぞ本物のロックを感じられた瞬間でした。

g_live2.jpg

 レミさんによるライブ後半MCでの、友人へ語りかけるような熱いメッセージにもグッときました。

 「今回の1stフルアルバムでは、まだGLIM SPANKYは完結していない、完成してないんです。なので11曲ともすべて違うロックだし、ポップロック、フォークロック、カントリーロック、ハードロック、サイケデリックロックっていういろんなロックがあるんだよっていう引き出しを紹介してきました。なのでロック大全の1ページ目ですね。高校時代の曲も3曲入ってたり、最近書いた曲も入ってるんですけど、私にとってスタート地点にあった曲を盛りこみました。なので、これから先にどんな景色が待っているんだろうっていうワクワクや希望と野望しかないアルバムになっています。時代を問わず、みんなの背中を押したり、寂しい時には心が温かくなるような曲になって欲しいなと思っています」。

g_live1.jpg

 この言葉、信頼できます。やはりGLIM SPANKYはライブがすごいなと。配信やCD、ハイレゾでレコーディング音源を楽しんだら、必ずライブを体験すべし。秋には全国ツアーも開催されますよ。あっ、せっかくだから期間限定でもいいのでライブ音源を常にハイレゾでリリースして欲しいなぁ。ライブは生もの、オフィシャル・ブートレグみたいにコレクションしてみたいっす。ハイレゾって実はライブ音源向きなんですよね。えらい人、お願いします!!!

 


 

■アーティストプロフィール

GLIM SPANKY
“オーセンティック・ロックの旗手”
 
松尾レミ Remi Matsuo Vocal/Guitar  1991.12.7
亀本寛貴 Hiroki Kamemoto Guitar  1990.8.24
 
長野県の同じ高校に通っていた2人が出会い、2007年に結成。
2009年「閃光ライオット」のファイナリストに選出。
2013年12月、初の全国流通盤「MUSIC FREAK」をSPACE SHOWER MUSICよりリリース。
 
ロックとブルースを基調にしながらも、新しさを感じさせるサウンドを鳴らす、男女2人組新世代ロックユニット。
ザ・ストライプスやジェイク・バグといった、60年代~70年代のオーセンティックな音楽を鳴らす若手アーティスト達のムーヴメントが世界的に生まれつつある現在、
日本における「オーセンティック・ロック」の旗手として、今後の邦楽音楽シーンにおける台風の目となることは間違いないだろう。
また、「ジャニス・ジョプリンの再来」「10年に1人の歌声」とも称される松尾レミの強烈なボーカルは、多くのオーディエンスを虜にしている。
 
2014年6月11日、1stミニアルバムでメジャーデビューを果たす。


オフィシャルサイト:http://www.glimspanky.com
ライブ情報:http://www.glimspanky.com/live

 


 

■執筆者プロフィール

ふくりゅう(音楽コンシェルジュ)
Yahoo!ニュース、J-WAVE、MTV81、2.5D、ミュージックマガジン、音楽主義などで書いたり喋ったり考えたり呑んだりしてます。 著書は『ソーシャルネットワーク革命がみるみるわかる本』〈ダイヤモンド社〉

Twitterアカウント:https://twitter.com/fukuryu_76

 

 

Tweet(ツイート)    

藍井エイル、初の上海ライブイベントに出演!

Shanhai2.JPG

藍井エイルのニューアルバム「D’AZUR」が週間チャート4位を記録、moraサイトでも連日1位を獲得!

ロングヒットの兆しをみせている。

そんな彼女が上海で行われた「Bilibili Macro Link 2015」に出演。

Shanhai1.JPG

藍井エイルにとって初となる上海でのライブで「IGNITE」「ラピスラズリ」「シリウス」の3曲を歌唱、会場に集まった約8,000人の現地ファンが大興奮!

彼女はその後、香港に移動し、ACGの会場でソニー・コンピュータエンタテインメントのブースで行われた『アルスラーン戦記×無双』のトークイベントにゲスト出演し、TVアニメ『アルスラーン戦記』のエンディングテーマである「ラピスラズリ」を歌った。

10月には自身初のアジアツアーの一環として再び香港でのワンマンライブを控える彼女。現地ファンに「また戻ってくるからね!」と話すと、会場は大きな声援に包まれました。

 

 

Tweet(ツイート)    

 
 SUMMER SONIC 2015出演!! 
The-Do_600.jpg
パリ発sign01
ダン・レヴィーとオリヴィア・メリラティによるハイパー・デュオ、 The Døが満を持して日本デビューflair
ポップでエレクトリックでロッキッシュなThe Døサウンドが詰まった快作sign03
THE FADERやPitchforkなど、音楽メディアサイトからも大絶賛を受ける、
インディー・ポップの金字塔的作品shine
 
The_Do_300.jpg

note Shake Shook Shaken
/The Dø

btn_buy.png

 
 来日公演決定!! 
 
2015年8月15日(土) @ SUMMER SONIC 2015 ガーデンステージ ※出演時間未定
お問い合わせ:CREATIVEMAN
 
2015年8月16日(日)@ BLUE NOTE TOKYO 
[1st]Open4:00pm Start5:00pm [2nd]Open7:00pm Start8:00pm
お問い合わせ:BLUE NOTE TOKYO 
 
 
 
 米国音楽メディアからも絶賛の嵐! 
 
“2015年に輝く新星“ - Entertainment Weekly
“ ‘Lick My Wounds’は壮大で官能的。ベスト・ポップ・ソングの一つだ” – Pitchfork
“まるでフェニックスのグルーヴがジョルジオ・モロダーと出会ったようなサウンド…神々しい!” – The FADER
 
 
 
 
 バイオグラフィー 
 
The Dø(ザ・ドー)
フランス出身のダン・レヴィーと、フィンランド・ヘルシンキ出身のオリヴィア・メリラティの二人からなるエレクトロ・ポップ・デュオ。2005年に映画『Empire of the Wolves』の音楽制作現場で出会った二人は、ほどなくしてThe Døを結成。Myspaceをはじめ、ネット上を中心に注目を集めた二人は、2008年にデビュー・アルバム『A Mouthful』を発表。発売初週にしてフランスのアルバム・チャート1位をマークし、新人離れした人気ぶりを示す。その後、二人はヨーロッパの主要フェスを総ナメにし、瞬く間にメキシコやカナダ、ニューヨークにロス・アンジェルスなど全世界を廻る人気バンドへと成長。2009年には国境を越えて成功を収めたアーティストに贈られるEBBAアウォード(European Border Breakers Awards)も受賞した。 2011年には続くセカンド・アルバム『Both Ways Open Jaws』をリリース。2014年9月には待望の三作目となる『 Shake Shook Shaken』をフランスをはじめとするEU数か国で先行発売を開始。その後、アルバムからのカットとなる“Despair, Hangover & Ecstasy”のPVが「The FADER」のオフィシャル・サイトで独占公開され、世界中で話題となった。なお、本アルバムは発売初週にデジタル・チャート1位に輝いたほか、ヨーロピアン・インディペンデント・アルバム・オブ・ジ・イヤー・アウォードにもノミネートされ、2015年2月にはフランスのグラミー賞ともいえるヴィクトワール・デュ・ラ・ムジークにて年間最優秀ロック・アルバムを受賞。
そして2015年8月、同作にて待望の日本デビューを果たすとともに、初来日公演を控える。
 
 
mora TOPIC トップへ
moraに戻る
Facebookページへ
mora公式Twitterページへ
ページトップへ
▲ページの先頭へ戻る