最新のトピックスへ Facebook Twitter

2015年6月アーカイブ

Tweet(ツイート)    

weddingsong.jpg

 

6月も終盤、今週末に駆け込みで「ジューン・ブライド」を迎える方もいらっしゃるのではないでしょうか。
moraではウェディングソング特集を実施中。晴れの日に聴きたい楽曲を集めました。

また、今回特別にラッパー/トラックメイカーの佐伯公介さん(三浦大知、松下優也などに曲提供)に、ウェディングをテーマにオススメの10曲を選んでいただきました。プレイリストはまとめて購入できますので、こちらもぜひチェックしてみてください!

 


 

CAM500kb.jpg

佐伯 公介(サエキ コウスケ)

東京出身のラッパー/トラックメイカー。

キャッチーなメロディーと暴れる押韻主義で描き出す歌詞表現で独自の世界観を確立している。

CIMBA,T-SK,ZEROなど数々のミュージシャンが所属するCREW「MASEGAKI CIRCUS」のリーダーであり、2012年ラップグループ"Allies"(エイリーズ)のメンバー/プロデューサーとしてメジャーデビュー。2014年Alliesの解散後、名義を本名の佐伯 公介としてソロ活動をはじめる。

三浦大知、松下優也、X4への作品提供、般若、ZORNへのトラック提供などアンダーオーバーを問わずその評価は高い。

現在は東京・恵比寿のBATICAにて毎月第2土曜日深夜に「YEBIS ODDS(エビスオッズ)」を開催。自身のライブに加えてパーティーのホストとして様々な音楽を提供している。

 

~佐伯 公介の選ぶ10曲~

No matter where you are/US
It Girl/Jason Derulo
THE BEST TEAM/Maia Hirasawa
Marry You/Bruno Mars
I Choose You/Sara Bareills
A Song Foe Mama/BOYZ Ⅱ MEN
A Thousand miles/Vanessa Carlton
骨/黒木渚
Lovelier than you/B.O.B
ダンデライオン/毛皮のマリーズ
 

 

 


 

 

スペシャルエッセイ(文:佐伯公介)

 

 思えば僕は何故ここに居るのか。

 同い年くらいの男女がいくつかのグループに分かれて談笑し、他のグループをチラチラと意識している。しきりに自慢の時計を気にしているエリートサラリーマン風の男性。午前7時から美容院に駆け込んだであろうグルグル頭の女性陣。すでに飲んでいるのか学生みたいに騒いでいる体育会系の一団。銘銘の個性をここぞとばかりに爆発させながらこの状況をハレの日たらしめている。

 僕はと言えば成人の時に作ったグレーの冴えないスーツで、のし袋の記入に不備がないか気にしている。手持ち無沙汰で携帯をいじってみるが、暇つぶしのパズルゲームをとなりのグルーピーに見られたら目も当てられない。しょうがないのでタバコでも吸おうかと待合室を出ようとしたところに係員が入って来てこう告げる。

 「お待たせいたしました。これより式場の方にご案内いたします。ご新郎様のご友人はこちらに、ご新婦様のご友人はこちらにお並びください。」

 約2ヶ月前、数年ぶりに小学校の同級生から連絡が来た。

 今度結婚するので式に来てくれないか、ついては招待状を郵送するので住所を教えてほしい。というものだった。家が近くて何度か一緒に登下校した事があった程度の、携帯を手に入れたばかりの頃には何度か長電話をした事がある程度の、密かに想いを寄せていた女の子からの結婚式への招待だった。

 不遇にも待合室の入り口で係員と出くわしてしまったせいで僕は新婦側の列の筆頭になってしまった。体育会やグルグル頭の”あの人新婦側だったんだね”の視線が背中に突き刺さる。安物のスーツに穴があきそうだ。丁寧に”御”を消して出席に○をつけた2ヶ月前の自分を恨まずにはいられない。グルグル頭どもは”遅刻かっこいい”的理論なのか席を立とうとしない。僕だけが一番前にぽつんとたっている状態が1時間にも1日にも感じられた。

 なるほど、これが相対性理論なのか。するとおばあちゃんの足下を気遣いながら親族たちが現れ、僕の後ろに並んだ。これはやばい。「前へどうぞ」と先手を打つべきか、偽の電話にかこつけて列を離れるか思索していると、案の定係員に「ご友人様はご親族様の後ろにお並びください」と諭された。もう泣きたい。恥ずかしい。披露宴には出席しない決意を固めた。安心してください、お金は幹事の方にお渡ししておきます。

 小学校の登校時、「おはよう」と言ってくれたのは彼女の方からだった。

 その頃クラス内での男女の壁は高かった。ベルリンの壁を知らない僕らは、壁は壊せることを知らなかった。女子と一対一で話そうものならまわりに冷やかされ、”タラシ”(女たらし)の称号が与えられ、市中引き回しの刑が処される暗黒の時代だ。彼女を通学路で見かけても、暗殺を目論む忍者の体で付かず離れずの距離を保ってストーキングまがいのスキルを磨いた。

 しかし往々にして幼稚な男子の虚勢やくだらない体裁を打ち破るのは、女子のふとした行動であったりするものだ。彼女はそんな事おかまいなしに、至って自然に声をかけてくれた。

 なんとか新郎新婦両友人の整列が終わり、係員の案内でチャペルへと向かう。重厚なドアをあけバージンロードの赤い絨毯と両側に並ぶ木製のベンチが晴れがましく並ぶ。後ろの女性陣がその神秘的な光景にため息をもらす。数分後、彼女は人生で一番美しい姿でこの道を父親と歩き、生涯の伴侶と腕を組んで帰っていくのだ。ふと嫌な予感がした。

 そしてすぐにその予感は的中する。左側の通路に案内され一番前から親族が座っていく。その列について進んでいくが係員が僕を制止する。

 「ご友人様はこちらです。」

 やはりか。この係員とは因縁を感じざるを得ない。仕方なく指示に従い3列目のベンチの奥へと進む。そのベンチの一番奥、バージンロードの真横の席が割り当てられた。僕はここで花嫁を迎え、送り出す。超至近距離で。言わずもがなだがバージンロードでの新郎新婦の歩みはすこぶる遅い。ぼくの前を通過するのに10秒弱はかかるだろう。「おめでとう」と拍手しか武器はない我々はひたすらに拍手を送り、「おめでとーう!」と大声で会場を賑やかし、新郎新婦と目が合えば口パクで”エアーおめでとう”を個人的に送り、この入退場をやり過ごすのだ。僕は緊張感を隠すため、足下に固定された用途不明のクッションのようなものを踏み踏みしていた。

 彼女との登下校では色んな事を話した。先生の悪口から、誰が足が速くて、誰が絵がうまい。なにが好きで、なにになりたいか。当時彼女は家をつくりたいと言っていた。家族皆でずっと一緒に暮らせるように。当時は「そうなんだ」と流して聞いていたが、今思えば殊勝な夢である。時代が時代なら将来はキャバクラ嬢になりたいと言ったかも知れないと思うとぞっとする。

 僕たちの登下校も最初のうちは途中からクラスメイトが合流して、学校につく頃には自然と男女別のグループになっていた。帰り道もお互いひとりになったら一緒に帰ったが、約束をするような事はなかった。そのうちクラスの目も気にならなくなって、学校でも話かけたり、教室まで一緒に登校する事も増えた。その肩肘はらないスタンスにほだされて、クラスの男女の壁は自然と崩れていった。それでも僕の中で彼女は唯一話す女子であり、彼女と最後まで一緒に帰るのは僕であった事を特別に思っていた。これが僕の初恋なのだった。

 来賓が席につくと間もなく神父が入場し、新郎がチャペルに入ってくる。さすがにこれには参った。新郎が赤い絨毯のうえを歩いていると、新婦友人席の一番前に見た事もない男性がひとり。知らない人同士が人生の晴れ舞台で顔を合わせる。珍妙なり。とっさに会釈をしてしまったが、新郎は笑顔で返してくれた。ナイスガイっぽい。いい人そうでよかったという安心感と、チクリと胸を刺す嫉妬心。彼女はこの人の奥さんになるのだ。飾らない、家族想いの、笑顔の可愛い彼女はこの男のものになるのだ。思わず

 「なるほど」

 と小声で意味不明の強がりを発していた。強がれていたのかすら定かではない。となりのグルグル頭は節操もなくケータイカメラをパシャパシャとやっていた。新郎が壇上に上がり、振り返り扉に向き直る。神父が「それでは新婦の入場です」と言いチャペルのドアが開く。

 小学校を卒業して僕たちはバラバラになったが、家が近かった事もあり道ばたで会っては立ち話で近況を報告したりした。携帯電話を持ってからは年に2度くらい「元気?」とか「さっき見かけたよ!」とかメールが来て、ぼんやりと連絡をとっていた。20歳を記念した同窓会では普段から会う分そんなに話す事もなかったが、一次会の終わりに「帰るなら久しぶりに一緒に帰ろっか」と声をかけられた。酒の入った同級生達の執拗な誘いを振り切ってふたりで家路についた。

 誰々がかっこ良くなった、あの娘はドコドコの大学に行った、でもみんな結局変わってなくて最高だ。昔と同じようにとりとめもなく話す彼女は、少女から成長し美しい女性になっていた。僕はなんだか居心地が悪くなって、誤摩化すようにはじめて声をかけてくれた日の事を聞いてみた。どうして急に声をかける気になったのか。彼女は事も無げに言った。

 「いつも追いつかないように距離をとってる君が面白くて、気になってたから。忍者みたいで。」

 くそう、バレていたのか。いや、ちょっと待て。気になっていた?それって?

 「それじゃあここで」

 いつもの分かれ道で彼女が言う。

 「あぁ、じゃあ気を付けてね」

 聞けない。勘違いだったらとんでもない醜態だ。でも彼女は確かに言った。僕が気になっていたと。もしかしたら彼女は僕の事が今でも好きで、急に振り向いてやっぱりあなたが好きー!と走ってくるのではないか。という妄想を胸に彼女が見えなくなるまでその後ろ姿を見送った。思えばあの日もこのスーツを着ていたのか。

 チャペルのドアが開くと、溢れ出す光とともに彼女のシルエットが浮かび上がる。真っ白なドレス、何メートルも続くヴェールを携え、父親にエスコートされバージンロードを歩いてくる。さっきまでの詭弁はどこへやら、不覚にも完全に見惚れてしまった。

 ゆっくりと新郎の元へ歩を進める彼女と一瞬目が合った気がしたが、その光景は現実味を失っていてテレビの向こうを見ている感覚だった。

 父親がゆっくり新婦を新郎のもとに送り届けて自分の席に戻る。すこし照れたように目を合わせて微笑み合うふたり。ステンドグラスから差し込む陽光、祝福の拍手、歓声、電子的なシャッター音。その全てがふたりにむかって惜しみなく注がれるなか、僕はただ彼女に見惚れていた。

 男は馬鹿だ。下手な体裁や虚勢に囚われて、目の前で起きている事が見えていない。そしてありもしない妄想を抱えて勘違いを繰り返す。僕が今日ここに来たのは、同窓会の帰り道で彼女が言うはずだった言葉を聞くためなのかも知れないし、ぼんやり彼女が気になる気持ちを断ち切るためだったのかも知れない。そのために着慣れないスーツを引っ張り出し、知らない同世代からの視線に耐え、のし袋の書き方と適正な金額をググって今日ここにきたのだ。しかし、どれだけ妄想を重ね、勘違いをしても一定の距離を必死で保つ忍者とそれが気になっていた少女はもうここには居ない。

 その後の事はよく覚えていない。ただただ眺めていた。祝福の気持ちも、小さな嫉妬もひっくるめて美しい彼女の幸福の形を眺めていた。覚えている事といえば、聖歌を大声で歌い出してしまったことくらいだ。高揚していたのだと思う。

 彼女の幸せを見届けられてよかったと思う。僕も彼女のように快活に、自然体で生きていければ愛する誰かに出会えるのだろうか。女子はいつも男子の先をいくのである。

 ちなみに僕が呼ばれた理由は未だもって謎のままだ。

 

Tweet(ツイート)    

愛は、激しくて、切なくて、デカい
 
日本映画界の至宝・園子温監督が約20年前に書き下ろした
幻のオリジナル作品『ラブ&ピース』 movie
 
(ちなみにですが、園子温監督作おなじみの3大要素、
血が出る、人が死ぬ、エロはすべて封印されているそうです!)
 
主演を務める長谷川博己が歌った楽曲も収録した
オリジナル・サウンドトラック配信中♪

映画「ラブ&ピース」オリジナルサウンドトラック
▶ DLはこちら
 
映画主題歌でもあるRCサクセション「スローバラード」も配信中!
hiresマーク.png ハイレゾ音源での配信も!

▶ 通常音源
▶ ハイレゾ音源
 

[6/26]テレビ情報更新☆

Tweet(ツイート)    

head-playlog_tv-info.gif

 06月26日(金)   06月27日(土) 
 06月28日(日)   06月29日(月) 
 06月30日(火)   07月01日(水) 
 07月02日(木)   

 07月02日(木) 

情報なし

 


 

 07月01日(水) 

情報なし
 
 
 

 

 06月30日(火) 

情報なし
 
 

 

 06月29日(月) 

tv『UTAGE!』 (TBS 23:53~)

【UTA GUEST】
cd Sexy Zone /Cha-Cha-Cha チャンピオン
cd Kis-My-Ft2
 
【UTAGEアーティスト】
cd Aya(E-girls)
cd 今井絵理子
cd KABA.ちゃん
cd 川畑 要(CHEMISTRY)
cd 指原莉乃(HKT48)
cd 島袋寛子
cd ダイアモンド✡ユカイ
cd つるの剛士
cd TEE
cd 寺田恵子
cd 舞祭組(Kis-My-Ft2)
cd 峯岸みなみ(AKB48)
cd 保田 圭
 
 
 
 
 
 

 

 06月28日(日) 

tv『関ジャム完全燃SHOW』 (テレ朝 23:15~)

氣志團・関ジャニ∞錦戸&大倉と共に歌う!
槇原敬之と「遠く遠く」をセッション!


 

 
 

tv『MUSIC JAPAN』 (NHK総合 深夜0:10~)

cd 遊助 / サヨナラマタナ
cd Sexy Zone / Cha-Cha-Cha チャンピオン
cd Def Tech / My Way , One Day with Jake Shimabukuro
cd Charisma.com / お局ロック
 
 
 
 
 
 
tv『魁!音楽の時間』 (フジ 深夜0:50~)
 
OKAMOTO'Sと今、話題の音楽ニュースをピックアップ!
三浦大知が新曲「music」を披露!
★Sexy Zone!!メンバー対決!
★マンスリーゲストw-inds.!!
 
 
 
 
 

 

 06月27日(土) 

tv 『MUSIC FAIR21』 (フジ 18:00~)
 
 
 
 
 
 
tv 『TBSテレビ60周年特別企画 音楽の日』 (TBS 14:00~)

【出演アーティスト】

 

 

 

tv 土曜プレミアム『アイアンマン』(フジ 21:00~)
 
【主題歌】Iron Man / Black Sabbath
 
 
 
 
 
 
tv『SONGS』(NHK総合 23:30~)
 
TUBE ~30年目の夏~】
TUBE」の「夏」の世界を、ファン500人とともに、スタジオライブでたっぷりとお届けする。最初のヒット曲「シーズン・イン・ザ・サン」から、代表曲「あ-夏休み」。そして、100万枚を突破した「夏を抱きしめて」の他、最新アルバムから新曲も披露、これぞTUBEという曲を、30年目を迎えた今ならではの新たなサウンドでお送りする。
 
 
 
 
 
 
tv 『CDTVスペシャル 音楽の日朝までライブ』 (TBS 23:45~)

【出演アーティスト】

 
 
 

 

 06月26日(金) 

 
tvMUSIC STATION(テレ朝 20:00~) 

cd きゃりーぱみゅぱみゅ / もんだいガール
cd ゴールデンボンバー / じれったい
cd JUJU / いとしのエリー , PLAYBACK
cd SEKAI NO OWARI / スターライトパレード , ムーンライトステーション
cd Sexy Zone / Cha-Cha-Cha チャンピオン
cd NEWS / チュムチュム
cd ゆず / 終わらない歌 , 夏色

 

 

 
tv 金曜ロードSHOW!『アベンジャーズ』(日テレ 21:00~)
 
 
 
 
 
tv 『A-Studio』(TBS 23:00~)
 
【ゲスト】西内まりや
 
 
 
 

tvバズリズム(日テレ 深夜0:30~) 

【おしゃべリズム】
cd JUJU
cd シシド・カフカ

【おしゃべリズム】
cd OKAMOTO'S
 
【自撮リズム&LIVE】
cd NU’EST
 
【緊急指令!探リズム!!】
 
【マギーの先取リズム】
藍井エイル / 東雲 DONG WOON from BEAST / SuG / PERSONZ空想委員会 / GOTCHAROCKA / 松岡卓弥 / BAROQUE
 
 
【6月オープニングテーマ】
【6月エンディングテーマ】
 

Tweet(ツイート)    

memories.png

 

 氷室京介、布袋寅泰、松井常松、高橋まことによる伝説のロックバンド、BOØWY。大躍進のきっかけとなり、後の日本のロックシーンを変えたといわれる3rdアルバム『BOØWY』が、オリジナル・アナログ・マスターからテッド・ジェンセン(NY Sterling Sound)による最新リマスタリングによって24bit/192kHz ハイレゾ化リリースされた。30年前の1985年2月26日〜 3月15日、当時まだ東西が“ベルリンの壁”で分断されていたベルリンのハンザ・トンスタジオにて、佐久間正英によるプロデュースのもと、デヴィッド・ボウイの名作アルバム『ヒーローズ』のレコーディングにも参加したエンジニア、マイケル・ツィマリングとともに作り上げた日本のロックシーンにイノベーションを起こした鉄壁のサウンド。その後、ロックシーンはBOØWY前、BOØWY後と分けて語られるようになった。伝説となったベルリン・レコーディングの真相について、BOØWY3rdアルバム『BOØWY』からラスト・アルバムとなった6thアルバム『PSYCHOPATH』までディレクターを担当したユニバーサル ミュージック(※当時、東芝EMI)の子安次郎さんに迫ります。

 

インタビュー&テキスト:ふくりゅう(音楽コンシェルジュ)

 


 

【プロフィール】

子安次郎(こやすじろう)

ユニバーサル・ミュージック 執行役員 Prime Music マネージング・ディレクター 兼 USMジャパン 邦楽カタログ本部 統括本部長
1956年東京生まれ。大学在学中に大滝詠一氏と出会い、「ナイアガラ・エンタープライズ」において、「書生」として学ぶ。大学卒業後、東芝EMIに入社し、3年間の営業部配属を経て、制作部門に異動。薬師丸ひろ子のADなどを担当後、BOØWYを担当。BOØWY3rdアルバム『BOØWY』から6thアルバム『PSYCHOPATH』を制作し、バンドをブレイクへ導く。その後、ウルフルズなどを担当し日本のロックシーンを牽引する。

 


 

BOOWY.jpg

インタビューの様子。(イラスト:牧野良幸)

 

――今回、24bit/192kHzにてリリースされたBOØWY の3rdアルバム『BOØWY』は、1985年の6月22日にリリースされたので、ちょうど30年の節目となりました。このあと8月には、Blu-rayオーディオ盤や高音質CD、重量盤アナログのリリースも控えているそうですが、伝説となったベルリン・レコーディングについてお話を聞かせてください。

子安 ものすごく思い入れの強い作品ですよね。BOØWYに出会わなかったら、とっくの昔に会社をクビになっていたと思いますから(笑)。それに、ベルリンへレコーディングに行く2日前に長男が産まれたんですよ。長男もちょうど今年30歳なので、覚えやすいという(笑)。

――それはすごいタイミングでしたね。子安さんのBOØWYとの出会いを教えてください。

子安 私は当時、どちらかというと歌謡曲・ポップスの制作部にいました。当時、東芝EMIは、BOØWYの事務所であるユイ音楽工房さんに所属していた長渕剛さんや、中原めいこさんをリリースしていました。そんな流れでユイさんのほうから、「(東芝EMIで)バンドをやりませんか?」というお話をいただきました。ディレクターは?となったところで、私が隣の制作部から異動になって、担当することになりました。

――そのころの東芝EMIは、どんなアーティストが活躍していた時代ですか?

子安 やっぱり一番大きいのはユーミン(松任谷由実)、長渕剛さん、甲斐バンドですね。

――その中で、新人バンドで移籍組として迎えられたBOØWYはどういうポジションだったんですか?

子安 実は最初は社内でまったく相手にされてませんでした(苦笑)。当時、ちょうどM-BANDが同じタイミングで移籍してきたんですよ。2つロックバンドが移籍してきて、でも会社的にはM-BANDがイチオシだったんですよね。それは担当として悔しいじゃないですか? だったら逆手にとって「会社の目の届かないところで好きにできるな!」と奮起しました。

――なるほど。それにしてもベルリンでレコーディングって、なかなかない発想ですよね?

子安 なかなかどころか、普通じゃないですよね(苦笑)。BOØWYが移籍してきたときに、進むべき方向性などいろいろ考えたんですよ。とにかくもの凄い才能があるなと。でも才能を全部あらわしきれてない状況が、それまでの彼らにはあったんですね。特にレコーディングに関して。これは誰か兄貴分的に、彼らの才能を引っ張り出してくれるプロデューサーが必要だなと。さて、誰がいいだろうということで候補が3人いて。佐久間正英さん、土屋昌巳さん、伊藤銀次さん。じゃあメンバーに会ってもらおうと。それで最初に会っていただいたのが、布袋さんも会いたがっていた佐久間さんだったんです。でも、佐久間さんは、半分断るつもりだったみたいで(苦笑)。それで「ベルリンでレコーディングするんだったら、やってもいいんだけど……」みたいなムチャ振りをされて。まぁ、そういうことを言えばレコード会社も断るだろうと思ったそうなんですよ。そこで思わず膝を叩いて「それは最高だ!」と答えてしまって(笑)。

――すごい話ですよね。海外レコーディングって滞在費含め、予算的に大変だったんじゃないですか?

子安 これが、意外にも当時のベルリン・レコーディングというのは安かったんですよ。スタジオ代にエンジニア代も含まれていて、なおかつ1週間、2週間とやるとさらに値段が下がって。実際にスタジオを使ったのはレコーディングとミックスで、ちょうど2週間ぐらいでした。そして、結果的にハンザ・トンスタジオでレコーディングしたという経験が、後のBOØWYの成功に凄くプラスになったんです。

――それこそ、ビクターでリリースした1枚目の『MORAL』は一発録りに近かったそうですね。そして、2枚目の『INSTANT LOVE』はメンバーだけの自主制作に近いレコーディングで。実は、BOØWYというバンドは3枚目の『BOØWY』まで、ちゃんとしたレコーディングを経験していなかったということですね。

子安 そうなんですよね。

――そこでいきなり、デヴィッド・ボウイ、ブライアン・イーノ、イギー・ポップ、デペッシュ・モード、ニック・ケイヴ・アンド・ザ・バッド・シーズの名盤が誕生したベルリンの伝説的なハンザ・トンスタジオで海外レコーディングって、ほんと驚きですよね。

子安 プロデューサーの佐久間さんが、環境が大事ということで提案されていたんですね。海外の閉ざされた空間で、音楽だけに集中できる場所の大切さというか。BOØWYのメンバーは佐久間さんにロックな音作りを望んでいたんです。そこで、本物の欧米のロックを生み出している環境を与えるということが、重要だと考えていらっしゃったようですね。

――実際、日本のレコーディングと比べて、現地でのレコーディングはどのような感じでしたか?

子安 エンジニアは、マイケル・ツィマリングというスタジオを支えていたエンジニアが参加してくれました。彼は叩き上げなんですけどすごく優秀で。レコーディングする時ってヘッドフォンをするじゃないですか? 自分たちの出している音をヘッドフォンで聴きながらレコーディングするんですね。その聴こえてくる音が全然違ったんです。メンバー自身がまず驚いたんですよ。最初に自分たちが「ジャーン!」と音を出したときに、それまで彼ら自身が聴いていた音とまるで違ったそうなんです。みんなが驚きの声を出したのをすごく覚えてますね。やっぱり素晴らしい音を聴きながらプレイをすることによって、プレイもどんどん良くなっていきました。スタジオ自体も、ヨーロッパらしい大きな古いビルで。

――もともとナチスの娯楽施設を改良したスタジオだったらしいですね。

子安 壁がとにかく厚くて。普通はスタジオの扉って、ぎゅっと閉め切ったりするじゃないですか? でも、ちゃんと閉まってなくてもいい音なんですよ。石造りの文化ですよね。建物自体の鳴りがものすごく良かったんです。響いてる音がまるで違う。開放的な環境でした。

――初の海外レコーディングで、エンジニアも海外の方というと、メンタル的に大変だったりということはなかったんですか?

子安 メンタル面で大変だったという記憶はないですね。もちろん身振り手振りのカタコト英語でコミュニケーションだったんですけど「音を出せばわかる」みたいな交流が生まれました。そういえば、スタジオの1階のレストランが美味しかったんですよ。そこのメニューでヴィーナー・シュニッツェルっていう、日本のトンカツのような料理があって、非常にホッとする味でした(笑)。毎日それを食べてましたね。2年目からはトンカツソースを持参して、ボトルキープしてもらってました(笑)。

――ハハハ、それはいい話ですよね(笑)。でも当時は、いわゆるドイツを東西に分けた“ベルリンの壁”があった特殊な時代ですよね?

子安 そうなんですよ。ハーヴィス・インターナショナルというホテルから壁ぞいを歩いて3分、スタジオまで毎日通ってました。石炭の匂いがする真冬のベルリンという生活でした。ホテルのドアマンの方が優しい笑顔で迎えてくれたことを今でも覚えています。

――ロンドンで活動されていたフォトグラファーのハービー山口さんも同行されていたんですよね?

子安 そうですね。アーティスト・ヴィジュアルとなる写真を撮っていただきました。

――プロデュースが佐久間さんで、写真がハービー山口さんというのも素敵な巡り合わせですよね。しかもベルリンでという。

子安 その後いろんな面でお世話になる人たちが、このプロジェクトに集まってきてくれていました。

――BOØWYって、ヴィジュアルをすごく大切にされていたアーティストだと思います。ベルリンでの様子を押さえた写真集だったり、映像素材であったり。アーティスト・ブランディングとして、どんなイメージをアウトプットしていこうというのは見えていたんですか?

子安 ヴィジュアルに関してメンバー自身のこだわりがすごく強かったですし、スタッフもそれを理解していましたね。そういう意味での迷いは無かったと思います。ちなみに、ベルリン・レコーディングをコーディネーションしてくださったのが、GSで活躍された加藤宏史さんがロンドンで設立したL.O.E ENTERTAINMENTという会社でした。そこからヴァン・モリソンやミック・テイラー、ケイト・ブッシュなどと共演されたクマ原田さんにつながったんですね。クマさんが現地コーディネーションをしてくださいました。さすがにヨーロッパの暗い感じの空港に降り立ったときは心細かったんですけど、クマさんが空港でにっこり笑ってらっしゃって、ほんと助かりましたね。沢田研二さん、布袋さんのソロ、花田裕之さん、今井美樹さん、高宮マキさん、湯川潮音さんのツアーやレコーディングに参加されてますね。

――クマさんとの出会いはそこでだったんですね。その後も、クマさんとの付き合いが続いていくわけですもんね。

子安 そうですね、いろんな形で続いていきますね。

――そんな環境でレコーディングされた『BOØWY』が、今回24bit/192kHzとして、ハイレゾ音源で配信されますが、聴かれてみていかがでしたか?

子安 ベルリンの素晴らしい環境の中で録った本当にいい音なんで、それが30年たって、時代のいろんな進歩とともに当時のスタジオで録音した環境に近い音で聴けるというのは感動ですね。空気感ってやっぱり大事で、当時の思い出がよみがえってきましたよ。

――今回テッド・ジェンセンによる、オリジナル・アナログ・マスターからのリマスタリングということで、こだわりも感じますね。オリジナルを忠実にされているなと感じました。

子安 そうですね。いいマスタリングをしていただきましたね。本当に、聴き所がたくさんあると思います。まずは、最初の出音、1曲目「DREAMIN’」のリフの鮮やかな響きがすごく印象的でした。

――では、ちょっと聴いてみましょうか。

 

note「DREAMIN’」(試聴

 

子安 いや~、かっこいいですよね(笑)。あの頃のベルリンの空気感がよみがえってきます。

――ハンザ・トンスタジオで録ったからこそこの硬質なビート感が生まれて、その後BOØWY以降、ビートロック的なカルチャーが生まれて80年代末にバンドブームが起きました。佐久間さんも、日本のオリジナルのロックを生み出す方法論をBOØWYと出会ったことで掴んで、その後のプロデュースワークにも活かせたと話されてましたね。子安さんはもともと大瀧(詠一)さん周りで書生として学ばれていたと思いますが、ニューウェーヴなロックと、日本ならではのポップミュージック・センスを上手く融合したBOØWYならではのオリジナルなロックを、どのようにとらえられていましたか?

子安 最初にデモテープを聴かせてもらったときの印象ですね。デモの時点でとても素晴らしかったんですよ。作品もいいし、歌も素晴らしいし、いままでにない新しさを感じていました。これはどこまで化けていくんだろうと、未知な感じがすごくしました。

――布袋さんは、デモテープの時点ですごく作り込まれてきますし、音楽的才能というのをこの時点で感じられたりしましたか?

子安 最初に20曲以上デモテープで聴かせてもらって。これはこういう傾向の曲という風に、方向性として3つぐらいに色分けしたんですね。それを見ても単にビートロックとは括れないような音楽性、スケール感の大きさ、幅の広さを感じていました。それこそ、今回ボーナストラック的に収録されている「“16”」なんかは、そうして色分けした中の2つの楽曲をひとつにしたらどうなるんだろう?みたいなところから始まって生まれた曲なんです。

――なぜ、もともとは別々だった曲(未発表曲の「TEDDY BOY MEMORIES」と「BOOGIE」)をひとつにされたんですか?

子安 みんなでミーティングをしてた時に……、誰が言い出したのかはちょっと思い出せないんですけど、「頭のスローパートと、アッパーなパートをくっつけてみたら面白いんじゃないかな?」って話で盛り上がったんですね。

――かつてのインタビューでも、子安さんがこの曲をとても推していた記憶があるんですけど。

子安 個人的にとても好きな曲なんですよ(笑)。

――「“16”」は、1985年6月1日にリリースされた、シングル「ホンキー・トンキー・クレイジー」のカップリング曲として収録されたわけですが、なぜ当時はアルバムに収録されなかったんですか?

子安 ベルリンでのプロジェクトでは一番最後にレコーディングした曲だったんです。アルバムに先駆け、シングル盤「ホンキー・トンキー・クレイジー」を出す上で、B面はアルバムに入っていない曲にしようということになりました。

――「ホンキー・トンキー・クレイジー」が、BOØWYの1stシングルとなりましたが、この曲についてはいかがですか?

子安 「ホンキー・トンキー・クレイジー」は、メンバーにシングル候補をデモで聴かせてもらったときに、もう一回作り直してくれないかというお願いをしたことがあって……それに応えてくれた作品なんです。そういう意味でも思い入れが強い曲ですよね。

――この曲だけ、作詞作曲が「BOØWY」名義になってるんですよね。

子安 そうなんですよね。レノン=マッカートニーじゃないけれども、みんなでとにかく作り上げた作品ですね。どこが氷室さんで、どこが布袋さんのパートかって考えると面白いかもですね。

――ビートロック・バンドだけではない、オールディーズ的なポップ感をニューウェーヴで料理したかのような、オリジナリティあふれるポップセンスが開花してますよね。

子安 そうなんですよ。引き出しの多さがすごいですよね。あのコーラスワークを含めて、ロックバンドの方法論として画期的だと思いますよ。あと忘れられないのは、とにかく彼らはレコーディングが早かったですね。彼ら自身が、どういう出来上がりになるかっていうのが最初から見えていたんでしょうね。

 

note「ホンキー・トンキー・クレイジー」(試聴

 

子安 ライブでほとんど毎回演奏されていた曲ですね。外人女性のコーラスや、掛け合いでバンド名があったり、BOØWYらしいシングルへのアプローチがみられますね。

――そういえば、ベルリンのレコーディングのあと、ローリングストーンズ、ヤードバーズ、レッドツェッペリン、ザ・フー、キングクリムゾン、イエス、ジミー・ヘンドリックス&エクスペリエンス、ピンクフロイドなどが出演したロンドンの名門ライブハウス、マーキー・クラブで初海外ライヴをBOØWYは行っているんですよね。

子安 そうなんです。ちなみに、私はライヴには行ってないんですよ。メンバーはレコーディングが終わったらイギリスに渡ってライヴをやりました。私と佐久間さんは、マイケルといっしょにスタジオに残ってミックスの作業をやって、終わってからロンドンに合流したんですね。

――合流はされたんですね。

子安 当時はベルリンから日本には直行できなかったんですよ。パリかロンドンかモスクワからしかアプローチできなかった。帰り道だったんですね。

――当時、海外ライヴって画期的だったんじゃないですか? しかも名門マーキー・クラブでなんて。

子安 L.O.E ENTERTAINMENTがコーディネーションしてくれたおかげで実現したんですよね。後に映像集としてリリースした『“GIGS”BOX』に当時の模様が収録されていますね。

――そして、帰国後は4月に赤坂ラフォーレミュージアムで、マスコミを招いたコンベンション的なライヴを行い、6月には無謀といわれながらも渋谷公会堂で初のワンマン公演を成功させるという、ものすごいスピード感で動員を広げていきました。このスピード感を、子安さんはどう感じられていましたか?

子安 1985年歌謡曲全盛の当時、BOØWYのようなロックバンドが、どうやって世の中にアプローチしていくかって方法論は無かったんですよ。当然テレビに出れる場所は無いし、ラジオでもなかなかかかりませんでした。そんな中で大事だったのがライヴで直接ファンに伝えるということ。あと、レコード店の店頭、そして有線。新宿有線で1位を獲ったりしていました。あとはソニーさんが旗振りになって『PATi PATi』など、音楽雑誌が盛り上がってきていたんです。我々が徹底してやったのはこの4つでしたね。

――そして同時期に、レベッカが売れてきたり、TM NETWORKや米米クラブ、バービーボーイズなど、新世代のバンドが同時期に現れて、ジャンルは違えど音楽シーン全体に勢いが生まれつつあったと思います。BOØWYは、動員力だったり常に開拓者として一歩先を走っていた感じがあるのですが、子安さんの中では、80年代中盤に生まれた新しい音楽シーンに関してどのようにお考えでしたか?

子安 振り返ってみてそうなっていたんだなって感じなんです。BOØWYをやってる最中は、とにかく短期間で駆け抜けたバンドだったのでまわりは見えていませんでした。今と違ってネットもないですしね。常にレコーディングして、ツアーしてプロモーションをやって……という繰り返しで。一切振り返ることがなかったんですよ。とにかく目の前にいるファンの人たちを信じて、作品を届け、ライヴをすることが最大のテーマでした。

――そうですよね、1985年に3rdアルバム『BOØWY』をリリースして、1986年には武道館でワンマン、1987年のクリスマスに渋谷公会堂で伝説の“解散宣言”をしてしまったワケですもんね。実質3年で駆け抜けたという。短いといえば本当に短い。

子安 そうなんですよ。いま、同じようなことを他のバンドでやろうとしても絶対にできないと思います。あの奇蹟的なスピード感というのは。

――それこそ、佐久間さんとの出会いであったり、成長のきっかけとなった海外レコーディングなど、いろんな要素が上手く噛み合ったということなんでしょうね。

子安 結果として彼らのすごい才能がどんどん外に外に広がっていったということが最大の成功の理由なんでしょうね。

――才能ということでいうと、「BAD FEELING」という曲は布袋さんがソロで歌い継がれてますが、この印象的なイントロのギター・カッティングであったり、パーカッシヴでグルーヴィなファンクチューンというのは「只者じゃない!」ですよね。日本の曲でああいうセンスって今を持ってなお無いですよね。

 

note「BAD FEELING」(試聴

 

子安 ほんとそうなんですよ。3ピースのギターバンドでの表現として驚きますよね。いかに音楽性が高かったかがわかると思います。BOØWYならではのオリジナリティですね。ハイレゾだと、アタック感が絶妙に伝わってきますね。

――レコーディングでは、様々なアプローチがあったと思いますが、「黒のラプソディー」ではパブロックっぽい要素だったり、「BABY ACTION」はリズミカルなナンバーだったり、「唇にジェラシー」は氷室さんらしい艶やかなナンバーなど、いろんな要素が詰め込まれています。ディレクターとしてBOØWYを形にしていく上で、子安さんの中で大事にされていたことは何ですか?

子安 私がやったことっていうのは、彼らが才能を発揮できる環境をつくるっていうことだけだったと思うんですよ。彼らが才能を発揮してくれればそれが一番いいワケなんで。そこが一番気を使ったところですね。

――この『BOØWY』というアルバムは、10曲中半分が氷室さん曲というバランスで成り立っているんですよね。その中で「CHU-RU-LU」という曲は、氷室さんと松井さんがアマチュア時代に在籍していたデスペナルティというバンド時代に制作された「ブルー・シガレット・ラブ」という曲が原曲で、BOØWY以前からあった曲なのですが、この曲のデモが3バージョンほど海賊版として出回っていて、聴いているとBOØWYというバンドが、ニューウェーヴの洗礼を受けて出来上がっていく過程というのが見えるんですよね。最初すごく歌謡テイストだったものがどんどんセンスが生まれ変わっていくんですよね。

子安 なるほどね。私の出会いは3枚目のこのアルバムからなので、それ以前はわからないんですけど、そのお話はわかるような気がします。3枚目の『BOØWY』というアルバムは、彼らのこれまでとこれからが絶妙に交差している作品ですね。そして、翌年のリリースとなる4thアルバム『JUST A HERO』でバンドとして完全に覚醒していきます。

――ですね、覚醒という意味では「DANCE CRAZE」という布袋さんのソロボーカル曲がアルバム『BOØWY』に入っているのはインパクトがありました。デモでは、実は氷室さんヴァージョンもあるんですよね。

子安 みんなでミーティングをして「これは布袋さんが歌ったほうがいい」と一致した意見だったと思いますね。このアルバムはいま仰られたように、いろいろヴァリエーションがあるんだけれど、別の言い方をすればひとつの色で統一されている。そこがBOØWYらしさを生んでいてすごいなと思いますね。

――それこそ、3枚目にしてはじめてバンド名をタイトルにつけていますよね。

子安 事務所もレコード会社も変わって、心機一転再スタートという意味合いは強かったのでしょうね。変な大人にもう騙されないぞっていう決意もあったのかな(苦笑)。

――4人の目が並ぶというアートワークもすごくインパクトがあるんですけど、どうやってこういう形になったんでしょうか?

子安 これはもう亡くなってしまった私の同期なんですけど、デザイン部にいた小林さんという方が出してくれたアイデアなんですよ。初めて、事務所のユイ音楽工房の会議室でメンバーと会ったときに、とにかく目の力の強さをすごく感じたんです。迫力があるので怖かったんですよ。向こうからすれば「どうせまたレコード会社の人間に俺たち騙されるんじゃねえか?」みたいな、そういう穿った目で見ている感じがひしひしと伝わってきまして(苦笑)。なおかつ、「子安さん、いままでどんな(アーティストを)担当をされてたんですか?」となって「えーっと、薬師丸ひろ子さんです……」と言ったらみんな椅子から転げ落ちそうになって(笑)。「俺たちロックバンドなのに!」みたいなことでね。

――ハハハ(笑)。当時、子安さんって何歳ぐらいだったんですか?

子安 1985年ということは……、28歳ですね。アートワークが目をフィーチュアしていたのは象徴的でしたよね。

――このアルバムの中で代表曲といえば「CLOUDY HEART」があります。この曲は元々はライヴでもやられていた曲で、「ROCK'N ROLL」というタイトルだったんですよね。

子安 そうなんです。レコーディングしている最中もまだ「ROCK'N ROLL」という曲名でした。でも、エンジニアのマイケルが氷室さんの歌を聴いて「これはCLOUDY HEARTな感じだね」と言ったんですよ。

――この曲は、子安さんにとっても思い入れの強い曲なんじゃないですか?

子安 いやあ……もうすごく強いですよね。このアルバムは「DREAMIN’」から始まって、この「CLOUDY HEART」で終わっていくわけですけど、この曲はやっぱりBOØWYの、彼らにしかできない世界観を持っているし、彼らが解散するっていうのがわかったときにBOØWYの最後の曲はこの曲にしたいなと勝手に思ったことがありました。

――なるほど。

子安 1987年にシングルで「MARIONETTE」が出て、6thアルバム『PSYCHOPATH』も出て。会社からはこのアルバムを売り伸ばすために、アルバムから一曲シングルカットしろと、当時の上司の石坂敬一さんからありました。石坂さんは「PLASTIC BOMB」がいいとアドバイスを頂いたんですが、その時実はすでに解散することが決まってたんですね。でも、石坂さんにも誰にも言えなかったんですよ。そんなこともあって解散ということだったら、やはりA面は「季節が君だけを変える」だろうと。で、シングルなのでB面があるわけですけど、ここは彼らの最後の作品だから……A面が終わってB面ですべてが終わるから「CLOUDY HEART」しかないと。少し音も足したりして……、メンバーにとっても我々スタッフにとっても、もの凄い思い入れの深い作品ですよね。

 

note「CLOUDY HEART」(試聴

 

――あらためて、音がいいですよね。ポイントは、イントロのアルペジオの音の響きですよね。

子安 いいですよねぇ。当時のライヴでは、この曲の前に氷室さんのMCが長かったんですよね。いろんなことを思い出しますね。何より大事なのは、音だけじゃなくてベルリンの空気感がこの中に入ってるということですね。それがすごく感じられます、この音像に。

――以前、氷室さんにロング・インタビューをさせていただいたときに、子安さんのことを伺ったら「大事な友達です」と言われていて。そんな子安さんから見て氷室さんというのはどんな方なのでしょうか?

子安 とにかくとんでもない才能を持った方ですね。あの声は唯一無二のものだし。ものすごく情熱を持ってる方だし。触ると火傷するぐらいのエネルギーを持たれていますね。

――その勢いで引っ張っていったところもありそうですもんね。布袋さんはどんな方だったでしょうか。

子安 氷室さんとはまた違った才能の塊の人ですね。レノン=マッカートニーじゃないですけど、フロントの二人が違った才能だったからこそ、バンドは掛け算以上のものになったのでしょうね。布袋さんは、プレゼン能力も高いんですよ。説明というのがすごく上手いですよね。だからうちの会社では、これは冗談ですけど、うちの会社の営業部長をやって欲しいぞって感じで(笑)。天才的なプレゼンテーションをされますよね。

――じゃあ、松井常松さんは?

子安 松井さんは、すごいピュアですよね。後のソロアルバムにも佐久間さんと作り上げた名盤がありますね。それこそ、アルバム『BOØWY』のレコーディングで佐久間さんにみっちりしごかれ。ベーシストとしてのスタイルが確立されていきました。

――高橋まことさんについてはいかがでしょう?

子安 最高のドラマーであり、最高のキャラクターですよね。とにかく彼がいるからBOØWYってやっぱりBOØWYなんだなっていう。他の3人にないあのムードメーカーなノリですね。たまにレコーディングで、ドラムを叩いてたと思ったらいきなり大声で叫び出して、何事かと思ったら自分の足を打ってたっていう(笑)。バスドラムの音がだんだん小さくなるから変だなと思ったら、叩いてるうちにバスドラムが前に動いてたりとか(笑)。そういう愉快なネタを提供してくれて、スタジオが非常に和むんですよ。

――いまの時代、アナログもまた盛り上がりつつあり、8月には音の良い重量盤のアナログもリリースされますが、高音質CDやBlu-rayオーディオ盤など、オーディエンスの需要に応えることって素晴らしいことだなと思います。次世代への音楽文化の継承にもつながるんですよね。CDに変わる音楽を楽しむフォーマットは、音楽配信やストリーミング・ビジネスなど、いまは本当に過渡期だと思いますが、そうした中で『BOØWY』という作品を高音質なスタイルでリリースできるということは、当時ディレクターだった子安さんとしてどのような感覚なのでしょうか?

子安 時代が進歩して、様々な高音質なフォーマットで聴いて頂けるというのはスタッフ・サイドとしてもすごくうれしいことです。特にこのアルバム『BOØWY』は、最初から最後までアナログでレコーディングしているので、そんな意味ではハイエンドに最も対応している作品なんですよ。

――アルバム『BOØWY』が、24bit/192kHzハイレゾ化されたことは、ファンにとってうれしいと同時に、新たなリスナーの方が聴くきっかけにもつながると思います。あらためてBOØWYの音楽性の高さが伝わると嬉しいですね。あと、最後にお聞きしたいのが、当時の東芝EMIの制作部では、洋楽制作部時代にザ・ビートルズやピンク・フロイドを手がけ、原田知世、薬師丸ひろ子、本田美奈子らを育て、クリエイションを海外で売り出し、音楽業界に大きな貢献をされた石坂敬一さんがボスだったと思いますが、今作『BOØWY』のレコーディングにおいてどんなやり取りがありましたか?

子安 石坂さんご自身が元々欧米のロックを日本に紹介されていた方なんですね。「お前ら、ディレクターはとにかく海外に行かなきゃダメだ!」という持論をお持ちだったんですよ。普通なかなか海外レコーディングって社内では言い出しにくかったりするんですけど、石坂さんはチャンスがあるんだったらとにかく行けと。絶対にプラスになるからいろんなことを吸収して来いと。すごく背中を押してくれましたね。

――そうなんですね。

子安 その代わり、当時はパソコンも、FAXすらまともになかった時代なので。海外に行った際は、毎日電話で報告をしなきゃいけなかったんです。だから石坂さんが会社に出社されたころを見計らって、ベルリンで深夜に、毎晩メンバーがみんな見てる中で電話していました(苦笑)。制作費を抑えるために、私と事務所の糟谷(銑司)さんとマネージャーの土屋さんは3人部屋で、メンバーはそれぞれ2人部屋で、佐久間さんは1人部屋でした。夜は広いところということで、わたしがいた3人部屋にみんなで集まってお酒を飲んだりしてたんですよ。そのタイミングで必ず電話しなきゃいけないという(苦笑)。

――ちょっと緊張しますよね(苦笑)。ベルリンでは観光的なこともできたんですか?

子安 スタジオがあったのが西ベルリンなんですが、観光客は24時間だけ東ベルリンに行って帰ってこれるという制度があったんです。「じゃあ子安さん偵察してきてよ!」ってことになって(笑)。ひとりで東ベルリンに行きました。ドイツ語かロシア語しか通じなくなるんですね。心細いのですが、カフェとか見つけてお茶飲んだりケーキ食べたりして、帰ってメンバーやスタッフに報告しました。で、次の日に残りの全員で行ってましたね。なので、東ベルリンでの撮影の際は僕だけ留守番してました(笑)。

――では、最後にアルバム『BOØWY』秘話を是非……。

子安 そうですねぇ。細かいことですよ。当時は24チャンネルのアナログ・マルチトラック・レコーダーで録音してまして。レコーディングが終わって、メンバーはロンドンに行って、今度はそのテープのミックスダウンが始まったんですけど……なぜか、なぜだかはいまだにわからないんですけど、その前に使っていたエンジニアが、テープレコーダーの1chから24chと、通常の逆につないでいたんですよ。なので、マイケルがマスターに信号を入れる作業をやっていて、空いてるチャンネルに信号を入れ始めたんですけど、何か変だと急に言い出して。テープが逆にセットされていたことに気がついたんですね。そこで、なんと音が入ってるところに信号を入れてしまったんですよ。で、青ざめて「俺はもう一生このまま西ベルリンから帰れない……」と絶望したのを覚えています(苦笑)。結果、ラッキーだったことにドラムのエフェクトした音のチャンネルだったので、それはミックスのときに再現できたんですよ。これがもしボーカル・トラックだったらと思うと、冷や汗どころじゃないですね……。

――まさに不幸中の幸いという奇跡的なお話です。いろんなことがありつつ完成した作品だったということですね。貴重なお話をありがとうございました。

 


 

『BOØWY+1』

M.01 DREAMIN'
M.02 黒のラプソディー
M.03 BABY ACTION
M.04 唇にジェラシー
M.05 ホンキー・トンキー・クレイジー
M.06 BAD FEELING
M.07 CHU-RU-LU
M.08 DANCE CRAZE
M.09 ハイウェイに乗る前に
M.10 CLOUDY HEART
M.11 “16”

btn_buy.jpg

moraへの新規ご登録はこちらから!

 

 


 

「匠の記憶~Memories of Legend~」バックナンバーはこちら

 

 

[6/26]moraメルマガ配信情報☆

Tweet(ツイート)    

     
  mail magazine  
  2015.06.26 Fri.  
みなさんこんにちは~!洋楽担当のDaHaです(^O^)/
女性向けハイレゾサイト「OTJ(オト女)」がついにスタートしました!
ハイレゾの新しい楽しみ方をファッションやビューティなど多彩な視点で紹介していきます!
6/23発売のファッション雑誌「Soup.」にも掲載されているのでチェックしてみてください♪
女性向けHi-Resサイト「OTJ(オト女)」
  clown 最新デイリー(6/25)ランキング  
  単曲TOP5   SUN/星野 源   Ring of Fortune/佐々木恵梨  
      1st 星野 源   2nd 佐々木恵梨  
      SUN   Ring of Fortune  
  シュガーソングとビターステップ/UNISON SQUARE GARDEN   春擬き/やなぎなぎ   ロマンスがありあまる/ゲスの極み乙女。  
  3rd UNISON SQUARE GARDEN   4th やなぎなぎ   5th ゲスの極み乙女。  
  シュガーソングとビターステップ   春擬き   ロマンスがありあまる  
 
  アルバムTOP5   D'AZUR/藍井エイル   D'AZUR/藍井エイル  
      1st 藍井エイル   2nd 藍井エイル  
      D'AZUR
※ハイレゾ音源です。
  D'AZUR  
  Emotion/Carly Rae Jepsen   BOφWY+1/BOφWY   C、Dですと!?/GReeeeN  
  3rd Carly Rae Jepsen   4th BOφWY   5th GReeeeN  
  Emotion   BOφWY+1
※ハイレゾ音源です。
  C、Dですと!?  
 
  今週の注目!  
  星野 源全曲配信スタート♪   「ハイレゾを、体感せよ。」キャンペーン   Hi-Res Fresh Live  
  星野 源全曲配信スタート♪   mora×ビットキャッシュ
「ハイレゾを、体感せよ。」キャンペーン
  mora主催
Hi-Res Fresh Live"Juicy"
 
  最新ヒット曲「SUN」を始めとする全11タイトル!
moraPCサイトを絶賛ジャック中!
  「マイビットキャッシュ」でのお支払いでハイレゾ対応機器やビットキャッシュが当たる!   フレッシュなアーティストが出演!抽選で100組200名をご招待!  
mora TOPIC トップへ
moraに戻る
Facebookページへ
mora公式Twitterページへ
ページトップへ
▲ページの先頭へ戻る