最新のトピックスへ Facebook Twitter

[5/20]KEYTALKがTALK!!mora限定インタビュー

Tweet(ツイート)    

pc_keytalk_20150520.jpg

今やロックシーンで話題が止まらない!LIVEで鍛え上げたパフォーマンスは多くのロックファンを唸らせファンを劇的に増殖させ、各メディアからも絶賛、高評価を得ているKEYTALK。TOUR・フェスで確実に人気を掴み、2015年10月28日(水)に初の日本武道館公演が決定した彼らが遂にmoraに登場flair
メンバー4人全員が作曲を手がけ、一曲一曲で彼らの熱い個性が止まらない渾身のニューアルバム『HOT!』の事、ハイレゾ試聴~メンバーのフェチ情報(笑)まで盛りだくさんにTALKしてくれましたsign03

 

lr_-8._600.png

KEYTALK(L to R)

八木優樹 a.k.a. オムスター / 涙の貴公子センチメンタル八木 / てか八木 改め 八木三世 / アルバラーバ八木 またの名を はちもく 兼 八本木(Dr./Cho.) 

寺中友将 a.k.a. 巨匠・アーロン寺中 またの名を どうせパスタ 改め 損 悟空(Vo./Gt.)
首藤義勝 a.k.a. おしゃれ番長 改め 文学少年 改め 宇宙人 改め ジョニー義勝 またの名を えんぴつ 改め さやまん(Vo./Ba.)

小野武正 a.k.a. ぺーい / ぷーき またの名を 個性の消しゴム(Gt./MC/Cho.) 

 

 

——まず、今回のアルバムタイトルを『HOT!』にした理由を教えてください。

小野(Gt./MC/Cho.):収録曲も、曲順も全て決まった後に(タイトルを)決めました。色んな案がある中、アルバムが「YURAMEKI SUMMER」から始まったり、「夏感」もあるとか、いろんな「熱さ」があるねというところからキーワードを出していって、あまり季節感を押し出しすぎないように季節が特定できる単語を入れないようにしました。最終的にアルバムのどの曲にもいろんな熱量・熱さがあるというところで、『HOT!』というタイトルになりました。
 
 

——普段の曲作りについても訊いていきたいのですが、皆さんの中にルールはありますか?

小野:これといってルールはないんです。デモを作るメンバーのアレンジだったり、構成であったりを頭の中から起して、そこからバンドで合わせるという形なのでデモが上がってきたら、作業自体はすごくスムーズに進みますね。

 

——リリースが立て続けにあると締切に追われたりすると思うのですが、スケジュール設定も自分で?

小野:自分たちで設定してやっていきますね。今回でいうと、「桜花爛漫」はアニメのタイアップもあって去年の年末から動き出しました。その締切に間に合うにはこの日程で曲出しして、レコーディングしたりっていう日程を見て、スケジューリングしていくっていう感じでしたね。

 

——アニメタイアップは、バンドとしても初めてですが作り方に何か違いはありましたか?アニメの内容にそった歌詞やフレーズを入れていこうとか。

首藤(Vo./Ba.):そうですね…オーダーは何個かあったんですけど、それ以外は“KEYTALKさんらしく自由にやってください”と言っていただけたんで、特に何か制限があるわけでもなくて。むしろたくさん曲を作っていた時期だったんで、「このアニメの主題歌になる」という縛りがあった方が曲が作りやすかったですね。

 

——なるほど。少し話は変わりますが、ツインボーカルでやられていて、歌い分けはどのようにされていますか?デモの段階で決まっていますか?

首藤:基本は作曲者が決めるようにしてます。声が合う方だったり。僕であれば自分が作った曲は、純粋に自分が歌った方がいいなとか、自分が歌いやすいなと思ったところは自分で歌うようにしたりします。曲を作る人によって決め方はいろいろだと思います。

 

——アルバムの楽曲に関してですが、「YURAMEKI SUMMER」、まさに一曲目でどん!と来る感じがあって夏にぴったりの曲だと思うんですが、制作時は夏ではないですよね?

小野:曲を作り出したのは昨年11月頃で、具体的にレコーディングという形でスタジオに入っていったのは2月からですね。

 

——冬ですね(笑) 夏っぽくするために、レコーディングにはハーフパンツで行ったりとか?

小野:まさしく(笑)おっしゃるとおりでございます。

首藤:僕はこの曲だけボーカルのレコーディングで歌うとき、Tシャツ・短パン・サンダルという格好になりました。形から入ろうと思って(笑)。結果いい空気感が出たと思います。

 

lr_-3.png

 

——女の子の画が浮かぶ感じの曲だと思うんですが、ずばり皆さん、何フェチですか?一方的に訊くのもあれなので、先に僕のフェチを発表しますと「リクルートスーツ」×「スクーター」ですね。

一同:(笑いながら「何をおっしゃってるんですか(笑)」「めっちゃウケる。」「新しい……。」)

八木(Dr./Cho.):僕は「歩き方・走り方がキレイな人」ですね。スポーツ選手みたいに筋肉を使って歩いてる感じの人が好きです。男女問わずそうなんですけど。

寺中(Vo./Gt.):僕は基本的に「脚フェチ」なんです。やっぱり夏、太ももあたりの、ピッタリくっついてるんではなく、湾曲?しているというか、開いている感じがいいと思います。

 

——はい、ありがとうございます(笑)。またアルバムの楽曲の話なんですが「キュビズム」というのは変わったタイトルだなと思ったのですが。

小野:これは美術用語で、ピカソとかの画法で色んな方向から見た顔を、ひとつの平面に収めて描いたりするものなんですね。その言葉を世の中における本質、といったものに置き換えていろんな側面があるけど、ひとつの本質につながっているんだよ、捉え方はひとつじゃないんだよという意味合いを持たせました。

 

——結成してから、大きな喧嘩やぶつかり合いはしたことがありますか?

八木:僕すごい遅刻癖があるんですけど、二十歳くらいのとき、何の連絡もしないで30分とか平気で遅刻してて、それをリーダーの武正(小野)に一回滅茶苦茶怒られました。そこから…メールするようになりました。

一同:(笑)

 

——遅刻は直っていない、と。

八木:遅刻は、直ってないです(笑)

小野:それだいぶ昔に全く同じような事があったの覚えてるんだけど。高校生くらいだったかな?

八木:…なんだっけそれ?覚えてないわ(笑)

小野 首藤 寺中:(怒られたのに)響いてない(笑)

 

——プライベートなことですが、アルバムタイトル『HOT!』にかけて、自分の中で今ホットな、ハマっているものはありますか?

八木:サーフィンを今年の夏にやりたいです。野性味のある男=サーフィンという短絡的な考えなんですけど。去年もやりたいって言ってやらなかったんですが、今年はほんとにやろうって思ってます。サーフィンしてる人が身近にいて、やり始めてからその人は輝きだしたのでなんかいいなと思いました。

 

——もう、準備は?

八木:全くしてません(笑)。いきなり道具買うのもな、と思って最初はレンタルで。

寺中:腰、引けてんじゃん(笑)

 

——今回のアルバムを聴いて新しいファンも増えると思うのですが、初めてKEYTALKのライブに行くという人に向けて楽しみ方のポイントや気をつけてほしいことがあれば教えてください。

小野:「MONSTER DANCE」は振りがあったり、「YURAMEKI SUMMER」でコール&レスポンスや掛け声があるので、覚えてもらって一緒にやるとすごく楽しめるかなと思います。ぜひともマナーを持って、そして全力で楽しんでもらえるとみんなハッピーに最後まで終われるんじゃないかと思います。

 

——全国をツアーで回られてると思いますが、各地で楽しんでいることはありますか?

八木:ボウリングですね。時間があるときはメンバーとスタッフ、時には対バンの人も交えてボウリング場に行くのが楽しいですね。行きたい奴が行くというスタンスなんですけど、だいたい4人ともいますね。

 

——前回対バンツアーをやられてたと思うのですが、ずばり次回対バンをやってみたい方は?ジャンルも関係なくでいいので。

首藤:「番外編」なんですけど、お笑いコンビのシソンヌさんが大好きでみんなハマってた時期があって、一緒にやりたいみたいな話をしてましたね。異種格闘技戦みたいなこともすごく興味があります。

 

——ありがとうございます。では最後に、ハイレゾ音源通常音源を聴き比べてもらおうと思います。では順番に、お願いします。

 

4nin.png

musicKEYTALK 順番に試聴中music(楽曲はメンバーのリクエストで「YURAMEKI SUMMER」)

 

——ハイレゾ音源、いかがでしたか?

寺中:一個一個の音が特にはっきり聴こえました。

 

——そうなんです。よく聴くと色んな音がハイレゾの方には詰まっているんです。ドラムのハイハットなんかがわかりやすいと思うんですけど。普段皆さんがライブ等で演奏しているのが「生」の音だとしたら、CD等ではそこから文字通り「圧縮」するのですが、ハイレゾはしていないんです。

一同:(頷く)

 

——では改めて、今後の活動、アルバムやツアーについて一言ずつコメントを頂ければと思います。

小野:もっと耳が良くなるようにいろんな音楽を聴いて(笑)、アルバムを引っ提げてのワンマンツアーなのでしっかり『HOT!』の良さを伝えられたらいいなと思っております!

首藤:ほんとにいいアルバムができたのでKEYTALKのことが好きな人も、知らない人も、嫌いな人も聴いてほしいと思います。よろしくお願いします!

寺中:バンドマンはライブをすればするほど、爆音でやればやるほど耳は悪くなっていくので耳が悪い程いいバンドマンだと俺は思います(笑)。そこを目指して、この『HOT!』も、ガンガン広めていきたいなと思います!

八木:ライブで輝ける曲たちが『HOT!』には入ってるので、その輝きを存分に皆さんに伝えたいと思います!よろしくお願いします。
 
 
lr_-2_600.png
 
 
0004026906.200.jpg

   「HOT!」

   note 通常音源                     btn_artist_page.png  
 

 

[同じカテゴリの最新トピックス]



※現在、新規コメントの投稿は休止しております。

mora TOPIC トップへ
moraに戻る
Facebookページへ
mora公式Twitterページへ
ページトップへ
▲ページの先頭へ戻る