最新のトピックスへ Facebook Twitter

[5/20]WEAVERメールインタビュー!新曲「くちづけDiamond」ハイレゾ配信!

Tweet(ツイート)    

修正_WEAVER_20150520.jpg

WEAVERの新曲「くちづけDiamond」が5月20日より通常&ハイレゾ同時配信sign03
そこでメンバーのみなさんに新曲のことやツアーのことなど、あれこれいっぱい聞いちゃいましたsun

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

★新曲について★

——新曲「くちづけDiamond」はTVアニメ「山田くんと7人の魔女」OPテーマとしても放送されていますが、どのように制作されましたか?

杉本:このお話を頂く以前に出来ていた曲なのですが、このマンガを少し読んでこの曲が持っているオープニング感、高揚感がすごくハマると感じたので、改めてアレンジし直しました。
もともとはサビもなくもっと北欧系サウンドを目指した抽象的な曲だったので、煌びやかさだったりPOPさを意識してかなり変えていきました。

河邉:この歌詞に出てくる男女は、二人の関係を他人に見せることができない関係なんです。なので形に残る指輪を渡したり写真に残すことができません。
そうしたストーリーの中で、ダイアモンドの代わりに相手の指にくちづけを渡すという映像を考えながら歌詞を書きました。

 

——歌詞に「僕だけに見せる表情を もう見つけたんだよ」とありますが、自分だけに見せてほしい彼女の表情はどんな表情ですか?

杉本:寝顔。1日の全てが終わるその表情を見ていたい。

奥野:飾らない喜怒哀楽の表情全て。

 

——moraユーザーに、注目してほしい曲のききどころ教えてください。

杉本:2サビ後からの四つ打ちの中、変拍子で進行していくポリリズムがメインリフに開けていくところがストリングスのメロディーラインがスリリングさをさらに引き立てていてプレイしていてもすごく気持ち良いです。

奥野:ピアノバンドならではのイントロと、耳に残るキャッチーなサビ。ところどころに散りばめられた音楽玄人もニヤリとなるようなアレンジ。

河邉:一聴するとシンプルに聴こえる曲ですが、よく聴くとそれぞれの楽器が複雑なフレーズを弾いていたりします。
そこも是非チェックしていただきたいですね。

 

——映画「ライアの祈り」の主題歌にもなっている「Beloved」は、どんな人に、またはどんな時に聴いてほしいですか?

杉本:自分に悩んで迷っている人、何も信じられず孤独に押し潰されそうな人、そんな人たちの目の前の世界を少しだけでも変えられる楽曲が出来たと思います。

奥野:愛がテーマである以上、その対象が恋人であれ、家族であれ、友人であれ、全ての人に共感してもらえる曲だと思います。

河邉:想いをうまく伝えられないという悩みを持っている方にも是非聴いていただきたいです。
この曲の歌詞では、愛について、またそれを伝えるということについて書いています。

 

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

★ご自身について★

——それぞれ楽器(ピアノ・ベース・ドラム)を始めたきっかけは?

杉本:母がピアノの先生で生まれた時からすぐそばにピアノがありました。3歳ぐらいから自分で耳コピして適当に弾いていたみたいです。

奥野:中学生の頃に、仲の良かった友人と学校のイベントでバンドを組むことになり、誰もやる人がいなかったベースを僕がやることになったのがきっかけです。

河邉:中学生の頃の音楽の授業で、好きな楽器を選んで合奏しようという時間がありました。
その時にあったドラムがとにかくかっこ良く見え、休み時間なども先生に聞きにいって練習していたことを覚えています。それがドラムを始めたきっかけです。

 

——「WEAVER」には"音楽を紡ぐ人"という意味が込められているようですが、どういった経緯で付けられたのでしょうか?

杉本:もともとは「WAVER」という名前だったのですが、初めてライブハウスに出演した時に、スタッフさんがバックステージパスに間違えて「WEAVER」と書いたのがきっかけです。知り合いのお客さんが「オシャレな名前だね」と言ってくれて、帰って調べるとすごく良い意味だったのでこれになりました。

奥野:僕らは自分たちの音楽について、一曲聴き終わった時、まるでショートフィルムを見たかのようなドラマティックさを理想としている部分があります。
音と言葉で物語を紡いでいく、自分たちの音楽性にピッタリだということで、このバンド名に決まりました。

 

——3人は神戸高校の同級生ということで、今までで一番大きな喧嘩はどんなことでしたか?

杉本:ほんとにないです。強いて言えばメンバーに何も言わずフジロックに行っていたら何故か河邊にちゃんとメンバーに言ってから行ってと怒られた事くらいです(笑)

奥野:スタジオで音楽のことについて対立して険悪になることはありますが、喧嘩はないですかねー。

河邉:高校生の頃はもう一人メンバーがいて、四人組のバンドでした。そのもう一人のバンドメンバーが抜ける時は寂しくて、まだやろうよ、とみんなで引き止めたり涙を流していた記憶があります。

 

——音楽面で自分たちの強みと思っていることは?

杉本:振れ幅の広さ。様々なジャンルを消化して楽曲をアレンジ出来るので、ライブでいろんな魅せ方が出来る。

奥野:ピアノ。ライブでのエンターテインメント性。

河邉:一つのジャンルにくくれない、多彩な面があるところだと思います。

 

——普段よく聴く曲・またはアーティストは?

杉本:DaughterJames BlakeRadiohead

奥野:Coldplay, Sigur Ros, Kodaline, The Killers, Copeland, Victor Wooten, Marcus Miller, Dirtyloops

河邉:高校生の頃に聴いていたBUMP OF CHICKENやASIAN KUNG-FU GENERATIONは今でもヒーローです。YUKIクラムボンも昔から聴いてます。
洋楽ではKeaneColdplayが好きです。歌詞が理解できるようになって、より一層楽しくなりました。

 

——心に残るアドバイスは誰の、どんな言葉ですか?

杉本:スタッフに言ってもらった「期待に応えて予想を裏切れ。」です。

奥野:親の、生きてりゃ何とかなる。という言葉。

河邉:神戸のVARITという地元のライブハウスの方に、いつも「ライブは生き様だ!」と教えられていたことが今でもライブに対する価値観の根っこにあります。

 

——ハイレゾで聴いてみたいアーティストは誰ですか?

杉本:The xx
あの音の空間の隅々から彼らの息の根まで感じ取りたい。

奥野:BjorkSigur RosColdplay, Avicii, Zedd

河邉:Donald Fagenをハイレゾで聴きたいです!良い音!

 

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

★ツアーについて★

weaver_topix3.jpg weaver_topix2.jpg weaver_topix4.jpg

——ツアー名は「Bring A Diamond ~Sing Like Dancing In Your Home!!~」ですが、ライブのコンセプトや、タイトルにこめられた想いを教えてください。

河邉:タイトルには、みんなの住む場所までDiamondを届けたいという気持ちが込められています。
Diamondとは僕らの音楽であったり、一緒にライブで過ごす時間であったり、またそのキラキラの思い出であったり、そんな輝かしいものを共有し合えるツアーになればと思っています。

 

——ここまで振り返っていかがですか?ファンのみなさんの反応を含めて、今の感触は?

奥野:今回のツアーは長い間ライブをしに行けていないところや、初めて行く場所ばかりだったので、ファンのみなさんの熱気もすごくて、ずっと待っていてくれたんだなっていうのをすごく感じて、またすぐに戻ってきたいな、という気持ちになりました。

 

——会場が違うと、雰囲気も変わりますか?

杉本:やはり初めての会場はいつも以上の緊張感があったり、そうでなくても例えば大きなお祭りのある場所は盛り上がり上手だったり、やはり土地柄が出ます。

 

——現在まで多くのステージをこなしてきているかと思いますが、人前に立つことは慣れましたか?またライブの開演前は緊張しますか?

杉本:慣れてはきてると思いますが、それと同時に成長するほどに緊張は大きくなっている気はします。もちろん単純にステージが大きくなってるというのもありますが、伝えたいこと、やりたい事が増える分だけその責任感は大きくなります。

奥野:多少の緊張感はいつも持っていますが、集中力を発揮するのに丁度いい程度です。自分たちがやってきたことを信じて、あとはとにかく音楽を楽しむという感覚でステージに立っています。

河邉:随分慣れたと思いますが、今でも緊張します。緊張は良い方向に働かせられるのなら悪いことではないと思いますが、身体がかたくなってしまうのは良くないなと思います。今でも日々の課題です。

 

——ライブ前に必ずする ゲン担ぎのようなことはありますか?

杉本:鳥の油が良いらしく唐揚げを必ず食べます。

河邉:アミノ酸を飲みます。集中力が上がるといわれていますが、それ以上に気持ちの面が大きいです。

 

——観にきてくれたファンのみなさんにメッセージをお願いします。

杉本:ハイレゾ然りオーディオにこだわりだすと本当にキリがないですが、より良い音で僕たちの音楽を聴いてもらえる事ほど幸せなことはありません(笑)僕らの呼吸を感じてください。そしてライブでその音を全身で浴びに来てください!

奥野:ライブをするたびに、この瞬間のために、この景色を見るために音楽を続けてきたんだ、といつも実感します。本当にありがとう!
またライブであなたの素敵な笑顔を見られるのを、心から楽しみにしています!

河邉:今回のツアー中、改めて観に来てくれる方がいるからライブは、そして音楽は成り立つんだなぁと思います。
感謝の気持ちを言葉ばかりでなく、ちゃんと音にして、感動にして届けられるように頑張りますね!
これからもよろしくお願いします!

weaver_topix1.jpg

Photo by 田浦ボン

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

♪くちづけDiamond♪

flair通常音源flair flairハイレゾ音源flair
tujo_WEAVER_200.jpg

high_WEAVER.jpg

1.くちづけDiamond
アニメ「山田くんと7人の魔女」のオープニングテーマ
2.Beloved
映画「ライアの祈り」主題歌
3.Inception

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

★WEAVERプロフィール★

topix_WEAVER.jpg

杉本雄治(Vo, Piano)、奥野翔太(B)、河邉徹(Dr)の3人からなる神戸出身のスリーピースピアノバンド。2004年に高校の同級生同士で結成され、2007年に現在の編成となり、ライブハウス神戸VARITを中心に活動をスタート。バンド名には”音楽を紡ぐ人”という意味がこめられている。2009年10月に配信限定シングル「白朝夢」でメジャーデビュー。2010年2月にメジャー1stミニアルバム「Tapestry」を、同年8月と9月に亀田誠治をプロデューサーに迎えたアルバム「新世界創造記」を前編と後編に分けて発表した。その後もコンスタントにリリースとライブを重ねる中、3人とも2014年1月末から半年間のロンドン留学を経験する。6月には初のベストアルバム「ID」をリリースし、9月から10月にかけて「ID」を携えてライブツアーを開催した。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 

 

[同じカテゴリの最新トピックス]

コメント(1)


WEAVERさん!
アニメ「山田くんと7人の魔女」で知って、良い歌だな、と思いました♪
何というか、この曲とアニメがどハマりしてるんです!
これからも応援してます!
あと、「期待に応えて予想を裏切れ。」めっちゃ良い言葉ですね(*˘︶˘*).。.:*♡



※現在、新規コメントの投稿は休止しております。

mora TOPIC トップへ
moraに戻る
Facebookページへ
mora公式Twitterページへ
ページトップへ
▲ページの先頭へ戻る