最新のトピックスへ Facebook Twitter

[4/5]【moraコラム】超簡単ハイレゾお勉強講座10

Tweet(ツイート)    

columnbanner.png

前回は音の「波形」のお話をさせて頂きました。Sound Cloudで「いも虫みたいな奴」の幅が大きいところは音のボリュームも大きく、小さいところはボリュームも小さい、というのはなんとなく認識されていたかと思います。そうなると、波形は「単なるボリュームの変化を表したものじゃないの?」と思われるかもしれませんが、ちょっと違うのです。

 

そもそも「ボリュームの変化」を表したものなら、上下にギザギザなってる意味って無いと思いませんか?上半分だけでいい、という感じですよね?

zu1_1200.png(図1)※クリックすると画像が大きくなります

zu2_800.png(図2)

図1が前回掲載したような曲の波形ですが、これが「音のボリュームの時間的変化」だけなら図2のように、上半分だけでいいはずです。

 

zu3_800.png(図3)

図3は図1の真ん中に分かりやすいように真ん中に赤い線を入れてみました。よーく見ると、ギザギザが上と下でちょっと形が違うの、お分かりいただけますでしょうか?何で上下にあるのか、何で上下で形がちょっと違うのか、そもそも音の波形って何なのか?って感じですよねぇ~。今回はわかりやすいように図の上に時間表示がしてあります。ソフトの表示の関係で薄く横線が入っていますが、気になさらないで下さい(笑)

 

で、ちょっと去年の11月23日のコラムを見て頂きたいのですが、この時はデジカメの画像を例にとってお話させて頂いています。デジカメの画像をパソコンでどんどん拡大していくと、小さな正方形の色の変化の集合体で写真が出来ているのがわかる、というお話です。さて、上の波形もパソコンソフトの画面です。これ、拡大してみましょうか?拡大と言っても、全体の拡大ではなく、横の拡大だけです。意味お分かり頂けますでしょうか?図1が4分の曲だとしたら頭からお尻までが4分という事ですが、この時間軸を広げて1分、1秒、もーっと細かい、短い時間の単位まで拡大して見てみよう、という事なんです。

 

zu4_800.png(図4)

はい。図4でちょっと広げました。あまり変化ないですね(笑)。

 

zu5_800.png(図5)

図5でもっと広げました。ギザギザが結構はっきりしてきました。

 

zu6_800.png(図6)

図6でもっともっと広げました。あれ?なんか隙間が出来てきましたね。

 

zu7_800.png(図7)

図7でおもいっきり広げました。おや!これはどうも一本の線のようです!!

 

zu8_800.png(図8)

図8でさらに広げると完全に一本の線である事がはっきりしました!!

 

zu9_800.png(図9)

図9で最大に広げてみると、なんと点と点で線が結ばれているのがわかりました!!曲のいも虫のギザギザの正体は、点と点が線で結ばれていたものを、ぎゅーっと狭めて見えていたものなんです!!点と点を結ぶ??こ、こ、これはグラフでは!!!!あーーーー!!何か話がつながって来ましたよ!!!というところで今回はここまで!ようやくハイレゾの話っぽくなってきましたね(笑)

 

文:青山静馬
 
[同じカテゴリの最新トピックス]



※現在、新規コメントの投稿は休止しております。

mora TOPIC トップへ
moraに戻る
Facebookページへ
mora公式Twitterページへ
ページトップへ
▲ページの先頭へ戻る