最新のトピックスへ Facebook Twitter

2015年3月アーカイブ

[3/13]moraメルマガ配信情報☆

Tweet(ツイート)    

     
  mail magazine  
  2015.03.13 Fri.  
こんにちは(^_^)/ アニメ担当 スタッフMです☆

いよいよ明日、映画『ストロボ・エッジ』公開!
主題歌は2007年に発売されたGReeeeN初のラブソング「愛唄」をwhiteeeenがカバー!
彼女たちの無垢で透明感のある歌声で新たに甦る「愛唄~since 2007~」にも注目です♪
(ちなみにスタッフMは少女漫画が大好きなんでもちろん単行本で全巻もってます♪)
  clown 最新デイリー(3/12)ランキング  
  単曲TOP5   愛唄~since 2007~ / whiteeeen   Just Fly Away/EDGE of LIFE  
      1st whiteeeen   2nd EDGE of LIFE  
      愛唄~since 2007~   Just Fly Away  
  Flyers/BRADIO   もんだいガール/きゃりーぱみゅぱみゅ   ビリーヴ/GReeeeN  
  3rd BRADIO   4th きゃりーぱみゅぱみゅ   5th GReeeeN  
  Flyers   もんだいガール   ビリーヴ  
 
  アルバムTOP5   愛唄~since 2007~ / whiteeeen   with LOVE/西野 カナ  
      1st whiteeeen   2nd 西野 カナ  
      愛唄~since 2007~   with LOVE

※ハイレゾ音源です。
 
  ハイレゾクラシック the First Selection / Various Artists   ハイレゾクラシック Relax / Various Artists   Love Place/西野 カナ  
  3rd Various Artists   4th Various Artists   5th 西野 カナ  
  ハイレゾクラシック the First Selection

※ハイレゾ音源です。
  ハイレゾクラシック Relax

※ハイレゾ音源です。
  Love Place

※ハイレゾ音源です。
 
 
  今週の注目!  
  マドンナ期間限定プライスOFF!   春うた特集   「ハイレゾバイブルミニ」無料配布中♪  
  マドンナ期間限定プライスOFF!   春うた特集   「ハイレゾバイブルミニ」
無料配布中♪
 
  待望のニューアルバム「レベル・ハート」発売記念!
急遽プライスOFFを実施!
  だんだんと暖かくなってきた今日この頃。
もうすぐ春ですね♪
moraで春にぴったりな曲を探してみませんか?
  ハイレゾ音源のレビューや、聴きどころも細かく解説!
無料版のダウンロードはこちらから☆
 

Tweet(ツイート)    

hidaka.png

 

Vol.5 Theme : 「変化を恐れぬ子供達

 

 先日NHK『SONGS』にて、俳優の坂上忍氏のナビゲートによるデヴィッド・ボウイ特集が放映され、同世代で同じくボウイ・ファンの自分も楽しく拝見させていただいたのですが、そこで番組の核心とも言える発言がとても興味深かったので、ここにその要約を引用させていただきます。

 「時代ごとにスタイルは変われど、実験精神、批評精神は一切ブレていない」

 ボウイの本質を的確に表現した素敵な言葉が印象的でしたが、ボウイの音楽を知らずに聞くと「コロコロ変わるのにブレないとは?」と、その矛盾が気になる言葉でもあります。

 60年代中頃、当時の一大ムーブメントであるモッズBANDとしてデビューしながらも、陽の目を見ずにBAND解散の憂き目にあったボウイは、70年代が近づくとシーンに背を向けるような活動を始めます……まずはボブ・ディラン的なフォークROCKへのアプローチ。最初のヒット曲となる「Space Oddity」は、既に60年代に使い古されたかのような音楽スタイルでしたが、当時打ち上げが成功したばかりのアポロ11号の月面着陸のニュース映像に使われたことで注目を浴び大ヒット。テクノロジーの進化というモダンな現象に対して、まるで古き良き時代との別れを惜しむかのような、センチメンタルな手法を、フォークによって表現したのです。それはまるでテレビのニュース番組の演出のようでしたし、実際にテレビのニュースは彼の音楽をそのように使用し、まんまとボウイの術中にハマったというわけです。

 時代時代のニーズは意識しながらも、それをそのままではなく、逆の切り口や、斜め45度ぐらいから鋭角に表現してみせるそのユニークな手法で、その後も数多くのヒット曲を量産し、PUNKの父とも言われるグラムROCKの旗手に躍り出たボウイ。その後もジェームス・ブラウン的FUNKを、大ヒット曲「Fame」等であえてヘナヘナな演奏で表現し「これはプラスチック・ソウル(安物のソウルMUSIC)なんだ」とうそぶいてみせる秀逸なセンスは、まさに早過ぎたPUNKでした(実際SEX PISTOLSのアイコン、シド・ヴィシャスは熱烈なボウイ・ファン)。

 そしてボウイの凄さを物語っているのが1971年の名曲「Changes」で、まるでその後の自分のスタイルの変遷を宣言するかのような歌詞なのです……詳細は実際の歌詞を読んで貰えば判りますが、曰く『唾を吐くほど嫌悪されるキッズ達は 世界を変えようとしている』……21世紀の現在でも頭の固い大人達がしている事を、40年も前に既に言い当ててしまっているのです。

おそらく世界で初めて化粧をしてステージに立った男性アーティストであるデヴィッド・ボウイ。彼の先見性と革新性は、聴けば聴くほどに深まっていきます。まだ未聴の方はこの機会に是非、彼の魅力に触れてみて下さい。

 

「Space Oddity」「Fame」「Changes」など
代表曲を収録したリマスター版ベストアルバム!

Nothing Has Changed
(The Best Of David Bowie)

btn_buy.jpg

 
 
 

 
 
【日高央 プロフィール】
 
ひだか・とおる:1968年生まれ、千葉県出身。1997年BEAT CRUSADERSとして活動開始。2004年、メジャーレーベルに移籍。シングル「HIT IN THE USA」がアニメ『BECK』のオープニングテーマに起用されたことをきっかけにヒット。2010年に解散。ソロやMONOBRIGHTへの参加を経て、2012年12月にTHE STARBEMSを結成。2014年11月に2ndアルバム『Vanishing City』をリリースした。

Tweet(ツイート)    

GABIGABI_Label1.jpg

 

mora factoryで展開中のGABIGABIレーベルから第10弾の配信が開始!

郷愁を刺激する映像的なサウンドが持ち味のバンド・The Good Partyが登場です。

 

feature_19.jpg

The Good Party

 

"そのイントロが始まると、いつもここではないどこかへと連れて行かれる。
そこはどこだろう? 異国の何気ない路地裏だったり、遠い宇宙の果てだったり、あるときは国道沿い の平凡な道だったりする。
鮮烈な色と匂い、そしてリアルな感触がロードムービー のように広がってゆく。
1曲ごとに映画さながらのトリップをさせてくれるのが このバンド、The Good Partyだ"

 

とは、ロックバーGABIGABI支配人の弁。

 

現在、アルバム「WATARIDORI」からTr. 2が無料配信中です!(3月31日まで)

 

The Good Party
「WATARIDORI」

btn_buy.jpg

 

 

[3/11]EXILE期間限定プライスOFF!

Tweet(ツイート)    

EXILE期間限定プライスOFF!

期間:3/11 0:00~4/7 23:59

cd『願いの塔』期間限定価格¥1,300

 

cd『EXILE JAPAN / Solo』期間限定価格¥2,200

Tweet(ツイート)    

世界のお祭り番長=ピットブル 『オリジナル・ヒッツのプライスオフがスタートsign03

 

『PITBULL rules SPRINGROOVE 2015』の開催も控えているピットブルをお得な価格でGETgoodshine

期間:2015/03/11 ~2015/3/31  19:00

 

cd『オリジナル・ヒッツ』
 1,543円 →926
0000450503.200[1].jpg
mora TOPIC トップへ
moraに戻る
Facebookページへ
mora公式Twitterページへ
ページトップへ
▲ページの先頭へ戻る