最新のトピックスへ Facebook Twitter

2015年3月アーカイブ

Tweet(ツイート)    

現在テレビ東京系列にて毎週木曜日夜7時から放送中のTVアニメ「ポケットモンスター XY」の
オープニングテーマとして話題の佐香智久の新曲「ゲッタバンバン」。
 
3月7日(土)埼玉県イオンレイクタウンmori、3月8日(日)福岡県リバーウォーク北九州にて、
4月29日(水)に発売する事が決定した「ゲッタバンバン」の予約イベントツアーが開催された。
 
予約イベント初日にあたるイオンレイクタウンでは、約1,000名が集まる大盛況ぶり。
sako_150309_01_350.jpg

 
話題の“ゲッタバンバン”を生で聴けるとあり、曲が始まると、集まった人達からは大きな歓声があがっていた。
そんな「ゲッタバンバン」披露時、佐香は、
SNS上で賛否両論の嵐を巻き起こしている“ゲッタバンバンダンス”を自ら初めて披露し、
こちらも会場に集まった多くの人たちが、佐香に合わせ踊るという、
何とも不思議かつ可愛らしい光景もみられた eye
 
そんな盛り上がりを見せた今イベントでは、当日予約した人が、
直筆サイン色紙に佐香が“特大ゲッタバンバンはんこ”をバンバン押してプレゼントしてもらえる、
というユニークな特典が用意されており、こちらの特典会も長蛇の列ができ大盛況であった。
 
「ゲッタバンバン」は着うた(R) が、各サイトで初登場1位を軒並み獲得しており、
絶好調な滑り出しを見せている話題の楽曲。
 
いよいよCD発売に向け、本格的に動き出した佐香智久「ゲッタバンバン」にまだまだ注目を集まりそうだ sign03
 

flair ゲッタバンバン予約イベント情報
【日時】 2015年3月7日(土)14:00開始
【会場】 埼玉県・イオンレイクタウンmori 1F 木の広場
 
【日時】 2015年3月8日(日)16:00開始
【会場】 福岡県・リバーウォーク北九州
 
【日時】 2015年3月15日(日)13:00開始
【会場】 兵庫県・イオンモール伊丹昆陽店 1階 緑の広場
 
【日時】 2015年3月28日(土)14:00開始
【会場】 広島県・イオンモール広島祇園
 
【日時】 2015年3月29日(日)14:00開始
【会場】 岡山県・アリオ倉敷 屋外イベントスペース
 
【日時】 2015年4月4日(土)14:00開始
【会場】 大分県・パークプレイス大分
 
【日時】 2015年4月12日(日)12:00開始
【会場】 秋田県・イオンモール秋田
 
【日時】 2015年4月12日(日)18:00開始
【会場】 岩手県・イオンモール盛岡

drama 佐香智久オフィシャル情報
【公式LINE】tomohisasako
 

[3/9]moraメルマガ配信情報☆

Tweet(ツイート)    

mail_660_132.png

 

※お詫びと訂正(2015.03.09)
本日ユーザーの皆様に配信させていただいたメールマガジンの表記に誤りがございました。

誤:AKB48/Green Flash Type A → 正:AKB48/Green Flash
誤:EXILE/ビリーヴ → 正:EXILE/情熱の花

謹んでお詫び申し上げるとともに、今後の改善に努めて参ります。

 

     
  mail magazine  
  2015.03.09 Mon.  
学生の皆様は卒業が近づく頃、いかがお過ごしでしょうか。
本日は3月9日。
レミオロメンの名曲に乗せて、今週のメルマガをお送りします♪
  clown 先週(3/2~3/8)のランキング  
  単曲TOP5   もんだいガール/きゃりーぱみゅぱみゅ   ビリーヴ/GReeeeN  
      1st きゃりーぱみゅぱみゅ   2nd GReeeeN  
      もんだいガール   ビリーヴ  
  あなたに恋をしてみました/chay   Green Flash Type A/AKB48   情熱の花/EXILE  
  3rd chay   4th AKB48   5th EXILE  
  あなたに恋をしてみました   Green Flash   情熱の花  
 
  アルバムTOP5   Launcher/LiSA   ハイレゾで聴くジャズ・ピアノ(Jazz Piano Edition)/Various Artists  
      1st LiSA   2nd Various Artists  
      Launcher
※ハイレゾ音源です。
  ハイレゾで聴くジャズ・ピアノ(Jazz Piano Edition)
※ハイレゾ音源です。
 
  Launcher/LiSA   ハイレゾクラシック Relax/Various Artists   戦-ikusa- / なでしこ桜/和楽器バンド  
  3rd LiSA   4th Various Artists   5th 和楽器バンド  
  Launcher   ハイレゾクラシック Relax
※ハイレゾ音源です。
  戦-ikusa- / なでしこ桜  
 
  今週の注目!  
  ハイレゾ配信予告   FlyinDogハイレゾ   ハイレゾクラシックRelax  
  ハイレゾ配信予告!   FlyingDog ハイレゾ続々!   好評「ハイレゾクラシック」新作!  
  今週は実力派SSW・柴田淳のハイレゾ化や、注目アニメタイトルの配信も!   『創聖のアクエリオン』サントラなど、今回も名盤アニメサントラが目白押し!   好評コンピシリーズの「リラックス」をテーマにした新作が登場!  

 

Tweet(ツイート)    

columnbanner.png

さて、前回のお話は「数学の授業で習ったy=x2のような曲線のグラフを方眼紙にきれいに書くのは難しかった」というところまでです。ええぇ!!一体ハイレゾの話はどこに??何の関係が??スミマセン(汗)しばらく気軽にお付き合い下さい。

 

そもそもなんで曲線のグラフだったんでしょうか?例えばy=x2であれば、x=0の時はy=0、x=1の時はy=1、x=2の時、yは2かける2なのでy=4、x=3の時は3かける3でy=9、これを方眼紙の目盛ごとに点を打って、それぞれを直線でつなげばいいんじゃないの?って思いませんか?「そう言われればそうだ。何で曲線だったんだろう?」って感じですよねぇ~。ちゃんと説明されて授業を受けた方もおられると思いますが、まあ簡単にいうと、x=1、x=2の間にですね、x=1.1とかx=1.2とか、もっと細かく言うとx=1.00001とかある訳なんです。方眼紙の目盛は「1、2、3、4」って数字なんですが、その間にも実は細かい数字あるんだよって事なんです。それをちゃんと計算すると、xの1と2、3と4の間はyの値は直線でつなぐような計算結果にならず、なめらかな曲線になるんです。でも、だからと言って方眼紙の目盛を1.0001、1.0002、1.0003なんて細かくし始めたらきりがないですよね?1.0000000001だってある訳ですから。なのでわかりやすい1、2、3で目盛はとりあえず区切って、1と2の間は本当はなめらかに数字が変化するので曲線でつないでるって事なんです。ご理解いただけたでしょうか。

 

それでですね、今はx軸もy軸も取りあえず意味のない数字でお話を進めてますが、例えば時速1kmで歩く人(すごく遅いですけど(泣))で考えると、x軸は時間、y軸は進んだ距離だとします。単位で言うとx軸の方眼紙の目盛1が1時間、2が2時間、y軸は1が1km、2が2kmって事にします。そうすると前回同様、図1のように、xが1の時はyも1、xが2の時はyも2って感じのグラフになります。

zu1.jpg(図1)

1時間に1kmずつ進む訳ですから。でもですね、人間の歩く速さってロボットじゃないから一定じゃないですよね?x軸の数字の1は1時間という意味でしたが、それって60分なので、0から1、1から2の間を細かく60分割出来ますよね?で、1分ごとに進んだ距離を正確に測っていれば、1時間と2時間、2時間と3時間のy軸の進んだ距離は本当は直線ではなく、ちょっとぐにゃぐにゃしてるはずです。そもそも、y軸も1目盛の単位が1kmって事ですが、1kmって1000mですよね?y軸も1と2、2と3の間をm単位にすれば1000分割出来る訳です。cmにすればもっと細かく、x軸も分なら60分割ですけど秒にすれば更に方眼紙の目盛が細かくなりますよね?時速1kmで歩く人も、「1時間に1km」は絶対守っても、その間はゆっくり歩いたり、もしくは止まって休んでるかもしれません。でもそんな細かい事言いだしたらきりがありませんし、時間も距離も単位を細かくして行ったらきりがない程に細かくなる訳です。なのでまあ、わかりやすい範囲の目盛にして表してるだけの話なんです。おぉ、完全にハイレゾじゃない、というより音楽の話でもないじゃないか(泣)

 

はい。でもこれがハイレゾの話に繋がるんです!!今までも「一体ハイレゾと何の関係があるんだ?」という話を長々させて頂きましたが、遂に次回から、それらの話が繋がって、曇っていた空がぱぁーっと晴れ上がるように「おぉ!そういう事だったのか!」と、色々な伏線が繋がって犯人はお前だ!!状態になる予定ですので(笑)よろしくお願いします。

 

で、ちょっと次回から関係する事で、問題提示しておきましょう(笑)。みなさん、Sound Cloud(外部サイトに飛びます)って利用された事ありますでしょうか?色々な人が自作曲やRemixなんかをアップしている音楽サイトです。今はアーティストのサイトでもその音源の部分だけリンク表示されてたりする事も多いですね。利用した事のある方はわかると思うんですが、曲を再生すると、いも虫みたいな黒くて長いものが表示されていて、曲を再生すると、その黒い長細いものがの頭から、バーが進んで行ってるの、見たことがありませんか?あの黒いいも虫みたいなのが曲で、曲の再生と供に進むバーが「今、ここを再生してますよ」っていう印みたいなやつです。言ってしまいましたが、あの黒いいも虫が曲の正体なのですが、あの表記は実はデタラメです!嘘なのです!CIAの陰謀です!NERVの情報操作です!BABYMETAL DEATH!!!ゴメンナサイ(泣)まあ、デタラメってのは言いすぎなんですが、本当は正しい表示ではありません。えー!どこが??これは今回は言わないで、次回以降に色々ご説明させて頂けたらと思っています。

今回はここまで!!see you ~!!

 

文:青山静馬
 

Tweet(ツイート)    

memories.png

 

「匠の記憶」第2回目のゲストは、2月18日リリース、ハイレゾ配信もスタートした工藤静香さんのベストアルバム『MY TREASURE BEST-中島みゆき×後藤次利コレクション』の作曲者・後藤次利さんです。
日本が世界に誇る超絶技巧のベーシスト・編曲家としても高名な後藤さんが、工藤さんの作品、そして自身について語る極めて貴重なインタビュー!
ソニーミュージックのA&Rディレクターとしてレコーディングの現場に携わってきた聴き手がお送りします。

 

goto_photo_01.jpg

後藤次利さん

 


 

全盛期を支えた「黄金コンビ」の名曲ばかりを集めた
スペシャルパッケージ!

My Treasure Best
-中島みゆき×後藤次利コレクション-

通常音源ハイレゾ

 

~後藤さんにCD音源とハイレゾ音源の聴き比べをしていただきました~

「慟哭」(1993年)

「FU-JI-TSU」(1988年)

単・純・愛 vs 本当の嘘(新曲)(2015年)

 


 

■ハイレゾ化によって「音の交通整理」がされた気がする

――本日はお忙しいところありがとうございます。まずは3曲聴いての感想をお聞かせください。まずは、大きな違いみたいなものを、感じられましたか?

後藤 正直もし、酔っ払っていたらわからないくらいの違いですよね(笑)。でも今の中では、最初の曲が一番音が違ってるような気がしたんです……。

――「慟哭」ですか?

後藤 新曲に関しては録音自体が悪くないから、あまり差がわからなかったです。さらに言うと、新曲に関しては、むしろCDのほうが音圧が塊(かたまり)になってて、いい場合もあるんじゃないかなと。結局はハイレゾは、解像度みたいなものですか?

――そうですね。映像でいうと、100万画素と400万画素の違いみたいな。

後藤 「慟哭」は、確かに最初のCD音源を聴いた時、ちょっとギターのカッティングのエッジとか音像があまり美しくなく見えたんですけど、そういう、エッジみたいな部分は良かったです。なんというか、ハイレゾ化によって交通整理された感じがちょっとしました。作品によって効果的なのか、効果的じゃないのか? ちょっとあるのかな?という気がしました。どうなんでしょうか?

――コンプレッサーとか、先程おっしゃった音圧とか、少しパンチの効いた音に聴こえるので、それを好まれる方は実際いますね。

後藤 どっちをとるかですね。特に(今回の)新曲のアレンジからいくと、低音の塊みたいなところを重視しているところがあるから……。

――「好み」みたいな話にもなってくるんですけどね(笑)。ハイレゾのいいところは、ちょっとマニアックにはなりますけど、隠し味に使っている楽器の音色が鮮明に聴こえてくる……とか、そういう部分になるのかなと。

後藤 これ、多分、僕はタッチしていないのでわからないけど、たぶんリマスターしてますよね。このCDじゃなくて、元の音源を聴くともっと違ったのかな、と。

――確かに今回、CDのリマスタリングもすごくいい仕事をされていると思います。

後藤 (最初のリリースから)何回もフィルター通ってきた結果(笑)。でも、3曲だけの印象ですけど、元の音源とですごく変化を感じる。これもハイレゾにする場合は、CDのマスタリングみたいに色々な調整をするんですか?

――基本的には、スタジオの音をそのまま表現する、というのを目指していますね。たぶんCDのほうがだいぶEQ(※音質の補正や改善すること)されてますし、コンプ(※コンプレッサー。一定の音量を超えると音量を抑える音響機器を使って、逆に音圧を上げたりすること)もされてますし。元の録音によってだいぶ変わるんですよね。70年代に録音したものと、デジタル全盛時代に録音したものと、やっぱり違うので。古い音源の場合はハイレゾに対応した調整を施すということもあるようです。

後藤 なるほど。今回の音源は全曲聴いてはいないですけど、年代によっても録音方法によっても違いますよね。新しい音源は完璧にPro Tools(※1990年代初頭に開発されたプロフェッショナル向けのハードディスクレコーディング・システム)の時代で、それ以前はたぶん、ソニーの48(※通称「ヨンパチ」。SONY製の48チャンネルマルチトラックレコーダー・PCM-3348のこと)じゃなくて……88~89年って、どういう録り方してました?

――48ですね。

後藤 48、ありました? でも、当然チャンネル数少ない場合は、もう1台のレコーダーを同期してチャンネルを増やしていたと思うのですが、もう1台はなんだったんでしょう。

――おそらくアナログレコーダーが多かったんじゃないでしょうか? 話は変わりますが、工藤さんのボーカルについては、聴き比べてどんな印象を持たれましたか?

後藤 いや、同じじゃないですか? 今日はハイレゾを褒めなくちゃいけないのかもしれないけど(笑)。だって、すごく解像度の高いテレビみて、肌こんなに映しちゃって可哀そうだなって思う時もあるし、いや、いいなっていう時もあるし、それぞれだからわからないですね。新曲に関しては、僕はCDのほうがいいなと思ったし。

――そうかもしれませんね。

後藤 いいんじゃないですか? CDとハイレゾ、両方のラインで走っていければ。

――工藤さん以外の音源も聴いてみましょうか?  ここにレッド・ツェッペリンの音源がありますので。

後藤 大元(の音源)がどうだったかな?……とはいえ、1stアルバム行きましょうか?

レッド・ツェッペリンの1stアルバムから、「Good Times Bad Times」のCD音源とハイレゾ音源を聴き比べてもらいました)

後藤 大体この(CDの)音自体が、僕らが高校の時に聴いてたアナログより全然良いです。この段階でもう違う(笑)。(ハイレゾは)ドラムの音とかが全然違いますね。カッコいいです。元のプレイヤーがプレイバック(※スタジオ録音時にプレイヤーが自分の演奏を聴いて確認する作業)で決めてた時は、こんないい音で聴いてなかったはずなので、びっくりするんじゃないですか?(笑) ハイレゾって結局、トータルの音源にその処理を施すわけですよね。バラの楽器で、全部作り直したらもっとすごいんでしょうね?

――そうですね。リミキシングしたら、ということですよね。

後藤 トータルでこれだけ違う。でも、これだけタムドラムの音像が違うっていうのは、その帯域を集中的に何かやるって、そういうことじゃないんですか?

――たぶん、EQなんかを上げてるということではなくて。元々入っている音の解像度を、ちゃんと上げてあげるというか。

後藤 よりクリアになる周波数、っていうのはあるんですか?

――たとえば今の曲でいうと、割とドラムセットのそれぞれのパーツの音程が違うから、そのレイヤー感はより出ます。あと、CDなどではカットされていた音域が、ハイレゾだと生かされるというのもありますね。

後藤 音源の、上から下までの周波数を細かく切ってやるような感じですか? 病院のMRI検査のような……。

――まさにそうです。ハイレゾだとより周波数をより細かく解析するので、原音の再現性が高くなります。

(再度、「Good Times Bad Times」を聴く)

後藤 これ当時、69年くらいのレーコーディングかな? テレコ(テープレコーダー)は何チャンネルくらいでしょうか?

――8、じゃないでしょうか。

後藤 これだけの楽器数を同時に録ったんですかね? それともピンポン(※録音作業方法のひとつ。 録音可能トラック数が足りない時などに、ボーカルや演奏などの音声信号を録音した複数のトラックから同一のテープ上あるいはセッション内の空きトラックにミックスをしてまとめることによって、トラックを稼ぐ手法)しながらだったんですかね?

――たぶんそうだと思います(※取材後調べたところ、1968年のThe Beatlesは『ホワイト・アルバム』から8トラックを導入。1969年の今作は過渡期だが、8トラックでピンポン録音ではない可能性が高いと思われる)。

後藤 頭のギターからスッキリしてますよね。タムドラムがクリアっていうよりも、前に出てきますね。ギターの間に、カウベルみたいな音が入ってるのもクリアに聴こえるし、音像は変わらないんだろうけど、立体感を感じます。

――当時は(テープレコーダーの)トラック数がとても少なかったために、ひとつひとつの楽器がエンジニアリングやマイキングの妙もあって、しっかりと録れています。ハイレゾになると、そうして録音されたそれぞれの楽器が、よりくっきりと聴こえるんですね。

後藤 女の人で化粧映えする人としない人と、それぞれタイプがあるじゃないですか(笑)。音楽によっても、そんな感じしますけど。

 

■ベーシストとして、作曲家/プロデューサーとして

――これまで後藤さんはプレイヤーとしても、様々なシンガーのバックで弾かれてますよね。これまで演奏された楽曲で、それがハイレゾになったら面白いんじゃないかというタイトルってありますか?

後藤 うーん、そうですね……なったらなったで嬉しいし、聴きたいけど、なきゃないで、まあ当時のもんだなと。あまり固執してないんで……。

――むむ、無欲ですね(笑)。

後藤 今日の工藤さんの、「FU-JI-TSU」とか聴くと、最近のは別として、88,89年から4~5年くらいの間だけど、やっぱベースの音、小さいですよね。「FU-JI-TSU」はシンセベース(※シンセサイザーで演奏されるベースパート)なんですけど、それでも小さい。コアのベース、低域の音のほうが、ハイレゾは出てるんじゃないですかね。

――今日はもちろん工藤さんのベスト盤、『中島みゆき×後藤次利コレクション』の取材なのですけど……後藤さんにとって「歌手・工藤静香」はどういう存在ですか?

後藤 そうですね~なんだろう……彼女は、一番最初に会った時は、制服でスタジオに来てましたからね、学校帰りに。たぶんシングル20曲作ったのですが、87年ソロデビューだから……当時は3ヶ月に一曲のペースでしたもんね。最初から、彼女の音域とか、手加減するとか、一切考えないで作れたんですね。こっちが100%力出しても、工藤静香はちゃんと応えてくれる。まだ10代だったのに……。

――ちなみに、中島みゆきさんと共作される場合って、詞先なんですか? 曲先なんですか?

後藤 みゆきさんに限らず、工藤さんのアルバム100曲近かったかもしれないですけど、曲先ばっかりですよ。メロディーを作って、スタジオで「ラララ」で坪倉唯子さん(※B.B.クイーンズのボーカリストとして有名だが、スタジオのセッションボーカル、ライブのサポートボーカルも多数務める)に歌ってもらったりしてたんですけど。今回の新曲も、僕が最初デモを録って、「ラララ」をやってもらったのは坪倉さんですね。それをみゆきさんに渡して詞ができて、アレンジャーの方へお願いして。ハイレゾの話とは関係ないかもしれないけど、この「仮歌」ってのが、とても大事なんですよ。そこでのメロディーの提示の仕方は、「ラララ」のほうが、シンセサイザーより伝わりやすい。肉声でのやり方を間違うと、間違って伝わる可能性もあるんで。そういう意味でも工藤静香さんの仮歌は坪倉さんと決めていて、「踊るポンポコリン」で忙しい日々でもやって頂きました(笑)。

――この時は、渡辺有三さん(※おニャン子クラブ等を育てたポニーキャニオンの敏腕プロデューサー。2014年に死去)は、もうそんなに現場にはいらっしゃってなかったんですか?

後藤 いやいや、最初にメロディーの段階で有三さんから発注を受けて、僕が作って、そこで吟味してからスタジオに入って、仮歌やって。僕はすごく有三さんに育ててもらった部分があると思います。自分でこの曲、いい曲だと思っても、客観的な耳とか眼を持ってる人と組むのはいいことですよね。それが、作家を「育てていた」時代だと思うんです。それからレコード会社のシステムも変わってしまったので、なんとも微妙なんですけど……僕は素敵な時代に生きさせてもらったなと。各社に、名ディレクター、名プロデューサーがいた時代でしたから。

――そうですね……いまは、ちょっと楽曲コンペ(※新曲のリリースに関して公募をかけて楽曲を集め、 応募のあった曲の中から、採用曲を決めるコンペティションのこと)の悪弊みたいなのが、正直ちょっとありますよね。話は変わりますが、音楽家としての後藤さんのこれからの野望は?

後藤 野望なんてないですよ。細々と、片隅で。ここまでいろんなことやってきましたけど、ベースに戻るという気持ちがすごくある。ギターから始めたけど、ベースを頑張ってきたら、そのプレイでアレンジャーっていうことにも声をかけてもらえて、作曲~プロデュースもそうです。自分が作曲した歌が、町を歩いてて聴こえてくるのは嬉しいですよ。でも、自分がやり終えて、汗かいて帰ってくるのは最終的にベースなんですね。自分の体とシンクロしてるっていうか。それで、いま大阪の専門学校で、ベースだけでアンサンブルやるようなプロジェクトを持っているんですよ。「Bass On Bass」っていうんですけど。ベースを主体にした音楽のプロジェクトをやっていきたくて。

――それは素晴らしいですね……ギタリスト、キーボーディストがアレンジャーになることはよくあるケースだと思いますが、ベーシストとしての活動がメインの方がアレンジまでやるというのは、後藤さんがたぶん日本で初めてじゃないですか?

後藤 でも、亡くなられた佐久間(正英)さんとか、亀田(誠治)さんとか、ベーシスト出身の方もいっぱいいますよ。

――現在はそうですけど、最も早く成功されたうちのひとりは間違いなく後藤さんだし、海外でもあまり類をみない。

後藤 どうですかね……でも、多少楽器の性格とかあるのかもしれないです。やっぱり話しやすいのはベーシストかドラマーなんですよね。誰かのサポートでベースをやると、ステージの後ろに居るからなのか、わりと客観視して見れる立場ではあるかなと。そういう癖がついているかもしれない。

――今回工藤さんの作品集を聴かせていただいて、年代とかも違うんですけど、統一感がすごくあるなと思ったんです。いろんな音楽のジャンルがある中で、言い方は難しいかもしれないですけど、サウンドとか、曲作りのコンセプトみたいなものって何かありますか?

後藤 この作品集には入ってないんですけど、シングルの3枚目に「抱いてくれたらいいのに」という曲があって、作詞は松井五郎さんだったんですけど。その時の「ロッカバラード」(※ロックのリズムや曲調を持ったバラード。8分の12拍子の曲が多い。3連ロックとも)っていうアイデアは有三さんだったんですね。アイドルでロッカバラードで、あそこで成功したっていうのは、その後の作曲においても、すごく幅が広げられましたね。最初は8ビートで16ビートが混じったものを作るつもりだったんですが、自由に作っていいんだ!って。そこからたぶん手加減もなく作れるようになった。あれが僕の中では、工藤さんを書いていた、一つの突破口のような曲でしたね。

 

■多様な音楽の楽しみ方を

後藤 改めて、ハイレゾの話に戻りますけど、音の解像度って、もっと極めていくとすごいことになるんだろうけど、なんでも使い方でしょうね。曖昧なほうがいいことがあるのも同じで。どんどん選択肢が増えるのは悪いことじゃないと思うけど、なんか蓄音機みたいなものがいい場合もあるだろうし。見えすぎて、良すぎて、疲れることもあるし。どんどんいい音っていうか、クリア度が上がっていくのはいいこと。でも、用途でしょうね。

――使い方と、あとは聴く時の気分なんでしょうね。

後藤 さっきもお話しした大阪の学校の卒業生がみんなバンドとかを組んで、関西圏で活動しているんです。そういう二十歳前後の子達と接するのも、楽しいですね。みんなが、インディーズなりで、頑張って作った音源とかCDをくれるんですよ。聴かせてもらって、感想送って、やりとりしてるのが幸せな瞬間でもあります。

――音楽の楽しみ方は一つじゃないと。では最後に、今回の工藤さんのアルバムについて、改めてお聞かせ願えますか。

後藤 僕もまだ、通して聴いてないんです。ドキドキしますね。人がどう見てるのかわからないんですけど、自分の中ではまだ、怖いなって思うんです。それってまだ、現役感があるってことなのかな?とも思うんですけど、「あ~こういう時代があったよね」とか思えない。ドキドキするんですよ。もっと、こうすればよかったったとか。ハイレゾと関係ないかもしれませんが、音質っていうか、音のバランスという意味で。だから基本、怖いですよね。でも作品としてひとつにしてくれたことは、とても嬉しいです。あと今回、タワーレコードが僕の78年の『オン・ベース』という教則レコードと、79年の初ソロ・アルバム『Mr.BASSMAN』をCD化してリリースしてくれたんだけど、それもまだちょっと聴けてないですね。自分自身の(作品)に限らずなんですけど、なかなか楽しんで自分の演奏を聴ける境地まで、まだ行けてないです。

――まだまだ記憶が生々しい、と。

後藤 生々しいし、未だに「こうすればよかった」って思いながら聴きます。でも今回、新曲を書かせてくださったのは、すごく大きいですね。

――本日は長時間にわたり、興味深いお話をありがとうございました!

 


 

●ゲストプロフィール

後藤 次利(ごとう つぐとし)
1952年2月5日生まれ。東京都出身。ベーシスト、作曲家、編曲家。
1977年、原田真二『シャドー・ボクサー』で初めて編曲を担当。その後、編曲家としての活動を開始。
八神純子、中島みゆきなどの楽曲を手がけ、1980年には沢田研二の『TOKIO』で第22回日本レコード大賞編曲賞を受賞。その他多数のアーティストへのサポートの傍ら、ソロアルバムを2枚リリース。
1980年代からは作曲家としての活動を本格的に開始。以降、シブガキ隊『スシくいねェ!』、一世風靡セピア『前略、道の上より』、工藤静香『MUGON・ん・・・色っぽい』『恋一夜』『嵐の素顔』『慟哭』など、シングル20作品など、おニャン子クラブの曲、国武万里『ポケベルが鳴らなくて』、とんねるず『ガラガラヘビがやってくる』、野猿の全楽曲(『Be cool !』など)を制作。特に、作詞家・秋元康とのゴールデン・コンビとして数多くのヒット作品を手がける。
1983年、CBS・ソニーにアーティスト兼プロデューサーとして、「FITZBEAT」レーベルを立ち上げ。レーベル・プロデューサーとして、レベッカ等を世に送り出す傍ら、ソロアルバムを3作を発表する。
2003年、ドラマー山木秀夫とインストゥルメンタルユニット「gym」結成。
2004年8月、CROSSOVER JAPAN'04での共演を機に斉藤ノブ、藤井尚之とインストゥルメンタルグループ「Non Chords」結成。
2006年には、井上陽水『love complex』、SMAP『Pop Up! SMAP』での中居正広ソロ曲にて作詞、作・編曲などを手がけ、同年5月には自身の新レーベル「TUTINOK(ツチノコ)」を立ち上げる。同レーベルよりsaxplayer klammy(クラミー)とのユニット「WAIP」としての1st album『WAIP』をリリース。
2013年、そのツチノコレーベルから音楽人生40周年を記念したソロアルバム「Significant Other(シグニフィカント・アザー)」を発売。現在も精力的に様々な音楽活動を続けている。
 
 

 

 

 

Tweet(ツイート)    

makino01.jpg

 

第2回:吉田美奈子「夢で逢えたら」

~永遠の“ハマり曲”が、ハイレゾでもっと“ハマり曲”に~

 

 「夢で逢えたら」と言えば、ほとんどの人が作曲者である大滝詠一の名前を浮かべることだろう。夢でもし、あえ~たら~♪と始まった瞬間、大滝詠一独特のポップなリズム(ナイアガラ・サウンド)にドップリと浸るからである。

 この曲との出会いは兄貴が買ってきたLP、吉田美奈子の『FLAPPERだった。当時兄貴は僕のステレオでレコードを聴いていたので、僕の部屋にLPを置きっぱなしにしていた。僕はそれらを興味半分、ひまつぶし半分でつまみ食いしていたのだ。

 70年代、洋楽かジャズ、少々のクラシックしか聴かなかった僕にとって、日本のポップスは申し訳ないがマイナーな音楽だった。一方兄貴はその“マイナーな”日本のポップスを好んでいた。はっぴいえんどから連なる、一連の人たちである。それらLPをこそっと聴いているうちに、今から思えば貴重な出会いがあったのだった。

そんな兄貴のレコードで、ダントツで気に入ったのが吉田美奈子の『FLAPPER』だった(兄貴のレコードなのに、今でも僕が持っている)。そのなかでも「夢で逢えたら」は格別の1曲だ。

 いわゆる“ハマり曲”とは「夢で逢えたら」のような曲を言うのだと思う。何度も何度も聴きたくなるのである。「夢で逢えたら」を名曲たらしめているのは、もちろん大滝詠一の力なのだが、吉田美奈子のヴォーカルも唯一無比であると思う。幾多のカバーがあっても、やっぱりこの曲は吉田美奈子で聴きたい

 世間では、気の強い女の子が好きな男の子に対して、普段はツンツンしているが、思いがけずデレデレしてしまう、それを「ツンデレ」と言うらしい。のちに“ファンクの女王”と言われるほどのパワフルさがある吉田美奈子だから、よけいに「ツンデレ」な歌い方に男心をくすぐられてしまうのだ。曲が始まると、自分も夢の中にいるかのように陶酔してしまう。

 これはハイレゾで聴いても変わらない。昔と同じように何度でも聴いてしまう。今はボタンひとつで何回も繰り返しができるからなおさらだ。おまけにハイレゾの高音質である。吉田保のリマスタリングが、昔聴いたレコードの持ち味を十二分に伝えている。やっぱりとまらないよ~。高音質の時代になり、いつか「ハイレゾで逢えたら」と思っていた「夢で逢えたら」。ぜひ聴いてみてほしい。

 

 

makino02.jpg

 

 


 

今回ご紹介した楽曲「夢で逢えたら」収録のハイレゾ商品はこちら!

吉田美奈子『FLAPPER』

btn_buy.jpg

 

吉田美奈子のハイレゾ商品一覧は【こちら】から

 


 

【牧野 良幸 プロフィール】
 
1958年 愛知県岡崎市生まれ。
1980関西大学社会学部卒業。
大学卒業後、81年に上京。銅版画、石版画の制作と平行して、イラストレーション、レコード・ジャケット、絵本の仕事をおこなっている。
近年は音楽エッセイを雑誌に連載するようになり、今までの音楽遍歴を綴った『僕の音盤青春記1971-1976』『同1977-1981』『オーディオ小僧の食いのこし』などを出版している。
 
 

 

mora TOPIC トップへ
moraに戻る
Facebookページへ
mora公式Twitterページへ
ページトップへ
▲ページの先頭へ戻る