最新のトピックスへ Facebook Twitter

[1/25]【moraコラム】超簡単ハイレゾお勉強講座5

Tweet(ツイート)    

columnbanner.png

このコラム、「超簡単ハイレゾお勉強講座」と銘打ってますが、一向にハイレゾの話になりません。書いてる私も「そもそも”お勉強講座”って日本語、どうなん?」と今更思ってる訳ですが(笑)それ位、軽い感じで読んで頂けたらと思います。前回「骨導音」についてお話させて頂きましたが、「酔っ払ってる時の心臓音は鼓膜近くの血管の振動かなぁ~?」とか、その辺りは結構適当ですので(笑)。それがハイレゾと何の関係があるのか?これは最後まで読んで頂ければ、面白い推理小説のようにアレとアレの話が繋がって一気にズバッとモヤモヤ解決!犯人はこの中にいます!!ジッチャンの名にかけて!!みたいに(笑)えー、ならないかもですが(泣)お付き合い頂けたら幸いです。

 

「骨導音」についてお話させて頂いたのは、自分の「感覚」に関する認識はあんま正しくない、という事をお伝えできればと思ったのです。録音した「自分の声」が自分の認識している「自分の声」と違うのは「骨導音」のせい、みたいな事です。コラムの最初の方の回で、デジカメ画像を拡大すると小さな正方形の集まりで出来ているというお話をさせて頂きましたが、今は割と多くの方が知ってる当たり前の事ですよね?でも拡大せず引いて見ればきれいな写真なんです。これってつまり人間の目はそれ位に適当って事なんです。

単純に言うと「視力」ってありますよね?2.0の人と0.1の人が裸眼で見てる世界は違う訳です。後、錯視図形ってご存知ですか?線が2本並んでいて他に斜めの線が入ってたりして、どちらが長いでしょうか?まっすぐでしょうか?みたいな図形です。ああいうので実際は短いほうが長く見えたりしますよね?同じような事が実は聴覚にもあるんです。楽器を習ってる方は、習う前と習った後では音楽の聴き方、聴こえ方が違って来るのを体感した事があるはずです。それまでJPOPを聴いてもボーカルとその他、って感じにしか聴こえてなかったのが、それぞれの楽器のフレーズや奏法、リズム、和声なんかが明確に聴こるようになった、むしろボーカルより気になる、という事が。味覚だって、料理をするようになれば「これは○○でダシを取って隠し味に○○を使ってるな」と気付くようになります。逆にそういうのに気付かないと何でも上達しない訳です。

ギターをどう弾いているか?ってのをちゃんと聴き取らず、指が速く動く練習をしていても、リズムやフレーズがメチャクチャならそれは下手な演奏です。スポーツでも同じことが言えると思います。勉強でも特に英語のリスニングや発音は聴覚の部分が大きいですよね?発音というと、どうしても「口」「舌」ばかりに注意が行きがちですが、ちゃんと聞きとれてないと、ちゃんと発音できないんです。当たり前ですよね?目の悪い人がメガネをかけずに漢字の勉強をして「ぼやーっと見えてる」漢字を「なんとなくこんな感じかな?」と書きとり練習したって何の意味もないのと同じです。「なんとなくこんな感じかな?」で英語を発音しててはそれ以上に上達しない訳です。あれ?ハイレゾの話は?(汗)。

 

話がかなりそれましたが、結局「人間の感覚は結構適当で人それぞれ」という実に当たり前の事を言いたかったのです(泣)。視力に個人差があるように聴覚にもあります。アフリカで2.0以上の凄い視力を持った方とかもいますよね?環境や訓練によって人間の感覚は研ぎ澄まされますが、逆にどんなに頑張ったって「人間の感覚には限界がある」とも言える訳です。つまり「人間の聴覚には限界がある」という事です。「人間の聴覚の限界」??おぉ!ハイレゾの話に近づいてきたところで、今回はここまで!

 

このコラムはこんな感じで脱線したり適当ですが(泣)mora readingsでは様々なトップクリエーターの方のコラムやインタビューが読めます。また、mora factoryではハイレゾ音源の無料配信から、ここでしか聴けない個性的なアーティストや次世代アーティストの発掘を行っています。今年のmoraは攻めますよ!!毎日色々な情報を更新してますので、是非、毎日チェックお願い致します!!!

 

文:青山静馬
 
[同じカテゴリの最新トピックス]



※現在、新規コメントの投稿は休止しております。

mora TOPIC トップへ
moraに戻る
Facebookページへ
mora公式Twitterページへ
ページトップへ
▲ページの先頭へ戻る