最新のトピックスへ Facebook Twitter

2014年12月アーカイブ

Tweet(ツイート)    

priceoff_blog.jpg

大ヒットのベスト盤を今だけ期間限定プライスOFF!年末だけのふとっぱらキャンペーンです!

 

【\1,050コーナー】

※期間:2014/12/17 - 2015/01/18

 

 

 

 

 

 

 

 

【\1,600コーナー】

※期間:2014/12/17 - 2015/01/18
 
 
       
 
 
       
 
 
 
 
 
 
 
 
【\2,100コーナー】
※期間:2014/12/17 - 2015/01/18
 
 
 
 
 
 

Tweet(ツイート)    

★★ Androidアプリ バージョンUPと予告 ★★

こんにちは。
バージョンアップキャラ アプ子です cancer

いつもmoraをご利用頂きましてありがとうございます confidentheart04

moraのAndroidアプリをご利用のお客様へご案内です。
先週予告致しましたが、本日、moraでは今期最大!!
Androidアプリの大型バージョンUPを実装しました wrench
是非 最新版へのアップデートをお願い致します。

↓↓
android_app_on_play_logo_large.png
※Google Playのインストールページへ遷移します。


アップデート内容をご紹介する前にお知らせです flair

moraでは現在、flacファイルでのハイレゾ音源を配信、
先日ハイレゾ非対応スマートフォン・WALKMANでも、
ハイレゾ音源の購入・DLが可能になりましたが、
”DSD”コンテンツのサービスを2015年1月予定で開始致します!!

DSD対応を心待ちにしてくださっていた皆様、間もなく対応致しますので、
もう少々おまちください。そしてこれからもmoraを宜しくお願い致します。

それでは早速 cancer
今回は25個の修正、機能の追加をしましたが主なものはこちらです↓↓


<バージョンUP 内容>
wrench DSD配信対応
┗ トラック単位のスペック(配信フォーマット、サンプリング周波数等)が
確認できるようになりました 
cancer
※DSD配信開始は2015年1月予定です。
update1.png


wrench 画面更新機能の実装
 【今まで wobbly
一度アプリを落とさないと更新できず不便だった pout


【バージョンアップ後shine
画面のリロード機能を実装!
画面を下にギュッと引っ張るだけで更新可能に cancer
update9.png  update10.png


wrench 新着に「ハイレゾ」追加!
┗ 今まで見つけにくいと不評でしたが、少しみつけやすくなります cancer
update29.png

update26.png  update28.png  update27.png


wrench DL時の容量チェック
┗ ハイレゾはファイル容量が大きいので、DL時に端末の空き容量をチェックし、
容量不足の場合はアラート通知させて頂く様にしました cancer
update18.png


wrench 購入履歴画面のDLボタンにテキストを追加
┗ DLボタンのアイコン表示がわかりづらいという声にお応えし、
テキスト表記へ変更 
cancer いかがでしょうか?
update20.png

update21.png



wrench ストア上の商品種別アイコンの表示
 【今まで wobbly
商品ページに遷移するまで通常音源なのかビデオなのか
ハイレゾなのか商品種別がわからない pout


【バージョンアップ後shine
ランキングや商品一覧などをご覧頂いたときに、
ひと目 eyeで商品種別がわかるようになりました cancer
update2.png  update3.png


update4.png  update5.png

 

wrench 購入履歴画面のリニューアル
 【今まで wobbly
ご購入頂いた商品がズラっと並んでいるだけ、、、
 

【バージョンアップ後shine
一覧に並ぶのは過去半年以内にご購入頂いたもの!
それ以外は期間で区切ったかたちで表示されます cancer
update6.png

update7.png  update8.png


wrench 未サインインでも「クーポンBOX」を表示
 【今まで wobbly
未サインインだとクーポンBOXがみえない sweat01


【バージョンアップ後shine
ドロワーメニューにクーポンBOXを常設!
未サインインであれば「サインイン」画面へ遷移します cancer
update11.png

update12.png  update13.png

 

wrench FAQ・ヘルプへの導線を表示
 【今まで wobbly
困ったことがあってもFAQ・ヘルプへの導線がみつけられない sweat01


【バージョンアップ後shine
「HOME」の一番下の”ユーザーメニュー”に常設 cancer
困ったことがありましたらこちらをご確認ください!
(それでもわからない場合はお気軽にお問い合わせください!スタッフがお答えします confident
update14.png

update15.png

 

wrench アーティスト画面の商品カテゴリ 並び順変更
 【今まで wobbly
「楽曲 → アルバム → ビデオ」の並び順。


【バージョンアップ後shine
アルバムDLのニーズが高まったので
「アルバム → 楽曲 → ビデオ」の並び順に変更 cancer
update16.png
 
update17.png


wrench チェックボックスの視認性を向上(お気に入り画面、購入履歴画面)
update22.png  update23.png


update24.png  update25.png

wrench アプリ内でmora webサイトを表示

┗ アニメ主題歌特集やラブソング特集などmora特集がインブラウザ対応!
今までアプリにいったり、ブラウザにいったりしてましたが、
基本的にはアプリ内で表示される様になりました cancer

 

wrench 高速スクロールつまみが不要な画面からつまみを廃止

wrench 検索処理時の読み込み文言を「Loading」から「データ取得中」に統一

wrench アカウント新規登録画面の文言統一

wrench アカウント削除画面の説明文とボタンテキストを統一

wrench 設定メニューでダブルタップするとダイアログが2重に表示されるバグを修正

wrench アーティスト画面の「~の作品リストをみる」を「~のディスコグラフィをみる」に変更

wrench サンプリング周波数チェック及びアラート表示を廃止

wrench クレジット登録画面の名義人入力部分に補助文言追加
追加文言「※スペース(空白)も半角で入力してください」



moraではこれからもお使い頂く皆さまのお役にたてる様、
サービスの改善を行ってまいります!!

トピックスにコメント機能も追加されておりますので、
皆さまからのご意見、ご要望お待ちしております。

少しだけよくなったmoraを
これからもよろしくお願い致します(>_<) cancer

Tweet(ツイート)    

ag_blog.jpg
 
おはよんそく歩行!
 
はじめまして!
本日ブラコン万歳!でmoraパイセンより配信デビューしました、
紙芝居ラッパーあっこゴリラです!
 
ag_01.JPG
 
ドラマーとして活動したり、
紙芝居ラップやYouTube、ブログなどで、マイファミリーの素晴らしさをつたえる伝道師として活動しています。
 
無駄に高いテンションと、
無駄に長い手脚が取柄です
 
ag_02.JPG
 
20歳で遅咲きに芽生えた自我
自己の解体作業のすえ、てのひらに残ったのは”バカ”というスペックのみ
 
このバカという唯一のアイテムを握りしめ、
 
1度きりの生命
 
いかに面白くしようかと日々体当たりで爆進中・・・
 
座右の銘は
進め!バカの魂!!!
 
ag_03.JPG
 
 
……そんなわたしの配信デビューを記念しまして、
お兄ちゃん、並びにマイファミリーの可愛らしい日常のあれこれをシリーズ化して綴っていきたいと思います!!!
 
題して
ブラコン万歳コラム!
 
これまでもわたしのブログ(OMKブログ)では数々の風変わりストーリーを書いてきましたが、
 
配信で初めて知ってくださる方への自己紹介として
 
かつ
 
ネタはなるべく被らせないで、これまでOMKブログを読んでくださった読者の方にも退屈させないような
 
そんな文章を目指して、書いていきたい所存です!押忍!
 
つーわけで第1回は
マイファミリーをご紹介!
 
 
ピュアな鉄道員・28歳遅咲きにリアル思春期を爆進中
 
ag_07.JPG
 
お兄ちゃん!
 
 
 
 
天才なのか?バカなのか?天真爛漫を武器に数々の事件を起こし続ける危険な中年・鳩の擬人化という異名をもつ女
 
ag_05.JPG
 
母ちゃん!
 
 
 
 
サラリーマンでありながら、細々と官能小説を書いては賞を獲り続ける謎のおじさん・わたしとタイプが似てるのでネタにしづらいが頑張ってこの人のことも書こうと思います
 
ag_06.jpg
 
父ちゃん!
 
 
 
 
そして、
そんなファミリーを冷徹に見つめ、愛を持って数々のツールを駆使し表現する伝道師
 
ag_04.jpg
 
あっこゴリラ!
 
 
 
 
そんな4人から繰り出す風変わりストーリー
【ブラコン万歳コラム!】
 
頑張って書いていこうと思うので、良かったらぜひ読んでくださいませ!
宜しくお願い致します!
 
合わせて「ブラコン万歳!」の無料配信ダウンロードも、よろしくお願いします!
 
 
 
===

あっこゴリラ プロフィール
 
紙芝居をめくりながらラップをする新機軸エンターテイナー。
 
2010年結成された2人組ガールズバンドHAPPYBIRTHDAYでドラマー・パフォーマーとして活動し、2011年10月 Sony Music Associated Records よりAlbum「ファーストキス」でメジャーデビュー。'14夏に活動休止。
その後、バンド活動で培ったエンターテイメント能力を発揮し、2014年よりソロとしてのキャリアをスタート。
'14春、新木場スタジオコーストで行われた『AH!YEAH!OH!YEAH!2014』に出演し、くだらないようで謎の感動を生むと話題に。その活動はライブだけにとどまらず、家族偏愛ブログや動画制作など多方面に渡る。'14冬に『ブラコン万歳!』でハイレゾ配信デビュー。同時にmoraでコラムの連載もスタート。2015年注目の女性ラッパーである。
 
 
===
 
あっこゴリラの「ブラコン万歳コラム!」バックナンバーはこちら
 
 

Tweet(ツイート)    

pal_at_pop.jpg
 
「DTM」は「デスク・トップ・ミュージック」。
「EDM」は「エレクトロニック・ダンス・ミュージック」。
 
では「DTDM」とは?
はい、お分かりですね。
「デスク・トップ・ダンス・ミュージック」です!
 
「DTDM」、これ僕の造語なんですが、音楽製作の現場から発信するこのコラムのテーマはずばり「デスク・トップ・ダンス・ミュージック」! 「良い音で卓上で踊れ!」です♪
 
と言っても「こう作れば良い音だよ〜」とか「ハイレゾ対応の現場はこうだぁ~」とか知識ひけらかし系……あ、いや情報発信系ではなく、「こうすれば良い音になるんだぁ~」とか「ハイレゾってすげぇな!」とか僕自身が良い音を学んでいく場にしたいと思っています。なので「踊れ!」という命令形は自分に対してであって、クラブよりも家で仕事しながら踊ってる自分が、より良い音質で、より高いモチベーションで踊れるように……という願いが込められています(笑)。
 
っていうかぶっちゃけ、僕はまだハイレゾ環境での音楽制作のメリットとかよく分かってません(笑)。
 
もっと正直に言うと、ダンスミュージックを愛する自分が現時点で抱いている「音質」に対する意見はちょっとヘンというか、語るとちょっと問題発言になるかもしれません。
 
だって、ダンスミュージックってそんな音良くなくてもいいと思っちゃてるんです(笑)。
 
だって踊るんですもん(笑)。低い音から高い音まで分離の良い綺麗な音よりも、ひとかたまりのダンゴような迫力のある音で体を揺らして欲しいのです。そのためにダンスミュージックを作る人はわざと音を汚します。ディストーションやコンプレッサーをかけて音を歪ませ、音をデカくし、他の音と混ぜこぜにして一つの音にして迫力をだします。例えば、30~60ヘルツくらいの重低音のサイン波をmp3ファイルで鳴らしたとしてもダンスミュージックとしての機能は変わらないのでは?と思っています。
 
っていうのが現時点での僕の意見なんですが、別に決めつけてる訳ではなくて、興味をもってやる限りは勉強したいし、最初に書いたように「より良い音で踊りたい!」という気持ちにハイレゾという選択肢が増えることを期待しています。
 
もし、ディストーションやコンプレッサーによる歪んだ音も、解像度が上がることで良い音になるとしたら?
 
もし、サイン波の重低音もハイレゾによって迫力あるグルーブが出せるとしたら?
 
もし、低い音から高い音まで美しく分離再現することによって、ひとかたまりのダンゴ・ダンス・ミュージックと同じように、いやそれ以上に迫力のあるサウンドを作り出せるとしたら?
 
そしたらもう、Macのモニターを前に卓上でガンガン踊っちゃいますね。もしこれを読んで下さった皆さんも、ハイレゾを学べて僕と同じように卓上で踊ってくれたら嬉しいです。
 
あ、「卓上で踊る」っていうのは正しく言うと「卓上の音楽で踊る」ってことなので、盛り上がり過ぎて机の上に上がって踊らないで下さいね!危ないので♪
 
………。
 
というわけで! 次回から実際に、実験&研究的なアプローチで曲を作っていきたいと思います。皆さんにも楽しんでもらえるようにゲストミュージシャンやカワイイ女の子にも登場してもらう予定です…。って、え?カワイイ女の子ってめちゃめちゃ重要なんですよ! 踊るためのモチベーションとしては(笑)! 一緒にいるだけでテンション上がりますからね♪ そんなカワイイ女の子の写メや、無料のサンプル曲、サンプル音などもアップしていきますのでお楽しみに〜!



===


pal@pop プロフィール
 
作詞・作曲・編曲・演奏、MIX、マスタリングなど全てを自身で手掛ける。エレクトロを基調とした繊細かつハイブリッドなサウンドメイキングと深大な「ことば」に対する愛情を武器に日本語の響きにこだわった独特のグルーブ感、浮遊感のある楽曲を生み出す。pal@pop名義のプロデュースワークと、高野健一名義のシンガーとしての活動を、平行して精力的に行う。手がけたアーティストはゴスペラーズ、ノースリーブス、HALCALI、RSP、Tiara、牧野由依他多数。CX「とくダネ!」「Mr.サンデー」など多くの番組テーマソングも手掛ける。
 
 
 
 
===
 

pal@pop「ハイレゾ時代のDTDM」バックナンバーはこちらから


 

 

Tweet(ツイート)    

tsuda_naoshi.jpg
 
初めまして。作曲家・音楽プロデューサーの津田直士です。
 
名曲が大好きで、たくさんの名曲を探し、見つけ、聴いてきた僕が、これからこの連載で皆さんに心動かされる名曲をご紹介し、さらに作曲家ならではの視点で、なぜその曲が心を打つのか、解説していきたいと思います。
(曲には歌詞と曲という2つの要素がありますが、この連載では基本的に【曲】にスポットをあてていきます)
 
僕は30年以上音楽の仕事に携わっていますが、そもそも僕がこのような「音楽に生きる人生」を選んだきっかけは、いくつかの名曲との出会いでした。
 
 
☆ 衝撃の事件
 
小さな頃に「バラが咲いた」を聴いて何となく『曲に惹かれる感じ』に気づき、家にあったクラシックのレコードを聴いていると、何となく『音楽の魅力』に気づき・・・。
やがて、決定的な事件が僕の身の上に起きたのは、小学4年の音楽の授業でした。
 
その日は音楽鑑賞で、バッハの「小フーガト短調」を聴いたのですが、聴き始めた途端、僕は胸が苦しくなって、机に突っ伏してしまいました。
そして、生まれて初めての感覚を、はっきりと意識しました。
「心臓から涙が流れている!体が感動で泣いている・・・!!」
 
音楽で、体が変わるほどの感動を得ることを初めて知った日でした。
 
それからは、大好きだったベートーベンやチャイコフスキーのレコードの聴き方も、少し変わっていきました。
聴きながら、何となく「心が泣く」ような瞬間を探すようになったのです。
そうすると、今まで気がつかなかったところに、そのポイントはいくつもありました。
そして、その切なく美しいメロディーや、心を震わせる和音の響きが、自分の心を浄化してくれて、おまけに強いエネルギーで満たしてくれることに気づきました。
 
その力を持っているのは、クラシック音楽だけではありませんでした。
 
「Let It Be」がリピートで流れていたのは、ラジカセを選びに行った家電屋さんの店頭でした。
僕は目的を忘れ、聴いたことのないその曲を繰り返し聴き、そのメロディーの持つ魔力に取り憑かれ、その場を動けなくなりました。そう、あの感覚が、延々と続くのです。
その曲がビートルズというアーティストの作品だと知るのは、それから半年以上も先のことでした。
何しろ、まだ小学生でしたから・・・。
 
 
☆ 音楽人生と名曲マニアの始まり
 
やがてそれから3年ちょっと経った中学2年のある日、それまで弾いたことのなかったピアノをどうしても弾きたくなって、家にあったピアノを触っているうちに突然音楽の謎が解け、それをきっかけに、音楽と共に歩んでいく人生を、僕は始めました。
 
そんな僕にとって最も幸せな瞬間は、「初めて聴くのに心が泣く曲」と出会うことでした。
だから、そんな曲を探して、見つけたらゆっくり味わう、といったことをずっと続けていきました。
『名曲マニア』としての人生の始まりです。
 
中学生にもなると、ヒット曲や流行といった世の中の動きも分かるようになっていきます。
そうすると、ヒットして世の中では盛り上がっているのに、僕の耳には恐ろしくチープに響き、中身がないように感じる曲がたくさんあることに気づきます。
 一方で、アメリカやイギリスのヒット曲の場合は、ビートルズにつながる、強い力を持った曲がたくさん流行っているように見えます。
 
そして、僕の耳には恐ろしくチープに響き中身がないように感じる曲が日本ではなぜかちゃんと流行ってしまう、その背景には、作品の力ではなくその曲を流行らせる何か別の力が存在すること、また結局そういった曲は、一時的に流行ってもやがて廃れてあっという間に古くなっていくことに、気づきました。
 
 
☆ 名曲の鍵、作曲家
 
だから、僕は流行とは関係なく、心を揺さぶるメロディーや楽曲を色々な角度から探し求め、その鍵を握っているのが作曲者であることに興味を覚え、あらゆる名曲を自分の中に取り入れながら、作曲や作曲家への興味と強い想いをどんどん深くしていきました。
それはもちろん、自分自身が名曲を生みたくて、毎日作曲をしていたことと、無縁ではありませんでした。
 
そうして巡り会った、僕の心を揺さぶる曲を創る人達が、ポールマッカートニー、ポールサイモン、スティービーワンダー、ドンヘンリー、エンニオモリコーネ、バート・バカラック、中村八大、いずみたく、浜口庫之助、小林亜星、坂田晃一、大野克之、財津和夫、伊勢正三、松任谷由美、中島みゆきといった、ゼロから全く新しい名曲を生む、選ばれた才能の作曲家です。
 
彼らの名曲を聴きながら、その曲以前には存在しなかったメロディーが新しく生まれ、世界中に広まり、多くの人達の心を動かして幸せにしていくことの素晴らしさと、そういった名曲の持つ、計り知れない可能性について、僕は想いを強くしていきました。
 
 
☆ 名曲ナビゲーター
 
さて、そんな名曲マニアの僕はSony Musicの音楽ディレクターとなり、X JAPANのYOSHIKIと出会って音楽プロデューサーという立場で、そして更にその後、自分も作曲家となって名曲を送り出す立場になりました。
時代の流れと共に、僕が感動する名曲を生む作曲家も、YOSHIKIに加え、小室哲哉、槇原敬之、Mr.Childrenの桜井和寿、スピッツの草野マサムネ、aiko、BUMP OF CHICKENの藤原基央、 元Superflyの多保孝一、藍坊主
の藤森真一、dustbox・・・と増えていきました。
 
こういった背景を元にこの連載では、世の中にある名曲をどんどんご紹介しながら、名曲を生む現場にいる作曲家・音楽プロデューサーという立場を生かし、その曲がなぜ名曲なのか、といった秘密を、分りやすくご紹介していきたいと思います。
この連載をきっかけに、僕は『名曲ナビゲーター』という新たな役割で名曲をお伝えしていこうと思うのです。
 
 
それでは次回から、具体的に名曲を取り上げながらお話を進めていきたいと思いますので、ご期待下さい。
最初に取り上げる名曲は、X JAPANの「ENDLESS RAIN」です。

 
===
 
 
【著者プロフィール】
 
津田直士 (作曲家 / 音楽プロデューサー)
 
小4の時 バッハの「小フーガ・ト短調」を聴き音楽に目覚め、中2でピアノを触っているうちに “ 音の謎 ” が解け て突然ピアノが弾けるようになり、作曲を始める。 大学在学中よりプロ・ミュージシャン活動を始め、'85年よ りSonyMusicのディレクターとしてX (現 X JAPAN)、大貫亜美(Puffy)を始め、数々のアーティストをプロデュ ース。
‘03年よりフリーの作曲家・プロデューサーとして活動。牧野由依(Epic/Sony) や臼澤みさき(TEICHIKU RECORDS) 、BLEACHのキャラソン、 ION化粧品のCM音楽など、多くの作品を手がける。 Xのメンバーと共にインディーズから東京ドームまでを駆け抜けた軌跡を描いた著書「すべての始まり」や、ドワンゴ公式ニコニコチャンネルのブロマガ連載などの執筆、Sony Musicによる音楽人育成講座フェス『ソニアカ』の講義など、文化的な活動も行う。
 
Twitter : @tsudanaoshi
ニコニコチャンネル:http://ch.nicovideo.jp/tsudanaoshi
 
 
moraで 津田直士の音楽を聴くことができます。
 
・プロデューサーとして作曲・編曲・ピアノを手がけた 
DSD専門自主レーベル"Onebitious Records" 『あなたの人生を映画に・・・』 
 
・プロデュースを手がける
mora Factory アーティストShiho Rainbow の『虹の世界』『Real』『星空』 
 
 
===
 
 
津田直士「名曲の理由」バックナンバーはこちらから
 
 
 
mora TOPIC トップへ
moraに戻る
Facebookページへ
mora公式Twitterページへ
ページトップへ
▲ページの先頭へ戻る