最新のトピックスへ Facebook Twitter

2014年11月アーカイブ

Tweet(ツイート)    

10月22日の名作映画サントラハイレゾ配信から約1ヵ月が経ち、第2弾11月19日より配信中flair
第2弾は映画だけではなく、誰もが知っている海外ドラマまで全24作品のサントラが集結happy02
今回はマスタリングして頂いたエンジニアさんより各タイトルの聴きどころコメントを頂いたので、選りすぐり11タイトルの聴きどころコメントをご紹介しますshine
エンジニアさんのコメントを読んだ後にサントラを聴くとまた違った聴こえ方がしますよ~notes
ぜひお試しあれ~sign01

 

☆☆聴きどころ☆☆

 

note スター・ウォーズ・トリロジー/Various Artists

The Star Wars Trilogy.jpg

・リマスタリング前もかなり素晴らしいのだが、それをさらに飛躍的にブラッシュアップ、申し分のない超三次元的立体サウンド!!
・MSコンプの設定を吟味し、S側のアタック・タイムを通常よりも速い値に設定。これによりすぐにコンプがかかり、左右に配置された楽器はやや奥まった位置から聴こえる。リマスタリング前の奥行き感も良かったが、今回のDSDマスタリングにより、オーケストラの乗っているステージ自体が一層広く深くなったように聴こえる。
・音圧を無理に上げず、RMS -10db台後半とかなり理想的な音圧/音量にコントロール。 オーケストラのダイナミクスを、生演奏を聴いているかのような自然さで聴くことができる。



 

note バック・トゥ・ザ・フューチャー・トリロジー/Alam Silvestri

The Back to the Future Trilogy.jpg

・RMSは -10db台、かなり理想的な音圧/音量にコントロール。
・MSコンプとDSDマスタリングにより、リマスタリング前の情報量の少なさ、音場の貧弱さを解消。
・リマスタリング前はサウンド・ステージ前方に音が集まり過ぎていて、後方には誰もいないように聴こえる。今回のマスタリングによって左右前後上下にサウンド・ステージを広げ、ステージのあらゆるところから演奏が聴こえる。これは耳の錯覚なのだが、管楽器や打楽器が本来のオケ配置同様後方から聴こえるのが面白い。



 

note エイリアン・トリロジー/Cliff Eidelman

The Alien Trilogy.jpg

・静寂部がメインといってもよい独特のスタイルの作品、さらにそれぞれの作曲家の渾身の技法があちこちに散りばめられており、それらを最高の状態で聴くためにサウンド・ステージを目一杯広げ、全帯域なるべくフラットに聴こえるようにしている。
・MS & DSDマスタリングによって良いオーディオ機材だけでなく、圧縮してiPodで聴く、ラジカセで聴く、パソコンのスピーカーで聴く、ヘッドフォン/イヤフォンで聴く、どのような環境下においても静寂部から強奏部まできちんと聴こえるはず。
・MSコンプのスレッショルドやアタック・タイムを微調整し、ダイナミックかつ広がり感のある三次元的立体サウンドへ。



 

note ヒックとドラゴン/John Powell

How To Train Your Dragon.jpg

・リマスタリング前の気持ち良い音場をさらに広げた超立体的三次元サウンド!
・シンフォニックな重厚さ、そしてスリリングなアタックの速さはさらにブラッシュ・アップ、M08、M14、M20ではティンパニーのロールが1番最初の音からハッキリと、センターやや右奥から聴こえる。
・M24に歌ものがあり、リマスタリング前ではデジロック風なやや強引な押し出し感だが、今回のマスタリングでは押し出し感を抑えて、前後のサウンドに合わせている。
・EQ による補正は最低限にとどめ、限りなくナチュラルなサウンド。 静寂部の美しさ、強奏部のダイナミックさ、文句の付けようのないアレンジ&オーケストレーション、全てをワクワクするように楽しめる、ハイレゾ大推薦!!



 

note シュレック/Harry Gregson-Williams & John Powell

Shrek.jpg

・リマスタリング前の気持ち良い音場をさらに広げた超立体的三次元サウンド!
・リマスタリング前のサウンドがデジタル・データっぽく平面的なのに比べ、圧倒的な生命力、不思議なことにデジタルの嫌な感じはほぼ消えている。
・いろいろなスタイルの曲/アレンジ/スタイルが収められているが、全てにドンピシャなナチュラル・サウンド。
・左右と前後の広がりはもちろん、今回のDSDマスタリングによって上下の広がりも加わっているのがわかる。
・プロフェッショナルな職人芸の数々を極限までデジタルの枠内に収めた、理想的なサウンド。



 

note アイアンマン/Ramin Djawadi

Iron Man.jpg

・M01の2:30辺り、クレッシェンドして盛り上がっていくが、リマスタリング前では音圧を上げるため潰し過ぎていて、クレッシェンドをほとんど感じられない。 今回DSDマスタリングしたものは、きちんとクレッシェンドしていくのがわかる。 これはCDからリッピングして波形を見てもらえば一目瞭然でもある。
・スリリング、パーカッシブといった曲調が多く、やはりあまりにもダイナミクスをなくしてしまうのはもったいない。 M02などはMSコンプやDSDマスタリングによるサウンド・ステージの広がり、バランスの良い周波数特性などがよくわかると思う。
・最近の作品ということで、ミックスやマスタリングはひどくても、やはり録音時にDAW機材進歩の恩恵を受けているので、よく聴くと広がりが左右前後だけでなく、上下にもかなりあるのがわかる。 これは古いサントラと比べると全然違うはず。



 

note ゼロ・グラビティ/Steven Price

Gravity.jpg

・RMS -10db台へと音圧を落ち着かせ少し隙間が出来た分、左右の音像をより奥へ。
・宇宙で聴いたらきっとこういう感じに聴こえるのでは、と思えるようなサウンド。前後左右上下に音が飛び交う。
・通して聴いていると、ラスト2曲であまりの素晴らしさに武者震いしてしまう。
・良いスピーカー、もしくは良いヘッドフォンで、大音量で最初から最後まで通して聴いてほしい。もちろんハイレゾ大推薦!!!!



 

note 24/Sean Callery

24.jpg

・EQは他作品ほどかけてないが、高域をカットし耳に痛いエッジ感をなくしている。かといって柔らかくとか、こもっているようには聴こえない。
・元音源のマスタリングでの音圧により、演奏が元々持っていたダイナミクスは完全に崩壊しているが、諸々の機材やプラグインを複数使い分けることにより、なんと自然なダイナミクスと音質に戻っている。
・リマスタリング前には奥行き感はほとんどなく、LCR全てが前に貼り付いているようなサウンド。ここに奥行き感を加えることにより、デジタル枠内の使えるデータを有効に利用することになる。
・古い年代の作品の時のコンプ処理/EQ処理とはまったく違う発想だが、結果としては同じようなサウンドになっている。



 

note プリズン・ブレイク/Ramin Djawadi

prison break.jpg

・リマスタリング前のサウンドは良好だが、それをさらにMSコンプとDSDマスタリングによって三次元的立体サウンドへとブラッシュアップ。
・スリリングでダイナミクス感のある曲調は、まさに今回のDSDマスタリングにドンピシャリ。
・M04、ラストにかけてクレッシェンドしていく部分、リマスタリング前よりもずっとダイナミックになっていて、「おぉ、ここまで音量が大きくなっていくのか」と感じてもらえると思う。
・M21の1:03前後、いったんおとなしくなってから一気にクレッシェンドしていく盛り上がり部分、リマスタリング前だとなにげに聴き流してしまうが、今回のDSDマスタリングによってよりドラマチックに。



 

note LOST/Michael Giacchino

Lost.jpg

・唯一、リマスタリング前で残念な奥行き感のなさをMSコンプとDSDマスタリングによりフォロー、LCRの中間や前後上下などあらゆる空間から音が聴こえる。
・今回のDSDマスタリングの良さは、M24を聴けば顕著にわかる。 リマスタリング前では、アコースティック・ギターは全体の中に隠れるように存在しているが、マスタリング後は踊るように生き生きとしている。また、情報量だけでなくリヴァーブやアンビエンス成分といった空気感がリマスタリング前に比べると飛躍的に向上、気持ちの良いサウンドになっている。
・素晴らしい仕上がり。もちろんハイレゾ大推薦!!



 

note ライトスタッフ/南北戦争物語 愛と自由への大地/Bill Conti

The Right Stuff.jpg

・Thermionic Culture Vultureプラグインを使用、しかし60年代/70年代の作品の時とは違う使い方。 元音源のマスタリングによってキツくなってしまった高域を柔らげるという使い方ではなく、デジタル・レコーダーでの録音によって失われてしまった、本来あるはずの中低域の復活が狙い。
・リマスタリング前ではただ左右に広がっているだけの音像なので、MSコンプによって奥行き感を加え、さらにセンター音像を補強。
・リマスタリング前は情報量も少なく、データを再生しているなという感じがしてしまうが、DSDマスタリングによって生命感、躍動感が加わり、遙かに音楽的に。これぞ再生!



 

☆その他のサントラはこちら☆

note ホリデイ note ピーター・パン note アイス・エイジ
The Holiday.jpg Peter Pan.jpg ICE AGE.jpg
note 電撃フリント アタック作戦
+GO! GO作戦
note ふたりだけの窓 note 猿の惑星
In Like FlintOur Man Flint.jpg The Family Way.jpg Planet of the Apes.jpg
note 1900年 note ドライビング Miss デイジー note アウトサイダー
Novecento.jpg Driving Miss Daisy.jpg The Outsiders.jpg
note ジェラシー note ラ・カリファ note ペイネ 愛の世界旅行
Dramma Della Gelosia.jpg La Califfa.jpg Peynet.jpg

 

☆☆第1弾はこちら☆☆

 

Tweet(ツイート)    

mora factory 更新担当のKです。

新人紹介企画第二弾として、本日は都内のライブハウスを中心に繊細でピュアな世界観を歌う現役女子高生シンガーソングライター、タグチハナを紹介します!

taguchi.jpg

タグチハナ 公式HP

 

中学生の頃から近所の公園で弾き語りをしていた彼女は、高校生にして今や多くの有名ライブハウスに出演するシンガーに成長。

ギターを弾きながら、振り絞るような声で淡々と唄い、時には叫ぶように聴く者の心に迫ってきます。

繊細な詩に込められたピュアな世界観に触れると、何故かファンになってしまうとの評判から、現在多くのミュージシャンをはじめ音楽関係者が注目!

現在、1stアルバムをmoraで独占配信中ですので、ぜひこの機会に新しい才能の芽吹きに触れてはいかがでしょう?

 

【配信中】タグチハナ「夜へ」

taguchi_JK.jpg

 

収録曲から「そのとき」MV!

 

Tweet(ツイート)    

クリスマス・ソングをパッケージしたハイレゾ商品「フライングドッグのクリスマス」も展開中のアニメレーベル・フライングドッグから、今後も続々ハイレゾ商品が登場します!

 

【配信中】フライングドッグのクリスマス

fd_christmas.jpg

 

来週26日配信開始の商品は以下の7タイトル!

 

「超時空要塞マクロス」サウンドトラック/羽田健太郎

「MACROSS PLUS」  ORIGINAL SOUNDTRACK/菅野よう子

「マクロスF(フロンティア)」O.S.T.2娘トラ☆/菅野よう子

「マクロス7」LET'S FIRE!!/Fire Bomber

「地球少女アルジュナ」 into the another world/菅野よう子

「天空のエスカフローネ」ORIGINAL SOUNDTRACK/菅野よう子

「創聖のアクエリオン」OPテーマ 創聖のアクエリオン/AKINO

 

巨匠・菅野よう子の代表作、「マクロス」シリーズの各種サウンドトラックに注目ですよ!

「マクロスF」については、すでにハイレゾが配信中の「O.S.T.1 娘フロ。」につづく、待望の第2弾がリリースとなりますので、ファンの皆さんは要チェック!

 

【配信中】TVアニメーション マクロスF(フロンティア) O.S.T.1 娘フロ。

macross_f.jpg

 

おたのしみに!

 

[11/19]THE MACKSHOW 初ハイレゾ配信中!

Tweet(ツイート)    

3人はアイドル!スリー・ミニッツ・ロックンロール!3分あればゴキゲンさ!
 
超ド級の爆発カリフォルニア・サウンド!!甘く切ないグッド・メロディ。
夢を追い続けるマックショウが最高にクールにキメる入魂の米国録音盤!!
 
THE MACKSHOWのニューアルバム「THREE HOT MINUTES -3人はアイドル-」は
初となるハイレゾ音源でも配信中!
 
FAMC-151_200.jpg

 

<THE MACKSHOW プロフィール>

karaokeKOZZY MACK コージーマック(Vo.Gt)
karaokeTOMMY MACK トミーマック(Ba.Vo)
karaokeBIKE BOY バイクボーイ(Ds.Vo)

共に広島市出身・THE COLTSのメンバーである
岩川浩二(コージーマック/Vo,Gt)とトミー神田(トミーマック/Ba,Vo)を中心に
昭和七十七年(2002年)結成。

まさに絶滅寸前・壊滅状態であった日本ロックンロール界に、覆面グループとして突如彗星のごとく現れ、
全国のグッドオールド・ボーイズ?コアなロックンローラーから、ヤングなロックンロール・ファンまで震撼させる。

持ち前のトゥスティン・ビートにグッドメロディは初期ビートルズやキャロルがそうだったように、
愚直なまでに正直で、どこまでもシンプル。
踊れて笑えて、泣けて歌えてグっと来る、シンガロング・ロックンロール。
王道をさらに発展させた活動を精力的に進行中、昭和八十九年最新型「俺たちの」ロックンロール・バンド!

Tweet(ツイート)    

ブログヘッダー_01.jpg

xmas bell xmas bell xmas bell xmas bell xmas bell xmas bell
今年もこの季節がやってきた!

"雪の女王"エルサ役イディナ・メンゼルもこの名曲をカバー!!
今年の「クリスマス・イブ」は、映画『MIRACLE デビクロくんの恋と魔法』テーマ shine
この曲を聴くだけで一気にクリスマス気分が高まりますね happy01

xmas bell xmas bell xmas bell xmas bell xmas bell xmas bell

          bell 配信期間 bell          

         clock 11月19日(水)~12月25日(木)23:59:59 clock       
山下達郎_クリスマスイブ_200.png 山下達郎_クリスマスイブ_200.png

xmas 山下達郎 / クリスマス・イブ

btn_buy.png

xmas 山下達郎 / クリスマス・イブ
(イングリッシュ・バージョン)
 
btn_buy.png
825646350599_200.png 825646350599_200.png
xmas 竹内まりや / 今夜はHearty Party
(シングル・ミックス)


btn_buy.png
xmas 竹内まりや / すてきなホリデイ
(’08New Remaster)


btn_buy.png

 

xmas bell xmas bell xmas bell xmas bell xmas bell xmas bell

085365757691_200.png 825646983711_200.png
xmas 竹内まりや / クリスマスは一緒に

btn_buy.png
xmas 竹内まりや / Winter Lovers

btn_buy.png

xmas bell xmas bell xmas bell xmas bell xmas bell xmas bell

mora TOPIC トップへ
moraに戻る
Facebookページへ
mora公式Twitterページへ
ページトップへ
▲ページの先頭へ戻る