最新のトピックスへ Facebook Twitter

2014年10月アーカイブ

Tweet(ツイート)    

巨匠たちが生みだした誰もが知るあのメロディが、繊細かつダイナミックな「超立体的三次元サウンド」でよみがえるsign03
 
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『ミッション・インポッシブル』などの世界的大ヒット作品を始め、映画史に残る名作、傑作のサウンド・トラックが高音質ハイレゾ音源で復刻sign03
 
DSDマスタリングに用いられる<MSマスタリング>という手法によって、センター音像は力強く定位し、サイド音像は高域を美しく伸ばしつつ、左右だけでなく前後にも広がっていますshine
 
映画音楽の「スコア」と言われる音楽の深さ、そしてそのクオリティの高さを体感して頂くべく、より良い音源に生まれ変わったサウンド・トラックの名作たちと一緒にそれぞれの時代へのタイム・トリップをお楽しみくださいnote
 
 
 ☆配信22タイトル☆ 
 
MiIII.jpg

slate M:i:III

トム・クルーズ主演の大ヒット・シリーズ『ミッション・インポッシブル』シリーズの第3弾の音楽がハイレゾ音源で登場!

ラロ・シフリンによる不滅のテーマ曲のアレンジを始め、マイケル・ジアッキノによるフル・オーケストラの大迫力サウンドは必聴!
バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3.jpg

slate バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3

映画史に残る大ヒット・シリーズ最終章!

世界中で大ヒットしたロバート・ゼメキス監督を代表する名作の音楽を担当するのは、シリーズ全てを手がけたアラン・シルヴェストリ!
誰もが知るあの音楽がハイレゾ音源で再登場!
ジョルジュ・ドルリュー作品集.jpg

slate ジョルジュ・ドルリュー作品集

生涯に350本以上の映画音楽を作曲し、「映画におけるモーツァルト」と称されるジョルジュ・ドルリュー。

全世界に多くのファンをもつ彼のベスト盤ともいえる作品集がハイレゾ音源で登場!
ターミネーター2.jpg

slate ターミネーター2

ジェームズ・キャメロン監督とアーノルド・シュワルツェネッガーを一躍スターダムに押し上げた『ターミネーター』の続編のサントラが、ハイレゾ音源で登場!

ブラッド・フィーデルによるテーマ曲を始め、金属的なサウンドの中にもエモーショナルな旋律を聴かせてくれる!
ターミネーター3.jpg

slate ターミネーター3

アーノルド・シュワルツェネッガー主演の人気シリーズ「ターミネーター」の第3弾の音楽がハイレゾ音源で登場!

誰もが耳にしたことのある「ターミネーターのテーマ」を始め、マルコ・ベルトラミによるシンフォニックな音楽は緊張感を煽る。
特攻野郎Aチーム.jpg

slate 特攻野郎Aチーム

愛すべき伝説のヤローどもが、いよいよ暴れだす!

全米のみならず日本でも多くのファンを獲得した80年代伝説のシリーズを、リドリー&トニー・スコット兄弟のプロデュースで映画化!
音楽を担当するのは、『アベンジャーズ』などのアラン・シルヴェストリ。
オリジナルのあのテーマが高らかに鳴り響く、オールド・ファンも納得の音楽がハイレゾ音源で登場!
マトリックス.jpg

slate マトリックス

映画史に革命が起きたとも言われ、社会現象になったウォシャウスキー兄弟監督による『マトリックス』のサントラがハイレゾ音源で登場!

ドン・デイヴィスによる、金属質なノイズとオーケストラ・サウンドが「電脳世界」を駆け巡る!
ボーン・アイデンティティ.jpg

slate ボーン・アイデンティティ

男は、彼らの「武器」となる為に訓練されたはずだった・・・。

マット・デイモン主演による、新感覚あふれるスパイ・アクション!
全編にフューチャーされる多彩なリズム&ビートが、まるでボーン自身の思考回路そのものに、そして緊張感あふれるスコアがさらにストーリーを盛り上げる!
ジョン・パウエル傑作の1枚がハイレゾ音源でよみがえる!!
続・夕陽のガンマン夕陽のガンマン.jpg

slate 続・夕陽のガンマン/夕陽のガンマン

セルジオ・レオーネ監督とイタリア映画音楽界の巨匠エンニオ・モリコーネの黄金コンビによる『夕日のガンマン』と『続・夕日のガンマン』をハイレゾ音源でリリース!

口笛とギターのテーマ曲はマカロニ・ウェスタンの傑作としてサントラの歴史に燦然と輝く。
オーメン.jpg

slate オーメン

オカルト映画の傑作として歴史に名を刻んでいる『オーメン』のサントラがハイレゾ音源でリリース!

映画音楽史に燦然と足跡を残したジェリー・ゴールドスミスが、アカデミー最優秀作曲賞を受賞した作品。
ネメシスS.T.X.jpg

slate ネメシス/S.T.X

恐るべきは自らの暗黒面(*ルビで:ダークサイド)だ!
『スター・トレック』の劇場版として第10作目となる『ネメシス/S.T.X』は、第7作から始まったネクスト・ジェネレーションの最終章。
究極のSFエンタテインメントを演出するジェリー・ゴールドスミスによるストイックなまでに簡潔を極めた音楽が、ハイレゾ音源で再登場!
スター・トレック.jpg

slate スター・トレック

大ヒットTVシリーズ『スター・トレック』を『LOST』や『M:i:III』などのJ.J.エイブラムス監督が再構築した新生『スター・トレック』!

若き日のジェームズ・T・カークを描いたノンストップ・スペース・エンターテインメント作品の音楽がハイレゾで再登場!
スター・トレック イントゥ・ダークネス.jpg

slate スター・トレック イントゥ・ダークネス

人類最大の敵は愛だ!

J.J.エイブラムス監督による『スター・トレック』シリーズ第2弾のスコアがハイレゾ音源で登場!
音楽を担当するのは、前作も手がけた今最もハリウッドで活躍するマイケル・ジアッキノ。
様々な表情を魅せる音楽で、波瀾に満ちたストーリーを演出する!
スター・トレック・コレクション.jpg

slate スター・トレック・コレクション

ジーン・ロッデンベリーが生みだした空前絶後のSFシリーズ『スター・トレック』のTVシリーズと劇場映画版から重要なテーマ曲ばかりを収録!!

宇宙船U.S.S.エンタープライズ号のための驚異に満ちた音楽が、ハイレゾ音源で登場!
非情の標的.jpg

slate 非情の標的

マカロニ・ウェスタンを数多く手がけるセルジオ・ソリーマ監督によるサスペンス・アクション『非情の標的』のサントラがハイレゾ音源でリリース!

音楽は、ソマーリ監督が信頼を寄せるエンニオ・モリコーネが担当。サスペンスフルで骨太なスコアから、優美なメロディまでマエストロの魅力が満喫できる内容!
Frontiers  ジェリー・ゴールドスミス・フィルム・ワークス.jpg

slate Frontiers :
ジェリー・ゴールドスミス・フィルム・ワークス

ハリウッドを代表する作曲家、ジェリー・ゴールドスミスが、全て本人の指揮のもと新録音で収録されたSF映画音楽集がハイレゾ音源で登場!

『トータル・リコール』『エイリアン』『スター・トレック』など、60年代~90年代に手掛けたSF映画10作品12曲を収録!!
G.I.ジョー.jpg

slate G.I.ジョー

陸、海、空、世界を舞台にG.I.ジョーVSコブラの闘いが今始まる!

アクション・フィギアの原点である『G.I.ジョー』を、国際色豊かなキャストで描いたハイパー・アクション超大作が、ハイレゾ音源で登場!
音楽を担当するのは、『スター・トレック』などのアラン・シルヴェストリ。
ランボー怒りの脱出.jpg

slate ランボー/怒りの脱出

シルヴェスター・スタローン主演のアクション映画として人気の「ランボー」シリーズの第2作『ランボー/怒りの脱出』のサントラがハイレゾ音源で登場!

映画音楽の巨匠、ジェリー・ゴールドスミスによる男気溢れる熱い音楽が存分に味わえる内容!
死亡遊戯ナイト・ゲーム.jpg

slate 死亡遊戯/ナイト・ゲーム

映画史に残る伝説の男、ブルース・リーの最後の作品『死亡遊戯』の音楽がハイレゾ音源で登場!

音楽を担当するのは、『007』シリーズや『愛と哀しみの果て』などのヒット作を手がけたジョン・バリー!
エイリアン2.jpg

slate エイリアン2

世界的な大ヒットを記録したSF超大作シリーズの第2作『エイリアン2』の音楽がハイレゾ音源で蘇る!
『アバター』や『アメイジング・スパイダーマン』などを手がけたジェームズ・ホーナーが、緊迫した場面をスリリングに盛り上げる!!
ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT.jpg

slate ワイルドスピードX3 TOKYO DRIFT

全てのカーアクション映画の頂点に立つ「ワイルド・スピード」シリーズの東京が舞台となった『ワイルド・スピード×3 TOKYO DRIFT』のサントラがハイレゾ音源で登場!

フライアン・タイラーの最高に熱く、刺激的な音楽。そしてゲスト・ギタリストには、元ガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュも参加!!
SWAT.jpg

slate S.W.A.T.

LA犯罪史上最大の闘いが始まる。敵か?味方か?380万人のロス市民!

『ファイナルファンタジー』や『バットマン フォーエヴァー』を手がけたエリオット・ゴールデンサルが奏でる、重厚でアグレッシブなデジタル・ロックが、ハイレゾ音源で登場!
さらにダニー・セイバーによる「S.W.A.T. 911」も収録!

 

Tweet(ツイート)    

GOT7ATWBH.jpg
超大型新人ボーイズグループ GOT7(ガットセブン)が、ついに日本デビューsign01
本日から日本デビューシングル『AROUND THE WORLD』の配信が開始となりました!
「mora」では、最近話題のハイレゾ音源による配信も行っております!!
 
GOT7は、韓国、アメリカ、香港、そしてタイ出身と、多国籍メンバーで構成される7人組で、2014年1月にアルバム『Got it?』で韓国デビュー。キックや回転アクション等の武道的要素とブレイクダンスを融合させた“マーシャルアーツ・トリッキング”という高難易度のパフォーマンスを披露し、衝撃的なデビューを飾りました。
デビューアルバムのタイトル曲「Girls Girls Girls」は、ヒップホップテイストに溢れる、彼等の個性と独特なパフォーマンスを最大限に表現した楽曲で、YouTube公開2日目で100万ビューを突破!アルバム『Got it?』は「ビルボードワールドアルバムチャート」で1位を獲得、デビュー3週目にして快挙を成し遂げる等、注目を集めています。
 
日本デビューシングルのタイトル曲「AROUND THE WORLD」は、GOT7が世界に飛び出していくイメージで作り上げられたエネルギーに満ちた楽曲で、ヒップホップ感漂うクールなトラックをベースに、ダンスが映えるようアクセントとしてEDM的サウンドをプラスさせた最強のダンスナンバー♪ カップリング曲は2PMのJun. KがGOT7のために書き上げた「SO LUCKY」格好良さと可愛さを併せ持つGOT7の魅力が生きる、前向きなメッセージが込められた、元気が出るポジティブソングとなっています♪♪
 
このたび、GOT7の日本デビューを記念して、「mora」でGOT7の『AROUND THE WORLD』のハイレゾ音源をまとめ売りでご購入いただいた方に、抽選でメンバー直筆サイン入りポスタープレゼントいたします!
 
高音質のハイレゾ音源は従来のCDを超える情報量を持ち、ディティールや空間情報の再現性が高く、ボーカルの余韻の響き、ビートの切れや奥行きの表現に優れ、レコーディングスタジオの空気感や臨場感がリアルに伝わる等、ハイレゾならではの魅力で、音楽をより感動的に体感することができます。
 
ぜひこの機会に、音楽の楽しみ方を広げるハイレゾ音源でGOT7の魅力をご堪能いただき、直筆サイン入りポスターが当たるキャンペーンにふるってご応募ください!
 

note  GOT7『AROUND THE WORLD』
 

 

GOT7_JK写.png

 cd ハイレゾ音源
 FLAC|96kHz/24bit
 まとめて購入 1,600円(税込)

btn_buy.png


 cd 通常音源
 AAC-LC|320kbps
 まとめて購入 1,000円(税込)
 単曲購入 各257円(税込)

btn_buy.png

 
 
[プレゼントキャンペーン応募詳細]
GOT7『AROUND THE WORLD』のハイレゾ音源をまとめ売りでご購入いただいた方に、抽選でメンバー直筆サイン入りポスタープレゼント!
・賞品   : メンバー直筆サイン入りポスター 3名様
・応募期間 : 2014/10/22(水)0:00~2014/10/28(火)23:59
・応募方法 : 応募フォームよりご応募ください。
 
 【購入特典】応募はこちらから_PKGページ.jpg

※当選の発表は賞品の発送をもって代えさせていただきます。

 

music「ハイレゾ音源」について
 
従来のCD を超える情報量を持つ高音質音源。
高解像度(High-Resolution)音源によって、楽器や声の生々しさや艶などのディティールに触れることで、音楽をより感動的に体感していただけます。
 
ハイレゾ音源の購入や再生等の詳細は、ハイレゾ音源の楽しみ方” ページで book

Tweet(ツイート)    

 
kioon20141111.jpgキューンミュージックとmoraが送る「ハイレゾに耳キュン♪ キューンミュージック、ハイレゾ配信キャンペーン」の最終ラインナップの配信スタートsign03
 
最終ラインナップは、待望のハイレゾ化となる「スーパーカー」の名盤2枚sign03

大好評の本キャンペーンの応募締切1/31まで、あと僅かですsign03
ハイレゾ対応ヘッドホンが当たるチャンスを是非お見逃しなくsign03
 
flair12月17日配信 第三弾ラインナップflair
 
 
note HIGHVISION

note ANSWER


 
 
 
 
 
 
アーティストからのハイレゾ配信に向けた第二弾コメントはコチラnote
 砂原良徳
 
a2009sunahara_main.jpg

どの作品も基本的には音が良くなっていますが、特に新しい作品はそれが顕著です。
ハイレゾの扱いに関してはまだまだ不便な部分も多いですが、なんとか定着してほしいと思っています。

 

砂原良徳

 

 住岡梨奈

 

asumioka_watchword-A(小).jpg

正直聴くまでは、ハイレゾの違いが自分にわかるのかがわからなかった。

けれど曲によって変わる変わらないはあるものの、良く聴こえたことには間違い無いと思っている。
それは耳が楽しいということ。音の聴きこえやすさだったり、広がりを感じられて耳に優しかった。
というのが感想です。聴き比べも楽しいと思います。

住岡梨奈

 

 シナリオアート

aシナリオアートA写.jpg

集中して音楽を聴くって楽しい。
音楽に全神経を集中してひたすら聴く。
しばらく聴いていると、情景が浮かんでくる。
そして少しずつその世界へ吸い込まれていくようにトリップ。
恍惚の中ふわふわ~と宇宙へ行ったり、地球の裏側でオーロラをみたり。
ハイレゾだったらね、その音世界に吸い込まれて帰ってこれないかもしれないや。
‥なんてのは大袈裟かもしれないけど
音楽を作る人間としては、音楽によって伝えられる世界が深まるのは嬉しい事です。
緻密で繊細な音楽を作っているので、ハイレゾ配信は願ったり叶ったり!!

 

ハヤシコウスケ(シナリオアート)

flair12月17日配信 第三弾ラインナップflair
 
 
note night walking

note Tokyomelancholy
-トウキョウメランコリー-

nightwalking.jpg Tokyomelancholy.jpg

 

 

 砂原良徳

note liminal

note subliminal
※キャンペーン対象外商品です。

liminal.jpg subliminal.jpg
note 「WORKS '95-'05」
    (Disc1 Hi-Res ver.)
note No Boys, No Cry
Original Sound Track
Produced by Yoshinori Sunahara
「WORKS '95-'05」(Disc1 Hi-Res ver.).jpg No Boys, No Cry Original Sound Track Produced by Yoshinori Sunahara.jpg

 

 住岡梨奈

 notewatchworld
watchword.jpg

 

 

 PUSHIM

 noteIt's A DRAMA
It's A DRAMA.jpg

 

flair11月26日配信 第二弾ラインナップflair
 
 
 noteFLOW ANIME BEST
flow.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 noteCocoon
Cocoon.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 noteDOPPEL
DOPPEL.jpg
 
 
 
 
 
 noteピコレクション”BEST+4”
ピコレクション.jpg
 
 
 
 
 
note 狼惑星 note ジェットジェネレーション
狼惑星.jpg ジェットジェネレーション.jpg
 
 
 
 
 
 note家宝 ~THE BEST OF HOME MADE 家族~
家宝~THE BEST OF HOME MADE 家族~.jpg
 
 
 
アーティストからのハイレゾ配信に向けたコメントはコチラnote
 
 後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
 
web-AKG350.jpgハイレゾ音源の普及には大賛成です。
Blu-rayで映画を観るのと同じ方向の技術革新だから、肩肘張らずに多くのリスナーが良い音で聴いてくれたら、僕らミュージシャンは幸せです。
それから願わくは、僕たちミュージシャンにとってと言うよりは、リスナーフレンドリーな向きで運営していって欲しいです。
 
後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
 

 
セイジ(ギターウルフ)
 
GFA写.JPG
 
ハイレゾ化により、更なる流星ノイズが君の目の前に広がる!
 
セイジ(ギターウルフ)
 
 
 
 光村龍哉(NICO Touches the Walls)
 
nico_TD_a-photo2_350.jpg
僕らバンドマンが年がら年中考えてること。
それは、音楽を通して、どれだけリスナーとの距離を縮められるか、だと思います。
そのために歌の歌い方ひとつ、楽器の弾き方ひとつ、もの凄く繊細な部分まで拘ります。
 
ハイレゾ音源は、そんな拘りを余すことなく再生してくれるので、
僕らとリスナーの距離を今まで以上に近づけてくれたんだなと感じました。
どれだけ近づけてくれたかって言うと、、、、
 
「ようこそ、僕らのレコーディングスタジオへ。」
 
決して言い過ぎなんて思っちゃいません。

光村龍哉(NICO Touches the Walls)
 
 
 
 
 ハヤシ(POLYSICS)
 
POLYSICS-A-Photo[ACTION!!!]350.jpg
バンドの音と電子音がとてもイキイキしている!!!
 
特にドラムはすぐそこで叩いているかの様なリアルさで、細かい鳴りやニュアンスの違いまでクリアに聴こえてくるのはさすがハイレゾ!
 
さらに電子音のはじけっぷりもスゴイ!
バンドに負けないくらいのハイテンションで暴走しモジュレーションするアナログシンセの存在感はさらにシャープで過激!
 
CDや圧縮された音源では味わうことができない「体感する聴こえない音」がリアルな臨場感を生み、同じ音源でも全く違う音の聴こえ方に衝撃を受けること間違いなし!!!

ハヤシ(POLYSICS)
 
 
 
以下がキャンペーンの応募詳細となりますflair
奮ってご応募くださいconfident
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------
「ハイレゾに耳キュン♪キューンミュージック、ハイレゾ配信キャンペーン」
▼応募受付期間:
2014年10月22日~2015年1月31日
 
▼プレゼント商品
ソニー製 ハイレゾ対応ヘッドホン「MDR-10RC」ホワイト
 
▼当選者数
30名様
 
▼応募方法
対象ダウンロードタイトル(アルバム/ミニアルバム)をまとめて購入し、対象タイトルの商品ページ内にあるバナーよりご応募ください。
 
▼当選者発表
当選の発表は、賞品の発送をもってかえさせていただきます。
賞品の発送は応募締切日より約2~3週間後を予定しています。
 
【購入特典】応募はこちらから_PKGページ.jpg
 
--------------------------------------------------------------------------------------------------
 

sun象タイトル一覧sun
 
 
 
 
gos-Asha0811_promo.jpg
 
 
 
 
 
 
denki_25th_Asha_RGB.jpg
note J-POP note YELLOW note 20
0003417801.200.jpg 0003417789.200.jpg 0003417910.200.jpg
note 人間と動物 note 25 note 電気グルーヴの
ゴールデンヒッツ
~Due To Contract
0003417864.200.jpg 0003417814.200.jpg 0003417833.200.jpg
 
 
 
 
 
 
FOLKS_2014_Summer_A-photo_[Main]_small.jpg
 
 
 
 
 
 
negoto_Asya_main_RGB.jpg
note ex Negoto
ねごと_ex-Negoto.jpg


 

 
配信中のおすすめタイトルsign03 こちらはキャンペーン対象商品外です。
 
 
 note7 -seven-
0003636324.200.jpg
 
 
 
 
Chatmonchy_2P-[fix].jpg
 
 
note 「こころとあたま/いたちごっこ」
チャットJK.jpg

 

Tweet(ツイート)    

再修正小沼ようすけ_ブログヘッダー.jpg

10月22日に4年ぶりT5Jazz Records移籍第一弾アルバム「GNJ」をリリース、そしてハイレゾ同時配信開始!今回のアルバムに込めた思いや、小沼ようすけのハイレゾ配信に関して、今後ハイレゾでやってみたいこと、そして小沼ようすけのリフレッシュ方などmoraスタッフがたっぷりインタビューしてきましたshine

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

0003348921.200.jpg 

 
  みんなが待っていた小沼ようすけが帰ってきた
  T5Jazz Records移籍第一弾ニュー・アルバム「GNJ」
 
   note通常音源
   musicハイレゾ音源      btn_artist_page.png
 
   
 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

——小沼さんのギターとの出会いはいつ頃だったのですか?

小沼:父が趣味で弾いていたので家にたくさんギターがあり、14歳の時から自然とギターを弾くようになりました。

——その頃からギターに興味があったのですか?

小沼:はじめはROCKが好きでバンド組んだり、ROCK目指して上京してきました。その後少しずつJAZZに興味をもち、始めたのがきっかけです。

小沼さん 028.JPGのサムネイル画像

——今年で40歳になられるそうですが、昔と変わらない若さの秘訣とかありますか?

小沼:常に新しいことをやっているからかな?何か特別なことをしているわけではないですが、演奏している時とか時間を忘れて夢中になったり、サーフィンもそうですし毎日同じことをしたり、無理に頑張りすぎたり行き詰まったような生活をしないことが、もしかしたら若さを保てる秘訣なのかもしれません。

——毎日楽しく過ごすことって大事ですよね

小沼:でもなかなか大変ですよね。僕も音楽でうまく行かない時はまるで人生の終わりか?くらい落ち込むこともあるんですが、逆に自然のものと触れたりサーフィンしたりすることでバランスが取れているのかな?と思います。普通の、例えば会社に働いている方だと音楽を聴いたりする時間がそういう時間に当たるのかな?と思います。

——趣味とかやってみたいことなども多そうですね?

小沼:そうですね。最近ヨガはじめました。あとは座禅が気になります。

——ヨガや座禅は自分の心と身体と向き合うのでリラックス効果がありそうですね。

小沼:そうですね。座禅はやったことがありませんが、機会があれば是非行ってみたいです。リラックスすること、自分と向き合う時間がまた自身の音楽にも繋がるので。

——4年ぶりT5Jazz Records移籍第一弾のニューアルバム「GNJ」について。

小沼:前作・前前作では、自分が本当に海が好きでその香りがするものを作りたいと思って試行錯誤して作ったんですが、その後4年間空いて。この4年間が自分の表現に悩んだ時期で、全部やりきって次どんなことをやればいいのか、表面上ではやりたいことがいっぱい出てくるのですが、あっ何か違う・・・ずっとこの繰り返しでした。この4年間では骨折したり、父親が亡くなったり、色々なことを経験しましたが、2014年に入った時に何か気持ちが自然と吹っ切れて、ちょっと前に進んだ瞬間にサクサクと完成しました!

——今回のテーマ「オーガニックでナチュラルな音」を書き合わせた造語「Green Note」とありますが具体的にどのような意味が込められているのでしょうか?

小沼:自分が経験したナチュラルさとかが自然と出ればいいなと思って。自分からにじみ出てくる何か、それがリアルな自分のサウンドだなと思って、それがタイトルとかけつけるときにアイディアとか清水さん(T5Jazz Recordsプロデューサー)とやりとりしてGreen Noteっていう名前が出来ました。最初からオーガニック・テーマっていうのを作ろうと思ったわけでもなく、ただ自分のにじみ出るものを信じて、思いっきり自分が好きなジャズをやったら自分にとってすごく嬉しい結果が出た感じですね。

——特におススメの曲はありますか?

小沼:個人的に5曲目の「Super Moonが好きです

——何か特別な思いれがあるのですか?

小沼:『月』の曲をずっと書きたいと思っていて、一般的に『月』の曲ってどちらかというとロマンチックな曲が多いじゃないですか。でも自分的に『月』の引力とかパワーってもっとすごいんだろうな〜、と思っていて、そんなイメージと和のテイストなメロディーが出来て、ちょっとロックっぽい部分もあるのが自分らしいなと思いました。

——ちなみにスーパー・ムーンってご覧になったことはありますか?

小沼:いっぱいありますよ。スーパー・ムーンの日って、世の中的にも凄く話題になっているじゃないですか?なので自分も盛り上がってギターをスーパー・ムーンに照らしてそれで曲を書こうかと、ずっと窓を開けて弾いたりしました。

——ではこの曲も実際観てうまれた曲ですか?

小沼:スリランカでの骨折のリハビリ中、バリ島のウブドという村に滞在しました。大自然の中で見た月がほんとに綺麗で、その時ギター弾きながらずーっとレコーダーを回していたのです。そこで生まれた曲です。

——2曲目の「June 7th」は特別な記念日なのでしょうか?

小沼:そうですね。「June 7th」は天国にいる父親に捧げた曲です。

——お父様へのプレゼントなのでしょうか?

小沼:父親からギターを教えてもらい、その影響でギターを始めたので、常に忘れたくないし、音楽をしていると近くにいる感じがするからです。プレゼントを渡すときって何かサプライズがあったりするじゃないですか!?なので、最初はブルースって感じないようなアレンジをして、途中ソロのところで父親が大好きなテンポとリズムとスウィング、少し速いテンポに変えてブルースに弾きまくるという、ちょっと驚かせたい感じで作りました(笑)

小沼さん 030.JPG

——レコーディングで特にこだわった点や苦労したことがあれば教えて下さい。

小沼:今まで使っていたギターと違うギターを使ったので、弦の細かい所とかアンプとか、今まで使用していた楽器にあえて寄せないように、サウンドを新しくするところに苦心しました。

——今までにない新しいサウンドですかね?

小沼:そうですね。

——今回ハイレゾ配信についてのご感想をお願いします。

小沼:今ハイレゾってサウンドが従来に比べ、よりリアルに聴こえるからアーティストにとっては嬉しいですよね。ナチュラルに、より生に聴こえるからいいですよね!

——ジャズは歌声が入っている音源よりも楽器の音だけなので、よりリアルに近くで聴いているように感じられますよね。

小沼:そうですね。特にギターとか、なんていうか・・・奥行き感っていうか、音が出る前の準備するときに必ず何か音が出るんですよ。ちっちゃい、フレットや指の擦れる音とか、そういうところがリアルに聴こえるってギタリスト的には凄く嬉しいことですね。

——今後ハイレゾ配信でしてみたいこととかありますか?

小沼:ハイレゾで何か新しいことが出来たら一番嬉しいですね。

——例えば生LIVE音源をハイレゾで配信とかジャズでしたら凄くいいですよね?

小沼:そうですね!LIVE音源をハイレゾで配信っていいですね。是非やってみたいです。

——音がキレイに聴こえそうですね。

小沼:是非やってみたいです!あとは世界各国の教会で弾いた時の響きや、自然の中とか森とかでの音を、ハイレゾで配信してみたいですね。

——実際その場所に行けなくても、それを聴いてリラックスできそうですね。

小沼:あたかもその場所にいるかのような臨場感が得られると思うと、そういったアルバム作りも面白いかなって思います。

——ぜひ実現させたいです!!

小沼さん 035.JPG

今回小沼さんにインタビューさせていただき、前作からの4年間でいろいろな経験をされ、悩んだり辛い経験もあったからこそ、今のリアルな小沼ようすけさんが表現できたアルバムなのだと感じました。日々の不安や悩み、モヤモヤしていて答えが出ない、なぜか凄く落ち込んじゃう。みなさんもちょっと疲れた時など「GNJ」を聴いて少しでもリラックス出来れば、そんな頑張った自分へのご褒美shineとして聴いていただければと思いますsign03

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

shine小沼ようすけニューアルバム「GNJ」リリース・ライヴ決定shine

11月26日 名古屋ブルーノート

12月22日 渋谷duo MUSIC EXCHANGE

※その他、最新情報はHP、SNSをご覧ください。

HP: http://yosukeonuma.com/

Facebook: https://facebook.com/yosukeonuma.official

Twitter: https://twitter.com/yosukeonuma

T5Jazz Records: http://www.t5jazz.com/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

shine過去の作品はこちら↓↓shine

4作目となる「The Three Primary Colors」(2004)では、リチャード・ボナ、アリ・ホーニッグと共に三位一体となったスリリングなジャズを繰り広げ、コンテンポラリー・ジャズ・シーンを切り開く作品として高い評価を受けた。またこのレコーディングにおいてボナから大きな影響を受け、後にピックを使わないフィンガー・ピッキング奏法によるギター・プレイへと転身する。

2006年には「3,2&1」と言うトリオ、デュオ、ソロを中心としたアコースティック・サウンドを大きく取り入れたアルバムをリリースし新境地をアピール。小曽根真を迎えたスリリングなデュオは、小沼ようすけに触発された小曽根真の熱い演奏も相俟って、業界内外においても非常に高い評価を得た。

2010年にはカリブ諸島グアダループのリズム”グォッカ”を取り入れたダブル・カーパッション編成による「ジャム・カ」をリリース。同時にソニーミュージック時代のベスト盤「The Best」もリリース。

0000504288.200.jpg

 「The Three Primary                          Colors」

 btn_buy.png

  0000438923.200.jpgのサムネイル画像

 「3,2&1」

 btn_buy.png

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

0001783983.200.jpg

 「ジャム・カ」

 btn_buy.png

  0001783997.200.jpg

 「The Best」

 btn_buy.png

■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

Tweet(ツイート)    

イギリスのクラブDJ誌『DJ MAG』による2014年度「DJ MAG TOP 100 DJs」のランキングが発表された。
今年度の第1位は、昨年、史上最年少で1位を獲得したHardwellが2年連続での受賞sign03
hardwell.jpg
Hardwellは今年9月27日~9月28日にTOKYO ODAIBA ULTRA PARK(お台場ULTRA JAPAN特設会場)にて開催されたULTRA MUSIC FESTIVAL JAPANにヘッドライナーとして出演し、初来日を待ちわびたファンに向けて最高のプレイを披露したばかり。
その模様が世界に向け配信されたことで、日本だけでなく、世界中のファンがその模様を視聴し、大いに話題となっているsign01
 
ランキングの第2位には、ベルギーで毎年7月に開催される世界最大級のダンス・フェスティバルTOMORROWLANDのオフィシャルDJとしても活躍するDimitri Vegas & Like Mike、第3位には過去5回にわたりDJ MAG TOP 100 DJsで1位を獲得しているオランダの至宝Armin van Buurenが輝いているshine
 
【TOP 100 DJs 2014】
01. Hardwell
02. Dimitri Vegas & Like Mike
05. Tiesto
06. Avicii
08. Nicky Romero
09. Skrillex
12. Afrojack
14. Dash Berlin
15. Alesso
16. deadmau5
17. Showtek
18. W & W
19. Deorro
20. DVBBS
21. Nervo
22. Zedd
23. R3HAB
24. Andrew Rayel
25. Above And Beyond
27. Dyro
28. Aly And Fila
29. Axwell
30. Dannic
31. Ummet Ozxan
32. Diplo
33. Krewella
35. Fedde Le Grand
36. Vicetone
37. Angerfist
39. Sebastian Ingrosso
41. Borgore
42. KURA
43. Daft Punk
44. Markus Schulz
45. DJ Frontliner
46. Kaskade
47. DJ Brennan Heart
48. DJ Coone
52. Dada Life
55. Yves V
56. Firebeatz
58. ATB
59. Carl Cox
62. Vinai
63. MakJ
64. Radical Redemption
65. DJ Snake
66. Da Tweakaz
67. Noisecontroller
68. Carnage
69. Cosmic Gate
70. Diego Miranda
71. DJ Zatox
73. Tenishia
74. Gareth Emery
75. Umek
76. Tiddey
77. Zomboy
78. Bl3nd
79. Orjan Nilsen
80. TJR
81. Blau
83. Madeon
84. wolfpack
85. Mike Candys
86. quintino
87. Borgeosmusic
88. Audien
90. Richie Hawtin
92. Code Back
93. Heat Beat
94. Merk & Kremont
95. Wildstylezs
98. John O'Callaghan
99. Arty
100. Felguk
mora TOPIC トップへ
moraに戻る
Facebookページへ
mora公式Twitterページへ
ページトップへ
▲ページの先頭へ戻る