最新のトピックスへ Facebook Twitter

2014年10月アーカイブ

Tweet(ツイート)    

ユニバーサルJAZZ_ヘッダー.jpg

        通常.jpg  おススメ.jpg   and-more.jpg

===================================================                                          

                                                      通常.jpg 

noteKeith Jarrett「The Koln Concert」

0001054474_200.jpg

btn_buy.png

'歴史に残る完全即興ソロ・コンサートの伝説的記録。無限のイマジネーションが繰り広げる最高の瞬間芸術。
メロディー、ハーモニー、リズム全てに格別の美しさが漂う。
ジャズにとどまらず、全ての音楽ファンに聴き継がれている大傑作。
¥1543→¥617
 
 
noteSonny Clark「Cool Struttin'」
0000562950_200.jpg
btn_buy.png
日本人が愛したタイトル曲を初め、ジャズ・ファンを虜にした哀愁のメロディーが詰まった永遠のベストセラー。
ソニー・クラークのブルージーなタッチ、あまりにも有名な“足ジャケット”など、全てが最高水準を行くモダン・ジャズの決定盤。
¥926¥617
 
 
noteChick Corea「Return To Forever」
0002434698_200.jpg
btn_buy.png
'70年代フュージョン・ミュージックの扉を開いたチック・コリアの大ヒット作。
バンド名は“自然への回帰”を意味し、明るく開放的で生命力に満ちたサウンドは、多くのファンの心を掴んだ。
名曲<ラ・フィエスタ>、<クリスタル・サイレンス>収録。
¥1543⇒¥617
 
 
noteJohn Coltrane 「Blue Train」
0002998509_200.jpg
btn_buy.png
'ジャズ界のカリスマ、ジョン・コルトレーンがブルーノートに残した唯一のリーダー作。
タイトル曲は、 メンバー全員が緊張感溢れたプレイを繰り広げるハード・バップ屈指の名演。
近年のブルーノート人気アルバム投票で連続No.1の栄冠に輝く。
¥771¥617
 
 
noteWes Montgomery 「A Day In The Life」
0001063532_200.jpg
btn_buy.png
'人気ギタリスト、ウェス・モンゴメリーがフュージョン路線で成功を収めたA&M/CTIレーベルにおける第1作。
ビートルズの名曲<ア・デイ・イン・ザ・ライフ>、<エリナ・リグビー>などのポップ・チューンで彼の流麗なプレイが堪能できる。
ドン・セベスキーの編曲も秀逸。
¥1543⇒¥617
 
 
noteSonny Rollins「Saxophone Colossus」

0002375805_200.jpg

btn_buy.png

'巨匠ソニー・ロリンズの名声を決定づけた人気&知名度抜群の大名盤。“サキコロ”の愛称で親しまれる。
豪放なトーン、歌心溢れるアドリブ、あらゆる時代を超えて聴き継がれる最高傑作。
有名な<セント・トーマス>、<モリタート>他、全曲傾聴。
¥771⇒¥617
 
 
noteBill Evans 「Waltz For Debby」
0002375782_200.jpg
btn_buy.png
'ビアノの詩人ビル・エヴァンスが残したモダン・ジャズ史上最大の人気を誇る名作。
優しくロマンティックなメロディーが、名門ジャズ・クラブ、ヴィレッジ・ヴァンガードのざわめいた雰囲気の中へ溶けていき、奇跡のように美しい演奏が生まれた。
愛らしいタイトル曲は永遠の感動を呼ぶ。
¥771⇒¥617
 
noteBill Evans「Portrait In Jazz」
0002465385_200.jpg
btn_buy.png
'ビル・エヴァンスが天才ベーシスト、スコット・ラファロと出会った最初の記録。
ピアノ・トリオが織りなすスリルと緊張感に満ちたインタープレイが凄い。
史上名高い<枯葉>を収録した歴史に残る大傑作。
¥1543⇒¥617
 
 
noteArt Pepper「Art Pepper Meets The Rhythm Section」
0002042359_200.jpg
btn_buy.png
'西海岸を代表するアルト奏者アート・ペッパーと、マイルス・デイヴィス・グループのリズム・セクションによる一期一会の名セッション。
素晴らしいバックを得て、冒頭の<ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ>から、アドリブに天才的な閃きを見せる。
¥1543⇒¥617
 
noteThelonious Monk「Thelonious Himself
0001781329_200.jpg
btn_buy.png
'孤高の天才スタイリスト、セロニアス・モンクの数あるソロ演奏の中で、最もストイックな一面がうかがえる作品。
<パリの四月>などの美しいスタンダードをシンプルかつイマジネイティヴに弾きあげる。
屈指の名曲<ラウンド・ミッドナイト>の20分に渡る貴重な録音風景のトラックを追加収録。
¥771⇒¥617
 

                                       おススメ.jpg   

noteCannonball AdderleySomethin' Else

 0003085820_200.jpg
btn_buy.png
歴史を越え、ジャンルを越え、音楽史上に輝く不滅の一枚。
マイルス・デイヴィス絶妙のミュート・トランペット・ソロで知られる圧倒的人気曲<枯葉>が有名。
奔放なキャノンボール・アダレイのアルト、ハートフルなハンク・ジョーンズのピアノなど、心に余韻が残る大傑作。
 
noteJohn Coltrane Quartet「Ballads
0002691952_200.jpg
btn_buy.png
'超ロングセラーを続けるジョン・コルトレーンのバラード・アルバム。
シンプルで情緒豊かなメロディーを、おなじみのレギュラー・カルテットをバックにじっくりと聴かせる。
冒頭の<セイ・イット>は、生涯の名演となった。
 
 
noteJohn Coltrane「A Love Supreme
0002691961_200.jpg
btn_buy.png
'1960年代を常にリードしてきた聖者ジョン・コルトレーンが全身全霊を注ぎ込んだ大作。
<ア・ラヴ・シュープリーム>の合唱を原点にした4つの組曲からなる劇的かつ壮大なストーリーが、聴く者に大きな感動を与える。
 
 
noteJohn ColtraneBlue Train
0003085792_200.jpg
btn_buy.png
'ジャズ界のカリスマ、ジョン・コルトレーンがブルーノートに残した唯一のリーダー作。
タイトル曲は、 メンバー全員が緊張感溢れたプレイを繰り広げるハード・バップ屈指の名演。
近年のブルーノート人気アルバム投票で連続No.1の栄冠に輝く。
 
noteMiles DavisBirth Of The Cool
0003075866_200.jpg
btn_buy.png
帝王マイルス・デイヴィスがクール・ジャズの礎を築いた歴史的名盤。
ギル・エヴァンスら3人の編曲者に厳密で理知的な音楽を作り上げさせ9人編成の大型コンボで演奏したこの作品は、ビ・バップと異なる音楽性を志向した。
 
 
noteChick Corea, Return To ForeverLight As A Feather
0002691369_200.jpg
btn_buy.png
'“カモメのジャケット”で知られるチック・コリア&リターン・トゥ・フォーエヴァーの第2作。
今やジャズ・スタンダードとなったチックの名オリジナル<スペイン>の初演を含む。
フローラ・プリムのヴォーカルを大フィーチャーした親しみやすいポップなサウンドが楽しめる。
 
 
noteWes Montgomery & Wynton Kelly「Smokin' At The Half Note 
0003007272_200.jpg
btn_buy.png
名ピアニスト、ウィントン・ケリーのトリオにウェス・モンゴメリーがゲスト参加したライヴ録音と、同メンバーによるスタジオ録音を合わせて収録。
アーシーでスインギーな熱演が繰り広げられる。
<ノー・ブルース>の躍動感溢れるウェスのソロが凄い。
 
 
noteSonny Rollins「Saxophone Colossus 
0003187867_200.jpg
btn_buy.png
'巨匠ソニー・ロリンズの名声を決定づけた人気&知名度抜群の大名盤。
“サキコロ”の愛称で親しまれる。
豪放なトーン、歌心溢れるアドリブ、あらゆる時代を超えて聴き継がれる最高傑作。
有名な<セント・トーマス>、<モリタート>他、全曲傾聴。
 
 
noteRed Garland TrioGroovy
btn_buy.png
マイルス・デイヴィス・バンドのピアニストとして活躍したレッド・ガーランドが自己のグループで録音したピアノ・トリオの傑作。
冒頭を飾る<C・ジャム・ブルース>のスウィンギーな快演が聴きもの。
右手のシンプルなシングル・トーンと軽めのブロック・コードの絶妙な組み合わせが心地よい。
 
                                       
                                            and-more.jpg
                           その他プライスOFFタイトルはこちらhappy01
ハイレゾHi-ResAUDIOマーク.png
(マイルス・デイビス、ハービー・ハンコック、ジョン・コルトレーン)等
John Coltrane「A Love Supreme」
Miles Davis「Ascenseur Pour L'echafaud (Lift To The Scaffold) Original Sountrack」
Herbie Hancock「Maiden Voyage
Louis Armstrong「What A Wonderful World」
Miles Davis「The Birth Of Cool」
Ella Fitzegerald / Louis Armstrong「Ella And Louis」
Lee Morgan「The Sidewinder」
Chick Corea And Return To Forever「Light As A Feather」
McCoy Tyner「Nights Of Ballads & Blues」
Oliver Nelson「The Blues And The Abstract Truth」
Cookin' With The Miles Davis Quintet「The Miles Davis Quintet」
Eric Dolphy「Out To Lunch」
The Ornette Coleman Trio「At The "Golden Circle" Stockholm Vol. 1」
Herbie Hancock「Takin' Off」
Wayne Shorter「Juju」
John Coltrane「Coltrane」
Miles Davis Quintet「Steamin' With The Miles Davis Quintet」
Art Blakey & The Jazz Messengers「A Night In Tunisia」
Mel Torm・ The Marty Paich Orchestra「Mel Torme Swings Shubert Alley」
Antonio Carlos Jobim「Wave」
Roy Haynes, Phineas Newborn, Paul Chambers「We Three」
Bobby Hutcherson「Happenings」
Horace Silver「Blowin' The Blues Away」
Joe Henderson「Page One」
Hank Mobley「Soul Station」
Kenny Dorham「Afro-Cuban」
Stan Getz, Charlie Byrd「Jazz Samba」
Jackie McLean「4, 5 And 6」
Ella Fitzgerald, Count Basie「Ella And Basie!」
Miles Davis「Miles Davis, Volume 1」
Sonny Rollins「Sonny Rollins, Vol. 2」
Horace Silver「Song For My Father」
Wayne Shorter「Speak No Evil」
Sonny Rollins Quartet「Tenor Madness」
Astrud Gilberto「The Astrud Gilberto Album」
Antonio Carlos Jobim「The Composer Of Desafinado, Plays」
Miles Davis「Miles Davis, Volume 2」
John Coltrane「Lush Life」
Herbie Hancock「Empyrean Isles」
Bud Powell「The Amazing Bud Powell」

 

John Coltrane Quartet/Ballads
Oscar Peterson Trio/We Get Requests
John Coltrane/A Love Supreme
Charlie Parker/Now's The Time
Billie Holiday/Strange Fruit
Ella Fitzgerald/Mack The Knife-Ella In Berlin
Louis Armstrong/What A Wonderful World
Sarah Vaughan/Sarah Vaughan
Jimmy Smith/The Cat
Bill Evans & Jimmy Smith/Undercurrent
Keith Jarrett / Gary Peacock / Jack DeJohnette Standards Live
Count Basie And His Orchestra/April In Paris
Miles Davis/The Birth Of Cool
Quincy Jones/Big Band Bossa Nova
Bill Evans /Bill Evans at The Montreux Jazz Festival
Clifford Brown /Clifford Brown With Strings
Chet Baker/Chet Baker Sings
Stan Getz/Stan Getz Plays
Peggy Lee/Black Coffee
Bud Powell/Jazz Gian
Keith Jarrett / Gary Peacock / Jack DeJohnette Standards, Vol.1
Keith Jarrett / Gary Peacock / Jack DeJohnette  Standards, Vol.2
Eric Dolphy/Last Date
Lionel Hampton All Stars/Star Dust
Anita O'Day/Anita Sings The Most
The Oscar Peterson Trio/Night Train
Lee Morgan/The Sidewinder
Chick Corea And Return To Forever/Light As A Feather
Clifford Brown And Max Roach/Study In Brown
Duke Ellington & John Coltrane/Duke Ellington & John Coltrane
Bill Evans with Jeremy Steig/What's New
Bud Powell/The Scene Changes
Julie London/Julie Is Her Name Vol.1
Count Basie And His Orchestra/Basie In London
McCoy Tyner/Nights Of Ballads & Blues
The Ramsey Lewis Trio/The In Crowd
June Christy/Something Cool
Pat Metheny Group/Offramp
Oliver Nelson/The Blues And The Abstract Truth
Carmen McRae/Book Of Ballads
Art Farmer/Modern Art
Wes Montgomery & Wynton Kelly /Smokin' At The Half Note 
Bud Powell/The Genius Of Bud Pow
Cannonball Adderley/Mercy, Mercy, Mercy
Oscar Peterson Trio/The Trio-Live From Chicago 
Ella Fitzgerald/Songs In A Mellow Mood
Chick Corea / Gary Burton/Crystal Silence
Clifford Brown & Max Roach/Clifford Brown And Max Roach
Anita O'Day/Anita
Duke Ellington /Money Jungle
Ahmad Jamal Trio At The Pershing /But Not For Me
The Lester Young-Teddy Wilson Quartet Pres And Teddy
Red Garland/Groovy
Wes Montgomery/Full House
The Modern Jazz Quartet/Django
Wynton Kelly/Kelly Blue
Kenny Dorham/Quiet Kenny
Shelly Manne/My Fair Lady
Joe Pass/Virtuoso
Hanpton Hawes/The Trio: Vol.1
Wes Montgomery/The Incredible Jazz Guitar Of Wes Montgomery
Thelonious Monk/Brilliant Corners
Ray Bryant Trio/Ray Bryant Trio
Eric Dolphy/ Eric Dolphy At The Five Spot, Vol.1
Sarah Vaughan/Crazy And Mixed Up
Sonny Rollins/Way Out West
Blue Mitchell/Blue's Moods
Tony Bennett & Bill Evans/The Tony Bennett / Bill Evans Album
Astrud Gilberto/The Astrud Gilberto Album
Helen Merrill/Helen Merrill
Gerry Mulligan/Night Lights
Erroll Garner/Erroll Garner Plays Misty
Cannonball Adderley /Cannonball Adderley Quintet In Cicago

 

Tweet(ツイート)    

伝説のロックバンド"Cream"のボーカリスト兼ベーシスト、「ジャック・ブルース」が、今月の14日に亡くなられました。60年代に、エリック・クラプトン、ジンジャー・ベイカーと共に"Cream"を結成し、多くのミュージシャンにも影響を与えてきました。

心よりお悔み申し上げます。

■◇◆◇■◇◆◇■◇◆◇■◇◆◇■◇◆◇■◇◆◇■◇◆◇■◇◆◇■◇◆◇

♪Songs For A Tailor(Remaster With Bonus Tracks)/Jack Bruce

Jack Bruce.jpg

■◇◆◇■◇◆◇■◇◆◇■◇◆◇■◇◆◇■◇◆◇■◇◆◇■◇◆◇■◇◆◇

♪The Very Best Of Cream / Cream

cream.jpg

■◇◆◇■◇◆◇■◇◆◇■◇◆◇■◇◆◇■◇◆◇■◇◆◇■◇◆◇■◇◆◇

Tweet(ツイート)    

columnbanner.png

アイドルのお話から、パッケージによる商業音楽の業界はハードの進化と供にある、というようなお話しをさせて頂きました。

今のCDチャートを見ると、名前を聞いた事のないレコード会社やインディーズレーベルのCDcdが大量にランクインしています。しかし80年代の大手レコード会社buildingはオーディオ製品を作っているハードメーカーのソフト部門として設立された会社、というのが多かったんです。ちょっと思い出してみて下さい。ソニー、東芝、ビクターなんかはその代表ですね。

どんないいハード、オーディオ製品を作ってもソフトがないと売れませんよね?これはゲーム業界でもよく言われる事で、ネットの書き込みでも目にした事があるんじゃないでしょうか?ハードgameの性能うんぬんではなく、やりたいゲーム、おもしろいゲームがあれば、そのハード買いますよ、って事です。

 

レコード、CDcd、MDの流れも前回お話しさせて頂きましたが、それ以前に磁気テープがぐるぐる巻きになっているオープンリールと呼ばれる録音媒体や(昔の映画のフィルムみたいなものを連想して下さい)、それではテープがむき出しになっており扱いづらいので、それをコンパクトにしてカセットに入れたカセットテープが出現しました。

これらラジカセと呼ばれる家庭用録音&再生機の普及と供に爆発的に広まりました。ラジカセはラジオ&カセットの略です。当時の若者の必須アイテムでしたが、今のスマホみたいなもんでしょうか。これは若い方も映画movieなどで見たことがあるんじゃないでしょうか?

取り扱いが簡単なので、ちょっと前まででも、演歌waveなんかはカセットテープのほうがよく売れるなんて事もあり、演歌が強いCDcdショップにはカセットテープの演歌のコーナーがあったりしました。ちなみにカセットテープの正式名称は実は「コンパクトカセット」なんです。CCなんです(笑)。

CDcdが「コンパクトディスク」の略なのは前回お話しさせて頂きましたが、これは「オープンリールよりコンパクト」と言う事で「コンパクトカセット」と名付けられ、その経由からの「レコードよりコンパクト」でのCD、みたいな流れです。実際に名称決定した人に聞いた話ではないので、あくまで想像なんですが、多分そうでしょう(笑)。

 

これらはアナログ録音でしたので、CDcdが出た後にDATという、もっとコンパクトになりデジタル録音できるテープ媒体も発売されました。

これはCDcdが既に普及していた為か、家庭には殆ど広まらず、オーディオファンや業務用、またはコンピュータpcのデータのバックアップ用途に使用されたりしました。コンピュータのバックアップ?と不思議に思われる方もおられると思いますが、カセットテープもコンピュータのデータ保存用に使用されていたんです。

フロッピーディスクってありましたよね?物凄い大雑把な説明で言いますと、フロッピーディスクの中身は磁気テープを平べったい円盤状にして、ケースに収めたものなんです。

そもそもさっきから出て来てる「磁気テープ」って何?って方もおられるでしょう。「磁性体をテープフィルムに塗布、蒸着させたもの」なんて説明されても何の事だかわからないと思いますので、また極端な説明をしますと、そもそもレコードって針で溝をなぞって音を再生するものですが、あの溝ってデコボコしてるんです。デコボコしてるので音が出るのですが、そのデコボコをテープの上に作っちゃおう!レコードは一度デコボコの溝を作ったら、それを変更できないけど、それも何回も作り直せるようにしちゃおう!というのが磁気テープです。

なんでデコボコで音が出るの?というのも大雑把に説明すると、学校の黒板を指の爪でひっかくと嫌な音がしますよね?チョークでも変な音がする時があります。基本はその原理です。全て極端な説明なので、間違っていても許して下さい(笑)。

 

映像も家庭に一気に広まったのはVHSという規格のものでしたが、同時期にβマックス(ベータマックス)という規格もあり、これと壮絶なシェア争いimpactがあったんです。結果、VHSが主流になり、ベータは業務用としての道を歩む事になりました。

レーザーディスクというレコードと同じ位の大きさの円盤状の映像ディスクがありました。カラオケkaraokeの初期は、このレーザーディスクを使用したものが多かったです。カラオケだけに利用されたちょっと大きめのカセットテープもありました。

インターネットはその頃もあったのですが、まだ通信で音源や映像を配信できるような通信速度ではありませんでしたし、ネット自体がまだまだ一部の人たちのものでした。

レーザーディスクもレコードやCDcdと同様、記録されている面がむき出しになっていましたので、傷がつきやすいということで、またそれをちょっとコンパクトにしてケースにいれたVHDという規格もありましたがあまり普及しませんでした。

その後、DVDが一気に広まり、今はBlu-rayと同居するような形になっています。Blu-rayが広まる前にHD DVDという規格とどちらがDVDの次に来る規格か?なんて競争もありました。これはVHSとベータの時と同じです。

 

そして今、ハイレゾ配信です。ここまで来るのに長かった(笑)。
moraではハイレゾ配信をどんどん推進していく予定ですが、同時に、新しいアーティストをサポートするmora factoryを立ち上げました。
 
morafactory.jpg
mora factoryではハイレゾ配信が出来ます。既に動画サイト等から世界的なスターやヒット曲が出ているのは皆さんも周知の事と思います。これからも出てくるでしょう。
ただ、音楽ですから、やはり音にこだわりたいものです。そういった動画サイトとの連携も取りつつ、mora factoryでハイレゾ配信、もしくはそれ以上に新しい展開やプロモーションをスタッフは色々考えています。
既に登録アーティストの曲がハイレゾで無料配信されています。是非ともダウンロードしてみて下さい。自分で曲を作られる方は、是非とも応募ページに目を通して見て下さい。
次の音楽業界の流れをmoraから発信していこう!作って行こう!とスタッフは日々奮闘中です!
まずはバナーをクリックupwardleftしてみて下さい!よろしくお願いします!!
 
文:青山静馬
 

過去のコラムはコチラ

Tweet(ツイート)    

巨匠・菅野よう子によるこだわりのサウンドメイキングとハイクオリティな音響で今夏の話題をさらったTVアニメ『残響のテロル』。moraでは現在サウンドトラック2タイトルをハイレゾ配信中です!


残響のテロル オリジナル・サウンドトラック(ハイレゾ)

zantero_1.jpg

btn_buy.png

 

残響のテロル オリジナル・サウンドトラック 2 -crystalized-(ハイレゾ)

zantero_2.jpg

btn_buy.png

 

夏の東京を舞台にしたアニメながら、監督がこの作品を作るにあたって参照したのは「アイスランドの音楽」。

作品を作るいちばん最初、ゼロから作品を発想する時は、いつも何かの音楽が発端になったり、音楽からイメージが湧いてくる場合が多いんです。アイスランドの音楽っていっても土着の音楽じゃなくて、現代のミュージシャンたちの音楽なんだけど、何か独特というか、他の国とは違う異世界感とでもいうような感触があるんです。

『残響のテロル』公式サイト 監督・渡辺信一郎インタビュー より)

当地の空気観を探るため、実際にアイスランドでのレコーディングにも挑んだという今作ですが、そのインスパイア元となったアイスランドの音楽にも、こうなると興味がわいてくるもの! 幻想的な雰囲気に浸れる、北欧の地の音楽を聴いてみませんか?

 

○Sigur Rós

まずは定番どころから。既存のロックバンドとは一味ちがった音楽性から「ポストロック」との分類に括られることもあるバンド「シガー・ロス」です。

ボーカル・ヨンシーの透き通るようなファルセットボイスと、多彩な民族楽器を練りこんだバンド・アンサンブルは唯一無二! アイスランド語と独自の造語を用いて歌われる歌には、異世界へ連れていってくれるような感触をおぼえます。

最新作『Kveikur』

sigur_ros.jpg

btn_buy.png

Sigur Rosのアーティストページへ

 

○Björk

続くこのアーティストも定番どころ。真に「アーティスト」と呼ぶべきシンガーのひとり、アイスランドの歌姫・ビョークです。

映画『ダンサー・イン・ザ・ダーク』に主演するなど、一度は彼女の姿を目にしたことがある人も多いのではないでしょうか? エレクトロニックなサウンドと儚くも力強い歌声が絶妙のハーモニーを奏でます!

代表作『Homogenic』

bjork.jpg

btn_buy.png

Bjorkのアーティストページへ

 

○Ásgeir

続いては耳早なリスナーの間で注目を集めている新人シンガー、「アウスゲイル」のご紹介です。今年のフジロックにも出演した若干22歳!

シガー・ロスやビョークに通ずる幽玄なサウンドに加え、土臭いフォーキーなサウンドやエレクトロ要素も持ち合わせた、個性あふれるサウンドを展開しています。

デビュー作『In the Silence』

asgeir.jpg

btn_buy.png

 

○múm

シガー・ロスやビョークとならぶアイスランド出身のミュージシャンがこの「ムーム」です。ジャンル的には「エレクトロニカ」に分類されることが多いですね。

電子音楽の中でも、ビート感を押し出したものではなく、サウンドには幻想的な雰囲気とともにキュートさが垣間見えます。

代表作『Yesterday Was Dramatic - Today Is OK』

mum.jpg

btn_buy.png

 

その他にもこんな作品が!

・Sigur Ros・ヨンシーのソロプロジェクトにも参加する「ウルヴル・ハンソン」のソロ作!

ULFUR『White Mountain』

ULFUR.jpg

btn_buy.png

・無名時代からムームなどのバンドを支えてきた、シーンの立役者によるプロジェクト!

Kira Kira『Feathermagnetik』

Kira Kira.jpg

btn_buy.png

・シガー・ロスのスタジオでレコーディング! シンプルなアイスランド・フォークを聴かせてくれる一枚

BENNI HEMM HEMM『Skot』

BENNI HEMM HEMM.jpg

btn_buy.png

・映画や演劇とのコラボレーション多数、アイスランドの重鎮作曲家のアルバム!

Johann Johannsson『McCanick』

Johann Johannsson.jpg

btn_buy.png

・マイブラやソニック・ユースに影響を受けたシューゲイザーサウンド! シガー・ロスのスタジオでレコーディングしその血脈も受け継ぐ一枚

Oyama『Coolboy』

Oyama.jpg

btn_buy.png

 

アウスゲイルのインタビュー曰く、

 

──アイスランド音楽のユニークさはどこから生まれてくるんだと思います?

自分の音楽について言えば、広い空間があることかな。アイスランドの風景や自然に見られる「Emptiness(空っぽさ)」は、自分がとても共感するところだね。そのリラックスした雰囲気というか、自分にとって安らげる場所をみつけられるような、そういう感じかな。実際そういう景色のなかで育ったからね。外に出ても物音がしなくて、クルマの音もしないし、聞こえるの鳥の声だけみたいな。そういう環境や自然がアイスランドの音楽を奥底で繋げているんじゃないかな。

WIRED.jp アウスゲイル:天性のソングライターがつむぐ静寂の島のメロディ 

 

とのこと。土着の風合いを色濃く残すこのサウンドに、みなさまも一度酔いしれてみてはいかがでしょう?

[10/25]今夜の『SONGS』はLed Zeppelin!

Tweet(ツイート)    

20141027LedZeppelin.jpg
 

ジミー・ペイジが奏でるギター・リフとロバート・プラントの
唯一無二のヴォーカルが織りなすブルースをベースにしたパワフルなサウンドで
世界中のロック・ファンを魅了した伝説のロックバンド ”Led Zeppelin”。

今夜放送のNHK総合『SONGS』にて
ギタリストのジミー・ペイジが栄光と挫折を赤裸々に語ります!
(バンド全盛期の1970年代のライブ映像もたくさん織り込まれるそうです shine

tv 放送情報 
■NHK総合
10/25(土) 午後 11:00~NHK総合
10/31(金) 午前 1:30~NHK総合 【再放送】
※10/30(木)深夜

配信予告
今年6月に初期アルバム3作品が最新デジタル・リマスターにて発売されましたが、
10/29に続編として「レッド・ツェッペリンIV」と「聖なる館」が
最新デジタル・リマスターとして発売されます!
 
今回ももちろんジミー・ペイジ監修 shine
moraでは同日よりハイレゾ音源も配信予定(>_<)★
さらにはハイレゾ音源をDLして頂いた方対象の豪華プレゼント企画 presentも予定 sign03
お楽しみに♪

memo ジミー・ペイジ参加 sign03Led Zeppelinリマスタリング音源試聴会行ってきました happy01


現在配信中のハイレゾ音源はこちら!

Celebration Day

603497927746_200.jpg

         btn_buy_artist.png

pencil 今、明かされる奇跡の一夜。これが、伝説の証明。
2007年12月にロンドンのO2アリーナで行った、
たった一夜限りの奇跡的な再結成コンサートの模様を収録!

ジミー・ペイジ監修!
最新デジタル・リマスターシリーズ 第1弾!


第1弾は初期3作品(Led Zeppelin、Led Zeppelin II、Led Zeppelin III) sign03
それぞれRemasteredDeluxe Editionでの配信があります happy01

Led Zeppelin (Remastered)

603497920143_200.jpg

         btn_buy_artist.png

Led Zeppelin (Deluxe Edition)

603497920112_200.jpg

        btn_buy_artist.png


Led Zeppelin II (Remastered)

603497920099_200.jpg

        btn_buy_artist.png
 

Led Zeppelin II (Deluxe Edition)

603497920068_200.jpg

       btn_buy_artist.png


Led Zeppelin III (Remastered)

603497904655_200.jpg

        btn_buy_artist.png
 

Led Zeppelin III (Deluxe Edition)

603497904617_200.jpg

       btn_buy_artist.png

movie ジミー・ペイジ本人がハイレゾ音源について熱く語る
動画コメントも到着っ!!

ジミー・ペイジ本人がハイレゾを語る!

Led Zeppelin その他の配信楽曲はこちら

mora TOPIC トップへ
moraに戻る
Facebookページへ
mora公式Twitterページへ
ページトップへ
▲ページの先頭へ戻る