最新のトピックスへ Facebook Twitter

2014年10月アーカイブ

Tweet(ツイート)    

2014年6月よりスタートした最新リマスタリング・シリーズの第2弾となる
『Led Zeppelin IV』『Houses Of The Holy』のハイレゾ音源 配信中 shine

既にハイレゾアルバム(まとめ買い)ランキングTOP3はLed Zeppelinが独占中ですが、
改めて配信タイトルをご紹介 ♪
※moraの最新ハイレゾランキングページへ遷移します。
 
そしてそして、moraでの先行配信を記念して、昨日からmoraはLed Zeppelin仕様♪
みなさんお気づきですか~??

キャプチャ_400.jpg

期間限定の特別仕様なのでみなさん要チェックです\(^o^)/shine
 

また、対象ハイレゾ購入で「海外デザイン・ポスター」か
「ハイレゾ対応ヘッドホン music」が当たる
プレゼントキャンペーン presentも実施中 happy01sign03

たくさんのご応募お待ちしております happy02
 
【購入特典】応募はこちらから_PKGページ.jpg
 
cd Led Zeppelin ハイレゾページはこちら

 

[10/29]JAM Project ハイレゾ一挙解禁!

Tweet(ツイート)    

JAM Project ハイレゾ一挙解禁!
アツい音楽を高音質で体感せよ!
 
現在moraで人気のタイトルTOP5をご紹介 happy01shine
※19:00現在のハイレゾ シングル(単曲)ランキングより
 
crown crown
嘆きのロザリオ
tv TVアニメ『超重神グラヴィオン』OPテーマ
LACM-4075_F.jpg
       
       btn_buy.png
 
crown crown
紅ノ牙
tv TVアニメ『超重神グラヴィオンツヴァイ』OPテーマ
LACM-4119_F.jpg
       
        btn_buy.png

crown crown
SKILL
tv GAME『第2次スーパーロボット対戦α』OP主題歌
LACM-4090_F.jpg
       
        btn_buy.png

crown 4crown
鋼の救世主
tv GAME『スーパーロボット大戦α外伝』OPテーマ
LACM-4010_F.jpg
       
        btn_buy.png

crown crown
雷牙~Tusk of thunder~
tv TVドラマ『牙狼-魔戒ノ花-』OP主題歌
LACM-14270_F.jpg
       
         btn_buy.png
 

Tweet(ツイート)    

恋をしようよジェニーズ」、「The Jaypers」と、二組続けて無料音源配信を行ってきたロックレーベル・GABIGABIから、第三弾配信のお知らせです!

 

■『チェコりんごs』/Vaiwatt

GABIGABI_03.jpg

《タイトルリスト》

1. チェコりんご
2. I♥街とピープル
3. BombぼんPOGOレ!
4. イエローゴブリンズ
5. クxソxガxキ
6. WALK

btn_buy.png

 

Vo/Gt「拳太郎」を中心に、Bass「TAMA」とLIVE DJ「dj-KAZ-punk」による独自の編成をもつバンド、Vaiwatt。

日本ロック界の「顔」のひとり、内田裕也主宰の年末フェス「ニューイヤーズワールドロックフェスティバル」への出演も決定しています!

ライブバンドでもある彼らのはっちゃけた魅力を、ぜひこの機会に知ってみてください!

 

【Vaiwatt Official Website】

http://vaiwatt2013.blogspot.jp

 

Tweet(ツイート)    

佐野元春EPICレーベル期の80~90年代のオリジナルアルバム全12タイトルが、ハイレゾ配信決定!

今回、オリジナル・アナログ・トラックダウン・マスター・テープからハイレゾリューション用に新たにリマスタリング。

マスタリングは、現在多くのアーティストの代表作品を手掛け、佐野元春作品も数多く担当されている、バーニー・グランドマン・マスタリングの前田康二氏が担当。

happy02第一弾は6タイトル、10/29~!!

<配信タイトル:JKクリックでダウンロードページへ

◆BACK TO THE STREET

BACK TO THE STREET.jpg

音楽シーンに衝撃を与えた佐野元春のデビュー・アルバム
80年代の日本のロックはここから始まった。
これまでにない作品スタイルでシーンに颯爽と登場した佐野元春の記念すべきデビュー作。
ロック・ビートと都会に生活する若者の感情を描いた歌詞を見事に融合させた作品は極めて斬新であり、
その音楽性の高さと共に、これまでにない全く新しいロックンローラーの誕生と評された。
当時の若者への深い共感と理解にあふれた作品の数々は、瞬く間に彼らの心を揺り動かした。
「アンジェリーナ」「情けない週末」ほか全10曲。
【オリジナル発売日:1980年4月21日】
 

「Heart Beat」

Heart Beat.jpg

圧倒的な飛躍と進化を遂げた佐野元春のセカンド・アルバム
さらなる音楽創作の追求から生まれたバリエーション豊かな作品群に彩られた作品。
よりメッセージ的であり映像的であることも高く評価された。
ストレートなロックビートは勿論、ミディアム系のクールな作品、或いはポエトリー・リーディングの手法を取りいれた斬新な作品や映像的なバラードなど、作品のバリエーションがとにかく凄い。早くも本作で佐野元春の圧倒的な存在が示された。
実際に、本作を最高傑作とする声も少なくない。また、時代を築いたメッセージも多く、「つまらない大人にはなりたくない」は、現在でも新しい世代に響くフレーズとなっている。「ガラスのジェネレーション」「悲しきレイディオ」ほか全10曲。
【オリジナル発売日:1981年2月25日】
 

「SOMEDAY」

SOMEDAY.jpg

佐野元春初期の最高傑作と評されたサード・アルバム
佐野元春初期作品の完成型とも言われる。自身初のプロデュース。
日本のロック史上においても極めて重要なアルバム。
佐野元春がデビューから追求していたテーマがここで完結。
“日本のポップ・ミュージック界における佐野元春作品への高い音楽的評価は、このアルバムによるところが大きいとも言われる。
初期の作品群よりさらに深く、人間の内面への洞察や経験に溢れたメッセージなど、比類なき作品が詰まっている。
「サムデイ」「シュガータイム」ほか全11曲。
【オリジナル発売日:1982年5月21日】
 

「VISITORS」

VISITORS.jpg

シーンが震撼した佐野元春の革命的4thアルバム
ニューヨークでの1年余の制作期間を経て発表された4枚目のアルバム。
その後30年間の日本の音楽創作の起点とも言われる作品。
絶大なる人気と評価を得る中で突然の渡米。
〝訪問者″というタイトルが示す通り、ニューヨークでの1年余の制作期間を経て誕生。
現地のミュージシャン・プロデューサー・エンジニアとのダイレクトなコミュニケーションによって生み出されたバイタリティ溢れる作品が目を引く。
当時斬新なアプローチのラップやヒップ・ホップなど新しいブラック・ミュージックの要素を大胆に取り入れながらも、ポップ・アルバムとして見事に完成させた。
その後の国内の音楽創作に多大な影響を与えた点で、極めて重要な作品。
「トゥナイト」「コンプリケイション・シェイクダウン」ほか全8曲。
【オリジナル発売日:1984年5月21日】
 
 
「Café Bohemia」
Cafe Bohemia.jpg
ダブル・プラチナ・アルバムを獲得したポップ・アルバムの真骨頂
多彩なリズムとハイクオリティなメロディで彩られた作品群、ポップ・アルバムの真髄を極めた佐野元春5枚目のアルバム。
ジャズ・ソウル・スカ・レゲエなど多彩なリズムが取り入れられているが、どれもポップ・チューンとしてクオリティが高い作品ばかりである。
歌詞は初期作品より象徴的なフレーズが増え、知的で穏やかだが、その背後には別のメッセージが見え隠れする印象があることもこのアルバムの特徴の一つ。
セールス面では最も成功し、ファン層を各段に広げたアルバム。「ヤングブラッズ」「クリスマス・タイム・イン・ブルー」ほか全13曲。
【オリジナル発売日:1986年12月1日】
 
「ナポレオンフィッシュと泳ぐ日」
0003457071_200.jpg
新たなるステージを予感させたロンドン録音による佐野元春6thアルバム
ロックンロールの8ビートに正面から切り込んだ意欲的な作品。
パワー溢れる佐野元春をストレートに感じることができる。
レコーディングはロンドンで、現地のミュージシャン・プロデューサーを起用して行われた。
佐野元春のアルバムの中でも最も洋楽的な作品と評する声も多いが、その半面随所に東洋的なエッセンスが散りばめられていることもち特徴的。
それゆえか、アルバムタイトル・曲タイトルが全て日本語で表されている。
様々な観点で佐野元春の次のステージを予感させた作品。
「約束の橋」「ジャスミンガール」ほか全13曲。
【オリジナル発売日:1989年6月1日】
 
「No Damage」ハイレゾ一足早く配信中です!
No Damage.jpg
佐野元春のデビューから3年間の集大成的セレクションアルバム。
初期の代表作品・名曲を、ひとつのコンセプトのもと選曲し構成した全14曲は、現在と未来のリスナーへの、希望と警鐘を込めた佐野元春のメッセージである。
1983年5月、佐野元春が新たな音楽創作追求のための渡米直前にリリースされ、アルバムチャートで自身初の1位を獲得。
収録曲にはデビューからの3枚のアルバムと、1982年発表の「NIAGARA TRIANGLE VOL.2」(大瀧詠一・杉真理・佐野元春)の中から、
ひとつのコンセプト・ストーリーに合わせて14曲を選曲、一部の楽曲を再レコーディング・再編集するなど、当時はまだ概念として確立していなかった「コンピレーション・アルバム」とも呼ばれていた。
発表から30年後の現在、収録の14曲すべてがポップ・ミュージックのスタンダードとして、時代・世代を超えて愛され続けている。

 

Tweet(ツイート)    

 

藤田麻衣子_blog.jpg



恋する女の子の気持ちをぴったり言い当てた歌詞、
隣に寄り添ってくれるような歌声、優しいピアノの旋律…。
その歌声とピアノで多くの人々を胸キュンさせている藤田麻衣子が、
遂にメジャー1stアルバム「one way」をリリース!
クリス・ハートがカバーし話題の「手紙 ~愛するあなたへ~」
人気ゲーム「白華の檻 ~緋色の欠片4~ 四季の詩」OP「サクラ」、ED「胸が熱い」など、全12 曲を収録。
アルバムタイトル「one way」は”一方通行”の意で、片思いの恋から始まり、
出会いや別れ、結婚まで、誰もが日常で感じる様々な感情や恋心が詰まった作品。

今回mora初登場となる藤田麻衣子さんにご自身のこと、
ニューアルバムのこと、そして初となるハイレゾ配信についてメールでお話を伺いました。


■ご自身について
― ピアノを始めたきっかけは?
3歳から14歳までエレクトーンを習っていましたが、ピアノは弾き語りを練習した21歳の時からです。
誰かに弾いてほしかったのですが、上京したばかりでなかなかミュージシャンにも出会えず、
自分で弾けたらいろいろと広がると思い、練習しました。

― メジャーデビュー後の心境の変化をお聞かせください。
名前や歌を世の中に広げようとしてくれる方が一気に増えて、とても感謝しています。
インディーズの時期が長くて、その時からもう歌は自分の職業にはなっていましたが、
関わる人が増えた分、責任感はより増えたような気がします。
忙しさも増えましたが、やりたいことが実現できることも増えて楽しいです。

― 心に残るアドバイスはどんな言葉ですか。
「悲しくさせよう、泣かせようと思っちゃいけないよ。ただ自分が悲しくなる、ただ自分が泣く。
それでじゅうぶん、歌を聴いている人にはちゃんと伝わるから。」

― 歌詞を書くのはどんなシチュエーションですか。
毎日メモするのが日常なので、電車でも家でも、24時間、浮かんだ時。

― ご自身は恋愛相談をする/されるどちらが多いですか?
される方ですね。
昔はしてた時もありますが、相談より報告型な気がします。とにかく恋愛話ばかりしてました。
今は、恋愛話を聞くのがすごく好きです。


■メジャー1st アルバム「one way」について
― どのようなアルバムですか?

名刺代わりになるものができたと思います。
片想い、両想い、恋が終わったその後、応援ソングなど、いろいろな歌や、
男女いろいろな主人公が出てくるので、みなさんに重なる一曲があったらいいなと思うアルバムです。

― moraユーザーにぜひ聴いてほしい曲や聴きどころを教えてください。
インディーズの作品、メジャーの作品と、ここ2年3ヶ月分のシングル曲は全部入っているので、
少しベストっぽいというか、新曲を入れる枠が少なかったのです。
ですので、まずは今回のアルバムで初収録になる新曲たちをオススメしたいです。
特に「one way」「金曜日、君のいない初雪」「恋煩い」「STEP」「二回目のさよなら」をぜひ。

― 「恋煩い」『恋愛とは世界一美しい病である』と言った作家がいましたが、藤田さんにとって恋とはどんなものですか。
人生が楽しくなる魔法

― 「二回目のさよなら」同じように恋人と別れて傷心の友人がいたら、どんな風に励ましたり、言葉をかけたりしますか?
話をひたすら聞く。自分で話してるうちに、気持ちが整理されることが私にもあるので。

― 「あなたは幸せになる」今日はがんばった!と思える日はどんな日ですか?
つらいことをがんばった日。例えば小さなケガ一つでも、いやな思いをしただけの日でも、
「よくがんばった!」「これはもうすぐ何かいいことがある!」と思って少し嬉しくなります。笑


■レコーディングについて


― レコーディングでココは時間がかかった!というところはありますか?
「one way」は、打ち込みとストリングスと無数のコーラスが混沌とする楽曲なのですが、
子どもの頃からの趣味だった声の多重録音が活きました!

「カオス」を目指して、いろんな声を重ねたのですが、コーラスの部分を「ah」か「oh」かどちらで歌うか迷い、
日を改めてまた気になるから録り直して、1時間くらいアーかオーか悩みまくって、

制作スタッフから「どっちでもたいして変わらんから決めろ!」と怒られました(笑)
結局、アーにしました。自分には大事なこだわりが・・・。

― レコーディングで苦手な作業はありますか?
ピアノ録音
いつになっても、歌よりピアノって何百倍も難しい!

― レコーディングで一番楽しい瞬間は?
出来上がったものを聴く時!
聴くのが好きなので、その幸せと達成感のためにがんばります!

■ハイレゾで聴く「one way」について
 

― ご自身の歌をハイレゾで聞いた感想を聞かせてください。
CDと聴き比べると違いがよく分かりますね。
声や音全体の圧迫感みたいなものが除かれて、すごく自由な感じがします。
聴き心地が良いです。長時間聴いてても無理がなく疲れないですね。

ハイレゾは普段自分がレコーディングで聴いてる音に近くて、CDは全体的に安定して
いる感じ。とてもリアルだから、聴き手としては良いですが、
作り手としてはリアル過ぎてちょっとハラハラするところがあります(笑)。
レコーディングのときに確認した音と同じものが録音してあるはずなのに、
不安定な部分が見つかるんじゃないかと心配になるくらい、クリアで立体的に聞こえます。

(もう少し聴いて)

息使いまで入っていて、臨場感がありますね。

面白いです。

― ハイレゾを聞いて感心したことがあれば聞かせてください。
「二回目のさよなら」のようなシンプルな弾き語りがハイレゾらしさを味わえる
曲だと思いますが、「one way」のコーラスについても、
すごい数のボーカルトラックも心地良く聴こえてくるのがびっくりしました。
このコーラスをレコーディングの時にヘッドフォンで聴くと、
立体的でまるで360度音が鳴っているような感覚でした。それをCDで聞くと少し面になって聴こえるのですが、
ハイレゾでは元の奥行きや広がりが再現されていて、より立体的で心地よく感じました。

― ハイレゾでココを聴いてほしい、というポイントがあれば聞かせてください。
自分はシンガーソングライターでありつつ、、コーラスを重ねて録音するのも好きなので、
声の広がり方を感じて聴いていただけばと思います。

 

0003522370_200.jpg

メジャー1stアルバム

one way

*通常音源*

*ハイレゾ音源*

 

 

▶藤田麻衣子 アーティストページ

mora TOPIC トップへ
moraに戻る
Facebookページへ
mora公式Twitterページへ
ページトップへ
▲ページの先頭へ戻る