最新のトピックスへ Facebook Twitter

[4/30]【アニメコラム連載第2回】音楽業界、配信の一撃~アニソン編その2~

Tweet(ツイート)    

blog_header_mora_anime_column_20140430.jpg


水樹奈々
さんのニューアルバム「SUPERNAL LIBERTY」が発売されました。
彼女は「声優が歌も出してる」域を完全に超えてるのは今更言う事も無いでしょう。
歌手志望だったお父さんから子供の頃から指導を受けていたそうなので、歌が爆発的に上手いのも頷けます。
 

T.M.Revolutionとコラボした「革命デュアリズム」も記憶に新しいですが、こういった様々なコラボを通して、
もっと一般の方にも聴いてもらえるようになって欲しいなと思ってます。

T.M.Revolutionと言えば「ガンダム」のイメージが強い方もおられると思いますが、
彼が一般に知れ渡る最初のきっかけになったのは、「るろうに剣心」のエンディングに使用された
HEART OF SWORD~夜明け前~」だと思います。

前回書いたようにこのアニメにはソニー・ミュージックのアーティストの楽曲が多数起用されています。
それもそのはず、このアニメは「SPEビジュアルワークス」という会社が制作に大きく関わっていまして、
SPEってSony Pictures Entertainment の事なんです。
今のアニプレックスの前身になります。

このアニメで有名なのはJUDY AND MARY「そばかす」
川本真琴さん「1/2」、SIAM SHADE「1/3の純情な感情」
L’Arc~en~Ciel「虹」なんかだと思いますが、
実は今挙げたアーティストはレーベルこそバラバラですが、全部ソニー・ミュージック系列なんです。
「1/2」は中川翔子さんが好き過ぎてカバーしてましたね。

 

普段はロックしか聴かないというような方も、
上述のアーティストの名前を見て「アーティストもアニソン歌っていた」というのを思い出して頂ければ、
アニソンに対する抵抗感も少しは無くなりませんか?

 

「ハッピー☆マテリアル」「ハレ晴れユカイ」の次にアニメ名義で出して大ヒットしたのが
「らき☆すた」の「もってけ!セーラーふく」でしょう。
この曲はオリコン初登場2位、10万枚以上のセールスでその年の年間ランキング40位になっています。
ブっ飛んだ歌詞のラップと、ラリー・グラハムばりのファンキーなベースのこの曲は、
YouTubeにアップされたオープニング映像を見た海外の人が
「何だこれは!!??」という反応をして人気もありました。
これは丁度、今のBABY METALに通じるものがある気がします。

ちなみにこのベース、私の記憶間違いでなければ打ち込みなんですね。
ご本人が何かのインタビューでお答えになってました。
Spectrasonics社が出しているTrilogyというベース専用のソフトシンセなんです。
当時打ち込みで生っぽいベースと言いえば、ほぼこの音源が使用されていました。
また作詞の畑亜貴さんは元々コナミのゲーム音楽の外注を、
作編曲の神前暁さんはナムコ(現バンダイナムコゲームス)でサウンドクリエーターとして働いていました。
なので打ち込みも上手な訳です。

神前さんは京都大学卒なんですが、ももクロで有名になった前山田健一さんも京大卒で、
元々ヒャダインという名前でゲーム音楽をアレンジしたものを動画サイトに投稿していた過去があります。
そして何より「涼宮ハルヒの憂欝」「らき☆すた」のアニメーション制作は京都アニメーション。
京都は日本を代表する観光地、古都ですが、現代の日本を代表するアニメやアイドルに関わってる人が京都に縁がある、
というのも偶然ではないような気がします。

 

アーティスト名義で出てるアニソンで今一度ご紹介したいのが、
「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」の主題歌だった高橋瞳さんの「僕たちの行方」です。
この曲は彼女のデビュー曲でいきなりオリコン1位になり話題になりましたが、
平成生まれの女性アーティスト最初のオリコン1位でもあるんです。

これは楽曲の良さもさることながら、当時のガンダム人気を象徴する出来事でした。
個人的に彼女のファーストアルバム「sympathy」は凄いお勧めでして
「僕たちは~」は知っていてもアルバムまでは聴いた事ないという方、是非試聴してみて下さい。
残酷な天使のテーゼ」もそうですが、やはりこういう力強い歌声は、
ロボット戦隊物のアニメのイメージによく合いますね。

 

そのアルバムに編曲で参加しているミュージシャンに齋藤真也さん、黒須克彦さんがいます。
齋藤さんは「新世紀エヴァンゲリオン」の次にGAINAXが制作した
「天元突破グレンラガン」の主題歌だった中川翔子さん「空色デイズ」の作編曲者で、
水樹奈々さん、玉置成美さん等、多数手がけています。
ちなみに「グレンラガン」の制作にはアニプレックスとコナミも関わっています。

黒須さんは藍井エイルさん、スフィア中川翔子さん、平野綾さん等、
やはりアニメ&声優関係を多数手がけておられますが、ももクロの「未来へススメ!」の作編曲もやってます。
そしてやはり今大人気「ラブライブ!」のμ'sでしょうか。
板野友美さん、乃木坂46フレンチ・キス渡辺麻友さんなどのAKB関係も多数参加されてますので
3次元アイドル好きな方にも興味を持って頂けると嬉しい限りです。

 

今回はアニメとレコード会社、それらに関わる作家さんやゲーム会社などの関連について書いてきましたが、
次の機会は「結構意外な人も参加してる」アニメ&声優系の音楽をご紹介出来たらと思っています。

                                                                                                                                文:青山静馬


 



[同じカテゴリの最新トピックス]

mora TOPIC トップへ
moraに戻る
Facebookページへ
mora公式Twitterページへ
ページトップへ
▲ページの先頭へ戻る