最新のトピックスへ Facebook Twitter

[12/18] 鷺巣詩郎が語るスペックの進化を凌駕する「名人の耳と腕」

Tweet(ツイート)    

スペックの進化を凌駕する「名人の耳と腕」
 
新たな鼓動、躍動まで聴こえ、さらにワクワクする!!
 
今回のハイ・レゾリューション音源は、まさに、美しきルネサンスそのもの。

 
ハイ・レゾリューションと謳うからには、まず、同等スペックのマスターの存在が必要不可欠。
しかしそれだけでは、データ上「数値が優れているだけ」に過ぎません。
 
やはり音楽です。
 
ひとこと「音質」と言っても、
あくまでも「音楽そのものを理解したうえでの」音質でなければなりません。

 
つまり、いくら宝石箱に豪奢な外装を施しても、箱は箱。
本質は、中身の宝石そのものを磨き上げなければ意味がない、ということ。

 
新劇場版以来、エヴァは、頼もしい名人を得ました。
ハリウッドの女王こと、マスタリング・エンジニアのパトリシア・サリヴァンです。
 
彼女の耳と腕が、エンターテインメント映像音楽において、絶対的であることは、
ハリウッドのブロックバスタのほとんどのサントラ・アルバムのマスタリングを手掛けていること、
それだけでも、じゅうぶん証明されているでしょう。

 
『序』『破』『Q』はもちろん、
『新吹奏楽版』も『PianoForte』も、すべてパトリシアによるフィニッシュです。
(林原めぐみ、高橋洋子、鷺巣詩郎の作品なども同スタジオ)
 
じつは『新吹奏楽版』と『PianoForte』には、
パトリシアによる「旧TV版サントラの(リ)マスタリング」も、数曲収録しました。

 
そう、美しきルネサンスは、すでに始まっていたゆえ、
今回の(リ)マスタリング作業は自然な流れであり、整合性を保つためにも、必然だったのです。

 
誤解を恐れずに、何度でも言いますが、
いかなるハイ・レゾリューション(192KHz/24bit - 96KHz/24bit - 48KHz/24bit)であろうが、
じつはデータ上の数値など、二の次。
フィニッシュする者(人間)の「耳と腕」に尽きるというのが、
まごうことなき本質であり、それは古今東西、普遍的。
 
宝石箱よりも、宝石そのものを磨き上げる、その「素晴らしき職人技、職人芸」を知らしめるためにも、
今後、エヴァの音楽作品群を、
あらゆるハイレゾリューション環境にて、
どんどん、世に出していきます!!

 
2013年12月 鷺巣詩郎
[同じカテゴリの最新トピックス]

mora TOPIC トップへ
moraに戻る
Facebookページへ
mora公式Twitterページへ
ページトップへ
▲ページの先頭へ戻る